カフス 傷 だらけ の 地図。 CUFFS 〜傷だらけの地図〜

CUFFS 傷だらけの地図 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

カフス 傷 だらけ の 地図

登場人物やネタバレではなく、 ちゃんと作品を読みたいという方は「U-NEXT」で今スグ『CUFFS 傷だらけの地図』を無料で読むことができます。 「U-NEXTって動画サービスじゃないの?」と思われた方も多いかもしれませんが… 実は動画配信サービスとして非常に有名な U-NEXTでは月額料金 税別1,990円 だけでマンガも読むことができるんです! しかもそのラインナップはマンガだけが読めるアプリやサービスと変わりません。 予めご了承ください。 遷移先での閲覧にはご注意ください。 「不良の聖地」と呼ばれる東京都・達川町で悪行を重ね、最強のチンピラと恐れられるほどだったが、ある日ヤクザとのケンカの中で頭を撃ち抜かれ死んでしまう。 しかし、目を覚ますと同じ日にイジメに耐え切れずに自殺した自分の息子・沢渡 憂作の体に乗り移っていた。 自分と母親を捨てて家を出て行った父親がチンピラであることが原因で学校でイジメられており、ある日自殺を図ってしまう。 ただ、神のいたずらによって同じ日に死んだ実の父親・龍二が体に乗り移り生き延びることになる。 から虐められていた気の弱い少年であったが、自殺を図った時に拳銃で殺された父親の魂が乗り移ってしまう。 その後、男死利祭り後に「龍二自身の心の闇」が憂作の姿を借りて現れるようになる。 沢渡 涼子(さわたり りょうこ) 龍二の元妻であり、憂作の母親。 よく敵(不良やチンピラ、ヤクザ)にさらわれ、人質となりがちなピーチ姫的存在。 龍二と高校時代に出会って、付き合うようになったのちに父親の沢渡 琢郎(さわたり たくろう)の反対を押し切って結婚した。 涼子の妊娠を知った龍二に捨てられてしまい、シングルマザーとなるが憂作を女手ひとつで育て上げる。 そのせいもあり少し過保護になりすぎる一面がある。 龍二の弟・久宝 翔二(くぼう しょうじ)からの求婚を断るが、最終章では憂作が家を出たあと龍二の元・舎弟の警官、内藤 浩徳と再婚する。 沢渡 琢郎(さわたり たくろう) 涼子の実の父親でラーメン店を営む。 腕っぷしが強く、龍二が結婚あいつに来た時には殴ってもめたことも。 年を取り病に侵されるなかヤクザともめながらも、憂作と共闘しなんとか乗り切る。 宇田川(あだ名:ウダ) 憂作の幼馴染。 憂作と同じく虐められていた過去があるが、空手などの格闘技を習い、今ではそこらのヤンキーよりも強い存在になる。 イジメがエスカレートする憂作のことを心配してずっと見守っていたこともあり、憂作に別人になった(龍二が乗り移った)ことに誰よりも早く気づく。 黒田 有美(くろだ ゆみ) 宇田川と同じく憂作の幼馴染で、昔から憂作のことを知っているため、憂作に別人になった(龍二が乗り移った)ことに気づく。 また、沢渡 涼子同様、よく敵(不良やチンピラ、ヤクザ)にさらわれ、人質となりがちな第二のピーチ姫的存在。 第一章半ばまでは憂作に好意をよせていたが、35歳の龍二が乗り移った憂作には相手にされず、第二章では幼馴染の宇田川と付き合う。 木本 リョウ(あだ名:キモ) 龍二が乗り移る前の憂作を虐めていた不良の一人。 龍二の転生後は、立場が逆転してしまい完全なやられ役になる。 物語序盤では憂作に恨みを持ち、芝田学園の番長・長瀬をけしかけるなど敵方だが、周囲の学校との抗争が始まってからは味方となることが多い。 長瀬 憂作たちが通う芝田学園のトップだった(憂作とのケンカに敗れるまで)。 黒人と日本人のハーフで、その容姿によって身内や周囲からのイジメを受けてきた。 憂作に二度敗れたのち、修行のためにアメリカへと旅立つ。 大久保 毅 櫛渕(くしぶち)高校、通称ブチコーのヤンキー。 洞口 長身長髪のやさ男で、大久保と同じくブチコーのヤンキー。 