任天堂 スイッチ 二 段階 認証。 任天堂スイッチの二段階認証

【ニンテンドーアカウント】「二段階認証」を設定したい。

任天堂 スイッチ 二 段階 認証

この記事の目次• 二段階認証でログインできない わたしが今回遭遇したトラブルの環境や状況は以下です。 ふだんは、任天堂スイッチでフォートナイトやレースゲームなどをプレイしています。 パソコンからブラウザでニンテンドーアカウントへログインしていた• 以前はAndroid Nexus 5xで、Google Authenticatorを使い二段階認証していた• 先日、Pixel3に機種変更した• 今日、任天堂アカウントにログインしようとしたら認証コードが間違ってますと表示され、ログインできない• メールアドレスやパスワード、Googleアカウントなど一切変更はありません• スイッチの任天堂eショップではふつうに購入できます これまで問題なく二段階認証できていたのですが、とつぜんログインできなくなりました。 Google Authenticatorで表示される認証コードを入力しても、間違っていますと表示されます。 そこで、公式サポートに電話で問い合わせて、解決方法を教えてもらいました。 コードが間違っていますを解決する方法 任天堂の問い合わせ電話番号 ナビダイヤルですと、 IP電話、携帯電話各社の無料通話や通話定額プランをご利用の場合は、 なお、電話受付時間は祝日・会社設定休日を除く平日の10~18時です。 キャッシュをクリアする ブラウザのキャッシュをクリアしてほしいと言われました。 これは、別のブラウザでログインを試みる、でも同様の効果が得られるとのこと。 Googleクロームというブラウザですと、 設定>詳細>閲覧履歴情報の削除>キャッシュのクリア あたりで削除できます。 わたしの場合は、それで解決はしませんでした。 バックアップコードを入力する ニンテンドーアカウントで二段階認証を設定したとき、バックアップコードというものが発行されるそうです。 それを入力し、二段階認証をいったん解除するという方法。 わたしの場合は、バックアップコードは控えていませんでした。 公式に問い合わせて救済してもらう 任天堂の公式ヘルプから、二段階認証を解除してもらえるフォームがあります。 >> こちらに詳細を入力し送信します。 あとは任天堂が解除してくれるのを待つこととなります。 メールで連絡がくるそうです。 わたしの場合は、結局これで送信しました。 釈然としない「認証コードが間違っています」 けっきょく、わたしの場合は、認証コードが間違っています自体の解決にはなりませんでした。 思い当たるのは、機種変をしたくらいなのですが、アカウント情報が変わったわけでもなく、これまでも問題なく使えていただけに釈然としません。 任天堂の公式サポートさんも、トラブル報告があまりないのだか、対応はスムーズではなくちくいち何かを調べたり、聞きにいったりしている様子でした。 ニンテンドーアカウントは、子供アカウントが成人アカウントにひきつげない、など結構いろいろなトラップがありますよね・・・。 即日、解除のメールがきた とりあえず、任天堂からその日のうちに解除メールがきました。 すぐにパソコンからログインすると、何事もなかったかのように、あっさりログインできました。 たしかに二段階認証はない状態でした。 ログイン後、二段階認証の項目が、未設定になっていることを確認しました。 画面にしたがって二段階認証をすすめると、QRコードをGoogle Authenticatorでスキャンする画面が出てきました。 あ゙あ゙~! ここだよ! これですね。 Google Authenticator は機種変で再度インストールしたときに、以前の登録アカウントを引き継がないのですね・・・。 だから、任天堂側はなんかモゴモゴしたはぎれのわるい返答だったのか・・・。 そりゃわからないわな・・・。 というわけで、結論。 ニンテンドーアカウントで二段階認証を設定すると、機種変したときログインできなくなる。 防ぐには2段階認証設定時のバックアップコードを使うしかない、ですね。 バックアップコードがなければ、もう任天堂に解除してもらうしかない、ということですね。 正解は、 機種変まえに二段階認証を解除、だそうです。 役立つ情報をありがとうございます! >> こんな重要な情報、どこに保存しておけというのか・・・。 いやはや、すごいトラップでした。 お疲れ様でした。 まとめ 二段階認証のバックアップコードをメモしていないと、復活は無理 ということですね。 ニンテンドーアカウント、いまだに慣れません。。。

