品川 京都 新幹線 料金。 往復割引がない!新幹線【東京

品川駅

品川 京都 新幹線 料金

新幹線で子供料金がかかるのは、6歳から12歳未満( 小学生)の子供。 小学生は普通車指定席・自由席に乗れば、料金は大人料金の 半額。 (グリーン車は大人と同額) これが基本で、中学生以上は大人料金(学生は利用も)、小学生未満は自由席なら無料です。 この半額の4,180円に指定席・グリーン車・自由席の特急券の半額をプラスします。 すると、のぞみ指定席が7,080円、ひかり・こだま6,920円、自由席6,660円になります。 これで子供料金の計算方法はわかりました。 指定席の場合 大人2人、子供1人、幼児1人 この内、料金がかかるのは大人と子供ですが、幼児も席を取ると子供料金。 幼児の席を取らなければ合計で片道35,420円、席を取れば42,500円。 大人2人、幼児2人 幼児2人とも席を取らず、膝の上に乗せていれば、かかるのは大人料金のみ。 自由席の場合 自由席の場合は、料金がかかるのは大人と(小学生の)子供のみ。 乳幼児は空いている席に座っても、料金はかかりません。 幼児の分は無料なので、大人2人、子供1人の片道合計33,300円。 大人2人、幼児2人 この場合、幼児の料金は無料で、かかるのは大人2人分の料金のみ。 このように年齢と座席の座り方で料金が変わってきます。 もちろん自由席が安いですが、週末のは家族連れで混雑します。 京都へ向かう新幹線なら、品川駅より東京駅から乗ると自由席に座れます。 しかも、のぞみよりひかりの方が自由席の席数が多いので、「」がおススメです。 片道のみ指定席で座席を確保するなら東京へ向かう新幹線ですね。 京都始発の新幹線はないので、時期や時間帯によっては自由席が空いている可能性も低いです。 なお、家族旅行で新幹線に乗るなら、幼児の指定席を取っても が安いです。 幼児がいても自由席より新幹線ホテルパック! 例えば、大人2人、子ども1人、幼児1人の4人家族で東京から京都へ行ったとします。 この場合、自由席に乗れば、新幹線料金は片道33,300円、往復で66,600円です。 4人1部屋の宿泊費20,000円を合わせると、往復&1泊の合計は86,600円かかります。 ところが、これと同じホテルを利用する なら、4人の合計は69,600円。 しかも、幼児を子供料金で予約して指定席は4席確保することができます。 このように、自由席よりも指定席に乗った方が 17,000円安くなることもあります。

