オーリンズ 車 高調。 IMPUL SUPER SHOCK & COIL SPRING

【楽天市場】パーツメーカー別 > ア行(I〜) > OHLINS/オーリンズ:車高調 カー用品専門店 車楽院

オーリンズ 車 高調

QUANTUM サスペンション・ダンパーキット ¥459,900(ピロアッパー別 フロントとリヤのダンパーが別設計となっており、前後のストローク量も十分計算されていることから、フルバンプすることもなく、サーキット走行に十分耐えられる。 車高調整サスペンションセット 【仕様】• 減衰力: フロント8段調整 リヤ 8段調整• 9(6. 0)リヤ 39. 2(4. 標準車高 mm:フロント -30 リヤ -30• 有効車高調整範囲 mm :フロント-25 ~ -40(ねじ式)リヤ -25 ~ -35(ねじ式)• 定価:157,500円 下記スズキ・スポーツの「スポーツコンフォート車高調整サスペンションセットType2」と同じ仕様であると思われる。 スポーツコンフォート車高調整サスペンションセットType2• 定価:157,500円 フロントとリヤのダンパーが別設計となっており、前後のストローク量も十分計算されていることから、フルバンプすることもなく、サーキット走行に十分耐えられる。 F車高調整システム フロントとリヤのダンパーが同じサイズで、ストローク量が同じであることから、街乗りとしては十分であるが、サーキット走行ではフルバンプする可能性がある。 CAT WALK TypeR 基本バネレート:フロント 5キロ、リア 3キロ ¥315,000(税込) DAMPER ZZ-R• 単筒式 モノチューブ 構造• 強化ゴムアッパーマウント• バネレート F:6k R:4k• 減衰力 F:32段 R:32段調整式• 車高調範囲 F:-40mm~-15mm R:-40mm~-10mm• 7k リア2.

次の

車高調のプリロード調整でありがちな失敗

オーリンズ 車 高調

QUANTUM サスペンション・ダンパーキット ¥459,900(ピロアッパー別 フロントとリヤのダンパーが別設計となっており、前後のストローク量も十分計算されていることから、フルバンプすることもなく、サーキット走行に十分耐えられる。 車高調整サスペンションセット 【仕様】• 減衰力: フロント8段調整 リヤ 8段調整• 9(6. 0)リヤ 39. 2(4. 標準車高 mm:フロント -30 リヤ -30• 有効車高調整範囲 mm :フロント-25 ~ -40(ねじ式)リヤ -25 ~ -35(ねじ式)• 定価:157,500円 下記スズキ・スポーツの「スポーツコンフォート車高調整サスペンションセットType2」と同じ仕様であると思われる。 スポーツコンフォート車高調整サスペンションセットType2• 定価:157,500円 フロントとリヤのダンパーが別設計となっており、前後のストローク量も十分計算されていることから、フルバンプすることもなく、サーキット走行に十分耐えられる。 F車高調整システム フロントとリヤのダンパーが同じサイズで、ストローク量が同じであることから、街乗りとしては十分であるが、サーキット走行ではフルバンプする可能性がある。 CAT WALK TypeR 基本バネレート:フロント 5キロ、リア 3キロ ¥315,000(税込) DAMPER ZZ-R• 単筒式 モノチューブ 構造• 強化ゴムアッパーマウント• バネレート F:6k R:4k• 減衰力 F:32段 R:32段調整式• 車高調範囲 F:-40mm~-15mm R:-40mm~-10mm• 7k リア2.

次の

改造

オーリンズ 車 高調

チーフの宮本です。 いよいよ9月突入。 世間のタイヤ販売店では、スタッドレスタイヤの予約戦線が始まっています。 ZOOMももちろん早期予約絶賛受付中ですのでよろしくお願いいたします。 今回の作業紹介は、タイヤとは関係ような無いような足廻り関連作業です。 先日組み立て済みのオーリンズコンプリートkitをランエボ10に装着しました。 ランエボと言えば、純正でも超高性能モデルの車種です。 純正の足廻りだって見た目を気にしなければ、性能には問題なんてありません。 リフトアップして伸びストロークを確認。 伸びストロークはたくさんある方が良いですが、ここまで使う機会は車がジャンプするくらいの状況なのでほとんどないでしょう(笑) サクサクッと足廻りを組み替えると、程よい伸びストロークに変化しました。 オーリンズならではのDFV機構でこのストロークをしっかり使う事で、驚くほどの快適性を確保しながら運動性能もきちんと向上するのには、いつものことながら驚きです。 完成後少し試乗を実施しましたが、やっぱり良いなぁと感じながらにんまりしてしまいました。 『純正でこのショックが付いていたならもっといいのになぁ』 と想像しながら、 『もしこれがついていたなら仕事が減ってしまう』 と気づき考えを改めることにしました(笑) 完成後の車両を確認すると、メーカー推奨のほどほどローダウンながら、やっぱり車高は低い方がカッコいいなぁと思わされる仕上がりとなりました。 今回のモデルは前後とも20段階の減衰力調整機能があります。 通常調整が困難なリアの減衰力調整も延長ダイヤル付ですので、トランクから簡単アクセスです。 しっかり変化する20段階で、好みへの調整もお楽しみ下さいね。 しばらく慣らし運転を実施頂いてからのアライメント調整で仕上げとなります。 またのご来店、お待ちしております。 今回もスタイルコクピットZOOMをご利用いただきましてありがとうございました。

次の