即パット 払い戻し。 即PAT Q&A

ネット(PAT)で購入した過去の的中馬券の確認・照会はいつまで可能?

即パット 払い戻し

1:即パットとは インターネットが普及している現代では、便利なサービスが数多くあります。 「馬券を買う」というと競馬場や場外馬券売り場に足を運ばないといけないイメージを持っている方も多いかもしれませんが、最近ではインターネット上で馬券を買うことができるようになっています。 インターネットでの馬券の売り上げも順調で、馬券売り上げの全体の約7割がインターネット上から購入されていると言われています。 JRAの 即パットというサービスでは指定口座があれば簡単に登録ができ、特別な審査があるわけでもありません。 そのため、多くの競馬ファンが即パットに登録し、競馬場に行かなくても競馬を楽しんでいるのです。 競馬場にはWi-Fiが完備されているので、現地に居ながら即パットで馬券を購入している人もいます。 その分、予想にかける時間が増えるので、予想の精度も上がってるかもしれません。 即パットでは、JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着馬を当てるWIN5という馬券が購入可能です。 WIN5は的中率が低いものの、過去には4億円を超える配当が飛び出したこともありました。 高額配当が期待できるWIN5が購入できるという点でも、即パットは魅力的なサービスの一つです。 今回は、インターネット上で馬券が購入できる即パットについて、払い戻しに関する情報をまとめてみました。 【関連記事】 2:即パットの払い戻しはいつから受け取れるの? 即パットを利用する際に気になるのは、 払い戻しがいつから受け取れるかということではないでしょうか。 競馬場で馬券を購入した場合には、レースが確定すればすぐに自動払戻機械で払い戻しを手にすることができます。 払い戻しがいつ受け取れるかによって、次のレースでの馬券の買い方も変わってくるかもしれません。 そこで、即パットの払い戻しについて調べてみました。 JRAのホームページによると、払戻金確定後に「 出金指示」を行えば、その時点で口座に振込することができると記載があります。 即パットで払い戻しを受け取りたいという人は、「出金指示」の操作が必要です。 仮に1レース目で馬券が的中したとすると、レースが確定するまでは払い戻しを受け取ることができません。 レースが確定すると、馬券購入可能金額のところに、払い戻しの金額がプラスされます。 この時点では、まだ銀行口座に払い戻し金が入っているわけではありません。 即パットの中に「出金指示」という操作があるので、「出金指示」をすることによって即座に払い戻しが振り込まれます。 そのため、すぐに払い戻しを受け取りたいという方にも対応しているのです。 もちろん、いちいち「出金指示」をせずにそのまま2レース目以降のレースを賭けることもできます。 レースが確定するとすぐに馬券購入可能金額に払い戻しが足されるので、締め切り間際になってしまいますが次のレースでそのまま払い戻しの金額を賭けることも可能です。 自分の好きなタイミングで「出金指示」ができ、口座に払い戻いを振り込めるので非常に便利です。 2-1:出金指示を忘れるとどうなる? 後で「出金指示」をしようと思っていると、最後まで忘れてしまうという場合もあるかもしれません。 「出金指示」をしなかったら払い戻しがどうなってしまうのか、気になる方も多いでしょう。 まず、中央競馬は基本的に土日開催です。 そのため、土曜日に即パットへ入金した場合に、翌日の日曜日の競馬が開催されているので、払い戻しの残高は日曜日へと持ち越されます。 日曜日の残高が、最終的に払い戻しされることになるのです。 それでは、日曜日に「出金指示」をし忘れた場合についてどうなるのでしょうか。 この場合、 払い戻しされないわけではなく、一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」という扱いになります。 「通常月曜日午前中」に行われるので、払い戻しはこのタイミングで入金されます。 そのため、「出金指示」をするのを忘れてしまったからといって、焦る必要はありません。 すぐに口座に振り込んでほしいという人以外は、「出金指示」について特に気にする必要はないでしょう。 ちなみに、一括出金で口座に振り込まれる時間は、各金融機関で異なっています。 ジャパンネット銀行は節終了後の当日の24時までなのに対し、三井住友銀行は節終了後の翌日の午前中です。 