みこ あめ り。 みこ【御子・皇子】【神子】【(子)】【(見こ)・巫女】

天日鷲命:玄松子の祭神記

みこ あめ り

【天地が開けたとき最初に出現した宇宙の中心の神】 古事記においてもほとんど詳細には書かれておらず、また、近世以降、仏教と習合(しゅうごう:さまざまな宗教の神々や教義などの一部が混同ないしは同一視されること)され、妙見菩薩(みょうけんぼさつ)、妙見さんと呼ばれています。 概要 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)は、高天原(たかまがはら:天界)に成った(誕生)した一番最初の神になります。 造化三神(ぞうかのさんしん)の中の一柱で、別天神(ことあまつかみ)の五神の第一神になります。 「天」は宇宙「御中」は真ん中「主」は支配するの意味で、宇宙の中心的であり、時間、空間的にも無限である「宇宙」そのものを体現する根源神とされます。 別名・別称 天御中主命(あめのなかぬしのみこと)、妙見菩薩(みょうけんぼさつ) 神格 神々の体系の中心的な位置づけで、神道では神聖な創造力と全知全能の力を備えた至高神とする考え方が一般的に共通されています。 性別 性別はなく独神(ひとりがみ) 性格 不明 神徳 長寿・招福・出世・学業上達・技術向上・厄除け・海上保安・病気治癒・中風病退除・養蚕守護・など 備考 造化三神(ぞうかのさんしん)とは、後に成った、高御産巣日神(たかむすひのかみ)、神産巣日神(かむむすひのかみ)の三柱の神のことで、別天神(ことあまつかみ)は、を参照下さい。 神社 現在、主にこの神を祭る神社には、妙見社系、水天宮系と東京大神宮や四柱神社などの近代創建の3系統があります。 出雲大社では別天津神の祭祀が古い時代から行われ、現在も御客座五神として本殿に祀られています。 ・(埼玉県秩父市) ・(長野県松本市) ・(福島県相馬市) ・太田神社(福島県原町市) ・八代神社(熊本県八代市) ・(岡山県倉敷市) ・(東京都中央区日本橋) ・(東京都千代田区) ・(福島県相馬市) ・(福島県原町市中太田) 相馬野馬追執行委員会(南相馬市観光交流課内)のホームページ ・相馬小高神社(福岡県相馬郡) ・(宮城県仙台市岩切) ・(兵庫県養父群) 養父市役所のホームページ ・岡太神社(兵庫県西宮市鳴尾町小松) 兵庫神社庁ホームページ ・降松神社(山口県下松市) ・妙見社 妙見社は千葉県のみで宗教法人登録をしているものだけでも50社以上もあり、全国の小祠は無数に存在しています。 などなど。

