プライム シューター 擬似。 【スプラトゥーン2】プライムシューターベッチュー(黒プライム)が強い理由

【ver5.2.0 最新版】スプラトゥーン2 メイン性能 各種ブキ擬似確に必要なギア数一覧

プライム シューター 擬似

説明 ・スプラシューターを上級者向けに再設計したシューターで、射程が長いのが特徴。 ・シューターの中でも最高クラスの射程を誇り、弾の威力も強い。 しかし連射力が弱い。 基本的な立ち回り ・攻撃力と射程は申し分ないのですが、連射力が弱いのがネック。 遠くにたつ相手に連続して弾を当てることができるエイム力を養いましょう。 相手と対峙したらしっかりと距離を取り、落ち着いてエイムを合わせることが大切です。 ・射程が長いので、チャージャーのお立ち台のように安全な位置から相手を攻撃するのもオススメです。 立ち回り解説• 0 ・「メイン性能アップ」のギアパワーの効果が小さくなりました。 9に到達するのに必要なギアパワーの数が、基本ギアパワー3. 9個分から、基本ギアパワー4. 2個分に変更されます。 -追加ギアパワー1個は、基本ギアパワー0. 3個分の効果です。 0 ・「メイン性能アップ」のギアパワーの効果が小さくなりました。 9に到達するのに必要なギアパワーの数が、基本ギアパワー3. 1個分から、基本ギアパワー3. 9個分に変更されました。 -追加ギアパワー1個は、基本ギアパワー0. 3個分の効果です。 0 ・これまでより足元に塗りが発生しやすくなりました。 ・弾が落とす飛沫のうち、一番手前のものが、これまでよりプレイヤーの近くに落ちやすくなりました。 3 ・スペシャル必要ポイントが180から170になりました。

次の

【96ガロンvs.プライム】中射程シューターの性能を徹底比較!強いブキはどっちだ!?

プライム シューター 擬似

スポンサードリンク プライムシューターコラボの特徴は? プライムシューターコラボは プライムシューターと基本性能は同じ。 射程が長く、攻撃力も高いが連射力とインク効率がやや悪い。 3発当てると相手を倒すことができる。 射程はスプラシューターよりも長く、ジェットスイーパーよりも短い。 同射程の武器では. 96ガロンやデュアルスイーパーになる。 プライムシューターと違う点はサブウェポンとスペシャルウェポン。 プライムシューターはポイントセンサーとアメフラシの組み合わせ。 プライムシューターコラボは キューバンボムとバブルランチャーの組み合わせになっている。 プライムシューターコラボは キューバンボムで攻撃手段が増えているが、その分キューバンボムも インク消費量が大きいので更にインク効率が悪くなっている。 キューバンボムを多用すると常にインクが少ない状態で戦わなければならないので、使い所を選んで戦うようにしよう。 プライムシューターコラボの戦い方は? 初動の動きは味方のやや後ろをついていきながら 味方が作ったインクの道を太くするような感じで塗って進んでいこう。 プライムシューターコラボ単独だと戦うための足場を塗るのに時間がかかってしまい、前線に出るのが遅れてしまう。 射程が長い代わりに連射力が低く小回りが利かないので、相手に裏取りをされたり背後を突かれないように 相手の進路になるインクは塗り返しておき、自分の安全を確保してから相手に攻撃するようにしよう。 相手がプライムシューターコラボを倒そうとするときはイカセンプクで一気に横に回り込むようにして近づいてくる。 そうならないようにクリアリングをしておこう。 クリアリングをした後は 射程を活かして前線に出ながら相手を攻撃していこう。 ほとんどの相手には射程で負けないので、強気に前に出ていく。 相手に距離を詰められたときは 少し逃げて相手に追わせて、相手と一直線の状態になってから反撃すると倒しやすい。 スポンサードリンク キューバンボムの使い道はこの2パターンをメインに プライムシューターコラボの場合、キューバンボムを多用するとメインウェポンの攻撃が全然出来なくなってしまう。 なので、使用する場面をしっかり選ぼう。 私の場合は 使い道はほぼ2パターンに絞っている。 1つは相手が急接近してきた時や相手に近づかれて距離を取りたいときに自分と相手の間にキューバンボムを投げて 近づかせないようにする使い方。 キューバンボムで相手と距離を取ったら、再び反撃していく。 もう1つは 高台から攻撃してくる相手へのけん制。 プライムシューターコラボの射程で届かない高台への攻撃やキューバンボムを投げておいて高台から相手を移動させて他の相手を倒す、というような動きをしたいときだ。 逆に平面での戦いであれば、相手と距離を取りやすいので使う必要はない。 私は主にこの2つの場面でキューバンボムを使っている。 使用する場面をあらかじめ想定しておくと無駄ボムもなくなるので、オススメ。 バブルランチャーは相手のインクが多い所で バブルランチャーは単独で相手を倒すというより 敵味方入り乱れる場所で使って撃ち合いの中で爆発させたり、シャボン玉の後ろに隠れて相手の攻撃を防いだり…といった使い方をした方が効果的。 なので、戦況的には押せ押せの時よりもやや不利な状態で 相手のインクが多い時に使って反撃のきっかけにしよう。 シャボン玉そのものも味方のインクを塗りながら進んでくれるので、塗り状況もわずかながら良くしてくれる。 ガチヤグラやガチホコを進めている時の前方に使ってヤグラやホコを守るような使い方もできる。 も参考にしてほしい。 プライムシューターコラボのギア構成は? プライムシューターコラボはインク効率が悪いので、 インク効率アップ(メイン)、インク回復力アップの2つのギアはメインギアに入れるのがオススメ。 両方入れれば、プライムシューターコラボの弱点もかなりカバーできる。 もう1つのメインギアは相手との距離を取る イカダッシュ速度アップ、バブルランチャーをより多く利用するための スペシャル増加量アップのどちらかを入れておくといいだろう。 スペシャル増加量アップはバブルランチャーを発動する他にもスペシャルを使うことでインクを全回復できるので、結果的にインク効率も良くなる。 プライムシューターコラボの戦い方まとめ プライムシューターコラボはメインウエポンのインク効率と連射力こそやや悪いが、それ以外の能力は高く戦いやすい武器だ。 また、キューバンボムとバブルランチャーも使い勝手がよく、 相手に動きにくくさせるような戦いができる。 インク効率が悪い弱点は キューバンボムを無暗に使わないで使用する場面を選ぶこと。 そしてインク効率アップ(メイン)とインク回復力アップでカバーしよう。 上級者向けの武器とブキチ君は紹介しているが、 全体的なバランスは良い武器なのでぜひ使ってみてほしい。

