簡単弁当 おかず。 これなら続けられる!Nadiaで人気のお弁当おかずレシピ厳選18!

簡単! お弁当の作り置きおかずレシピ特集

簡単弁当 おかず

油をきったツナを混ぜ、カレー粉を加え混ぜる。 鶏むね肉はそぎ切りにしてかたくり粉を全体にまぶす。 あいたところで豆苗も一緒に炒める。 焼いている間にAを合わせておく。 フライパンにAを加え、強火にして鶏肉に味をからめ、豆苗を広げたご飯の上にのせる。 お好みでしば漬けなどを添える。 卵は溶きほぐし、Aを加えて混ぜ、卵液を作る。 煮立ったら塩(ひとつまみ)を加え、弱火でゆでる。 途中でそら豆も加えて5分ほどゆでて引き上げ、粗熱が取れたら薄皮をむく。 じゃがいもが軟らかくなったらざるに上げる。 【2】からになった鍋に(1)を戻し、強火にかけて水気を飛ばす。 【3】 熱いうちにすり鉢かボウルに移してしっかりすりつぶす。 粗熱が取れたらAを加えて味を調え、残りのタイムを散らす。 縦半分に切ったら1 ㎝幅に切り、保存容器に並べる。 【2】しょうが、にんにく、長ねぎ、ザーサイはみじん切りにする。 しめじは根元を切り落としてほぐす。 エリンギは長さを半分にして薄切りにする。 しいたけは石づきを切り落として薄切りにする。 【3】フライパンにごま油、しょうが、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒める。 長ねぎ、ザーサイ、きのこ類も加えて炒め、しんなりしたら<A>を加えて火を止める。 【4】(3)を(1)にかけ、みじん切りにした小ねぎ、粉さんしょう、ラー油をかける。 さやいんげん、スナップえんどうはすじを取る。 【2】鍋にかぼちゃを入れ、かぶるくらいの水を注いで強火にかける。 煮立ったら塩(少々)を加えて弱火でゆでる。 途中で(1)の豆類も加え、さやいんげんは3分、スナップえんどうは1分ゆでて取り出す。 【3】さやいんげんは1㎝幅に、スナップえんどうは半分に切る。 かぼちゃが軟らかくなったらざるに上げる。 【4】ボウルに(3)、Aを入れて和える。 お好みでチリパウダー(分量外)を振る。 ひき肉に火が通ったら、全体を混ぜる。 肉だけで作ったハンバーグは硬くなりがちだけど、豆腐を加えることでおいしさと軟らかさをキープ。 ビニール袋に豚ひき肉、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでこねる。 さらに豆腐、パン粉、みじん切りにした長ねぎ、卵を混ぜ、6等分にして平たく丸める。 ミニフライパンに油を入れ熱し、両面に色よく焼き色をつけ、Aを上から順に加え、弱火でふたをして約5~8分、汁にとろみがつくまで煮込む。 じゃがいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆで、半分はしっかりつぶし、残りは粗いままにする。 熱いうちにAを混ぜる。 じゃがいもをゆでている間にフライパンでたらこを焼き、ほぐす。 これとマヨネーズを1. に混ぜる。 ラップで茶巾型にしぼり、切ったレモンの皮を飾る。 きくらげを水でもどしてみじん切りにして混ぜ、2~3等分にする。 Bを入れてつくねにたれがからんだら、目玉焼きをのせる。 鶏ひき肉にAを混ぜて、冷蔵庫で30分ねかせる。 れんこんは2mm厚さに8枚分切り、かたくり粉をまぶし、2枚で4等分にした1. をはさむ。 フライパンに油を入れ熱し、2. を色よく焼き、火を通す。 合わせたBを加え、からめる。 マカロニや細いパスタだと、保存するうちにのびて軟らかくなりがち。 袋の表示どおりにペンネをゆでながら、同じ鍋でざるに入れたさやいんげんも1~2分ゆでる。 さやいんげんは冷水にとって水気をふき、3cm長さに切る。 ベーコンは細切りにし、フライパンにオリーブ油を入れて炒める。 ペンネは水けをきって熱いうちにボウルに入れ、Aとベーコンを炒めた油ごと混ぜ、マヨネーズ(大さじ1)を混ぜる。 さめたら残りのマヨネーズを混ぜる。 電子レンジでも作れるメニューだけど、蒸し煮にすることで日もちUP。 タコと野菜は1cm角に切る。 フライパンにオリーブ油を入れ熱し、玉ねぎをさっと炒め、残りの野菜とタコも入れてさっと炒める。 Aを上から順番に加え、ふたをして弱火で7~8分蒸し煮にする。 最後に塩、こしょうで調味する。 その隣で乱切りにしたなす、カラーピーマンを炒め、塩、こしょうで味を調えて取り出す。 同じフライパンにオリーブ油(小さじ2 )を入れてAを炒め、ナッツとセロリも加えたら、Bで味つけをする。 【2】ジャーにBを入れて混ぜる。

次の

子供のお弁当に人気の簡単おかずレシピ24選!時短メニューや作り置きも紹介!

