上弦 の 鬼 あかざ。 【鬼滅の刃】猗窩座(あかざ)の過去が泣ける【最新情報】

【鬼滅の刃考察】上弦の鬼 全キャラクター一覧まとめ!下弦の鬼のメンバーは?モデルや元ネタは?【十二鬼月】【画像あり】【じょうげん・かげん】

上弦 の 鬼 あかざ

猗窩座とは? 人間の時の名前は?【鬼滅の刃】 猗窩座は 十二鬼月の上弦の参で全身に入れ墨のような模様の入った若い男の姿をした鬼です。 18歳の時に鬼になっており、人間の時の名前は 狛治(はくじ) 強くなることに固執していて、最高の武である至高の領域を目指し数百年間鍛錬と戦闘を繰り返している。 戦闘スタイルは肉弾戦のみで飛び道具や武器などは一切使わない、血鬼術も特殊なものは相手の闘気を感知するぐらいで基本的に殴るか蹴るかのどちらか。 鬼舞辻無惨から勧誘を受けた際に「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」という発言があるため猗窩座は十二鬼月の初期メンバーだと考えられる。 道場に来てから三年後 看病を受けている内に恋雪は猗窩座に対して恋心を抱き告白します。 そして恋雪の父の慶蔵もそのことを知り、猗窩座にこの道場を継いでほしいとお願いしました。 猗窩座はこれが父の言った「真っ当に生きる」ということなのかなと感じ二人を命に代えても守りたいと思い話を受け入れます。 しかし猗窩座が父への報告を兼ねて墓参りに行っている間に、二人は何者かによって毒殺されてしまいます。 猗窩座は怒り、この道場のことを良く思っていなかった近隣の道場の誰かの仕業だろうと考えて近隣の道場の67人を素手で殺害してしまいます。 この事件の直後に鬼舞辻無惨と出会った猗窩座は「もう、すべてがどうでも良い」といって鬼になることを受け入れてしまいました。 猗窩座の最後は? 【鬼滅の刃】 猗窩座とは無限城という空間で富岡義勇と炭治郎の二人で戦います。 二人がかりでも実力が拮抗していてお互いに傷をつけ合うのですが鬼である猗窩座は直ぐに回復してしまい、どんどんと差が付けれジリ貧になります。 追い詰められた炭治郎は過去の猗窩座の発言や父のことを思い出し「透き通る世界」という境地に入ります。 これはずっと猗窩座が目指してたどり着くことのできなかった至高の領域でまさに無我の境地でした。 この状態の炭次郎からは殺気も闘気も感じず血鬼術による攻撃の予測ができませんでした。 そのため猗窩座は炭治郎の攻撃をよけることが出来ず首を切られます。 しかしここで負けるわけにはいかないという思い、自分はもっと強くならなければならないという思いによって猗窩座自身もさらなる高みへ、首を切られても死なない鬼舞辻無惨と同様の境地にたどり着きます。 それと同時に自分がなぜ強くならなければならないのか、父や慶蔵、恋雪のことを思い出してしまい、最後は自分自身を攻撃してボロボロになり再生することをやめて自ら死んでいきました。 まとめ.