憂作や長瀬などの生い立ちとは違い、裕福な家に生まれた彼は「環境のせいではなく自ら選んでヤンキーをやっている」という独特なポリシーを持つ。 立江商業の花枝三兄弟との一件から、なにかと憂作たちとともに事件に巻き込まれる。 久宝 翔二(くぼう しょうじ) 龍二の実の弟で、兄の亡き後、涼子に惚れて再婚を申し込むために銃の密売で金を手に入れようとする。 銃の密売取引の相手・広峰兄弟に騙され危うく殺されそうになるが、憂作とハルオの助けによって難を逃れる。 広峰たちを追い詰めたのち、自らの行為で涼子たちを危険な目に合わせた責任を取るために自首することになる。 広峰は生前の龍二に、顔面に消えない傷をつけられた恨みがある。 刃物の使い手でもあり、背中や帽子の裏、ベルトなどに多数の刃物を隠し持っている。 政王は生まれつき感情を持っておらず、口数も極端に少ないが、拉致した涼子に対して性欲をみせる一面も。 二人で憂作、翔二と一戦交えるが敗北し逮捕される。 レニー(本名:花枝 雨男) 立江商業高校(たつえしょうぎょう)のトップを張る、花枝三兄弟の末っ子。 ドレッドヘアのカポエイラ使いで、昔ブチコーの洞口に「レゲエ」と言われて馬鹿にされたことを根に持っている。 マリリン(本名:花枝 摩利男) 花枝三兄弟次男で合気道の使い手。 相手の骨を折ることやその音に快感を覚えるサイコパスな性格から、後輩や仲間たちからも恐れられている。 また実際にヘマをした後輩を正座させて説教したうえ、太い枝を切断するほどの手刀を浴びせるシーンも。 花枝三兄弟最強を謳われてるが、憂作との戦闘では挑発に乗り我を忘れてしまったため敗れることに。 O次郎(本名:) 花枝三兄弟長男で蟷螂拳の使い手。 昔はフサフサのウェーブヘアーだったが過去ケンカに敗れた恐怖から円形脱毛症になり、今では電撃ネットワークの南部 虎弾(なんぶ とらた)のような髪型に。 また、過去に車に撥ねられてから仲間でも見境なく手を出すほどクレイジーな性格になったが、本当に怒ると冷静沈着で理論的な本性を取り戻す。 椎名 サトル 小倉正哉の甥にあたるヤクザで、後輩にあたる哲也達を利用して管理売春を行っていた。 沢渡家の隣に住む福山 順介の姉・里美を狙ったことから憂作たちとももめることになり、そのケンカのなかで憂作に女を喰い物にしていることを伯父(叔父)である小倉正哉にバレされてしまい、組を破門される。 小倉 正哉(通称:人斬りマサヤ) 王塚組内、小倉会の会長で、王塚組次期組長No. 1候補でもある。 物語序盤の登場や、椎名 サトルとの対決時に見せた非道さは本作のなかでも抜きんでた強さを感じたが、作品後半で相手の指や腕をあっさり斬り落とすシーンは改めてヤクザの恐ろしさを感じさせた。 オカマのハルオを愛人にしていることから同性愛者であることがわかる。 」 Renta! 予めご了承ください。 遷移先での閲覧にはご注意ください。 フジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアム」 電子コミックを無料で読む方法として意外と知られていないのが、 フジテレビが運営するVOD ビデオオンデマンド サービスの「」です! FODは放送中のTVドラマをはじめ往年のヒットドラマやバラエティ、アニメ、映画などを続々配信する定額見放題の動画配信サービスですが、 実は話題のマンガラインナップも15万冊以上と豊富に取り揃えているんです。 予めご了承ください。 『CUFFS 傷だらけの地図』作品紹介動画 from【公式】マンガZERO <作品紹介動画> 東條仁先生の傑作ヤンキー漫画!『Cuffs ~傷だらけの地図~』 暴力に生きた挙句、凶弾に倒れたチンピラ・九宝龍二。 まだ読んでいないなら、一度読んでみて。 — ヤスオマー PelrtxKGPuT3VgZ アクションシーンの躍動感に定評のあるヤンキー漫画こと『CUFFS ~傷だらけの地図~』がスキマで無料なのでみんな読もうな……。 — 犬紳士 gentledog.

