オメガ バース 巣 作り。 オメガバースとは (オメガバースとは) [単語記事]

Tag Search Party by Curry Zawa Kaoru

オメガ バース 巣 作り

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

Tag Search Party by Curry Zawa Kaoru

オメガ バース 巣 作り

オメガバースの基本知識 前述した通り、オメガバースは3つの属性が付与されています。 男女も合わせるとこの世界の性別は6種類。 アルファ 群れのリーダーに当たる存在です。 人口が少なく突出したカリスマ性を持ち、社会的地位は非常に優遇されています。 性的興奮を感じると女性でも陰茎のように大きくなる生殖器を持っており射精することが可能。 また彼らはヒートと呼ばれる理性を失ってしまうほどの発情を迎えることがあります。 オメガ アルファよりも人口が少ないと言われる存在。 男性でも妊娠が出来る生殖器を持っています。 書籍や作家によって違いますが一定期間で発情期を迎え、性別属性関係なく誘惑する特殊なフェロモンを放出。 アルファのヒートはこのフェロモンに反応して引き起こされています。 繁殖が仕事とみなされており、社会的階級が低くオメガだと判明したときに自殺してしまう人も居るほど苦しい状況になることも。 ベータ 最も数が多い存在。 現実世界の人間とほとんど差異がありません。 発情期がなく、アルファがヒートを起こしてしまうオメガのフェロモンにも理性で抑えることが可能。 ベータの結婚はベータ同士で行うのが一般的なようです。 オメガバースの社会的階級 狼の階級社会を取り入れているため、現実世界とは違う社会構造になっています。 作品によって微妙にこの設定は異なりますがそれぞれの社会階級は以下の通りです。 アルファ アルファの社会的階級はとても高いものです。 カリスマ性は本人の性格に関わらず、アルファの気質によるもので会社や学校ではその気質を活かした重要なポジションやリーダーに抜擢されることもあります。 作品でもアルファのキャラクターはエリートのポジションに置かれていることが多いです。 オメガ アルファとは対照的に社会的地位が低いとされるオメガ。 発情期になると交尾以外の行動が不可能になるため、重要なポジションに就くことは難しいとされています。 そのため「抑制剤」と呼ばれる薬で発情期を抑えて社会に出るオメガもいます。 ベータ フェロモンによる発情期がないためオメガよりも就職では雇用されやすい傾向にあります。 個人の能力や努力によってはアルファと同じポジションに就くことが可能。 アルファとオメガの番 一対のアルファとオメガにだけ存在する「番」は普通の恋人や夫婦よりも強いものだと位置づけられています。 いわゆる「一目惚れ」に近いもので、目が合った瞬間に相思相愛の関係に発展。 オメガのうなじをアルファが噛むことにより番の関係になり、オメガは1人のアルファ以外との性行為ができません。 また番の関係はどちらか一方が死なない限り解除できないと言われています。 しかし、オメガは世間から厳しい目で見られているために「玉の輿」という罵倒を受けることもあるようです。 オメガバースを題材にした作品 オメガバースはBLを好む人の間で多く広まっています。 多くの創作物が投稿されるSNS「Pixiv」では1000件以上投稿。 商業でもオメガバースの設定を用いた作品が発表されています。 その中でもおすすめの作品を紹介。 彼の顔を見た瞬間その場に居た生徒全員、彼を恋人にしたいという欲求を抱きましたが、カナエは自分の特殊体質の所為であり彼の意志や番の関係とは全く別ものだと言い切りました。 クラスのリーダー「オウギ」は番になろうと近づくクラスメイトからカナエを守ったことから友人となります。 しかし、クラスの中である大事件が起きたことでクラスの雰囲気はギスギスしたものに変わっていきます。 いつかイケメンで高収入なアルファとの番を望む「計」は、ベータの幼なじみ「次継」と肉体関係にあります。 合コンで出会った理想のアルファ「駅人」に初デートで「番になって」とプロポーズを受けるも、なんと彼は何人もの恋人を囲っている人間でした。 計の幸せを願いながらも離れられない次継。 自分の地位を利用してでも計と番になろうとする駅人。 愛のある番に憧れる計の三角関係の話です。 家族3人での暮らしは日々幸せの連続ですが、世間はオメガへの偏見が未だに残っていてオメガである真生は自分に自信が持てません。 アルファの家系の弘の家族や世間の差別に遭いながらも家族の愛情を通して、ゆっくりと自分を受け入れていきます。 ほのぼのホームドラマのようなBLです。 オメガバース=特殊な性的嗜好 狼の要素を取り入れて、男女間だけではなく同性間でも子どもが産まれるオメガバース。 それ故に半陰陽や獣化など特殊な要素が多く含まれています。 また取り扱いの難しい「性差別」も含まれているため、BLが好きでも受け入れられない方も居るのが現実。 好き嫌いが分かれる特殊な嗜好であり、流行っているからと一般常識のように他人に押し付けるものではありません。 参考元• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・参照リンク:• ・さよなら恋人、またきて友だちふゅーじょんぷろだくと• ・参照リンク: 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• 「漫画・本」人気ニュースランキング•

