アジ の 開き。 【みんなが作ってる】 アジの開きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

背開き

アジ の 開き

夏に旬を迎える「アジ」。 大衆魚として知られ、 1 年中買える、食卓でおなじみのお魚です。 朝食の定番「アジの干物」や、晩ご飯のおかずにぴったりの「アジのフライ」などにする場合は、まず、アジを開きます。 「腹開き」とも呼ばれる、三枚おろしとはちょっと違ったおろし方をご紹介します。 おいしいアジの見分け方 1年を通して安定した漁獲量を誇るアジですが、6月から8月にかけて出回るものは比較的小ぶりなのが特徴。 冬場は魚体が大きくなります。 新鮮なアジを見極めるポイントは、やはり澄んだ目。 鮮度が落ちてくると目が白く濁ってくるので注意しましょう。 次に、魚体にツヤがあるかと、光沢とハリをチェック。 いわゆる「ヒカリモノ」と呼ばれるアジは、キラキラと輝いているものを選んでくださいね。 尾の付け根から包丁を斜めに入れ、「ゼイゴ」を取る。 裏側も同様に。 包丁の刃先を使って、エラをかき出すように取り除く。 腹ビレから包丁を入れ、包丁の刃先で腸をかき出す。 ここで流水にさらし、取りきれなかった内臓や血合いを丁寧に洗い流す。 キッチンペーパーで水分をよく拭き取る。 腹を手前に置き、中骨に沿って切り開いていく。 一度に切ろうとすると、身を切り離してしまうので、少しずつ、中骨と身をはがすように切り開いていく。 頭は切り落としても落とさなくても OK (写真は切り落としたもの)。 干物にする場合は中骨を残したままの状態で塩を振る。 フライやムニエルにする場合は中骨を取る。 アジを開いた状態で皮を上にしてまな板の上に置き、中骨の付け根から水平に包丁を入れる。 付け根まできたら骨を断つ。 腹骨を取り除いてでき上がり。 おろし方のポイント アジの尾の部分にある突起物「ゼイゴ」は、アジ科の魚にみられるウロコが変化したものです。 トゲのように手に刺さることがあるので、最初に取り除いておくと安心です。 安くておいしい「アジ」の由来は「味」にあり!? アジは漢字で書くと「鯵」と書きます。 つくりにあたる「参」の文字は、旧暦の 3 月、太陽暦の 5 月を指し、真アジの旬であることに由来するといわれています。 1 年中、リーズナブルな価格で買うことができるアジは、家計を預かる主婦の強い味方! 開き方をマスターして、いろいろな料理にアレンジしてみてくださいね。 越前かに問屋ますよね 店長兼仲買人 橘高 友樹.