次の

CUFFS~傷だらけの地図~

カフス 傷 だらけ の 地図

若い頃から負け知らずで、喧嘩に明け暮れていたチンピラの龍二。 しかし、ある日喧嘩の途中で銃に撃たれてしまいます。 病院で目をさました彼ですが、鏡に映った自分の顔は別人。 しかも、その人物は、自分がかつて捨てた女・涼子の子供である憂作だったのです。 若い頃の彼は、彼女のヒモ同然で、妊娠させたことがわかると新しい女を作り、ふたりを捨てました。 そんな負い目もあったうえ、父親がチンピラということで憂作がいじめられていたと知った彼は、ふたりのために生きていくことを決意します。 衝撃の入れ替わり展開から始まる本作は、なぜ彼が憂作に転生したのかということがテーマ。 しかしファンタジー、ミステリーというよりも、ひとりの男の心の成長を描いたものとなっているのが特徴です。 今まで散々やんちゃをしてきた彼が、憂作としての人生を生き抜くなかで変化が起こります。 今までどれだけ周囲に、特に家族に迷惑をかけてきたのかを省みるようになったのです。 悩み、苦しみ、そして最後に出す彼の「生まれ変わった意味とは?」という答えは、まさに感動必至です。 『CUFFS傷だらけの地図』の魅力は、スピード感ある展開!【ネタバレ注意】 ヤンキー漫画で重要なのは、スピード感。 本作では喧嘩シーンの迫力、そして次々と起こる事件と、暴走バイクのごときスピードで引き込まれます。 ナイフを持つ相手に対して素手で戦い、手が血まみれになってもまったく動じない龍二。 倍返しだと言わんばかりの迫力で、その男をボコボコにしていきます。 また喧嘩シーンの他にさまざまな事件が起こるところも、リズムよくストーリーを楽しめる理由のひとつ。 物語は龍二が殺されるところからスタート。 憂作のいじめっ子たちを叩きのめしたかと思うと、今度は幼馴染との三角関係が始まり、パワーインフレといえるほどの敵たちと戦うことになるなど、引っ切りなしに事件が起こります。 さらに、心の闇を実体化した、もうひとりの憂作が登場して!? 息もつかせぬ展開ですが、ヤンキー漫画の重要なところをしっかりと抑えているので、飽きずに読むことができる作品となっています。 『CUFFS傷だらけの地図』龍二の男気が心に沁みる!【ネタバレ注意】 ある日、涼子がおしゃれをして家を出ていくところを見た龍二は、これは男とデートだなと想像し、彼女のあとをつけていきます。 もともとは自分が新しい女をつくって別れたのだから、彼女にとやかく言えない。 でも気になる。 そもそも別れて16年経つのだから、新しい男がいても不思議ではない。 いや涼子はそんなカルい女じゃない……と、ひとり悶々とする龍二。 そんな彼が見た彼女の待ち合わせ相手は、人妻専門の裏ビデオの男優・コマケンでした。 この男はかつて龍二の女に手を出したことから、半殺しにされた人物でした。 龍二が死んでいることを知らない彼女はコマケンに騙され、ホテルへと連れ込まれます。 彼に押さえつけられ、服を破られる涼子。 そこへ、間一髪で龍二が助けに入りました。 何とかコマケンを倒した彼は、涼子に向かって「そんなに忘れられねーのかよ…あのろくでなしの事が」と聞きます。 それに対して、初恋の人でずっと尽くそうと思っていた相手なのだ、と涙ながらに告白する涼子。 龍二は彼女にこう諭します。 「奴はおふくろが思ってるような男じゃねぇ あんな奴の事を思い続けたまま残りの人生をすごすなんてバカらしいぜ(中略) 早く自分の人生を見つけ出して幸せになってくれ 奴もきっとそれをねがってる」(『CUFFS傷だらけの地図』より引用) それまでずっと彼女に新しい男ができたのだと心配し、妬いていた彼ですが、その言葉はやはり自分を忘れて前を向いて生きてほしいという優しいものでした。 自分の辛い気持ちをグッと抑えて愛する人のために動く。 男らしいですね。 転生したとはいえ、息子からの借り物の人生。 自らの欲望ではなく、初めて周囲のためを思って彼が行動した瞬間でした。 本作は第一章、第二章、最終章に分かれています。 第一章は龍二の過去にまつわる人物たちとの戦いが描かれた、日常系の物語。 そして第二章からは敵の強さがインフレ気味になり、少し日常からはかけ離れた喧嘩シーンが多くなります。 最終章は、第二章から始まったシリアスな展開に拍車がかかり、隆二は「なぜ憂作として生まれ変わったのか」ということに悩むようになります。 涼子を幸せにするため、誰かを救うため、自分自身を変えるため……。 さまざまな予想をしましたが、憂作の体の中で、彼の心の闇を見た龍二は、ある答えにたどりつくのです。 果たして、彼が憂作としての人生をを経て見つけた「生まれ変わった意味」とは何なのでしょうか?それまでの苦しみが報われる感動のシーンを、ぜひ作品でお確かめください。 『CUFFS傷だらけの地図』でひとりの男の生きざまを見届けよ!【ネタバレ注意】.

