手足 口 病 大人 ブログ。 手足口病はうつる!感染経路や感染期間、4つの予防法とは!

大人の手足口病体験記(結構地獄)

手足 口 病 大人 ブログ

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『手足口病は大人の場合軽い症状で経過する?初期にしびれやかゆみはある?』というタイトルでお送りします。 手足口病というのは、夏から秋にかけて多くみられる、乳幼児の間で流行する感染症です。 一般的には手足口病というのは、子供特有の感染症だと思われている人も多いのではないでしょうか? 手足口病は確かに子供達の間で流行する夏風邪の一種ですが、時に大人に感染することもあります。 手足口病は大人の場合軽い症状で経過するのか? 大人の感染の場合は、例えば子供から保護者にうつってしまったり、幼稚園や保育所などの子供達の集まる施設で働いていてうつるなどが考えられますよね。 またそれ以外であっても、どこかでうつされてくることももちろんあります。 子供の場合の症状は熱もそれほど高くなく、発疹も1週間程度で治まってきますが、大人の場合それぞれの症状が強く出ることが多いのです。 では、 大人の手足口病の特徴的な症状を挙げてみましょう。 まずは手のひらや足の裏に水疱がみられます。 口の中の水疱は破れて、口内炎がひどくなることも多く、食事が摂りにくい状況になります。 手足に出る発疹も強い痛みがあり、時にかゆみも出たりします。 症状は1週間から10日くらい続くことが多いです。 熱や発疹、口内炎のほかに全身のだるさや筋肉痛などが出ることもあります。 大人が手足口病にかかったら、軽い症状で治まることはなく、ひどくなることが多いのです。 では手足口病の初期に出る症状として、しびれやかゆみはあるのでしょうか? 大人が手足口病にかかった時に初期にしびれやかゆみは出る?• 2 大人が手足口病にかかった時に初期にしびれやかゆみは出る?• この発疹が出ると、痛みを感じるようになります。 そして、この発疹の痛みが軽くしびれたような感覚を生じることはあるようです。 手足口病は神経などに悪さをしないウィルスが原因ですので、あまりしびれを感じることはないです。 もし、発疹のある部位にしびれを感じることがあるようなら、やはり発疹ができている皮膚の痛みから来る感覚だと思われます。 または、手足口病と一緒に何らかの原因で神経痛が出ている可能性もあるので、その痛みからかもしれません。 もし手足口病が完治した時にもまだしびれが残っているようならば、一度医師に診てもらいましょう。 発疹には痛みが出ることが多いのですが、同時にかゆみが出る場合も多いです。 私も同様の症状がありましたが、 痛がゆいといった感じでしょうか。 痛いし、かゆいし、ヒリヒリして歩くのもつらかったのを覚えています。 でも、このかゆみは、発疹のせいだけとは限らないですよね。 発疹には関係なく、口内炎の痛みなどで水分が摂れず脱水状態で、皮膚も乾燥していれば、カサカサして皮膚が荒れてかゆみが出てきます。 そんな状況の上に皮膚のトラブルとなる発疹ができてしまえば、当然かゆみも出てきますよね。 また、いつも使っているはずの洗剤やシャンプーに過剰に反応してかゆみを余計ひどくさせていることも考えられます。 大人が手足口病にかかったら下痢などの症状は出る?• 3 大人が手足口病にかかったら下痢などの症状は出る?• 手足口病の症状として、胃腸症状である胃の痛みや下痢、嘔吐などが出ることは稀にあります。 主な症状としてあまり取り上げられないですが、特に下痢などの症状が出る人はいます。 ウィルスは便中に多く存在しますので、そのウィルスを出そうとする身体の防衛反応が下痢を引き起こしている可能性があります。 腸の中にはたくさんの免疫細胞が存在していますので、便の中にウィルスがいたら排除しようと下痢を起こすようです。 その場合の下痢ですと、だいたい2~5日程度で治まってくると言われています。 ただ、手足口病にかかると、ただでさえ脱水状態になりやすい状態です。 その上に下痢になるともっと脱水状態は悪化するわけですので、水分補給には十分注意してくださいね。 まとめ• 4 まとめ 今回は大人の手足口病について、色々ご紹介してきました。 冬になるとインフルエンザやノロウィルスなど色々感染しないように注意するのですが、夏になると少し気が緩みますよね。

次の

要注意!大人もかかる「手足口病」の初期症状とは?食事やお風呂は大丈夫?