次の

あじの開きのカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

アジ の 開き

一方、アジはまとまって釣れる魚です。 一匹ずつ神経締め処理をする時間をとることが難しい釣り物でもあります。 時合などで釣れ続けている場合、基本的にアジは氷締めし、大型のみ血抜きをした上で保冷するのが効率的です。 バケツのなかで酸欠やショック等で死んだアジ。 口が開き身が死後硬直している。 鮮度劣化が速い 持ちかえったアジは調理方法に応じて配分をきめて下処理 次に持ち帰ったアジを料理配分を考えて下処理していきます。 干物:基本の下処理(鱗+ゼイゴ落とし+内臓・エラ・血合い清掃)• その他:基本の下処理+頭をおとす+三枚おろし+皮をすく(炙りのみ皮ありで調理) たとえば、大アジが2尾で中アジが20尾の場合は、釣りの最中や帰宅途中に以下のような計算をしておくのもオススメです。 「大アジ2尾は刺身だな。 中アジは10尾はアジフライに。 残り10尾のうち5尾を酢締め、5尾を干物にする。 」 この場合、以下の下処理を進めます。 最初にすべてのアジのうろこ、ぜいご、内臓、エラ、血合いはきれに取っておく• 干物にする5尾以外は頭を落とし腹開きに開く• 10尾アジフライ用に開く• また釣行後、疲労度が高い場合は、持ち帰ったアジはしっかり保冷してあれば翌日に料理するというも一つの手です。 3日ほど、潮氷の入ったクーラーボックスや冷蔵庫に入れておいても問題ないですが、次第に内臓がくずれ、臭みが出始めます。 生食をする場合は、釣行当日もしくは翌日の午前中には下処理を進めるのがオススメです。 アジの調理方法 次にアジを調理する際の包丁の入れ方を説明します。 包丁はよく研いでおく アジをはじめとして魚はと呼ばれる万能包丁でも調理可能ですが、三枚おろしの際など骨上にきっちり刃をいれることはやはり出刃包丁が得意です。 「アジ切 」と呼ばれる出刃 高価なものでなくてもよいので、よく磨いでおいた包丁をつかえば一定の調理が可能です。 よく釣れる25cmぐらいまでのアジは小出刃・「」とよばれるような小型の出刃包丁(刃渡り105㎜)が便利です。 まな板は清潔なもので水分をぬぐっておく まな板は樹脂でもひのきなどの天然素材でもよいですが、幅がひろいほうが余裕をもって調理できるため、結果的に上手に仕上がります。 まな板は漂白などをして清潔を保ち、水分は清潔な布巾などで拭いながら行いましょう。 水分が包丁やまな板に残ったまま調理すると、アジの身の断面が水分を吸い込んでしまい、身が水っぽくなったり、崩れやすくなってしまいます。 刺身や酢締め等は3枚おろし(いそぐ場合は大名おろし) 刺身や酢締め等にする場合、3枚におろして、皮をはぐ必要があります。 頭部が小さく見えるマアジほど脂がのっている 中央にあるのは脂肪。 こういったアジは極上のうまさ 頭を胸鰭の後ろ側から落として、内臓を流水で洗い流します。 このとき、歯ブラシなどをつかうと中骨内側の血合いがよく落ちるので便利です。 ぜいごと呼ばれる側線部の棘は、切り取らなくても皮ごと取り去ることができます。 二枚におろす。 急いでいる場合や、釣ってきたアジの数が多い場合、中骨にそって包丁を一気にすすめる「大名おろし」で処理するのも一つ。 大名おろしにしたあとの中骨には身がたくさん残っているため、骨せんべいやアラ汁の出汁に活用するとよいでしょう。 3枚におろす。 血抜きしていないアジはやや赤味ががっています。 日数の経過で臭みが強くなります 腹骨部分を包丁ですきとる。 ハラスは脂肪が一番乗っている箇所でもあるので、必要以上に取り除かないように注意です。 背側から指でゆっくり皮をむく。 一番最初は、爪や骨抜きで皮をつかむよいでしょう。 が便利です。 干物の下処理 次に干物。 干物をつくる際は、腹開きと背開きがあります。 オススメは、身に内臓のニオイがつきにくく、他の調理とまとめてできる「腹開き」です。 まず内臓とエラをとります。 腹骨部分に刃先をいれて、開きます。 背側を貫通しないように頭部側から尾側に刃を進めます。 いっきに開こうとすると背側が貫通するので注意。 中骨部分を切り離すことができたら、頭部のつけ根の骨をカット。 頭部を開きましょう。 アジの開きのできあがり。 前述の通り、アジは頭に食べる身がたくさんついているわけでもないので、干すスペースや見栄えなどで気にならなければ、事前に頭部を落としたほうがスムーズです。 フライなど フライや天ぷらの場合、3枚におろしたフィレを使うか、開いて、尾部分を残して揚げるかの2択があります。 基本的には内臓などの下処理後、開いて中骨を取り除けば大丈夫です。 マルアジ。 血合いが多め これはマルアジですが、頭部と内臓をぬいたあとに背から開きます。 その後、反対側についた骨をとります。 ゼイゴは揚げれば食べられますが、口に残るので予めとっておいたほうがよいでしょう。 アジの皮自体はついたままで問題ないです。 さて、次からアジの様々な料理レシピを紹介していきます。 細かいところは書いていないので、実際に興味がありそうな料理をみて該当記事に飛んでみてください。 そこにも、料理サイトのように細かい作り方は書いていないですが、読めば自分流のアジ料理が出来上がるはずです。 刺身類 アジの刺身 釣ったアジといえば、まずは刺身ですね。 マアジでもマルアジでも鮮度が高いものは実に美味。 脂乗りでいえば産卵を控えた初夏のマアジが最高ですが、東京湾など、海域によっては周年脂がのっています。 マルアジは基本的に脂が少ないので、酢締めや揚げ物として食べたほうがよいでしょう。 釣り上げた日に食べる場合はコリコリとした食感を楽しみ、うまみを楽しむのであれば、翌日以降3日程度以内を目安に食べていけばよいと思います。 次第にもっちりした食感が楽しめ旨みが増幅していきます。 神経締めと血抜き、保冷がきちんとできているアジは、1週間以上生食可能です。 干物といえば、アジ。 といっても過言ではないぐらい干物の印象が強いアジ。 釣りたてのアジを自分好みの塩分や干し方で仕上げるものは最高の旨さです。 保存性が高いため、まとまった量のアジを釣った場合、酢締めと2分する食べ方です。 塩と水以外に、酒やみりん、ナンプラーなどをいれることによりアレンジも可能です。 ハーブでアレンジした干物もあり、洋風な料理にもよく合います。 アジの干物は脂肪分の量や、冷蔵庫の品質などにもよりますが、冷蔵で1週間強、冷凍で30日程度は問題なく楽しむことができます。 家庭用冷凍庫で長期保存をする場合、とくに黄アジは脂肪分が多く、冷凍焼け・脂焼け(表面が黄色くなって参加し風味が劣る)しやすいので注意です。 構造がわかりやすく、骨の入り方も複雑ではないためとても調理しやすいわけですが、マアジの調理ができればその料理法を他の魚に展開していくこともできます。 今のところ、アジは安定して各地で釣れていて、沖釣りであればかなりまとまった量を釣ることもできます。 特に居着きの黄アジは味もよく癖もなく本当におすすめな魚ではありますが、いざまとまった数を釣ると刺身や干物やアジフライだけではない調理法も試してみたくなるはずです。 今回は、ORETSURIオリジナルのアジ料理レシピも紹介しました。 まだ試したことがないものがあればぜひチャレンジしてみてください。 さらなるアジの可能性に気づくはずです。 小あじは「アジ切り」と呼ばれる小型の出刃で調理すると手返しが上がります。 アジの皮は基本的にはいで料理しますが、炙りの場合は皮目ごとバーナーで炙ることにより独特の香ばしさを味わうことができます。