次の

CUFFS(カフス) 傷だらけの地図

カフス 傷 だらけ の 地図

CUFFSというを読んだことはありますか。 Blood Lines(ブラッドラインズ)や合法都市でも知られている先生の作品です。 話の舞台は不良の聖地と言われている東京都達川町というところです。 そこで最強のチンピラと恐れられていた久宝龍二は、いつも喧嘩ばかりしていて、素手では負け知らずでした。 しかし、拳銃には敵わず、35歳で命を落としてしまいますが、なぜか龍二の魂は16歳の少年の体に乗り移ってしまうのです。 しかもその少年は、16年前に捨てた妻、沢渡涼子の息子、沢渡憂作で、憂作が学校でのいじめを苦に自殺した際に魂が乗り移ったのです。 そして、龍二は憂作として第二の人生をスタートさせ、不良たちと戦っていくのです。 話は第一章から第三章の3部に分かれていて、第一章は主に、憂作の芝田学園での学校生活から、憂作に乗り移る前の龍二の人間関係などが中心ですが、学生らしく授業を受けたりしている場面はほとんどなく、喧嘩の場面などがほとんどです。 憂作の体に移った龍二が、憂作の前に立ちはだかる不良やチンピラ、ヤクザまでもをどんどん倒していきます。 第二章では、小松大工業高校のブラックコートマフィアや、関西ノワールを中心に展開していきます。 第一章のラストで憂作が恋人を失ったためか、第一章に比べてシリアスな場面が増えてきます。 そして、ブラックコートマフィアとの争いの中で、何かと気が会うヒデや、何があっても憂作についていこうとするミン、口では文句を言いながらも何かと手助けをしてくれるモンジョたちと出会い、徐々に仲間を大事にするようになり、仲間意識が芽生えます。 第三章では、男死利祭について描かれたり、龍二がどうして憂作の体に移ってしまったのか疑問を持ち始め、自問自答の末、カナダに旅立ちます。 この作品の魅力は、何といっても迫力があってスピード感のある喧嘩シーンです。 細かい戦闘シーンにハラハラドキドキします。 また、主人公や脇役をはじめ、敵キャラクターも個性があり、会話の随所に洒落やジョークが織り込まれているのも、ふっと笑ってしまうところだったりします。 また、かつて自分が捨てた涼子を16年経って息子の体から見て改心したり、自分のせいでヤクザに狙われた養父のために争ったり、不良の言いなりになってしまっていた小学生を鍛えなおしたりと、龍二の優しい部分が垣間見られるのも魅力のひとつです。 そんな魅力たっぷりのCUFFSを読むなら、です。 興味を持った方はぜひ一度読んでみてください。 が好きな方なら絶対にハマるはず! 【代表作】 東條仁:「合法都市」「Blood Lines(ブラッドラインズ)」「闘う執事」 同じ著者の漫画.

次の