缶 バッチグー 素材。 缶バッチの自作を助けるオモチャCanバッチgood!素材もたくさん

缶バッジの素材って?

缶 バッチグー 素材

商品サイズとJANコードが発売元の株式会社元林さんのツイッターで公開されていました。 全サイズを揃えたかったのですが、一番小さい「32mm」と「100mm」を見つけることができませんでした。 こちらの記事では、左から「44mm・57mm・77mm」の缶バッジキットを使用しました。 どのサイズも1セット100円+税で販売しています。 特に布は缶バッジ作りがしやすく、初めての場合でもきれいに仕上がります。 缶バッジキットのセット内容 セリアの缶バッジセットは、台紙と缶バッジ本体の両方を使用します。 透明な袋から台紙と缶バッジを取り出しました。 缶バッジ本体は二つのパーツに分かれています。 缶バッジ5個入りセットの場合は、全部で10個のパーツが入っていました。 接着剤は別売り。 布用接着剤を使用しました 布や紙を貼り付ける時に接着剤を使用します。 説明書きでは「本製品には接着剤は付いていません。 市販の接着剤をご使用ください」と書かれていました。 今回は100円ショップで購入した接着剤を使ってみました。 左が布用接着剤で、真ん中と右が強力瞬間接着剤です。 強力瞬間接着剤は「金属にも使用できる」と書かれていたので良さそうだと思い購入したのですが、すぐに接着剤が乾いてしまい、うまく引っ付けることができませんでした。 予備として購入していた布用接着剤が重宝しました。 台紙から型紙を切り取る 一番はじめに台紙から型紙を切り取ります。 真ん中のグレーになったいる部分が缶バッジのサイズ、周りの斜め線が中に入れ込む紙や布の大きさです。 布や紙の端部分を利用できる場合は、クリップでまとめて留めてからカットするとスムーズでした。 布や紙のデザインによって、切り抜きたい場所が変わります。 缶バッジ本体を合わせてみて、大体の位置を決めました。 布や紙の内側部分を使用する場合はコンパスが重宝します。 穴が開かない程度にコンパスをのせ、うっすらと円を描きます。 コンパスで記した線に沿って布を切り取りました。 上の写真では、44mm・57mm・77mmのカットした型紙を並べています。 それぞれの型紙のサイズは「44mmが直径7. 4cm」「57mmが直径8. 7cm」「77mmが直径10. 2cm」でした。 接着剤を使って、缶バッジに布・紙をつける 布用接着剤をフチと内側に塗りました。 内側の真ん中部分には布が当たらないので塗っていません。 強力瞬間接着剤では布をひっつかず、布用接着剤を使用しています。 餃子の皮を包む時のようにひだを作りながら布を内側に折り込みました。 表面にシワができていないことを確認し、布の上に接着剤をつけます。 ピンが付いているパーツをしっかりと押さえ、下のパーツと布、上のパーツをくっつけます。 缶バッジを作ることができました。 はじめは作業に慣れず時間が掛かりましたが、慣れてくると乾燥以外はスムーズに作業を進めることができます。 好きな布(はぎれ・カットクロス)で缶バッジを作る 楽天市場の「 」で購入した北欧生地を使用し、缶バッジを作りました。 上の写真ではお試しハーフカットクロスを並べています。 マリメッコの生地を使って缶バッジを作りました。 缶バッジ作りは少量の生地でできるので、自宅にある好きなカットクロスやハギレで作ることができました。 上の写真では44mmと77mmの缶バッジキットを使用しました。 細々とした模様の生地は缶バッジ作りに使いやすく、大柄の生地はやや使いにくい印象です。 自作した缶バッジは、バッグに付けて使用する 缶バッジなのでキャンバス生地をトートバッグに簡単に取り付けることができました。 マリメッコのプケッティとピックルース柄の生地を使用した缶バッジです。 無印良品で販売しているシンプルなデザインのサコッシュにも。 黒色のサコッシュにPUKETTI(ブラック)を合わせました。 缶バッジなので簡単に取り付けができ、シンプルなファッション小物のアクセントになります。 サコッシュの価格は1個990円で、シルバーグレーやマスタードも人気のカラーです。 今回はバッグと缶バッジを同色で揃えてみました。 マリメッコの生地は価格が高めですが、缶バッジは少しの面積の生地で作成できるのでチャレンジしやすいです。 44mmの缶バッジキットは1セットに5個入っています。 1個あたり約20円で購入できる分、ピンの強度はあまり強くない印象です。 繰り返し使用していると、ピンの部分が少し曲がってしまいました。 厚手の布は、オリジナル缶バッジ作りには不向き カウニステの生地を使って缶バッジを作ろうと思ったのですが、厚手の生地は缶バッジの内側に入れ込みにくく、使用中にパーツが外れてしまうことも。 商品パッケージの説明書きを見てみると、「デニム地などの厚い生地や固い生地では作りにくい場合があります」と記載されていました。 100円ショップはカットクロスも充実 100円ショップは裁縫道具やハンドクラフトグッズの品揃えが豊富です。 かわいいカットクロスも見つけることができました。 今回はセリアで購入したカットクロスを使用しました。 セリアで購入した洋梨柄のカットクロス(右)とマリメッコのピエニパーリナ(左)を並べてみました。 どちらも可愛いデザインですが、缶バッジは模様が小さい方が使いやすいので、今回はセリアの洋梨柄カットクロスを使用しています。 働く車やハリネズミのカットクロスもセリアで購入しました。 ワッペン(アップリケ)を組み合わせる ハマナカのワッペンと缶バッジキットを組み合わせて使用しました。 缶バッジにそのままワッペンを貼るのではなく、セリアで購入した白色(無地)のカットクロスを組み合わせています。 くるみボタンのような仕上がりになりました。 組み合わせている無地の生地を変えるだけで、大きく印象が変わります。 子供バッグのアレンジにもおすすめです。 紙を使った缶バッジ作りは、端の処理が難しい オリジナル缶バッジ作りで使用したいのが、やはり紙です。 今回はセリアで購入したデザインペーパー(折り紙)を使用しましたが、自分で描いたイラストやお気に入りのキャラクターの缶バッジ作りにも使用できます。 (個人利用の場合) 紙を使用した缶バッジの作り方は、布の場合と同じです。 紙はシワが入りやすいので、パーツの内側はあまりきれいな状態ではありません。 表側のシワを伸ばしつつ丁寧に作ったのですが、缶バッジのサイド部分はどうしてもシワができてしまいます。 デザインペーパーで作った缶バッチを並べてみました。 イラスト自体はきれいに見えていますが、布のように端の処理はきれいに行うことができませんでした。 100円ショップは缶バッジ関連グッズが充実している 100円ショップは、缶バッジやキーホルダーなどコレクション系収納グッズの種類が豊富です。 次々と新商品が登場しており、缶バッジ収納グッズも数多く見つけることができました。 上の写真では、キャンドゥで購入した「缶バッチ収納ケース」とサイズ別の「缶バッチカバー」を並べました。 キャンドゥの商品は「缶バッジ」ではなく、「缶バッチ」という言葉が使用されています。 セリアで購入した缶バッジ収納グッズです。 ピンク色のうさぎ耳キャラクターがデザインされている「マイコレ」シリーズは、セリアとキャンドゥの共通商品でした。 (発売元:和泉化成株式会社) 缶バッジカバーはセリアとキャンドゥで商品が異なります。 100均の缶バッジカバーで保護する。 カバーはセリアがおすすめ 左がセリア、右がキャンドゥで購入した缶バッジカバーです。 57mmサイズの缶バッジカバーはどちらも10枚入りでした。 缶バッジカバーを並べてみるとデザインが異なるのがわかります。 キャンドゥ(右)の缶バッチカバーは厚みがあり、縁の処理もしっかりとしている印象です。 缶バッジキットで作成した缶バッジを「キャンドゥのカバー」に入れてみました。 下部分は入るのですが、上部分をどう頑張っても被せることができません… キャンドゥのカバーはピッタリサイズで、厚みがあるので通常の缶バッジよりも厚みがでやすい自作缶バッジが入りませんでした。 セリアの缶バッジカバーはキャンドゥの商品よりも柔らかく、上部分も取り付けることができました。 (ちょっと引っ張りながら入れます) セリアの缶バッジカバーをつけた状態です。 紙で作ったオリジナル缶バッジは破れやすいので、缶バッジカバーで保護しています。 缶バッジカバーをつけることで、気になっていた端の処理が目立ちにくくなりました。 缶バッジカバーをつけた状態の裏側です。 裏側もカバーでしっかりと保護しているので、ピン側のパーツが外れにくくなりました。 セリアで缶バッジキットを購入する場合は、同サイズの缶バッジカバーの購入がおすすめです。 44mmサイズ対応の缶バッチ収納リフィルも販売 セリアで購入した「マイコレ専用バインダー 44mm用缶バッチ収納リフィル」を使用しました。 バインダーとリフィルが別売りで、缶バッジの数が増えるとリフィルを追加することができます。 クリアタイプのリフィルなので44mmの缶バッジをキレイにコレクションすることができます。 好きなアニメやキャラクターの缶バッジ収納にもおすすめです。 ポケットの裏側から缶バッジを出し入れすることができました。 【サイズ別】 44mm・缶バッジキットの作成例 缶バッジキットで作成した44mmの缶バッジを並べてみました。 小さいサイズの缶バッジは小花柄など、細々としたデザインが向いています。 好きな色やデザインの布で缶バッジを作り、ボタンのように使用するのも素敵です。 57mm・缶バッジキットの作成例 布と紙、ワッペンどのアイテムとも相性がよかったのが、57mmサイズの缶バッジです。 ボタンにするには大きすぎるサイズですが、バッグやファッション小物のワンポイントアレンジで活躍します。 44mmと同じ1セット5個入りで、お得なセットでした。 77mm・缶バッジキットの作成例 77mmの缶バッジは大柄やキャラクターの缶バッジ作りに使いやすい大きさです。 こちらは1セットに2個のみが入っていました。 手で持ってみるとサイズが大きいのがわかります。 ファッション小物に缶バッジというよりも好きなデザイン、キャラクター、イラストを見て楽しみたい時におすすめです。