次の

「阿部富美子」に関連した英語例文の一覧と使い方

みこ あめ り

天日鷲命 あめのひわしのみこと 別名 忌部神: いんべのかみ 大日鷲命: おおひわしのみこと 天日和志命: あめのひわしのみこと 天日鷲翔矢命: あめのひわしかけるやのみこと 天比和志可気流夜命: あめのひわしかけるやのみこと 天鷲命: あめのわしのみこと ……• 阿波忌部の祖神。 后は神言筥女命。 の率いる五神( 天日鷲命:阿波忌部の祖、:讃岐忌部の祖、:紀伊忌部の祖、:出雲玉作の祖、:筑紫・伊勢忌部の祖)の一柱。 の後裔で、阿波国を開拓し、木綿・麻を植え、布帛を作った神。 『古語拾遺』に、が天岩屋に隠れた時、 天日鷲神とが穀(かじ)の木を植えて白和幣(木綿)を作った。 、は御子神。 由布津主命は孫神。 …あおかしきねのみこと• …あおはたさくさひこのみこと• …あおはたさくさひこのみこと• …あおはたさくさひこのみこと• …あかつつのみこと• …あかつのみこと• …あかぶすまいおおすみひこさわけのみこと• …あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと• …あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと• …あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと• …あかるひめのかみ• …あかるひめのみこと• …あきはやたまのみこと• …あきはやたまをのみこと• …あきひめのかみ• …あきびめのかみ• …あけたつあめのみかげのみこと• …あけたつのみこ• …あさりのみこと• …あじしきたかひこねのかみ• …あじしきたかひこねのかみ• …あじしきたかひこねのかみ• …あじしきたかひこのかみ• …あじすきたかひこねのかみ• …あじすきたかひこねのかみ• …あじすきたかひこねのかみ• …あじすきたかひこねのみこと• …あじすきたかひこねのみこと• …あじすきたかひこのみこと• …あじすきのかみ• …あしなづちのかみ• …あしなづちのかみ• …あしなづちのみこと• …あしなづちのみこと• …あしなづちのみこと• …あしわらしこをのかみ• …あすはのかみ• …あずみのいそら• …あずみのいそら• …あそつひこ• …あそつひこのみこと• …あそつひめのみこと• …あそのかみ• …あたかたすみのみこと• …あたかたすみのみこと• …あたつくしねのみこと• …あたらひこみょうじん• …あたらひめみょうじん• …あとべのいそら• …あひらつひめのみこと• …あひらひめのみこと• …あべのせいめい• …あまつきひさかみたかひこのみこと• …あまつくめのみこと• …あまつひこくにてるひこほのににぎのみこと• …あまつひこねのみこと• …あまつひこねのみこと• …あまつひこねほのににぎのみこと• …あまつひこひこなぎさたけうかやふきあえずのみこと• …あまつひこひこほのににぎのみこと• …あまつひこひこほのににぎのみこと• …あまつひこひこほほでみのみこと• …あまつひこほのににぎのみこと• …あまつまうら• …あまつまうら• …あまつまら• …あまつまら• …あまつみかほし• …あまてらしますおおかみ• …あまてらしますすめおおかみ• …あまてらすおおかみ• …あまてらすおおひるめのかみ• …あまてらすおおひるめのみこと• …あまてらすおおみかみ• …あまてらすたかひめのかみ• …あまてらすたかひめのかみ• …あまてらすひるめのみこと• …あまてらすひるめのむち• …あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと• …あまてるたまのみこと• …あまのあかるたまのみこと• …あまのいわくすふね• …あまのえおりめのみこと• …あまのおしほねのみこと• …あまのおしほみみのみこと• …あまのおしほみみのみこと• …あまのかがせを• …あまのきせのみこと• …あまのきほほおきせのみこと• …あまのくしひとつのみこと• …あまのはずちのみこと• …あまのひとつねのみこと• …あまのほあかりのみこと• …あまのほひのみこと• …あまのみかげのみこと• …あまのみかげのみこと• …あまのみかげのみこと• …あまのみかつひめのみこと• …あまのみなかぬしのかみ• …あまのみなかぬしのかみ• …あまのむらくものみこと• …あまのむらくものみこと• …あまのやちぢひめのみこと• …あまのゆかわたなのみこと• …あまのゆかわたなのみこと• …あまのゆかわたのかみ• …あめくしつおおくめ• …あめくににぎしひこほのににぎのみこと• …あめしるかるみづひめのかみ• …あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと• …あめにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのみこと• …あめにぎしくににぎしひこほのににぎのみこと• …あめのいきしにほのみこと• …あめのいくたまのみこと• …あめのいさふたまのみこと• …あめのいさふるたまのみこと• …あめのいわとわけのかみ• …あめのうづめのみこと• …あめのうづめのみこと• …あめのうづめのみこと• …あめのうづめのみこと• …あめのうわはるのみこと• …あめのおしくまねのみこと• …あめのおしくもねのかみ• …あめのおしくもねのみこと• …あめのおしくものみこと• …あめのおしひのみこと• …あめのおしひのみこと• …あめのおはばりのみこと• …あめのおもいかねのかみ• …あめのおもいかねのかみ• …あめのかがせをのみこと• …あめのかぐやまのみこと• …あめのかごやまのみこと• …あめのかごやまのみこと• …あめのかべたちのかみ• …あめのかみたまのみこと• …あめのかむだちのみこと• …あめのかんたまのみこと• …あめのくしあかるたまのみこと• …あめのくしたまのみこと• …あめのくぬのみこと• …あめのくらとのかみ• …あめのことしろぬしのかみ• …あめのことゆひこのみこと• …あめのこやねのみこと• …あめのこやねのみこと• …あめのこやのみこと• …あめのさぎりのかみ• …あめのさぎりのかみ• …あめのさづちのかみ• …あめのさづちのかみ• …あめのさでよりひめ• …あめのしたつくらししおおかみ• …あめのしたつくらししおおなもちのみこと• …あめのしたはるのみこと• …あめのしらはのかみ• …あめのしらはのかみ• …あめのすくなひこねのみこと• …あめのせおのみこと• …あめのせおのみこと• …あめのせおのみこと• …あめのそこたちのかみ• …あめのたかみむすびのみこと• …あめのたぢからをのかみ• …あめのたぢからをのかみ• …あめのたなばたひめのかみ• …あめのたまくしひこのみこと• …あめのちちはやひのみこと• …あめのつきがみのみこと• …あめのつぬごりたまのかみ• …あめのつぬごりのみこと• …あめのとこたちのかみ• …あめのとこたちのかみ• …あめのとこたちのみこと• …あめのとまみのみこと• …あめのとまみのみこと• …あめのとまみのみこと• …あめのとみのみこと• …あめのとよたまのみこと• …あめのとりふねのかみ• …あめのながしらはのみこと• …あめのぬかどのみこと• …あめのぬかどのみこと• …あめのはあかるたまのみこと• …あめのはずちおのかみ• …あめのはやたまのかみ• …あめのはやたまひめのみこと• …あめのひとつはしらのかみ• …あめのひなとりのみこと• …あめのひぼこ• …あめのひぼこ• …あめのひぼこ• …あめのひぼこ• …あめのひみたまのみこと• …あめのひわしかけるやのみこと• …あめのひわしかけるやのみこと• …あめのひわしのみこと• …あめのひわしのみこと• …あめのふきねのみこと• …あめのふたのぼりのみこと• …あめのふゆきぬのかみ• …あめのほひのかみ• …あめのほひのみこと• …あめのほひのみこと• …あめのほひのみこと• …あめのまひとつのかみ• …あめのまひとつのみこと• …あめのみかげのみこと• …あめのみかつひめのみこと• …あめのみかつひめのみこと• …あめのみかつひめのみこと• …あめのみくだりのみこと• …あめのみくまりのかみ• …あめのみちねのみこと• …あめのみはしらくにのみはしらのみこと• …あめのみはしらのみこと• …あめのみやつこひめのみこと• …あめのやえことしろぬしのかみ• …あめのやさかひこのみこと• …あめのゆつひこのみこと• …あめのよてのみこと• …あめのわけとよひめのかみ• …あめのわしのみこと• …あめひがたくしひがたのみこと• …あめひとつばしら• …あめよろずたくはたちちひめ• …あめよろずたくはたちはたひめのみこと• …あめわかひこ• …あめわかひこ• …あめわかひこ• …あやかしきねのみこと• …あやかしきのみこと• …あやかしこねのかみ• …あやかしこねのみこと• …あゆかしきのかみ• …あらたのいらつめ• …あらたのみこ• …あわしま• …あわしま• …あわなぎのみこと• …あんかんてんのう• …あんちら• …あんとくてんのう• …あんねいてんのう• …いいよりひこ• …いかがしこめのみこと• …いかがしこめのみこと• …いかがしこをのみこと• …いかがしこをのみこと• …いかこやひめのみこと• …いかこやひめのみこと• …いかたらしひこのみこ• …いかたらしひこのみこと• …いかたらしひこわけのみこと• …いかつおみのみこと• …いかつちおおおみのみこと• …いがつひこのかみ• …いくぐいのかみ• …いくくいのみこと• …いくたまのみこと• …いくたまよりひめ• …いくたまよりひめ• …いくたまよりひめ• …いくつひこねのみこと• …いくつひこねのみこと• …いくまのかみ• …いくむすびのかみ• …いくむすびのみこと• …いくめいりびこいさちのすめらみこと• …いくめいりひこいさちのみこと• …いくめいりひこいさちのみこと• …いけおのかみ• …いざなぎ• …いざなぎ• …いざなぎのかみ• …いざなぎのかみ• …いざなぎのまなこのかむろぎのくまのおおかみくしみけぬのみこと• …いざなぎのみこと• …いざなぎのみこと• …いざなぎのみこと• …いざなみのかみ• …いざなみのかみ• …いざなみのみこと• …いざなみのみこと• …いざなみのみこと• …いしこりとべ• …いしこりどめのみこと• …いしこりどめのみこと• …いすけよりひめのみこと• …いすずよりひめのみこと• …いずはやおのみこと• …いずはやおのみこと• …いずもかさやのみこと• …いずもたけこのみこと• …いせつひこのかみ• …いせつひこのみこと• …いせつひめのみこと• …いそのたける• …いたきそのかみ• …いたけるのみこと• …いたてのかみ• …いたらしひこのみこと• …いちきしまひめのみこと• …いちきしまひめのみこと• …いちきしまひめのみこと• …いつこりのみこと• …いつせのみこと• …いつのおばしりのかみ• …いつのおはばりのかみ• …いづのめのかみ• …いとおりひめ• …いとくてんのう• …いなくらたまのみこと• …いなせはぎのみこと• …いなだひめ• …いなばのやかみひめ• …いなはやわけ• …いなりのかみ• …いにしきいりひこのみこと• …いにしきいりひこのみこと• …いのえこうごう• …いのえのひめみこ• …いひかたすみのみこと• …いぶきどぬし• …いほついわむら• …いわいぬしのかみ• …いわいぬしのかみ• …いわさかひこのみこと• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのみこと• …いわつくわけ• …いわつくわけのみこ• …いわつくわけのみこと• …いわつくわけのみこと• …いわつちびこのかみ• …いわつつのおのかみ• …いわつつのおのみこと• …いわつつのみこと• …いわつつのめのみこと• …いわながひめのみこと• …いわながひめのみこと• …いわのおおかみ• …いわれひこのみこと• …いわれひこほほでみのみこと• …いんだら• …いんべのかみ• …ういじにのみこと• …ういじにのみこと• …ういじねのみこと• …うかのみたま• …うかのみたまのかみ• …うかのみたまのかみ• …うかのみたまのみこと• …うかぶののとよかうのみこと• …うがやふきあえずのみこと• …うけもちのかみ• …うけもちのみこと• …うけもちのみこと• …うけもちのみこと• …うさつひこ• …うさつひこ• …うさつひめ• …うさつひめ• …うしきありしちかんき• …うじのすめらみこと• …うじのみこ• …うじのわきいらつこ• …うじのわきいらつこ• …うじのわきいらつこのみこ• …うじのわきいらつこのみこと• …うずひこ• …うちあがたのかみ• …うつしくにたまのかみ• …うつしくにたまのかみ• …うつしひかなさくのみこと• …うつしひかなさくのみこと• …うつしひかねおりのみこと• …うづひこ• …うづひこ• …うづひこ• …うなかみのすくね• …うなかみのみこ• …うなかみのみこと• …うなたりのかみ• …うひぢにのかみ• …うひぢにのかみ• …うましあしかびひこじのみこと• …うましあしかびひこぢのかみ• …うましまじのみこと• …うましまでのみこと• …うましまみのみこと• …うみさちひこ• …うむがいひめ• …うむかいひめ• …うむかひめ• …うやつべのみこと• …うらこりわけ• …うわつつのをのみこと• …うわつつのをのみこと• …うわつわたつみ• …うわつわたつみのかみ• …おうじんてんのう• …おうすのみこと• …おおあがたのかみ• …おおあやつひのかみ• …おおいかづちのかみ• …おおいちひめのみこと• …おおえのいざほわけのすめらみこと• …おおえのいざほわけのみこと• …おおかがやまとおみのかみ• …おおかむずみのみこと• …おおかむずみのみこと• …おおかむずみのみこと• …おおきびつひこのみこと• …おおくにたまのかみ• …おおくにたまのかみ• …おおくにぬしのかみ• …おおくぬぎのかみ• …おおくめぬし• …おおくめのみこと• …おおくめのみこと• …おおくらひめのみこと• …おおげつひめのかみ• …おおげつひめのかみ• …おおげつひめのかみ• …おおことおしおのかみ• …おおさざきのみこと• …おおさざきのみこと• …おおすえつちのみこと• …おおそびのみくまのうし• …おおたのみこと• …おおたのみこと• …おおたらしひこおしろわけのみこと• …おおたらしひこおしろわけのみこと• …おおたらしひめ• …おおつちのかみ• …おおとしのかみ• …おおとしのかみ• …おおとじのみこと• …おおとしみおやのみこと• …おおどのすめらみこと• …おおとのぢのかみ• …おおとのべのかみ• …おおとのべのかみ• …おおとのべのみこと• …おおとまとひこのかみ• …おおとまとひめのかみ• …おおとまひこのみこと• …おおとまひめのみこと• …おおとまべのみこと• …おおとむじのみこと• …おおとむべのみこと• …おおともわけのみこと• …おおなおびのかみ• …おおなおびのかみ• …おおなむちのかみ• …おおなむちのかみ• …おおなむちのみこと• …おおなむちのみこと• …おおはたぬしのみこと• …おおはつせわかたけのすめらみこと• …おおはつせわかたけのみこと• …おおひこのみこと• …おおひこのみこと• …おおひこのみこと• …おおひるめのみこと• …おおひるめのみこと• …おおひるめのむち• …おおひるめのむち• …おおひわしのみこと• …おおへひめのかみ• …おおまがつひのかみ• …おおまがつひのかみ• …おおまたのみこ• …おおまとのちのかみ• …おおまとのつのおおかみ• …おおみけつおみのみこと• …おおみけつのみこと• …おおみけつひこのみこと• …おおみけつひめのみこと• …おおみやのめ• …おおみやのめのかみ• …おおみやのめのかみ• …おおみやひめのみこと• …おおものぬしのみこと• …おおやつひめのかみ• …おおやつひめのみこと• …おおやひこのかみ• …おおやひこのみこと• …おおやひめのかみ• …おおやまくいのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのみおやのみこと• …おおやまとたらしひこくにおしひとのみこと• …おおやまとととひももそひめのみこと• …おおやまとねこひこくにくるのみこと• …おおやまとねこひこふとにのすめらみこと• …おおやまとねこひこふとにのみこと• …おおやまとひこすきとものすめらみこと• …おおやまとひこすきとものみこと• …おおわかこのみこと• …おおわたつみのかみ• …おおわたつみのかみ• …おかみのかみ• …おかみのかみ• …おかみのかみ• …おきざかるのかみ• …おきつかいべらのかみ• …おきつしまひめのみこと• …おきつしまひめのみこと• …おきつなぎさびこのかみ• …おきつひこのかみ• …おきつひこのかみ• …おきつひめのみこと• …おきつひめのみこと• …おきながたらしひめ• …おきながたらしひめ• …おきはぎのみこと• …おくついわたてのかみ• …おくやまつみのかみ• …おさべしんのう• …おざほのみこ• …おざほのみこ• …おしほねのみこと• …おちわけのみこ• …おちわけのみこと• …おちわけのみこと• …おちわけのみこと• …おとしがみ• …おとひこ• …おどやまつみのかみ• …おとよのみこと• …おとよのみこと• …おほたたねこ• …おほたたねこ• …おほたたねこのみこと• …おほたたねこのみこと• …おほつののかみ• …おほどののみこと• …おまたのみこ• …おみずぬのかみ• …おみずぬのみこと• …おもいかねのかみ• …おもいかねのかみ• …おもだるのかみ• …おもだるのみこと.