次の

アジの開きの栄養は生の2倍!?もう生で食べる理由が1つもない!

アジ の 開き

一方、アジはまとまって釣れる魚です。 一匹ずつ神経締め処理をする時間をとることが難しい釣り物でもあります。 時合などで釣れ続けている場合、基本的にアジは氷締めし、大型のみ血抜きをした上で保冷するのが効率的です。 バケツのなかで酸欠やショック等で死んだアジ。 口が開き身が死後硬直している。 鮮度劣化が速い 持ちかえったアジは調理方法に応じて配分をきめて下処理 次に持ち帰ったアジを料理配分を考えて下処理していきます。 干物:基本の下処理(鱗+ゼイゴ落とし+内臓・エラ・血合い清掃)• その他:基本の下処理+頭をおとす+三枚おろし+皮をすく(炙りのみ皮ありで調理) たとえば、大アジが2尾で中アジが20尾の場合は、釣りの最中や帰宅途中に以下のような計算をしておくのもオススメです。 「大アジ2尾は刺身だな。 中アジは10尾はアジフライに。 残り10尾のうち5尾を酢締め、5尾を干物にする。 」 この場合、以下の下処理を進めます。 最初にすべてのアジのうろこ、ぜいご、内臓、エラ、血合いはきれに取っておく• 干物にする5尾以外は頭を落とし腹開きに開く• 10尾アジフライ用に開く• また釣行後、疲労度が高い場合は、持ち帰ったアジはしっかり保冷してあれば翌日に料理するというも一つの手です。 3日ほど、潮氷の入ったクーラーボックスや冷蔵庫に入れておいても問題ないですが、次第に内臓がくずれ、臭みが出始めます。 生食をする場合は、釣行当日もしくは翌日の午前中には下処理を進めるのがオススメです。 アジの調理方法 次にアジを調理する際の包丁の入れ方を説明します。 包丁はよく研いでおく アジをはじめとして魚はと呼ばれる万能包丁でも調理可能ですが、三枚おろしの際など骨上にきっちり刃をいれることはやはり出刃包丁が得意です。 「アジ切 」と呼ばれる出刃 高価なものでなくてもよいので、よく磨いでおいた包丁をつかえば一定の調理が可能です。 よく釣れる25cmぐらいまでのアジは小出刃・「」とよばれるような小型の出刃包丁(刃渡り105㎜)が便利です。 まな板は清潔なもので水分をぬぐっておく まな板は樹脂でもひのきなどの天然素材でもよいですが、幅がひろいほうが余裕をもって調理できるため、結果的に上手に仕上がります。 まな板は漂白などをして清潔を保ち、水分は清潔な布巾などで拭いながら行いましょう。 水分が包丁やまな板に残ったまま調理すると、アジの身の断面が水分を吸い込んでしまい、身が水っぽくなったり、崩れやすくなってしまいます。 刺身や酢締め等は3枚おろし(いそぐ場合は大名おろし) 刺身や酢締め等にする場合、3枚におろして、皮をはぐ必要があります。 頭部が小さく見えるマアジほど脂がのっている 中央にあるのは脂肪。 こういったアジは極上のうまさ 頭を胸鰭の後ろ側から落として、内臓を流水で洗い流します。 このとき、歯ブラシなどをつかうと中骨内側の血合いがよく落ちるので便利です。 ぜいごと呼ばれる側線部の棘は、切り取らなくても皮ごと取り去ることができます。 二枚におろす。 急いでいる場合や、釣ってきたアジの数が多い場合、中骨にそって包丁を一気にすすめる「大名おろし」で処理するのも一つ。 大名おろしにしたあとの中骨には身がたくさん残っているため、骨せんべいやアラ汁の出汁に活用するとよいでしょう。 3枚におろす。 血抜きしていないアジはやや赤味ががっています。 日数の経過で臭みが強くなります 腹骨部分を包丁ですきとる。 ハラスは脂肪が一番乗っている箇所でもあるので、必要以上に取り除かないように注意です。 背側から指でゆっくり皮をむく。 一番最初は、爪や骨抜きで皮をつかむよいでしょう。 が便利です。 干物の下処理 次に干物。 