手足 口 病 大人 ブログ

発疹はしもやけみたいな痒みで、断続的に痒みが増してます。 【7日目】発疹の痒みが引き、痛みがでる 7日目になると、だいぶ痒みが引き、今度は痛みがでてきました。 【8日目】手に力が入れられるぐらい回復する 8日目でやっと、手に力が入れられるぐらい回復し、ペットボトルやマヨネーズのキャップすら回せなかったけれども自分で回すことができるようになったのです。 【9日目】痛みが引いて、皮膚の下にかさぶたができた 手足口病の写真を公開します fa-arrow-down 発疹の広がりも落ち着き、痒みや痛みも薄れてきました。 痛みが引くと、皮膚の下にかさぶたができ始めました。 fa-check-square-o 娘ちゃんの時の発疹と比べて、皮膚にかさぶたができ始めた。 【10日目】皮膚が剥け、お湯が当たると痛い 昨日できた、かさぶたの皮が剥けはじめ、お湯があたると痛みがありました。 大人の手足口病は子どもより辛い特徴の理由 手足口病は、子どもよりも大人のほうが、症状が重くつらいことが知られています。 実際に、旦那様と娘ちゃんの発疹の症状や痛みや痒さなどの経過から判断して、 「 発疹の大きさや程度」、「痒み」、「完治の仕方」の視点で大人の方が症状は辛く重いでした。 大人と子どもの手足口病の比較(表) 旦那様(大人)と娘ちゃん(幼児)の手足口病の症状を下記の表に、まとめました。 fa-asterisk手足口病には個人差がありますので、ご参考までにお願いします。 経過日数 大人の症状と経過 子どもの症状と経過 初期症状 ・インフルエンザの症状に似ている ・関節、腰痛、倦怠感、脱力感、寒気、発熱 ・発熱 ・口周りに発疹みたいなただれ 発疹 手の表と裏、足の裏、耳、鼻、お尻 口の周り、二の腕、お腹、太股、膝、ふくらはぎ、足の側面 痒み ・ひどく痒みがあった ・痒みの痕は痛い ・皮膚をかいたり触ったりすることがなかったので、痒くなかったと思われる 口内炎 できなかった できた 完治 ・皮膚にかさぶたができて、その後、表面の皮膚が剥がれた ・発疹は薄くなって消えていった(かさぶたや皮膚が剥がれることはなかった) 体調 倦怠感、脱力感 ・抱っこしないと泣いていることが多かった 生活 ・発疹は痒くて、寝れないほどで睡眠不足になった ・発疹が出ていても普段の生活リズムを過ごした 完治日数 ・発疹の症状が確認できてから約11日間、痒みと痛みが引き皮膚が再生し始めた ・9日目で発疹が消失 ・発症から11日後から登園開始 大人の方が初期症状がつらい 大人の初期症状は、インフルエンザにかかる前のような、全身倦怠感、悪寒、関節痛、筋肉痛、39. それに比べて、娘ちゃんの熱は38. 娘ちゃんはまだ1歳4カ月なので言葉がしゃべれないから怠かったり、寒気があったりしたかは分かりませんが、抱っこしていると機嫌がよく比較的元気に過ごしていました。 大人の方が発疹の痒みが強い 発疹は、娘ちゃんより大人の方がひどく肥大化していました。 大人の発疹は、痒みや痛みがあり、足の裏に発疹がでると歩けず、手の内側に発疹が出ると物を握れないほどでした。 それに比べて、娘ちゃんの発疹は小さなブツブツが広がる状態で、皮膚をかきむしることはありませんでした。 手や足にも発疹がありましたが、物を握ったり歩いたりして元気に過ごしていました。 大人は、発疹に かさぶたができて皮が剥け始めた 大人にできた発疹は、時間が経つにつれてかさぶたができ皮膚が剥けて、その下に新しい皮膚が再生してきました。 最初の皮膚が剥けるまで約11日間かかりました。 それに比べて、娘ちゃんの発疹はかさぶたができることもなく、発疹の部位の皮膚が剥けることなく、発疹が引く感じでキレイに治っていきました。 【36日目】ほとんどの発疹の皮が剥け、皮膚が治りかけてきた 手足口病の写真を公開します fa-arrow-down fa-arrow-down下の写真は、発症から36日目の発疹の後です。 ほとんどの発疹の皮が剥けはじめ、だいぶ治ってきました。 手の平も皮膚の再生が進み、キレイな皮膚になりました。 手足口病が発症してから約1ヶ月(36日目)のころに、「爪の剥離」が始まってきました。 子どもがかかりやすい病気なら大人は無縁なのでは?と思われがちですが、大人にもうつる病気です。 しかし、大人の場合はすでに原因となるウイルスの感染(不顕性感染含む)を受けている場合が多いため、発症する確率は低いようです。 ただ傾向としては、男性の方が発症しやいと言われています。 そのため、感染しないためにも手洗いうがいを心がけるようにしましょう。 手洗いうがいを徹底する 子どもは保育園や幼稚園から病原体を持ってくることが大部分を占め、大人は子どもから感染することが多い傾向があり、大人は知らずのうちに手足口病に感染していたということもあります。 感染者の鼻水や咳、便にウイルスが排出され、経口感染・飛沫感染・接触感染などの経路により人から人に感染します。 子どもが咳をしていても月齢的にマスクができないときは、子どもが咳をするたびにウイルスが拡散していきます。 大人がマスクをすることも大切ですが、 感染しないための一番の予防策は、手洗いうがいをしっかりすることです。 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。 特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。 また、タオルの共用はしてはいけません。 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