次の

誰が為に、華は咲く【オメガバース百合】(@ボンボン @盆@)

オメガ バース 巣 作り

[chapter:Attention] 某歌劇団の某組の美人さんたちをモデルに、妄想を肉付けしたストーリーになっております。 とうとう4番目の世界オメガバースやっちゃいました。 飛尾の文章は不親切仕様になっておりますので、オメガバースってなんぞ?という方は下記をお読み下さい。 pixiv. php? pixiv. 正直、人によっては不快な世界観を持つ設定です。 しかし。 オメガバース設定はかなりフリーダムらしく、誰がどう解釈して改変したとしても怒られないのがよいところ。 文中に説明入れたけど、支部百科読むと理解深まります。 [newpage] 私につがいなんて、いない。 いるはずがない。 なぜなら私は、アルファとしては欠陥品だから。 「りょうちゃんってさ、れいことつきあってるの?」 「………………」 「すっごい、いやそうな顔!」 うはは、と笑いながらるりさんは細い脚をぐっと伸ばした。 今日の自主稽古はバレエのレッスン。 芝居に行き詰まったら、基礎練習に戻るのも手だ。 バーレッスンなんて久しぶりかも。 プリエ。 タンデュ。 ジュテ。 ロン・ド・ジャンブ・ア・テール。 順に基礎の型を繰り返す。 無心になれる練習なのに、るりさんの一言により集中できなくなってしまった。 れいこ。 組み替えでやってきた、純血のサラブレッド。 私のなにが気に入ったのか、妙に懐かれて、うちに居候している。 劇団内でも数少ないアルファを見つけて喜んでいるのかもしれない。 アルファはアルファで、オメガとはまたちがった差別の目を向けられることが多い。 実際私も、ベータの組子たちによく陰口を叩かれたものだ。 ただ、れいこは愛され型のアルファで。 おだやかな性格と美しい外見も手伝って、組子たちは皆彼女に夢中だ。 私に執着しないでも、寂しい思いはしていないはずなのだが。 「りょうちゃん」 大きな瞳が私を覗き込んでいる。 「怒っちゃった?」 「……怒ってませんよ、と」 スキあり。 細い腰に腕を巻きつけると、うりゃ、とリフトした。 バレエのリフト慣れしている彼女は、笑い声をあげて上体を引き上げる。 くるくるとふたりで舞い踊った。 るりさんとは本当に呼吸が合う。 楽しい。 「れいことはなんでもないですよ」 「私、誰にもいわないよ?」 「や、本当につきあってない……」 「今はそうかもしれないけど。 あの子は諦めてないんじゃない?」 「るりさん、助けて」 「私が純血のアルファに勝てるわけないでしょ……」 リフトしたまま、ぎゅっとるりさんの腰を抱きしめる。 るりさんの細い腕が、よしよし、と私の頭を抱き返してきた。 あぁ、るりさんが運命の人だったらよかったのにな。 [newpage] 他人の気配と匂いに目を覚ますと、自分の背に白い腕が巻き付いている。 ……またやってしまった。 恐る恐る視線を移動させると、麗人のきれいな寝顔に出会う。 れいこ。 ほんの少しだけ開いた唇から、かすかな寝息が聞こえる。 また、彼女のベッドに侵入してしまったらしい。 自分を包んでくれている腕に未練を残しつつ、抜け出そうと動くと、ぐっと腕が締まった。 「…………っ」 「なんで逃げるんですか」 「起きてたの」 「逃げ出そうとするから、目が覚めちゃいました」 「……眠りづらいでしょ? 自分の部屋に戻る」 「駄目」 諦めて身体から力を抜くと、れいこは眼を細めて口角をあげる。 「どうせ、りょうさんは戻ってくる」 「……夢遊病なのかな、私」 本当は原因はわかりきっているが、わからない振りをしてぼやいてみせた。 れいこの掌が、私の頬を滑る。 ため息をついて、眼を閉じた。 私のアルファとして不完全な部分が、徘徊癖として顕れているのだ。 いずれ、れいこも私の本当の性質を察知するだろう。 早いうちに離れなくちゃ。 ふと目を開けると、れいこの静かな眼が私を見つめている。 「……寝なさいよ」 「どこか行っちゃいそうだから」 「行かないよ……」 「でも、私からは逃げる」 彼女は勘がいい。 おっとりした性格に好感をもって、気軽に同居の申し出を承諾したのはまずかった。 