次の

【Ver5.0.0アップデート】弱体化したプライムシューターベッチューが今後生き残れるのかを徹底考察!

プライム シューター 擬似

Contents• メイン性能による擬似2確が強い ギアパワー「メイン性能アップ」をつけるとプライムシューターは攻撃力が上がります。 0 [2019. 3 配信]』のアップデートで、今までより多くギアを積まないと駄目になりましたが手を出せる範囲です。 ご存知の通り100ダメージを与えるとキルを取ることができますが、メイン性能を31まで積むと49. 9ダメージを与えることができるようになります。 インクを踏むとわずかにダメージが加わりますので、2発与えると「99. 8+インク踏みダメージ」でキルを取ることができるんです。 メイン3+サブ3• メイン2+サブ5• メイン1+サブ8 上記のパターンの中で「メイン3+サブ3」が一番作りやすいです。 相手がインクを踏まないといけないという条件はありますが、2発で倒せるというのは相当なアドバンテージです。 相手が足元にいたら足元にイイネダマを放つことで回避になります。 それとナイスダマを少しでも当ててしまえば、擬似2確のメインで追撃して倒しやすくなるというのも凄いメリットです。 ナイスダマはガチエリアならエリアのキープに、ガチホコはホコバリア割りや動きの鈍いホコ持ちのキルに、ガチヤグラはヤグラに直接ぶつけて相手を引き摺り下ろす、ガチアサリはゴール前に投げれば制圧できると本当に便利。 いやほんとに強いスペシャルだと思います。 黒プライムの弱点は燃費の悪さと塗りの悪さだけど 黒プライムの弱点は燃費の悪さと塗りの悪さですけど、確実にキルを取ることで気にならなくなります。 射程を生かして着実にキルを取れば相手に囲まれることもないですし、塗りの悪さはキルを獲って相手の人数を減らしてしまえばなんとかカバーできます。 ここまで強いとアップデートで弱体化させられそうですけど、どう弱体化させるのかも難しいブキだなとも感じるのでしばらくは強いままかもしれないです。

次の