次の

猗窩座(アカザ)の技一覧【鬼滅の刃】!上弦の参の血鬼術

上弦 の 鬼 あかざ

鬼滅の刃:上弦の参の猗窩座(あかざ)とは? 上弦の参の名前は猗窩座(あかざ)です。 猗窩座(あかざ)は無惨から直々に特別な任務を与えられており、行動範囲が非常に広いのが特徴的。 通常の人喰い鬼は狩場(テリトリー)にこもることが多いですが、猗窩座(あかざ)はアクティブ。 上弦の参 猗窩座だ。 報告を任命しているということは、猗窩座(あかざ)は無惨が信頼する鬼の一人ということがわかりますね。 猗窩座(あかざ)の外見はピンクの短髪で、細身の筋肉質な体。 それほど身長が高い見た目ではなく、少年から青年といった見た目。 顔を含めた全身に藍色の線状の文様が浮かんでいることが特徴で、足と手の指先は同じ色で染まっています。 俺は上弦の参、猗窩座だ。 初の札の為、迎えは多めにさせてもらう。 人間も鬼もそれ以外でも好きに反応するといい。 しかしそんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)は言動が理路整然としています。 このため猗窩座(あかざ)は、戦闘では正面からの勝負を挑み、強者との戦いの中でも冷静さを失わず、敬意すら払うことも。 強者と認めれば戦闘相手にも笑顔を向け、その技を称賛したり相手を鬼へと勧誘したりなどをします。 しかし一方で猗窩座(あかざ)は、すぐに死んでしまう人間という種族を見下し、怪我や病気がすぐに完治する鬼という種族を賛美する価値観の持ち主。 鬼になったのは18歳の頃で、人間の時の名前は狛治(はくじ)。 鬼舞辻無惨から勧誘を受けた際に 「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」という発言があるため、猗窩座は十二鬼月の初期メンバーだと考えられます。 上弦の参の猗窩座(あかざ)の能力は? それでは、上弦の参である猗窩座(あかざ)の能力を見ていきましょう! 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・破壊殺(はかいさつ) 身体能力を強化し、その状態から徒手空拳による技を放つ。 身体能力を高め、その状態から徒手空拳の技を放ち、術式展開することで効力を発揮します。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・羅針(らしん) 『術式展開(じゅつしきてんかい)』と称し武道に従う構えをとり、足元に自らを中心とした雪の結晶を模した陣を出現させます。 闘気を感知して動きを読み取る術であり、これにより死角からの奇襲も易々と対処出来る、チート級の技。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・空式(くうしき) 中距離面制圧に用いられる、拳圧の乱打。 拳撃による絶大なインパクトを虚空へと打ち込むことで衝撃波を発生させ、距離の離れた対象を打ち砕きます。 インパクトから衝撃の到達までのタイムラグもほぼゼロであり、並みの鬼殺隊士では近づく事すら許されない。 拳撃を虚空に打ち込み、衝撃波を発生嗄声何尺も離れたところにいる相手に届かせます。 並みの剣士では、近づくことすらできません。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・乱式(らんしき) 拳打による連携・乱打。 いわゆる近距離乱舞技。 拳打による連携、高速乱撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・冠先割(かむろさきわり) 背後の相手を下から蹴り上げる。 ほんの僅かに掠っただけでも出血を免れぬ威力。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・流閃群光(りゅうせんぐんこう) 中段から上段にかけての連続蹴り。 受けた相手をはるか彼方にまで吹き飛ばす。 片足で立ったまま連続して蹴りを繰り出す高速の連続攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん) 近距離から上に向かって蹴りあげる。 冠先割と同様、防御しても吐血は免れない。 流閃群光が片足で立ったままでの連続攻撃に対して、飛遊千輪は左右交互にけりを繰り出しながら相手を追い詰めていく攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・万葉閃柳(まんようせんやなぎ) 頭上に拳を振り下ろす その破壊力は絶大で地面を砕き割るほど。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・鬼芯八重芯(きしんやえしん) 左右四発合計八発の乱打を放つ。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・滅式(めつしき) 絶技。 煉獄杏寿郎が全身全霊を込めて放った奥義に、正面から一方的にぶつかり、かつ凄まじい威力と疾さを誇る。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・終式・青銀乱残光(あおぎんらんざんこう) 滅式に並ぶ大技。 全方向に同時に百発の乱れ打ちを放つ。 受けを得意とする水の呼吸を極めた冨岡義勇をして不可避と言わしめる威力と速度を誇る。 上弦の参である猗窩座(あかざ)はどれぐらい強い? 無惨直下の鬼として存在するのが、。 その中で上弦の鬼の6人は、あり得ないぐらいの戦闘能力を持っています。 そんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)はかなりの強さ。 そんな強さを見ていきましょう。 猗窩座(あかざ)は炎柱・煉獄杏寿郎を倒すほどの強さ 炭治郎と炎柱である煉獄杏寿郎が、十二鬼月の「下弦の壱」を預かる鬼・魘夢(えんむ)を倒した直後、鬼舞辻の指令によって猗窩座が現れました。 猗窩座は煉獄の強さを賞賛し同種の鬼にならないかと勧誘しますが、煉獄は拒否。 そのまま戦闘に突入します。 猗窩座は、他の鬼とは一線を画す力量と再生能力によって次第に煉獄を追い詰めて致命傷を与えますが、動きを封じられて顎に刃を叩き込まれてしまいます。 鬼の弱点である太陽の光が差し始めて焦った猗窩座は、自らの両腕を引きちぎってその場を離脱。 その行動を目にした炭治郎から「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!」と罵倒されて心の中で激昂しながらも、己の命を守るために戦場を後にしたのでした。 この時のダメージで、炎柱である煉獄杏寿郎は亡くなってしまいました。 この時に残したは、鬼滅の刃ファンにとってかなり心に残るものです。 煉獄杏寿郎と炭治郎が、下弦の壱である魘夢と上弦の参である猗窩座との対決が、いわゆる 鬼滅の刃のファンにとって、ものすごく印象的なストーリーなのです。