次の

ニンテンドーアカウントでGoogle Authenticatorのコードが通らない問題を公式サポートに聞いて解決した

任天堂 スイッチ 二 段階 認証

途中で登録することはできない フォートナイトは、いったんスキップをしてしまうと、二度と登録画面がでることがありません。 スイッチでプレイしていたらスイッチで新規登録をすることはできません。 いったんスイッチでフォートナイトを登録をスキップしてプレイしてしまうと、未登録としてスイッチのアカウントとひも付けします。 PS4でも同じことです。 いまプレイしているキャラを登録する方法 パソコンで操作するのが簡単です。 パソコンでにアクセスします。 右上の人のマークをクリックします。 フォートナイトをプレイしていますか?に「はい」をクリックしてください。 そしていまどの媒体でプレイしているかクリックしてください。 スイッチならスイッチ、PS4ならplaystationをクリック。 スイッチでの登録方法を紹介します。 スイッチをクリックすると、「準備ができました」と表示されるので、名前とメールアドレスをいれます。 フォートナイトのサイトで、スイッチをつかってすでにプレイしているということでアカウントを新規登録します。 接続済みアカウントをクリックします。 任天堂スイッチのところの接続するをクリックすると、任天堂スイッチのアカウントとパスワードを入力する画面になるので入力します。 すると連携されます。 フォートナイトのアカウント名がキャラ名に変っていると思います。 これで、接続済みアカウントのところで、他の媒体に登録すると、他の媒体でも同じキャラを操作することができるようになります。 スマホからではできない どうもスマホからではこの一連の操作はできないようです。 アカウントの接続済みアカウントを見ることができません。 この項目がスマホで見れたら連携することができます。 フォートナイトってどうなの? 子供が大好きなフォートナイトです。 無料でできるので手軽にプレイすることができます。 ゲーム内で相手と話ができます。 ここが親としては危ないと思っています。 子供のころからネット上で出会いを経験してしまうと、人に対して警戒心をもたなくなってしまいます。 筆者の家では、一方通行なのでフォートナイト上で話すことはないのですが、スイッチではマイクを接続している人からの会話が聞こえてきます。 子供はline通話で学校の友達と話しながらフォートナイトをしています。 ゲームはゲーム、現実は現実と区別がつかないようでは、現実で人を殴ってしまったりするのかなと思うところです。 やられてしまって文句をいったり、物にあたったりがあります。 「仕方がない」とゲームなのだからあきらめられないのかと思うところです。 まとめ フォートナイトはやりだしたら面白いゲームです。 課金したあとで、登録していなかったことに気がついて顔面蒼白になってしまいますが、後から登録して媒体と連携することは可能なようです。 しかし、ちゃんと連携できるかどうかはやってみないことにはわかりません。 筆者のところはスイッチでプレイしていたので、なんとか後から登録してスイッチと連携することに成功しました。 ゲームをプレイするときは、一度登録をいてみたらいいかもしれませんね。

