連絡をもらう 敬語。 「連絡する」の敬語と謙譲語は?メールでの使い方も解説します

「連絡してください」よりも丁寧な言い換え敬語・メール例文

連絡をもらう 敬語

「ご確認」は「確認」に「ご」という言葉が付くことで、丁寧な表現になります。 同じような言葉で「ご安心」「ご注文」、また「お」をつけた言葉で「お答え」「お話」などがあります。 そして「ご確認」の後に続く言葉の使い方が大切になってきます。 例文を通して説明していきます。 例文 ご確認ください 「ご」「お」をつけた言葉を使う時に続く言葉は「ください」になります。 似ている言葉に「してください」という言葉があります。 しかし「してください」は依頼の敬語の尊敬語にあたりますので、前につく「ご確認」が謙譲語ですので、二重敬語になってしまい敬語としては間違っています。 「ご確認ください」はメールなどでよくやり取りする相手に1番使いやすい言葉です。 ・詳細につきましては、添付いたしました資料をご確認ください。 ・この件に関しましては、添付資料の20ページでご確認ください。 ・カタログは郵送させていただきましたので、ご確認ください。 「ご確認をお願いします」とすると、「ご確認ください」よりも強制的な響きがなく、もう少し丁寧な表現になります。 ご確認のほど 「~ほど」という言葉には、強制的なニュアンスを避けて、柔らかい雰囲気とより丁寧に聞こえる効果があります。 目上の方や社外の方へのメールに使うのに適当な丁寧さがあります。 ・ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 「~のほど」は、「ご協力のほど」「ご支援のほど」「ご指導のほど」などがあります。 ご確認の上 「~の上」は「~した後で」、「~の結果」などの順序や前提を示している表現になります。 つまり、何かをして(この場合確認して)、次になんらかの動作や反応をお願いしたい時に使われる表現になります。 丁寧で具体的な表現になりますので、顧客や社外の方、目上の方に使えますが、「~の上」の後の文章に気を付けて使いましょう。 ・添付資料をご確認の上、ご連絡ください。 ・お送りいたしました商品をご確認の上、受領印を押してください。 ・記載内容をご確認の上、折り返しご返送くださいますようお願い申し上げます。 「ご査収」との違い 「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。 「査収」は「よく調べたうえで受け取る」「よく確認して受け取る」という意味があり、「確認」と同じように「ご」がついて丁寧な表現になります。 「ご確認」との大きな違いは、受け取るものがあるということが前提なります。 ない場合に「ご査収」を使用すると、意味が通らなくなって相手を混乱させてしまいますので注意しましょう。 「ご査収」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 また、細かい点ですが既に送ったことのある資料の最終版などを送付する際は、すでに何度か目を通していただいているので「ご確認ください」で十分です。 ・明日の会議の資料を送付しますので、ご査収ください。 ・データを提出させていただきます。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・提出書類一式を送付させていただきましたので、ご査収願います。 大変くどい言い回しになりますので、よく調べた上で受け取ってほしい場合は、別々に使った方がいいでしょう。 ・本日資料を送付いたしましたので、よろしくご査収願います。 ・ご確認の上、お受け取り下さい。 こちらも別々に使った方がいいでしょう。 ・ご検討の上、よろしくお願い申し上げます。 ・ご確認の上、ご判断ください。 ビジネスメールでは、返信メールも重要です。 あまり時間を置かずに返信することが大切で、返信が遅いと、時間をうまく使えない・重要度を見極められないなど信頼を失うきっかけになりかねません。 また、的確な言葉をもっての返信は重要です。 「ご確認ください」に対する返信 確認したことを伝えるメールですので、簡潔に短いものでも十分です。 メールを頻繁にやり取りする相手には「内容を確認いたしました。 ありがとうございます。 」で十分です。 目上の方や社外の方へ、もう少し丁寧に返答したい場合は、 「確かに拝受いたしました。 ありがとうございました。 」 「内容を確認いたしましたので、ご連絡申し上げます。 ご配慮いただきありがとうございました。 」 と答えましょう。 いずれも「ありがとうございました。 」と加えると丁寧です。 ・書類を確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきましてありがとうございました。 以上のように、目を通して確認したということを伝える必要があります。 「ご査収」に対しては「中身を確認して受け取りました」という返答をすることを覚えておいてください。 「ご確認」と同じような意味や使い方の言葉 「一読」とは「ひと通り読むこと。 ざっと読むこと」で、「ご」をつけて丁寧に表現した言葉になります。 ビジネスメールやビジネス文書で頻繁に使われていますが、特に文章を相手に確認してもらいたい場合の丁寧な表現として使うと便利です。 ・先日の会議の議事録を送付させていただきました。 ご一読くださいますようお願い申し上げます。 ・先程メールを送らせていただきました。 ご一読いただければ幸いです。 お目通し・ご高覧 「お目通し」は後ろに「いただく」をつけて正しい敬語表現になります。 「お目通し」というのは自分が何かを見るときに使うのではなく、誰かに何かを見てもらう時に使います。 よって、「いただく」という表現がつきます。 かなり丁寧な表現なので、目上の人や社外取引相手に使っても失礼に当たらない表現といえます。 ・お目通しいただきたくお願い申し上げます。 ・お目通し頂ければ幸いです。 ・お目通しいただけますよう、お願い申し上げます。 また特に丁寧な言い回しが「ご高覧」です。 「ご覧いただく」以上の「見てもらう」の丁寧な言い回しです。 目上の人や、取引先など特に敬意を払いたい相手に使う言葉とされています。 また、公の場で自分の商品や芸術作品を宣伝したり、お知らせをする時にも使われます。 その際は、文の最後に「ご高覧いただければ幸いです。 」、「ご高覧ください」と表現します。 ・このたび、貴社のホームページを立ち上げましたので、是非ご高覧ください。 ・このたび、季刊誌を発行いたしましたので、ご高覧いただければ幸いです。 敬語を正しく使いましょう.