次の

手足口病はうつる!感染経路や感染期間、4つの予防法とは!

手足 口 病 大人 ブログ

もくじ• 手足口病の症状は?発熱やかゆみはあるの? 手足口病は、手のひら、足の裏、手や足の指と指の間を中心とした水疱性の発疹で、口の中にも同じような発疹がみられます。 微熱や軽いのどの痛みに加えて、口腔内の痛みから食事をするのが困難になります。 発疹は、手足全体、肘や膝、あるいは、おしりあたりにみられることもあります。 舌や口の内側の粘膜に軽度の痛みを伴った水疱ができます。 また、水疱が破れて潰瘍状になることもあります。 皮膚の発疹は、手のひらと足の裏にできる小さな赤い発疹で、水疱を伴うこともあります。 これらはかゆみや痛みを伴わないのが普通です。 また、爪の裏に水泡が出来ると爪が剥がれることもあります。 手足口病の感染経路と潜伏期間は? 手足口病の原因ウイルスは多種存在しているため、過去にかかったことがあった場合でも、別の種類のウイルスによって再度かかることもあります。 感染経路としては経口・飛沫・接触感染の全てに可能性があり、潜伏期は3〜4日くらいです。 症状がなくなったあとも3〜4週間は便の中にウイルスが残っていることがあるため、家族が感染した場合はうがい・手洗いを行って予防することが大切です。 手足口病の治療法や予防方法は?薬は効くの? 手足口病に効く薬や治療法はありません。 発熱、頭痛、口や手足に出来た水疱の痛み等それぞれの症状に対する対処療法が中心となります。 また、有効なワクチンもないため、手洗いの励行、汚れた衣服の洗濯などの一般的な予防方法が大切になってきます。 妊娠中に手足口病にかかったら影響は? 手足口病は大人に感染することもまれにあり、皮膚の症状が強く出やすく、妊婦さんが感染することもあります。 ただし、妊婦さんに感染した場合でも症状は軽いか無症状です。 また、妊娠中の手足口病が原因で、妊娠中絶、死産、先天異常に至ることを示す明らかな証拠はありません。 しかし、出産間際あるいは出産時に母親が感染していた場合、新生児にうつる可能性があります。 ほとんどの場合、新生児が手足口病に感染しても軽症ですが、ごく稀に多臓器感染を起こすこともあります。 また、重症感染症のリスクは出生後2週間以内に感染した場合が最も高いといわれています。 妊娠第1三半期に感染した場合は、非常に稀ですが、流産のリスクが生じることを示す根拠も存在していることから、感染した場合は妊娠の経過や出産後の新生児について慎重に観察を行う必要はあります。 ですが、これらのリスクは稀なので不必要に心配する必要はないと考えられています。 妊娠中に何かしらの発疹・水疱を認めた場合、また手足口病の感染が疑われる場合は、産科医または助産師に相談するようにして下さい。

次の