干物をつくる際は、腹開きと背開きがあります。 オススメは、身に内臓のニオイがつきにくく、他の調理とまとめてできる「腹開き」です。 まず内臓とエラをとります。 腹骨部分に刃先をいれて、開きます。 背側を貫通しないように頭部側から尾側に刃を進めます。 いっきに開こうとすると背側が貫通するので注意。 中骨部分を切り離すことができたら、頭部のつけ根の骨をカット。 頭部を開きましょう。 アジの開きのできあがり。 前述の通り、アジは頭に食べる身がたくさんついているわけでもないので、干すスペースや見栄えなどで気にならなければ、事前に頭部を落としたほうがスムーズです。 フライなど フライや天ぷらの場合、3枚におろしたフィレを使うか、開いて、尾部分を残して揚げるかの2択があります。 基本的には内臓などの下処理後、開いて中骨を取り除けば大丈夫です。 マルアジ。 血合いが多め これはマルアジですが、頭部と内臓をぬいたあとに背から開きます。 その後、反対側についた骨をとります。 ゼイゴは揚げれば食べられますが、口に残るので予めとっておいたほうがよいでしょう。 アジの皮自体はついたままで問題ないです。 さて、次からアジの様々な料理レシピを紹介していきます。 細かいところは書いていないので、実際に興味がありそうな料理をみて該当記事に飛んでみてください。 そこにも、料理サイトのように細かい作り方は書いていないですが、読めば自分流のアジ料理が出来上がるはずです。 刺身類 アジの刺身 釣ったアジといえば、まずは刺身ですね。 マアジでもマルアジでも鮮度が高いものは実に美味。 脂乗りでいえば産卵を控えた初夏のマアジが最高ですが、東京湾など、海域によっては周年脂がのっています。 マルアジは基本的に脂が少ないので、酢締めや揚げ物として食べたほうがよいでしょう。 釣り上げた日に食べる場合はコリコリとした食感を楽しみ、うまみを楽しむのであれば、翌日以降3日程度以内を目安に食べていけばよいと思います。 次第にもっちりした食感が楽しめ旨みが増幅していきます。 神経締めと血抜き、保冷がきちんとできているアジは、1週間以上生食可能です。 干物といえば、アジ。 といっても過言ではないぐらい干物の印象が強いアジ。 釣りたてのアジを自分好みの塩分や干し方で仕上げるものは最高の旨さです。 保存性が高いため、まとまった量のアジを釣った場合、酢締めと2分する食べ方です。 塩と水以外に、酒やみりん、ナンプラーなどをいれることによりアレンジも可能です。 ハーブでアレンジした干物もあり、洋風な料理にもよく合います。 アジの干物は脂肪分の量や、冷蔵庫の品質などにもよりますが、冷蔵で1週間強、冷凍で30日程度は問題なく楽しむことができます。 家庭用冷凍庫で長期保存をする場合、とくに黄アジは脂肪分が多く、冷凍焼け・脂焼け(表面が黄色くなって参加し風味が劣る)しやすいので注意です。 構造がわかりやすく、骨の入り方も複雑ではないためとても調理しやすいわけですが、マアジの調理ができればその料理法を他の魚に展開していくこともできます。 今のところ、アジは安定して各地で釣れていて、沖釣りであればかなりまとまった量を釣ることもできます。 特に居着きの黄アジは味もよく癖もなく本当におすすめな魚ではありますが、いざまとまった数を釣ると刺身や干物やアジフライだけではない調理法も試してみたくなるはずです。 今回は、ORETSURIオリジナルのアジ料理レシピも紹介しました。 まだ試したことがないものがあればぜひチャレンジしてみてください。 さらなるアジの可能性に気づくはずです。 小あじは「アジ切り」と呼ばれる小型の出刃で調理すると手返しが上がります。 アジの皮は基本的にはいで料理しますが、炙りの場合は皮目ごとバーナーで炙ることにより独特の香ばしさを味わうことができます。

次の