次の

「教えてもらう」の敬語・使い方・例文|メール/目上の人への人

連絡をもらう 敬語

この記事の目次• 例文「 ご連絡くださいますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してくれるようお願いします」• 例文「 ご連絡いただきたく、お願い致します」 意味は「連絡してほしい、お願いします」• 例文「 ご連絡をお願い致します」 意味は「連絡してほしい、お願いします」• 例文「 ご連絡いただきますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してもらうようお願いします」• 例文「 ご連絡賜りますようお願い申し上げます」 意味は「連絡してもらうようお願いします」• 例文「 ご連絡の程お願い申し上げます」 意味は「連絡してくれるよう、お願いします」• 例文「 ご連絡いただければ幸いです」 意味は「連絡してもらえたら嬉しいです」• 例文「 ご連絡いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらいたいと思います」• 例文「 ご連絡いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「連絡してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご連絡いただければ幸いです」「ご連絡賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 それぞれ意味や敬語の違いはありますが、結局はおなじことを述べています。 ようするにすべて「連絡してね!よろしく」という意味なのです。 自分が「連絡するよ!」と言いたいときには…• 【現在形】ご連絡します/(ご)連絡いたします• 【過去形】ご連絡しました/(ご)連絡いたしました• 【進行形】ご連絡しております/(ご)連絡いたしております• 「お(ご)~します」は謙譲語「お(ご)〜する」+丁寧語「ます」 「お(ご)~いたします」は謙譲語「お(ご)〜いたす」+丁寧語「ます」 「~いたします」の部分にするべきことの中身がはいります。 たとえば、 何かしら連絡しなければいけないのであれば「(ご)連絡いたします」 何かしら対応しなければいけないのであれば「(ご)対応いたします」 ここで「(ご)連絡いたします」というように( )書きにしているのは「連絡いたします」としても丁寧な敬語だから。 自分が「連絡できません!」と断りをいれるときは…• 【例文】(ご)連絡いたしかねます• 【例文】ご連絡しかねます• 【例文】ご連絡することが大変困難でございます 無理やり感のある例文になってしまいました…すみません。 こんなときには「ご対応いたしかねます」「お受けいたしかねます」「遠慮させていただきます」などの敬語をつかいますね。 また「〜いたしかねる(兼ねる)」は「~することができない」という意味の敬語。 否定語であり「〜しかねる」の謙譲語です。 たとえば、• 【例文】お応えいたしかねます 意味は「添うことができません」• 【例文】お受けいたしかねます 意味は「受けることができません」• 【例文】ご対応いたしかねます 意味は「対応することができません」 などのようにして使います。 ビジネスメールでは例文のように丁寧語「ます」をくっつけて「〜いたしかねます」として使うのが一般的 「〜しかねる」自体は敬語でもなんでもありませんが「できません」よりも丁寧に聞こえるため重宝するフレーズです。 「連絡してもらいありがとう!」と言いたいときには…• 例文「ご連絡ありがとうございます」• 例文「ご連絡いただきありがとうございます」• 例文「ご連絡いただきましてありがとうございました」• 例文「ご連絡賜りましてありがとうございました」• 例文「ご連絡くださいましてありがとうございました」 のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。 それぞれ意味や敬語の違いはありますが、結局はおなじことを述べています。 ようするに「連絡してくれてありがとう!」という意味なのです。 どれも丁寧な敬語ではありますが、もっともかしこまった敬語は「~賜りましてありがとう」です。 あとはどれも似たような丁寧レベル。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