次の

鬼滅の刃の上弦の参猗窩座(あかざ)みたいな理由で弱者を嫌う人は結構いる。

上弦 の 鬼 あかざ

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】上弦の肆 半天狗 はんてんぐ) 半天狗は、名前に天狗と言う文字が入っていますが、鼻は高くありません。 怖い顔をしているのに、発言は「不吉」などネガティブなものが多いです。 半天狗の能力は 分裂して新たな鬼を作り、若返ることです。 喜怒哀楽の4体に分裂し、さらに4体が合体して僧珀天という鬼になります。 積鬼は、怒りっぽく、錫杖を持っていて雷を呼びます。 可楽は、楽天家のようで、ヤツデの葉のような大きな扇を武器にして、無一郎を軽く吹き飛ばしてしまいます。 空喜は、喜びの感情を持ち、翼を持っていて空を飛ぶことができます。 口から音波のようなものを出し攻撃します。 哀絶は、哀の感情を持ち、槍を使って戦います。 最終形態の僧珀天は、全部の能力を使うことができる最強の形態です。 そして 半天狗の本体は、心臓に入ってしまうくらい小さいサイズです。 自分の分身の4体が鬼殺隊と戦っているとき、本体はその陰に隠れながら戦います。 しかし首が固すぎて刀が折れるくらいなので防御力は強いです。 スポンサーリンク まとめ 140年もの長い間、鬼殺隊に倒されることもなくあらゆる悪の限りをつくした十二鬼月上弦。 無惨でさえ、 代替の利き辛い希少な手駒と評価しています。 メンバーも変わっておらず、鬼殺隊の最高位の剣士・柱を何人も倒して来たという事を物語っています。 しかし何らかの悲しい過去を持っていて、人間時代の悩みや苦しみから地獄に足を踏み入れた者たちです。 血を与えることで鬼に変えることができるため、そういう者たちをスカウトしているのでしょうか。 現在炭治郎や柱が上弦の鬼と戦っていますが、 その速さや威力は以前戦った下弦の鬼とは比べ物にならないほどです。 上弦の鬼たちの身体能力と超再生力はさらに極まり、加えて応用範囲の広い血気術をすべての攻撃等に上乗せするものも多くなってきています。 その戦力は人間の手に届く範囲を大きく超えてしまっています。 鬼滅の刃は、主人公の炭治郎が自分以外の誰かのために努力をしてだんだん強くなっていくという、思わず主人公を応援したくなる話です。 強くなる目的が、鬼になってしまった妹を人間に戻すことです。 もう応援しないわけにはいきません。 それに対しての敵、十二鬼月のキャラクターが個性的で、強く魅力的です。 身体能力で完全に鬼に劣っている人間が、鬼殺隊としてこれから戦っていくのでしょうか。 鬼達ももとは人間で、過去の記憶がなかったりするだけなのです。 その過去がこれからも大きなカギとなるのでしょうか?.

次の