次の

【フォートナイト】だれでもブギウギ簡単入手!2段階認証のやり方を解説!【スイッチ、PS4】

任天堂 スイッチ 二 段階 認証

この記事の目次• ニンテンドー子どもアカウント我が家の運用 ニンテンドーアカウントは、スプラトゥーン2などネット機能を使うゲームの場合、必要になります。 今回もスプラトゥーン2を買ったときに最初の子供アカウント作成の必要性にせまられ、作り方を調べ作成しました。 そして、年末になりスイッチが買いやすくなったこともあって、2台目を買い、兄弟それぞれで複数のニンテンドーアカウントを運用することになりました。 「そういえば3DSで、それぞれネットのアカウントあったよな・・・」といろいろと探しました。 でも、これは 使えない(正確には連携させるもの)のです・・・詳しくは後述。 今回いちおう、任天堂テクニカルサポートセンター(電話番号:03-4330-7570)にかけて聞いて確認もしましたが、いやはや複雑でした。 >> ちなみに、ニンテンドーアカウント作成などで困っている人は多いようで、電話がなかなかつながりません。 以下の混雑状況をみて繋がりやすいタイミングでかけると良いでしょう。 11~12時台がまだつながりやすいみたいです。 わたしは15時台にかけたのですが20分以上も待ちました。 ニンテンドーアカウントで子供アカウントを作ること全般については、公式サイトをまずはご覧ください。 概要を知ることができます。 >> 結果、いまは、上の子供も下の子供も、無事にニンテンドーアカウント子供アカウントを作ることができました。 スプラトゥーン2を兄弟でプレイし、楽しく対戦や隠れんぼして遊んでいます。 では、複数のニンテンドーアカウント子供アカウントを作る方法で、事前に知っておいたほうが良いことを、まとめます。 ニンテンドーアカウントの基礎知識 ニンテンドーアカウントを作る前に、基本的な項目について確認をしておきます。 ちなみに、わたしは知りませんでしたが、基本は以下みたいです。 ニンテンドーアカウント:スイッチ、スマホ、PC向け• ニンテンドーネットワークID:Wii U、3DS向け とにかくスイッチでオンラインのゲームをするには、ニンテンドーアカウントがないと出来ない、ということですね。 そして、子ども用には、ニンテンドー子どもアカウントが必要で、それを作るには、親のニンテンドーアカウントが必要、ということになります。 ニンテンドーアカウントには、上図のように多くの情報がひも付きます。 なお、 ニンテンドーオンラインに加入しなくとも、ニンテンドーアカウントによる、ニンテンドーeショップでのダウンロード購入などは可能です。 ゲーム内でのオンライン機能の利用とのときに、ニンテンドーオンラインが紐付いていないとダメということですね。 スイッチ本体の「ユーザー」 ゲームのデータを保存しておくためのデータ領域です。 新しいスイッチを買ったら、データの引っ越しなどの対象になります。 ネットにつながないゲームだけをやるのであれば、これを作るだけで大丈夫です。 ニンテンドーアカウント スプラトゥーン2などネット接続をするゲームで必要なアカウント。 このニンテンドーアカウントに以下がひも付きます。 Switchでのみ使えます。 セーブデータのユーザー名• フレンド• ダウンロードゲーム• マイニンテンドー• ニンテンドーオンライン• スイッチ本体1台に紐付け、ダウンロードしたゲームソフト つまり複数の子どもアカウント(例:A男くんB子ちゃん)を作り、A男くんがダウンロード購入したゲームソフトを、1台のスイッチで2人で遊んだとしても、B子ちゃんが新しくスイッチを買ったとしてもB子ちゃんのスイッチにはそのゲームはコピーできません(本体+ニンテンドーアカウントに紐づくため)。 B子ちゃんはセーブデータ(ユーザー)を自分のスイッチに引っ越し、新たにB子ちゃんがそのゲームを買えば、続きからプレイできる、ということになります。 ニンテンドーネットワークID 3DS、WiiU で使えるネットワークアカウント。 ニンテンドーアカウントとはまったく別のものです。 ただ、3DSでeショップのコイン残高があるときなどは、ニンテンドーアカウントに連携させる前までは、このニンテンドーネットワークIDに紐付いて管理されています。 NAとNNID ニンテンドーアカウント=NA、ニンテンドーネットワークID=NNID、という略称です。 サポートの人もふつうに使っていました。 マイニンテンドー Wii Uや3DSのダウンロード購入が「ニンテンドーeショップ」なのに対して、Switchはマイニンテンドーから購入となります。 ニンテンドーアカウントを作りますと、自動的にマイニンテンドーを利用できるようになります。 ニンテンドーオンライン ゲームのオンラインプレイや専用スマホアプリなどでの、ネット接続機能を提供する 有料(予定)のサービスです。 2018年1月9日現在は無料ですが、我が家の場合、スプラトゥーン2を今後も継続してネット対戦する場合には、月額利用料金を支払って遊ぶことになります。 >> ニンテンドーアカウント関連アプリ ニンテンドー子どもアカウントの、お子様側は基本的に使うことは少ないです。 親が主に使う管理用のスマホアプリが多いです。 マイニンテンドーへPCからログインなど、二段階認証で必要になるスマホアプリ。 >> >> Nintendo Switch Onlineで使えるアプリ。 