簡単弁当 おかず

油をきったツナを混ぜ、カレー粉を加え混ぜる。 鶏むね肉はそぎ切りにしてかたくり粉を全体にまぶす。 あいたところで豆苗も一緒に炒める。 焼いている間にAを合わせておく。 フライパンにAを加え、強火にして鶏肉に味をからめ、豆苗を広げたご飯の上にのせる。 お好みでしば漬けなどを添える。 卵は溶きほぐし、Aを加えて混ぜ、卵液を作る。 煮立ったら塩(ひとつまみ)を加え、弱火でゆでる。 途中でそら豆も加えて5分ほどゆでて引き上げ、粗熱が取れたら薄皮をむく。 じゃがいもが軟らかくなったらざるに上げる。 【2】からになった鍋に(1)を戻し、強火にかけて水気を飛ばす。 【3】 熱いうちにすり鉢かボウルに移してしっかりすりつぶす。 粗熱が取れたらAを加えて味を調え、残りのタイムを散らす。 縦半分に切ったら1 ㎝幅に切り、保存容器に並べる。 【2】しょうが、にんにく、長ねぎ、ザーサイはみじん切りにする。 しめじは根元を切り落としてほぐす。 エリンギは長さを半分にして薄切りにする。 しいたけは石づきを切り落として薄切りにする。 【3】フライパンにごま油、しょうが、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒める。 長ねぎ、ザーサイ、きのこ類も加えて炒め、しんなりしたら<A>を加えて火を止める。 【4】(3)を(1)にかけ、みじん切りにした小ねぎ、粉さんしょう、ラー油をかける。 さやいんげん、スナップえんどうはすじを取る。 【2】鍋にかぼちゃを入れ、かぶるくらいの水を注いで強火にかける。 煮立ったら塩(少々)を加えて弱火でゆでる。 途中で(1)の豆類も加え、さやいんげんは3分、スナップえんどうは1分ゆでて取り出す。 【3】さやいんげんは1㎝幅に、スナップえんどうは半分に切る。 かぼちゃが軟らかくなったらざるに上げる。 【4】ボウルに(3)、Aを入れて和える。 お好みでチリパウダー(分量外)を振る。 ひき肉に火が通ったら、全体を混ぜる。 肉だけで作ったハンバーグは硬くなりがちだけど、豆腐を加えることでおいしさと軟らかさをキープ。 ビニール袋に豚ひき肉、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでこねる。 さらに豆腐、パン粉、みじん切りにした長ねぎ、卵を混ぜ、6等分にして平たく丸める。 ミニフライパンに油を入れ熱し、両面に色よく焼き色をつけ、Aを上から順に加え、弱火でふたをして約5~8分、汁にとろみがつくまで煮込む。 じゃがいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆで、半分はしっかりつぶし、残りは粗いままにする。 熱いうちにAを混ぜる。 じゃがいもをゆでている間にフライパンでたらこを焼き、ほぐす。 これとマヨネーズを1. に混ぜる。 ラップで茶巾型にしぼり、切ったレモンの皮を飾る。 きくらげを水でもどしてみじん切りにして混ぜ、2~3等分にする。 Bを入れてつくねにたれがからんだら、目玉焼きをのせる。 鶏ひき肉にAを混ぜて、冷蔵庫で30分ねかせる。 れんこんは2mm厚さに8枚分切り、かたくり粉をまぶし、2枚で4等分にした1. をはさむ。 フライパンに油を入れ熱し、2. を色よく焼き、火を通す。 合わせたBを加え、からめる。 マカロニや細いパスタだと、保存するうちにのびて軟らかくなりがち。 袋の表示どおりにペンネをゆでながら、同じ鍋でざるに入れたさやいんげんも1~2分ゆでる。 さやいんげんは冷水にとって水気をふき、3cm長さに切る。 ベーコンは細切りにし、フライパンにオリーブ油を入れて炒める。 ペンネは水けをきって熱いうちにボウルに入れ、Aとベーコンを炒めた油ごと混ぜ、マヨネーズ(大さじ1)を混ぜる。 さめたら残りのマヨネーズを混ぜる。 電子レンジでも作れるメニューだけど、蒸し煮にすることで日もちUP。 タコと野菜は1cm角に切る。 フライパンにオリーブ油を入れ熱し、玉ねぎをさっと炒め、残りの野菜とタコも入れてさっと炒める。 Aを上から順番に加え、ふたをして弱火で7~8分蒸し煮にする。 最後に塩、こしょうで調味する。 その隣で乱切りにしたなす、カラーピーマンを炒め、塩、こしょうで味を調えて取り出す。 同じフライパンにオリーブ油(小さじ2 )を入れてAを炒め、ナッツとセロリも加えたら、Bで味つけをする。 【2】ジャーにBを入れて混ぜる。

次の

幼稚園児にぴったりのお弁当20選!簡単なおかずレシピや彩りのいい詰め方!