一括出金で振り込まれる時間が気になる方は、JRAのホームページで自分が登録している金融機関を確認してください。 2-2:馬券を買う前に 即パットを利用したことがないという方は、そもそも馬券の買い方がわからないかもしれません。 そこで、馬券を買う前にやらなければいけないことを説明します。 即パットで馬券を買うためには、まず銀行口座からJRAのインターネット投票システムへ馬券購入資金の入金をする必要があります。 当然で鵜が馬券を買うためのお金を入れなければ、馬券を買うことはできません。 これは即パットの「入金指示」からすることができ、1日につき3回目以降の入金には 手数料15円が発生します。 つまり、1回目や2回目の入金は手数料が発生しないので、入金はできるだけ2回以内に抑えたいところです。 入金した金額が購入限度額に反映されれば、問題なく「入金指示」ができています。 これで馬券を買うための準備ができたので、自分の好きな投票方法により馬券を購入してください。 即パットの購入方法や入出金処理についてはJRAのホームページに細かく記載されているので、操作方法がわからないという方はJRAホームページをチェックしてください。 3:的中しているのに払い戻しされない? たまに、的中しているのに払い戻しがされないと言っている方を見かけます。 通常は的中していれば、問題なく払い戻しがされるはずです。 そこで、的中しているの払い戻しがされないという場合には、まず 投票内容照会は確認してください。 即パットでは、自分が購入した馬券の詳細を投票内容照会を見ることができます。 払い戻しされないケースで一番多いのが、購入した馬券が間違っているケースです。 自分の中では的中した馬に賭けているつもりでも、ボタンを押し間違えていて別の馬に賭けている場合があります。 また、締め切り間際に購入しようとして、締め切りに間に合っていなかったということもあります。 JRAでは投票内容照会の内容に基づいて、払い戻しが行われています。 そのため、払い戻しされないときにはまず投票内容照会をチェックしてください。 もし投票内容照会を見ても的中しているようであれば、JRAに直接問い合わせてみましょう。 4:A-PATの払い戻しと入金 即パットと同じようにインターネット投票の可能なサービスが A-PATです。 A-PATの払い戻しと入金について、即パットと少し異なる点があるので説明します。 A-PATは専用の口座を新規に開設して利用する仕組みで、購入可能金額は銀行口座残高とイコールです。 そのため、購入したい金額を口座に入金しておく必要があります。 土曜日から月曜日までは口座がロックされるので、入金できるのは金曜日までです。 ロックをされている期間については、引き出すをすることもできません。 ロックされる期間は、金融機関によって若干異なっています。 みずほ銀行については、JRA開催日直前の銀行営業日24時から翌銀行営業日12時でロックの期間が一番短くなっています。 ロックの期間が一番長いのが第四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行で、JRA開催日直前の銀行営業日ATM営業終了時刻から翌銀行営業日までです。 基本的には金曜の夜から、月曜日一杯までロックされているという認識で問題はありません。 即パットのように、自分の好きなタイミングで振り込めるわけではないということを覚えておいてください。 まとめ インターネットで馬券が買える即パットは、非常に便利なサービスです。 即パットを活用することによって、自宅でも競馬が楽しめます。 払い戻しについて即パットの場合は、自分の好きなタイミングで口座へ振り込むことができます。 「出金指示」の操作をすれば口座へ振り込まれるので、払い戻しをすぐに手にしたいという場合には「出金指示」を行ってください。 日曜日に「出金指示」を忘れていたとしても、一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」が行われます。 一括出金で口座に振り込まれる時間は各金融機関で異なっていますが、月曜日に振り込まれることがほとんどです。 即パットと同じようなサービスでA-PATもありますが、こちらは専用の口座を新規に開設して利用する仕組みで、金曜日から月曜日までロックされてしまいます。 ロックされてしまうと、入金や引き出しをすることはできません。 即パットとの違いについては、覚えておきたいところです。 即パットは払い戻しを自分の好きなタイミングで「出金指示」できるので、便利なサービスとして活用してみてください。