次の

【東京・品川

品川 京都 新幹線 料金

広告 新幹線の子供料金は何歳から? JRでは、「おとな」と「こども」などを以下のように区分しています。 おおざっぱには、以下のように理解すればいいでしょう。 おとな……12歳以上(中学生以上)= 大人運賃• 乳児……1歳未満= 無料 基本的には上記のように理解しておけば問題ありません。 12歳であっても小学生は半額、6歳であっても未就学児(小学校入学前)は無料です。 ただ、例外がいくつかありますので、注意してください。 以下でわかりやすく説明していきます。 なお、JRでは「こども」とひらがなで表記します。 旅客営業規則では「小児」と書かれています。 いずれも、意味は一緒で子供のことです。 「のぞみ」も「はやぶさ」も子供料金は同じ 新幹線の「のぞみ」や「みずほ」「はやぶさ」「こまち」などでも「こども半額」のルールは同じです。 新幹線の全ての列車で、子供料金のシステムは同じで、小学生なら半額、幼児なら無料が適用されます。 「幼児」「乳児」が無料になる条件は? 新幹線を利用する際、「幼児」「乳児」は原則として無料です。 つまり、小学校入学前の子供は無料で乗車できます。 ただし、以下の制限があり、少し話がややこしくなります。 まず、料金を支払って乗車する旅客1人につき無料となる「幼児」「乳児」は2人までです。 つまり、親が1人で「幼児」「乳児」が3人の場合、「1人分の大人料金と、1人分の子供料金」が必要になります。 また、親が1人で小学生の子供が1人、「幼児」「乳児」が3人の場合は、料金を支払って乗車する旅客が2人いますので、「幼児」「乳児」は4人まで無料になります。 ですから、この場合は「幼児」「乳児」3人が全員無料になります。 広告 「幼児」「乳児」でも指定席を使えば有料 「幼児」「乳児」が有料になるケースはまだあります。 それは指定席やグリーン席を「幼児」「乳児」が1人で利用した場合です。 指定席は「席を確保する」という点では「幼児」も同じです。 そのため、「幼児」「乳児」にも料金がかかるのです。 指定席を利用する場合、「幼児」「乳児」であっても「こども」とみなされます。 そのため、「こどもの乗車券」+「こどもの指定席特急券」が必要になります。 つまり、指定席部分だけが有料になるのではなく、乗車券部分(運賃)も有料になるので注意してください。 グリーン車を利用すると、「こどもの運賃」+「こどもの特急料金」+「おとなのグリーン料金」が必要になります。 「幼児」が一人で旅行しても有料 「幼児」が有料になるケースとしては、単独で新幹線を利用した場合もあります。 あまりないケースだとは思いますが、「幼児」が一人または「幼児」のみのグループで旅行すると、子供料金がかかります。 乗車駅まで両親が送り、下車駅で祖父母が迎えに来る場合などでは、幼児であっても子供料金を支払わないといけません。 「幼児」の自由席利用に制限はなし 新幹線の自由席を利用する場合は、「幼児」「乳児」は原則無料です。 この場合、「席を使用してはならない」という規則はありません。 ですから、幼児や乳児が1席を占拠してもルール上は問題ありません。 とはいうものの、満員の自由席で立ち客がいるのに、無料の子供が自由席で座っているのはマナーに反するのではないか、と考える人もいます。 心情は理解できますね。 ということで、自由席が混雑している場合は、できるだけ配慮しましょう。 無料の幼児はひざの上に載せたり、2人いたら1席に座らせたり、などなど。 4歳、5歳となるとひざの上というわけにもいかないでしょうが、できる限りの配慮をすれば、気兼ねなく旅ができます。 また、6歳以下の「幼児」「乳児」を連れて旅行するときは、なるべく空いている列車の自由席を選ぶのがいいでしょう。 少し時間がかかっても「こだま」などの各駅停車タイプがおすすめです。 飛行機よりも安い! 飛行機の場合、子供が無料になるのは2歳まで。 3歳以上は子供料金がかかります。 飛行機では子供料金の割引運賃はあまりありませんので、子供料金といえど大人の割引運賃とほとんど変わらなくなることもあります。 それに比べると、新幹線の子供料金のシステムはとても良心的。 自由席を使えば未就学児無料、というのは子連れにやさしいシステムです。 子連れ旅行はJRに限りますね。

次の

EX予約運賃ナビ|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

品川 京都 新幹線 料金

新幹線で子供料金がかかるのは、6歳から12歳未満( 小学生)の子供。 小学生は普通車指定席・自由席に乗れば、料金は大人料金の 半額。 (グリーン車は大人と同額) これが基本で、中学生以上は大人料金(学生は利用も)、小学生未満は自由席なら無料です。 この半額の4,180円に指定席・グリーン車・自由席の特急券の半額をプラスします。 すると、のぞみ指定席が7,080円、ひかり・こだま6,920円、自由席6,660円になります。 これで子供料金の計算方法はわかりました。 指定席の場合 大人2人、子供1人、幼児1人 この内、料金がかかるのは大人と子供ですが、幼児も席を取ると子供料金。 幼児の席を取らなければ合計で片道35,420円、席を取れば42,500円。 大人2人、幼児2人 幼児2人とも席を取らず、膝の上に乗せていれば、かかるのは大人料金のみ。 自由席の場合 自由席の場合は、料金がかかるのは大人と(小学生の)子供のみ。 乳幼児は空いている席に座っても、料金はかかりません。 幼児の分は無料なので、大人2人、子供1人の片道合計33,300円。 大人2人、幼児2人 この場合、幼児の料金は無料で、かかるのは大人2人分の料金のみ。 このように年齢と座席の座り方で料金が変わってきます。 もちろん自由席が安いですが、週末のは家族連れで混雑します。 京都へ向かう新幹線なら、品川駅より東京駅から乗ると自由席に座れます。 しかも、のぞみよりひかりの方が自由席の席数が多いので、「」がおススメです。 片道のみ指定席で座席を確保するなら東京へ向かう新幹線ですね。 京都始発の新幹線はないので、時期や時間帯によっては自由席が空いている可能性も低いです。 なお、家族旅行で新幹線に乗るなら、幼児の指定席を取っても が安いです。 幼児がいても自由席より新幹線ホテルパック! 例えば、大人2人、子ども1人、幼児1人の4人家族で東京から京都へ行ったとします。 この場合、自由席に乗れば、新幹線料金は片道33,300円、往復で66,600円です。 4人1部屋の宿泊費20,000円を合わせると、往復&1泊の合計は86,600円かかります。 ところが、これと同じホテルを利用する なら、4人の合計は69,600円。 しかも、幼児を子供料金で予約して指定席は4席確保することができます。 このように、自由席よりも指定席に乗った方が 17,000円安くなることもあります。

次の