次の

『Canバッチgood!(カンバッチグー)』で缶バッジ作ってみました!

缶 バッチグー 素材

3cmバッチ素材セット Canバッチgood! カンバッチグー の素材セットが登場! Canバッチgood! 本体に入っているセット内容だけではなく、別売りのCanバッチgood! 本体で遊ぶための素材セット。 直径約3cmのカンバッチが15個作ることができる。 又、納品書等につきましては、ご購入者とお届け先が違う場合、金額の入った納品書はお送り致しておりません。 必要な場合は別途郵便代84円が必要です。 但し開封後の返品はご遠慮ください。 返送料はお客様でご負担下さい。 (但しページ上にキャンセル不可と記載されている商品は除きます)返金に際しての振込み手数料はお客様負担となります。 後払いの場合、当店からの発送に際して発生した送料・支払手数料を請求いたします。 製造メーカーよりただちに対応をさせて頂きます。 【ラッピングサービスについてのお知らせ】 長らくご利用頂いておりましたラッピングサービスにつきまして、当店ではお客様にご満足いただけるよう日々努力を重ねて参りましたが、資材費用の高騰等、諸般の事由により、誠に遺憾ながらラッピングサービスを終了させていただくこととなりました。 何卒ご理解を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 大変申し訳ございません。

次の

【楽天市場】Canバッチgood! 3cmバッチ素材セット 【★1★】:変テコ雑貨と玩具のにぎわい商店

缶 バッチグー 素材

1.Canバッチgood!とは この商品は、株式会社バンダイが2016年に発売した オリジナルの缶バッジが作れるおもちゃです。 もちろん、缶バッジにしたい写真や絵柄を自分で用意しなくても、付属の素材を使えば簡単にかわいい缶バッジが作れます。 ちなみに、商品はバッ チとなっていますが、正式には缶バッ ジと言うそうです。 2.商品のラインナップ 2019年3月現在の『Canバッチgood!』に関連する商品のラインナップを紹介していきます。 【本体を含むセット商品】 本体を含むセット商品は4種類あります。 これらの商品を購入すれば、 缶バッジを作る本体が含まれているので、すぐに作ることが出来ます。 』 この商品は、 缶バッジを作る本体と素材パーツ10個分などが入ったセット商品です。 こちらの本体は3cm丸型の缶バッジのみ作成できます。 キラキラいっぱいDXセット』 この商品は、 缶バッジを作る本体と素材パーツ50個分(内20個はホロキラシートを使ったキラキラの缶バッジになります)などが入ったセット商品です。 こちらの本体は3cm丸型の缶バッジのみ作成できます。 りぼんデコDXセット』 この商品は、 缶バッジを作る本体と素材パーツ50個分、リボン、ラインストーンなどが入ったセット商品です。 本体はピンク色になります。 こちらの本体は3cm丸型の缶バッジのみ作成できます。 プラス!ハートセット』 この商品は、 缶バッジを作る本体と素材パーツ20個分(内丸型10個分、ハート形10個分)などが入ったセット商品です。 こちらの本体は3cm丸型とハート型の2種類の缶バッジが作成できます。 【素材パーツのみの商品】 素材のみの商品は9種類あります。 これらの商品は、缶バッジを作るための 素材パーツしか入っていないので、 別途本体が必要となります。 3cmバッチ素材セット』 3cm丸型15個分の素材が入っています。 3cmバッチ素材いっぱいセット』 3cm丸型30個分の素材が入っています。 3cmバッチキラキラ素材セット』 3cm丸型15個分の素材が入っています。 3cmバッチ 光る! 素材セット』 3cm丸型20個分の素材とデザインシートが入っています。 3cmバッチキーホルダー素材セット』 3cm丸型15個分の素材とキーホルダーパーツ・チェーン15個分の素材が入っています。 以上の5種類は、現在発売されている本体セットの商品全てに共通して使用できる素材セットです。 こちらも現在発売されている本体セットの商品全てに共通して使用できます。 プラス!ハートセット』に含まれる本体のみに使用可能な素材セットです。 ( その他のセット商品の本体では使用できません). 3.実際に缶バッジを作ってみました 今回サンタさんが我が子にくれた商品は 『Canバッチgood! キラキラいっぱいDXセット』 こちらを使って実際に缶バッジを作ってみました。 セット内容 セット内容は写真の様になっています。 また、写真にはありませんが、テンプレート(自分で用意したデザインを使う場合に使用する枠)というものも付いています。 作り方 付属のデザインシートを使って作ってみます。 詳細は付属の取扱説明書をお読み下さい。 切り取り線があるので楽に切れます。 引き出した台座パーツに、順番に素材をセットしていきます。 先ずは缶バッジの下パーツを置きます。 台座に磁石があるようで、この下パーツは引っ付いたようになります。 次に、缶バッジの上パーツを置きます。 上パーツは置く時、はじき返される感じがします。 でも、ちゃんと置けるのでご安心を。 デザインシートから切り取った絵柄の素材を置きます。 そして、一番上に透明シート(又はホロキラシート)を置きます。 今回は透明シートを使いました。 全ての素材がセット出来たら、台座パーツを本体にセットします。 ここで 素材がずれると失敗してしまうので、静電気などに気を付けて入れて下さい。 台座パーツが奥まで入れたら、ロックレバーを下げます。 ハンドルを回すとき、手を離すと戻りそうになるので、離さないよう気を付けて回しました。 ハンドルが一番上まで上げれたら、切換レバーを左(〇〇)側に移動させます。 ハンドルが一番上まで上げれたら、ロックレバーを上げて、台座パーツを引き出し、缶バッジを取り出します。 ほのかにキラキラしているような…?. 4.出来上がった感想 出来上がった缶バッジは、なかなかのクオリティです。 ちょっと見ただけでは、ほとんど市販のものと変わらないです。 子供たちが作ったものをみていると、市販品みたいだし、せっかくたくさんあるならパパやママも一つ作ってみようかな…という気になっちゃいます。 5.まとめ せっかく買うなら、たくさん作れてお友達にも気軽にプレゼントできる 『 』 セットをおススメします。 (キラキラして目立つから?) もしお子さんが「キラキラがちょっと…(嫌い)」という場合は、同じ50個素材の入ったDXセットでも透明シートが50枚の 『 』 が良いかもしれません。 こちらの商品はおもちゃですがなかなかクオリティの高い缶バッジが作れるので、子供だけでなく大人も楽しめると思います。

次の