次の

即PAT会員になって馬券を購入する|馬券の買い方入門

即パット 払い戻し

即PATとは一部のネット銀行・都市銀行と提携したJRAのインターネット投票サービスのことで、加入時に登録した口座を通してパソコン・スマートフォン・携帯電話で馬券を購入することができます。 「A-PAT」と似ていますが、即PATには、 申込から利用開始までに時間が掛からない、 申し込んだその日に馬券が買える、 土日でもATMから入金できる、というメリットがあります。 会員登録 登録条件 下記のいずれかの普通口座を所持していること。 ジャパンネット銀行• 三井住友銀行(SMBCダイレクト)• 楽天銀行• 三菱東京UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• 土曜日に前日発売分として購入した件数は、土曜・日曜両日の件数として加算• 投票内容(場名・レース・式別・馬枠番・枚数)をひとまとめにしたものを「ベット」という単位で表します。 通常投票では1件=1ベットとなりますが、流し・ボックス・フォーメーションで投票する場合は、組み合わせにより1件で複数のベットの申し込みをすることになります。 馬券を購入する前に「入金」しよう 即PATでの「入金」とは、JRA指定銀行口座から投票用口座に馬券購入資金を移動させることを言います。 投票用口座に資金がないと馬券の購入は出来ませんので、レース開催ごとに、毎回「入金」する必要があります。 手数料は入金時に入金金額とは別に引き落とされる。 夜間発売で土曜日の21:00に入金した場合、回数は日曜日分としてカウントされる。 払戻金を受け取るには「出金」しよう 即PATでの「出金」とは、投票用口座に残っている残高(馬券購入資金、払戻金等)を、即PAT指定銀行口座に移動することを言います。 出金方法には「一括出金」と「出金指示」の2通りあり、どちらの「出金」後も、投票用口座の残高は0円になります。 一括出金 手続き 必要なし 振込タイミング 節終了後に、即PAT指定銀行口座に残高全てが自動で振込まれる。 手数料 無料 出金指示 手続き 競馬開催中に、自分で即PAT指定銀行口座に振込指示をする必要がある。 金額は指定できず、全額出金となる。 振込タイミング 出金指示をした後に振込まれる。 手数料 無料 払戻金 的中した払戻金は、各レース確定後に即座に投票用口座の残高に反映されので、そのまま購入資金として利用できます。 禁止事項• 利用者本人以外の馬券購入• 他人に頼まれての馬券購入• 未成年者の馬券購入• 利用者本人以外への名義変更、加入資格の譲渡等• 利用資格の貸し借り等 上記の行為が判明した場合は、解約となる。 注意事項• 投票前に出走取消・騎手変更・馬場状態等を確認しよう。 締切10分前より回線が混雑して申込ができない場合があるので注意。 一旦成立した馬券の取消・変更は一切できない。 最後の利用(投票)から4年間利用してない場合は自動解約となる。