連絡をもらう 敬語

ビジネスメールで敬語を使う場合、敬語表現を多くの人が間違えたり、勘違いしている場合があります。 まずは間違えやすい敬語表現について見ていきましょう。 よく使われる敬語表現の中で、 「お待ちしています。 」 と、ビジネスメールの文章にありますが、 これは 「お待ちしております。 」 と書く方が丁寧できちんとした印象で伝わります。 また、漢字で 「宜しくお願い致します」と敬語表現している方も多いですが、 漢字表記が多いと、相手から読みづらいと思われてしまったり、また、相手との距離を一定に保ちたいなど、親近感をもたれない可能性があるため、漢字表記よりも、ひらがな表記の方がいいでしょう。 しかし、こちらを細かく言うと、 「伺う」と「いただく」で二重敬語となってしまうため、 「うかがいます」が正しいです。 しかし「うかがわせていただきます」で違和感を覚える方はほとんどいないため、こちらも正しいとは言えます。 その前に「お」がついていた場合は、明らかにおかしいといえます。 「いたす」は謙譲語のため、お客様に対して使うのであれば、尊敬語を使います。 そのため、正しくは 「いかがなさいますか」となります。 「ご覧になる」が既に敬語のため、正しくは 「ご覧になりましたか」となります。 「特に問題ありません」「別に構いません」という敬語表現は、特にビジネスメールで目上の人に送る場合、使いません。 その場合は、 「そのように進めていただけたら幸いでございます。。 よろしくお願いいたします」 といった表記が正しいでしょう。 こういった言葉は、ビジネスメールにおいては 「ご連絡をください」や「ご連絡お願いします」といった表現に変えてください。 また、「ご連絡ください」「ご返事ください」だと、相手に対して強要している印象をより与えてしまうため、語尾をソフトにする表現も押さえておくといいでしょう。 「ご連絡いただけると幸いです」 「お返事をお待ちいたしております」 といった表記であれば、相手によりソフトな印象を与えることができます。 最後にそのコツをご紹介します。 ビジネスメールを送る時というのは、最大限の敬語が必要なシチュエーションでもあります。 まずは自分の動作を「謙譲語」にした上で、「丁寧語」を合わせて使用しましょう。 また、PREP法とは、以下のように示されるプレゼンなどの方法です。 ビジネスメールを送る際には、上記の間違えやすい敬語表現を参考にして書こう! 普段から敬語を意識して使っておくことで、ビジネスメールを作成する際に、悩まずにすらすら書けるようになります。 ここで紹介したコツは他にも「丁寧すぎる言い回しの落とし穴」「指示代名詞(あれ、それ、これ)はなるべく使わない」「ビジネスメールは一往復半する」などあるため、一度一通り見ておくことをお勧めします。

次の