予想以上に相性が良すぎたのだ。 私は、意識を失うとれいこの匂いを求めて徘徊するようになってしまった。 今は同じベッドに潜り込んで眠っているだけだけど。 いつ症状が悪化して、まちがいが起こるかわからない。 れいこに、私の歪んだ性を知られたくない。 「私を追い出さないで」 昏い眼が、私を捉えた。 私が逃げ腰になると、彼女は怖い眼をする。 彼女は意外とルキーニに似ているのかもしれない。 「私以外を選ばないで」 「れいこ、私は誰も選ばない。 独りで生きていく」 「どうして……」 これは本音。 私のDNAは絶やしたほうがいい。 れいこの片頬にできたえくぼをつつく。 「えくぼって、特別可愛い赤ちゃんのほっぺを神様がつついた跡なんだって。 れいこは愛されてていいなぁ」 「りょうさんも愛されてますよ」 「そう思ってんの、れいこだけだよ」 「それならそれで、好都合かな……」 「え」 れいこはさらに私を抱き寄せると、私の首筋に鼻先を寄せる。 「いい匂い……りょうさんアルファなのに私を誘ってますよね?」 「なんの、話?」 「いつまでこんな茶番続けるつもりなんですか」 ……バレている。 それでも、私は応えない。 「私の徘徊が不満なら、出て行けばいい。 新居探すの手伝うよ」 「不満なのは、あなたが正直じゃないからです。 ネスティングに気付いてないとでも?」 「……………………」 Nesting(巣づくり) オメガが持つ、隠された特性。 私には、奇妙な悪癖がある。 シャツやタオルにペン、メイク道具。 好意を持った相手の匂いが染みついた私物を、無意識に持ち帰ってしまう。 私は、突然変異種だ。 血液検査ではアルファの結果が出たのに、このオメガの秘められた特性も持ち合わせていた。 発情期(ヒート)の症状はないけれど、相性のいい相手と出逢ってしまうと、徘徊とネスティングのスイッチが入る。 オメガほどではないにしても、体臭も甘くなり、フェロモンを分泌し始めるようだ。 そして、こういった現象は相手が傍にいる限り、ずっと続く。 一番の解決策は番(つがい)になることだけど。 「りょうさん、私、別に責めてるわけじゃなくて」 よほど酷い顔をしていたのだろうか。 私の顔を見て、れいこが困った顔をする。 「れいこ。 私の勝手で申し訳ないけど、やっぱり……」 「嫌」 覆い被さられ、唇を塞がれた。 れいこの唇のやわらかさに驚きながら、身体が歓喜に震えるのがわかる。 やっぱり好きだ、どうしよう。 ちゅ、と吸われ、舌がぬるりと口内に入り込んでくる。 噛みついてやろうと思っていたのに、むしろ積極的に絡みつかせてしまう。 濡れた音と、相手の甘く薫ってくる体臭に、ますます昂ってくる。 本能に従うのは嫌なのに、嬉しくてたまらない。 腰をぴたりと密着させて、甘ったるい声を洩らしながら、互いの唇を味わう。 離れる瞬間、れいこが舌先を軽く噛んだ。 ビリ、と全身に電気が走るような衝撃。 怒気をも削ぐそれに、耐える。 獰猛な眼をしたれいこのきれいな顔が覗き込んできた。 「結婚を前提に、首、噛んでいい?」 「却下……」 「なんで、私のこと嫌い……?」 「伴侶も子供も持つ気ないから……あ、馬鹿、駄目だってば」 首筋を、れいこの肉厚な唇が這っていく。 「りょうさんの気が済むまでトップを務めた後、一緒に寿退団しましょう。 子供も、私が産めばいいですよね?」 「ちょ、それ……私が上層部に殺される」 「りょうさんがいない舞台に興味ありません」 「威張らないで……本当馬鹿なんだから」 これまでも、この外見を裏切るお馬鹿な言動にほだされてしまっていた。 可愛いけど、今回は折れるわけにいかない。 れいこのきれいな顔に手を添え、視線を合わせる。 「私が問題にしてるのは……」 「りょうさんの性がなんだってかまわない」 かぶせるように言い切られ、言葉を失う。 「今すぐでなくていいから、私のものになって」 またキスしてくるのを止められない。 どうしてこうもいうことをきいてくれないのか。 舌が蠢くたび、この子の子供を生みたい、という欲求が湧いてくる。 このお馬鹿な美人にめろめろな自分を殴ってやりたい。 今だけ。 今だけは、傍にいるのを許してあげる。

次の