スプラトゥーン2などの対戦履歴など分かるようですが、 ニンテンドー子どもアカウントでは利用できません。 >> >> 子どものゲームのプレイ時間などを監視できます。 ただ必須ではありません。 >> >> ・ ・ ・ ・ ・ ここで分かることは、ニンテンドーアカウントがかなり重要なアカウントである、ということです。 とくにフレンドなどは引っ越しが出来ないため、今後もずっと使っていく自分のためのアカウントであることがわかります。 制限や複数の子どもアカウント運用など実践 ニンテンドーアカウントやニンテンドー子どもアカウントを作成したり複数で運用したりなど、知っておいたほうが良い予備知識をまとめます。 私は知らなかったので、ほんと苦労しました。 公式サポートに載っていることも多いので、詳しくはそちらでもお調べ下さい。 >> それでは以下、ケース別に親が行う作業を列挙していきますね。 ニンテンドー子どもアカウントの作り方 スイッチ本体でセーブデータ用のユーザーを作成しますと、その終了画面で「ニンテンドーアカウントを作りませんか?」と表示されます。 ここでアカウントを作成しても良いですし、先に親のニンテンドーアカウントから見守りアカウントを作っておきこの画面ではログインとしてもいいかもしれません。 スイッチでゲームのセーブデータ保存用のユーザーを作成• ニンテンドーアカウントを作成後ログイン(13歳以上) もしくは以下です。 親がニンテンドーアカウントで見守りアカウントを先に作成• スイッチのユーザーデータを作り、見守りアカウントでログイン(13歳未満) 新規アカウント作成時に生年月日を入れますので、13歳未満は親のニンテンドーアカウントからの見守りアカウント作成からしか、新規にニンテンドー子どもアカウントを作れません。 スマホで認証アプリをダウンロードする ですので、親は先に、ニンテンドーアカウント(NA)を作っておくと楽です。 エヌエーと、サポートセンターの人は言ってました。 >> 二段階認証を設定するには、前述のGoogle製認証スマホアプリが必要になります。 複数の子どもアカウントを作成する 子どもが複数いる場合で、ともに13歳未満であれば、親のニンテンドーアカウントから「見守るアカウントの管理」から作れます。 >> また、13歳以上であれば、通常の新規作成からニンテンドーアカウントを作成できます。 なお、 見守りアカウントとして作った子どもアカウントは、13歳以上になってもそのまま使えます。 複数の子どもアカウントは、5つまで作れます。 6人目以降は別な親アカウントを作り、見守りアカウントから作成することになります。 子どもアカウントからの変更と制限 子どもアカウントから通常アカウント、通常アカウントから子どもアカウントへ、という変更はできません。 つまり、ニンテンドーアカウントに紐づくフレンドやダウンロードゲームの使用権などの資産、アカウントを越えて引っ越し(引き継ぎ)ができません。 フレンドを引っ越したいときは、新しく作った通常のニンテンドーアカウントで、再度フレンド登録し直します。 ダウンロード購入したゲームは再度購入し直します。 いずれ大人になる子どもにも、通常アカウントを作ってあげたい。 そう思う親も多いと思いますが、残念ながら前述のように、生年月日は変更できませんので、子どもの生年月日のまま通常アカウントを作ろうとしますと、先に進めなくなります。 見守りはとても重要で、すでにスイッチでも無料ダウンロードで、ゲーム内課金のある、ニンテンドーアカウント必須のゲームが登場しています。 スマホゲームからの移植も今後増える可能性もありますので、度をこした課金には親は注意したいものです。 >> >> 見守り管理下にあれば、前述の見守りアプリで、子どものプレイ時間などを確認でき、おすすめです。 エラー画面やメッセージを理解する このニンテンドーネットワークidは使えません。 生年月日がニンテンドーアカウントと違います このエラーが出たら、ブラウザのcookieを変えてログインしなおす必要があります。 どこかに生年月日の情報を記録しているのか、これをしないとダメでした。 というか、そもそも連携したいニンテンドーネットワークID(NNID)を認識させていないのに、なぜかいきなりエラーが出る時点でおかしい挙動ですが、よくわかりません。 子ども自身は自分のIDでログインし変更 見守り設定の管理下に置かれた子ども自身も、自分の設定は自分でニンテンドーアカウントへログインし、アイコンやユーザー名などを変更します。 生年月日だけは変更できません。 ニンテンドーネットワークIDを連携していれば、そちらからでもログインして変更できます。 また、ニンテンドーネットワークIDで、3DSやWiiUでの残高がある人は、ニンテンドーアカウントに連携させることで、残高をまとめることができます。 子どもアカウントを削除すると失うもの 前述しましたように、子どもアカウントを大人アカウントへ変更はできないため、子どもアカウントを削除して大人アカウントを新規に作ることもあるかと思います。 その時、アカウント削除で消去されるものを理解しておきましょう。 詳しくは公式サイトを御覧ください。 ゲームソフトやアイテム• 連携しているアプリやアプリのセーブデータ• 管理している見守りアカウント、それにまつわる全てのデータ どうしても通常アカウントを作りたいときは、未検証ですけども、見守りアカウントを残しつつ、通常アカウントを作ることになるのかもしれません(そうなるとセーブデータは引き継げないので、最初から始めることになります)。 親としても、子供としても、悩ましいです。 ニンテンドー子どもアカウントまとめ• 13歳未満は、通常アカウントから子どもアカウントを作る• ニンテンドーアカウント間でフレンドやダウンロードソフトなどのアカウントに紐づくデータ引っ越しはできない• スプラトゥーン2などオンラインでプレイするにはニンテンドーアカウントが必須(2018年中に有料化)• 複数での子どもアカウントを運用するにも、有料化の際にはアカウントごとに月額利用料がかかります。 ニンテンドーネットワークの月額利用料金はすでに発表されていて、1ヶ月300円・3ヶ月800円・1年2400円となっています。 プリペイドカードでも払えるのかなど、決済などの詳細は2018年1月9日時点では不明です。 今後、その導入時期や決済など気になるところですね。 親御さんは、複数のアカウントをどう見守るか、内容の変更はどうするのか、eショップの残高はどうまとめるのかなど、気になる点も多いとは思います。 前述のサポートやヘルプを御覧いただき、ぜひ楽しいゲームライフを与えて成長の妨げにならないようにしたいですね。 お疲れ様です。 >>人気の「子供 ゲーム」最新関連本一覧はこちら。 >>ゲーム機本体 — Nintendo Switch 最新価格一覧はこちら。 関連情報リンク 任天堂公式サポート関連 こちらが公式サポートです(上記は公式動画)。 ただ、必要な情報はほとんどヘルプを読むことになります。 >> マイニンテンドーは、ニンテンドーアカウントにひも付きます。 >> ニンテンドーアカウント公式情報 スイッチ本体保存データは、他のスイッチに引っ越しできます。 フレンドはそのままでは引っ越しできません。 引っ越した保存データに連携をします。 >> 3DSの頃の、ニンテンドーネットワークIDのダウンロード情報やポイントなどは、ニンテンドーアカウントに連携すれば引き継げます。 >> フレンドは、ニンテンドーアカウントにひも付きます。 逆に言えば、スプラトゥーン2などでフレンドを作りたい場合は、プレイヤー自身のニンテンドーアカウントが必須です。 >> 1つの本体ユーザーには、1つのニンテンドーアカウントしか連携できません。 >> 子供のアカウントを作るためには、まず親がニンテンドーアカウントを作らなければなりません。 >> 子供アカウントは0~17歳までです。 17歳を過ぎても「18歳以上になられましても、子どもアカウントのままで継続してご使用いただけます」とのこと。 使えることは使えるそうです。 >> フレンドを別のニンテンドーアカウントに引き継ぐ方法はありません。 残念ながら諦めるしかありません。 >> 問い合わせフォーム。 >> ニンテンドーアカウントサポートページ。 何をすればいいのかは書かれていません。 解説です。 >> Wii U と3DSは、ニンテンドーネットワークID(サポートの人はNNIDと言っていました)といいます。 これは全く別のアカウントになります。 >> 子供アカウントから別の一般アカウントに、フレンドもダウンロード購入したソフトも、ポイントも引き継げません。 >> ニンテンドーアカウント引っ越しや課金 1台だったスイッチが、増えたときどうするのか。 とにかくニンテンドーアカウントだけは別にしてないとダメ。 >> フレンド機能だけは別のアカウントに引き継げないので、この罠はハマったら、もうフレンドを再登録してもらうしかありません。 >> 3DSのフレンドは引き継げません。 通常としては出ない、候補としては出てきます。 >> ニンテンドーアカウントは、1台のスイッチ本体ユーザーに1つしか連携できません。 >> ニンテンドーアカウントさえ自分のものであれば、セーブデータというスイッチ本体ユーザー情報は、引っ越しが可能です。 >> ニンテンドーアカウントは、今後増えるであろうスマホゲームとも紐づくので、親がしっかり作ってあげないとです。 >> スイッチ発売当初から、アカウント構成のわかりづらさは指摘されていました。 当時はヒトゴトでしたがこんなにも複雑だったとは。 >> アカウント停止をされますと、解除されない場合もありそうです。 日々の情報収集には気をつけましょう。 >> 「味方への妨害という項目で何もしていないプレイヤーのアカウントがBANされるという報告が相次い」ぐといきなりアカウント停止になるそう。 初心者はますます敷居が高くなった。 >> ニンテンドーアカウント有料化はまだアナウンスされていませんが、アカウントの作り方次第では困ることもあるかもしれません。 >> 2018年夏ごろの詳細発表というリークも。 >> まとめ スイッチが発売された当時、わかりづらいという話題が上がったものの、兄弟で複数のニンテンドー子供アカウントを運用する、おすすめの方法は見いだせていません。 フレンドがアカウントからアカウントに引き継げないので、極力、我が家ではとりあえずパッケージソフトを買うようにしています(1つしか挿せないので面倒なのですが)。 あと、アカウントを作る入り口がスイッチ、スマホ、PCと複数あって一見便利そうですが、ちょっと混乱しますね。 この記事が少しでもお役立ちすれば幸いです。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の