簡単弁当 おかず

また、遠足や幼稚園のお弁当を彩りよく作る詰め方は、幼稚園のお弁当に 便利グッズを活用するという方法です。 便利グッズを活用すれば簡単に幼稚園のお弁当を作ることが出来るだけでなく、時短で幼稚園のお弁当を仕上げることができるでしょう。 便利グッズにもいろいろなものがあり、振るだけでおにぎりが簡単に作ることが出来るものなどもあります。 おにぎりを握るというのがあまり苦手ではないという方は、こちらの便利グッズを活用すると簡単に幼稚園のお弁当に入れるおにぎりを作ることができそうです。 また、幼稚園のお弁当に海苔をかわいいキャラクターの形にカットできるという便利グッズもあります。 これを活用すれば、真っ白なご飯もこの海苔を乗せるだけで可愛く仕上げることが出来、幼稚園や遠足のお弁当にもおすすめです。 ご飯160g• 塩コショウ少々• ミックスベジタブル大さじ2• ソーセージ1本• しょうが適量• 焼海苔適量• サラダ油適量• ケチャップ大さじ1• ウスターソース少々• 溶き卵1個分• 卵黄1個分• まず、フライパンにサラダ油を熱したら、鶏もも肉、ミックスベジタブルを炒めます。 火が通ったら、ご飯を入れてケチャップ、ウスターソースの材料で味を調えます。 粗熱が取れたら、2等分にして丸めます。 フライパンにサラダ油を熱したら、溶き卵を2回に分けて流し入れ、薄焼き卵を作ります。 2に薄焼きたまごをかぶせたら、包みます。 顔の形に抜いた焼のり、紅ショウガを乗せて輪切りにしたソーセージで耳を付けたら、幼稚園の年少さんのお弁当にもおすすめのクマさんオムライスの完成です。 人参適量• まず、動画を参考にしながら、人参を5角形に切っていきます。 大まかに切った後は、微調整してきれいな五角形にしていきましょう。 五角形の横の辺になっている部分に、切れ込みを入れていきましょう。 切れ込みを入れたら、動画を参考にしつつ、先ほどの切れ込みに向かって斜め切りに切れ込みを入れていきます。 続いて、先ほどの切れ込みと対になるようにして切れ込みを入れていきましょう。 微調整して、綺麗な花の形に整えておきます。 横に半分に切ったら、更に微調整して、花びらの間に切れ込みを入れておきましょう。 切れ目から、傾斜を付けて落としておきます。 綺麗な形になったら、幼稚園の年少さんのお弁当にもおすすめの、人参のお花の形の飾り切りの完成です。 さつまいも500g• クリームチーズ適量• 片栗粉大さじ2• 牛乳大さじ2• 塩一つまみ• 蜂蜜大さじ3• レモン汁大さじ1• 黒ごま適量• サラダ油適量• さつまいもは皮をむいて一口大にカットし、10分ほど水に浸します。 クリームチーズは1センチ角にカットします。 さつまいも水気を切ったら、耐熱ボウルに入れて、ラップをしたら600Wのレンジで8分ほど加熱します。 3を熱いうちにつぶして片栗粉、牛乳、塩を加えたら滑らかになるまで混ぜて、クリームチーズを包んだら一口大に丸めます。 フライパンに3センチほどのサラダ油を高熱に熱して、カリッとするまで揚げていきます。 別のフライパンに5、はちみつ、レモン汁を入れたら、弱火にかけて絡めて、仕上げに黒ごまをかけたら、幼稚園の年少さんのお弁当におすすめのチーズ入り大学芋のレシピの完成となります。 耳なしの食パン8枚• ハム4枚• 玉子1個• スライスチーズ2枚• イチゴ3個• バナナ半分• ホイップクリーム適量マヨネーズ適量• ブラックペッパー適量• まずは、ボウルにゆでたまごを入れて、細かく切っておきましょう。 ある程度細かくなったら、ブラックペッパー、マヨネーズを入れて和えましょう。 サンドイッチの上に先ほどのゆで卵や、ホイップクリーム、イチゴ、バナナなどの材料をそれぞれに乗せたら、くるくると巻いてラップでキャンディのように包んでおきます。 ラップをリボンなどで巻いたら、幼稚園の年少さんのお弁当にもおすすめのロールサンドイッチの完成です。 食材は傷まないように注意しましょう。 ピーマン6個• 小麦粉適量• サラダ油適量• 合いびき肉300g• パン粉大さじ4• 牛乳大さじ3• 胡椒少々• まず、ピーマンは洗って半分に切ります。 内側の種とヘタの境目に包丁で切り込みを入れたら、種とワタを取り除きます。 ボウルに玉ねぎのみじん切りを入れたら、合いびき肉から胡椒までの材料を入れて練り混ぜます。 肉だねができたら、ピーマン煮詰めます。 フライパンにサラダ油を熱したら、肉の面を下にして焼き色が付くまで焼きます。 焼き色が付いたら裏返して、ピーマンを下にして焼いたら蓋をし、弱火で5分ほど蒸し焼きにします。 しっかりと中まで火が通ったら、ソースをかけて幼稚園の年長さんのお弁当にもおすすめのレシピの完成となります。

次の