次の

Dear+(ディアプラス) 2020年 07 月号

みこ あめ り

天岩戸の前で熱狂的に踊った女神 アメノウズメ命は、天岩戸に隠れたアマテラス大神を外に誘い出すために、熱狂的な踊りを披露したことから日本の芸能のルーツとされる女神です。 『日本書紀』には「巧みに俳優をなし」と記されています。 天岩戸の前に集まった大勢の神々の前で伏せた空桶の上に立ち、アメノウズメ命は激しく桶の踏み鳴らし、次第にボルテージを上げ、やがて胸をはだけ、腰の紐をほどいて踊りました。 すると多くの神々は大きな笑いと歓声を上げ、岩戸の前は大変楽しくにぎやかな雰囲気に満ちました。 その騒ぎが気になったアマテラス大神が外を除いたところ、アメノタヂカラオ命が手を引いて外に導いたことで世界に太陽の光が戻ったとされます。 神楽や俳優の原点 アメノウズメ命の踊りは、神前で舞を奉じる神楽の始まりとされています。 神楽の語源は「神座(神が宿る場)」であるといわれ、神を招き、降臨してきた神を歓迎し祝福するために神座において踊りを捧げることを意味します。 同時に神楽には神の心を楽しませ和らげる「神遊び」という意味も含まれているそうです。 そこから派生して日本の様々な芸能が生まれたと考えられ、この神が日本の芸能の祖神とされています。 また、『古事記』や『日本書紀』に「俳優なして」と記されていることから、俳優のルーツともいわれています。 「わざ」とは神のわざ(所作・行為・技)のことで、簡単に言えば神がのり移ったような振る舞いを指します。 その振る舞い(所作)には、アメノウズメ命が卑猥な演技で神々を笑わせたように、古くから道化、滑稽というものがその中心的な要素として含まれています。 さらに「おぎ」は招くという意味で、つまり「俳優」とは、神霊を招いて面白おかしく振る舞いを演じ、なぐさめ、楽しませることをいいます。 神々と交信する巫女 天岩戸神話では、鎮魂祭の起源を語るものとも考えられています。 鎮魂祭とは、太陽の活力の再生と天皇の遊離した魂を取り戻すことによって、世の中の平安を祈願する儀式です。 天岩戸の前で神懸りした踊りでアマテラス大神の関心を開き、心を開かせ、活力を取り戻させる。 その際に大神と会話を交わすアメノウズメ命の姿は、シャーマン(巫女)が恍惚状態になって、神と交信する様子を映したものと考えられます。 神事において神懸りして神と同一化したり、神の言葉を交わす役目をする女性といえば巫女です。 ウズメという名前について様々な解釈がありますが、有力なものに「ウズ」とは神事の際に頭に挿す枝葉や花を意味する「挿頭(かざし)」からきているという説があります。 この場合は枝葉や花は、神霊を招き宿らせる一種の寄り代の機能をもつものと考えられます。 そこから、ウズメとは「神事における特別な役割をする髪飾りを挿した女性」をさすことになり、それに該当するのが神に奉仕する巫女です。 宮廷祭祀で踊る猿女君の祖神 天岩戸の前での活躍の後、アメノウズメ命はアマテラス大神の側近として奉仕し、その心を慰める役目を果たしました。 その後ニニギ尊の天下りに随行して地上に降ることになりました。 その途中の天八衢で赤い目を輝かせた神がニニギ尊一行の前に立ち塞がりました。 アメノウズメ命はその者の前に立ちはだかった詰問すると、国津神のサルタヒコ命と名乗り、地上からニニギ尊の道案内をするためにここまで迎えに来たと答えます。 これが縁となりのちにこの二注は結婚。 サルタヒコ命の故郷である伊勢国に住み、宮廷祭祀の鎮魂祭や大嘗祭などに関わる猿女君(さるめのきみ)の祖神になったとされます。 猿女君とは、宮廷祭祀において神楽を舞うことを努めとする神祇官の役職名です。 猿は「戯曲」などと使う「戯る(さる)」に通じ、猿女という呼び名は、とくに宮廷の祭祀のときに、滑稽な俳優を演じる集団につけられてものをいいます。 アメノウズメ命の原像と考えられる伊勢を本拠地とした猿女一族は、シャーマニスティックな女性が中心の特殊な霊能力者集団だったようです。 彼女らは踊りによって神々を喜ばせ、神々の託宣を聞くという呪力を駆使したとされます。 その踊りは非常に熱狂的で官能的だったとされます。 だからこそ、女性たちが神懸かりして踊りを神に捧げ豊壌すを祈る姿は、民衆の目には特殊な魔術を駆使する超能力者の集団と写ったことでしょう。 アメノウズメ命というのは、こういった独特な祭祀祈祷を行う超能力的な巫女集団の霊的パワーの神格化と考えられています。 元来は神事芸能の祖神ですが、あらゆる神々をも魅了する踊りの力が芸能・技芸一般に当てはめられ、舞楽の神、歌舞伎などの演劇の神、俳優の神、その他技芸全般の神として信仰されています。 ちなみに三重県の椿大神社の摂社である椿岸神社は、芸能関係者や花柳界からの信仰が篤いそうです。 天宇受売命を祀る神社.

次の