次の

Club JRA

即パット 払い戻し

1:即パットとは インターネットが普及している現代では、便利なサービスが数多くあります。 「馬券を買う」というと競馬場や場外馬券売り場に足を運ばないといけないイメージを持っている方も多いかもしれませんが、最近ではインターネット上で馬券を買うことができるようになっています。 インターネットでの馬券の売り上げも順調で、馬券売り上げの全体の約7割がインターネット上から購入されていると言われています。 JRAの 即パットというサービスでは指定口座があれば簡単に登録ができ、特別な審査があるわけでもありません。 そのため、多くの競馬ファンが即パットに登録し、競馬場に行かなくても競馬を楽しんでいるのです。 競馬場にはWi-Fiが完備されているので、現地に居ながら即パットで馬券を購入している人もいます。 その分、予想にかける時間が増えるので、予想の精度も上がってるかもしれません。 即パットでは、JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着馬を当てるWIN5という馬券が購入可能です。 WIN5は的中率が低いものの、過去には4億円を超える配当が飛び出したこともありました。 高額配当が期待できるWIN5が購入できるという点でも、即パットは魅力的なサービスの一つです。 今回は、インターネット上で馬券が購入できる即パットについて、払い戻しに関する情報をまとめてみました。 【関連記事】 2:即パットの払い戻しはいつから受け取れるの? 即パットを利用する際に気になるのは、 払い戻しがいつから受け取れるかということではないでしょうか。 競馬場で馬券を購入した場合には、レースが確定すればすぐに自動払戻機械で払い戻しを手にすることができます。 払い戻しがいつ受け取れるかによって、次のレースでの馬券の買い方も変わってくるかもしれません。 そこで、即パットの払い戻しについて調べてみました。 JRAのホームページによると、払戻金確定後に「 出金指示」を行えば、その時点で口座に振込することができると記載があります。 即パットで払い戻しを受け取りたいという人は、「出金指示」の操作が必要です。 仮に1レース目で馬券が的中したとすると、レースが確定するまでは払い戻しを受け取ることができません。 レースが確定すると、馬券購入可能金額のところに、払い戻しの金額がプラスされます。 この時点では、まだ銀行口座に払い戻し金が入っているわけではありません。 即パットの中に「出金指示」という操作があるので、「出金指示」をすることによって即座に払い戻しが振り込まれます。 そのため、すぐに払い戻しを受け取りたいという方にも対応しているのです。 もちろん、いちいち「出金指示」をせずにそのまま2レース目以降のレースを賭けることもできます。 レースが確定するとすぐに馬券購入可能金額に払い戻しが足されるので、締め切り間際になってしまいますが次のレースでそのまま払い戻しの金額を賭けることも可能です。 自分の好きなタイミングで「出金指示」ができ、口座に払い戻いを振り込めるので非常に便利です。 2-1:出金指示を忘れるとどうなる? 後で「出金指示」をしようと思っていると、最後まで忘れてしまうという場合もあるかもしれません。 「出金指示」をしなかったら払い戻しがどうなってしまうのか、気になる方も多いでしょう。 まず、中央競馬は基本的に土日開催です。 そのため、土曜日に即パットへ入金した場合に、翌日の日曜日の競馬が開催されているので、払い戻しの残高は日曜日へと持ち越されます。 日曜日の残高が、最終的に払い戻しされることになるのです。 それでは、日曜日に「出金指示」をし忘れた場合についてどうなるのでしょうか。 この場合、 払い戻しされないわけではなく、一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」という扱いになります。 「通常月曜日午前中」に行われるので、払い戻しはこのタイミングで入金されます。 そのため、「出金指示」をするのを忘れてしまったからといって、焦る必要はありません。 すぐに口座に振り込んでほしいという人以外は、「出金指示」について特に気にする必要はないでしょう。 ちなみに、一括出金で口座に振り込まれる時間は、各金融機関で異なっています。 ジャパンネット銀行は節終了後の当日の24時までなのに対し、三井住友銀行は節終了後の翌日の午前中です。 一括出金で振り込まれる時間が気になる方は、JRAのホームページで自分が登録している金融機関を確認してください。 2-2:馬券を買う前に 即パットを利用したことがないという方は、そもそも馬券の買い方がわからないかもしれません。 そこで、馬券を買う前にやらなければいけないことを説明します。 即パットで馬券を買うためには、まず銀行口座からJRAのインターネット投票システムへ馬券購入資金の入金をする必要があります。 当然で鵜が馬券を買うためのお金を入れなければ、馬券を買うことはできません。 これは即パットの「入金指示」からすることができ、1日につき3回目以降の入金には 手数料15円が発生します。 つまり、1回目や2回目の入金は手数料が発生しないので、入金はできるだけ2回以内に抑えたいところです。 入金した金額が購入限度額に反映されれば、問題なく「入金指示」ができています。 これで馬券を買うための準備ができたので、自分の好きな投票方法により馬券を購入してください。 即パットの購入方法や入出金処理についてはJRAのホームページに細かく記載されているので、操作方法がわからないという方はJRAホームページをチェックしてください。 3:的中しているのに払い戻しされない? たまに、的中しているのに払い戻しがされないと言っている方を見かけます。 通常は的中していれば、問題なく払い戻しがされるはずです。 そこで、的中しているの払い戻しがされないという場合には、まず 投票内容照会は確認してください。 即パットでは、自分が購入した馬券の詳細を投票内容照会を見ることができます。 払い戻しされないケースで一番多いのが、購入した馬券が間違っているケースです。 自分の中では的中した馬に賭けているつもりでも、ボタンを押し間違えていて別の馬に賭けている場合があります。 また、締め切り間際に購入しようとして、締め切りに間に合っていなかったということもあります。 JRAでは投票内容照会の内容に基づいて、払い戻しが行われています。 そのため、払い戻しされないときにはまず投票内容照会をチェックしてください。 もし投票内容照会を見ても的中しているようであれば、JRAに直接問い合わせてみましょう。 4:A-PATの払い戻しと入金 即パットと同じようにインターネット投票の可能なサービスが A-PATです。 A-PATの払い戻しと入金について、即パットと少し異なる点があるので説明します。 A-PATは専用の口座を新規に開設して利用する仕組みで、購入可能金額は銀行口座残高とイコールです。 そのため、購入したい金額を口座に入金しておく必要があります。 土曜日から月曜日までは口座がロックされるので、入金できるのは金曜日までです。 ロックをされている期間については、引き出すをすることもできません。 ロックされる期間は、金融機関によって若干異なっています。 みずほ銀行については、JRA開催日直前の銀行営業日24時から翌銀行営業日12時でロックの期間が一番短くなっています。 ロックの期間が一番長いのが第四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行で、JRA開催日直前の銀行営業日ATM営業終了時刻から翌銀行営業日までです。 基本的には金曜の夜から、月曜日一杯までロックされているという認識で問題はありません。 即パットのように、自分の好きなタイミングで振り込めるわけではないということを覚えておいてください。 まとめ インターネットで馬券が買える即パットは、非常に便利なサービスです。 即パットを活用することによって、自宅でも競馬が楽しめます。 払い戻しについて即パットの場合は、自分の好きなタイミングで口座へ振り込むことができます。 「出金指示」の操作をすれば口座へ振り込まれるので、払い戻しをすぐに手にしたいという場合には「出金指示」を行ってください。 日曜日に「出金指示」を忘れていたとしても、一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」が行われます。 一括出金で口座に振り込まれる時間は各金融機関で異なっていますが、月曜日に振り込まれることがほとんどです。 即パットと同じようなサービスでA-PATもありますが、こちらは専用の口座を新規に開設して利用する仕組みで、金曜日から月曜日までロックされてしまいます。 ロックされてしまうと、入金や引き出しをすることはできません。 即パットとの違いについては、覚えておきたいところです。 即パットは払い戻しを自分の好きなタイミングで「出金指示」できるので、便利なサービスとして活用してみてください。

次の