ゴルフ オーバー スイング。 【ゴルフ】「オーバースイング」の原因と直し方。5つの見分け方と矯正方法

横峯さくらプロが太鼓判。「オーバースイング」だって、いいじゃない!|ゴルフダイジェスト・オンライン

ゴルフ オーバー スイング

ゴルフのオーバースイングの簡単な改善方法とは? 基本 飛ばす為には、上半身は回せるだけ回した方が効果的です。 しかし、回しすぎると、どうしてもオーバースイングになってしまいます。 オーバースイングは軸がブレやすくなり、いろいろデメリットがあるので適正範囲内で収めたいです。 ふつう、テークバックでの上半身は、左肩がアゴの下まで回っていれば十分で、それ以上回す必要はないです。 そして、飛ばしで勘違いしてほしくないのは、上半身を回せるだけ回す事ではなく、下半身をできるだけ固定して、下半身と上半身との捻転差を大きくすることです。 この捻転差が飛ばしを生み出します。 オーバースイングってどのくらいから? オーバースイングとは、バックスイングでクラブを振り上げ過ぎることで、トップオブスイングにおけるシャフトの位置が、水平よりも左に傾いていたらオーバースイングです。 何でオーバースイングになるの? 手でクラブを振り上げる 手を主体に気持ち良くクラブを振り上げるからです。 多くのアマチュアが充実感を覚えるところまで振り上げ、それから切り返すのですが、振り上げたクラブには遠心力が働いているので、自分が「バックスイングはここまで」だと思った位置では止まってくれないのです。 バックスイングのテンポが速すぎる そして、バックスイングのテンポが速すぎるのが理由の2つめです。 クイックモーションでクラブを振り上げる人はよくいますが、それだけ大きな遠心力が発生してしまうので、ますますトップは大きくなってしまいます。 こういう人は慌てて振り下ろすので、切り返しでクラブが暴れ、そのせいでコントロールできないんですね。 フライングエルボー フライング エルボーとは、ゴルフ競技におけるバックスイング時、トップオブスイングの状態で右の脇が大きく空いた状態を指します。 一般的に悪いスイングスタイルの代表とされており、ミスショットの原因となっているときは矯正する必要があります。 しかし、トッププロの中にはフライング エルボーの状態から正確なショットを打ち出す人もいます。 フライング エルボーだと、トップに構えたクラブヘッドが正しい軌道を通らずにボールへインパクトするため、ミスショットが出やすくなってしまいます。 一部のプロ選手がひどいフライング エルボーにも関わらず、しっかりとしたショットを打てるのは、切り返しからスイングの軌道を修正することができているからです。 初心者やアマチュア選手の場合はできるだけフライング エルボーとならないよう注意しましょう。 リバースピボット リバースピボットとは、バックスイングのときに体重が左足に多く乗ってしまうことをいいます。 別名をギッタンバッコンといいます。 ゴルフスイングは本来、バックスイングをすると右足に体重が多く乗るのが理想なのですが、飛ばしたいという気持ちが強すぎて、それが逆になってしまうのです。 リバースピボットのエラーがでてしまうと、ダウンスイングで上半身から始動することになりますので、軌道がアウトサイドインの軌道になり、スライスの原因になってしまいます。 このリバースピボットを直すには、頭を少し右に動かす意識が必要になります。 オーバースイングの改善方法は? オーバースイングの直し方ですが、まず試してみて欲しいのが、ゆっくりバックスイングすることです。 おそらく、ふだんクイックモーションの人は「ゆっくり」という意識ぐらいでは改善されないでしょうから、それこそ、スローモーションのつもりでやってみてください。 手元が肩口まで上がったら、いつものようにダウンスイングしてボールを打ちましょう。 バックスイングの速度を変えるだけでも、けっこう改善されると思います。 あとは、しっかりオーバースイングの原因を分析して、「何でオーバースイングになっているのか」を把握できれば、原因の対策を行えば必ず改善されます。 参考ドリル 参考ドリル1 参考ドリル2 参考ドリル3 参考ドリル4 参考ドリル5 参考動画 参考動画1 参考動画2 参考動画3.

次の

ゴルフでオーバースイングの原因は?すぐ簡単に防止・矯正する方法

ゴルフ オーバー スイング

オーバースイングの原因と直し方。 頑固な癖もこれで解決。 人からオーバースイングになっているよなんて言われたことはありませんか?オーバースイングとはトップが大きくなりすぎてしまう事を言います。 どのくらいかといいますと、ドライバーであればトップでシャフトが水平よりも大きくなったらオーバースイングと言えます。 また水平までいっていなくても、後方から見てクラブヘッドが目標方向の右を差してしまうシャフトクロスもオーバースイングになります。 オーバースイングはそのスイングを見れば誰でも、すぐにオーバースイングと分かってしまうので、見た目があまりよくありません。 また見た目だけでなく、球筋が安定しません。 正確にボールを捉えるのが難しくなります。 どうしてもゴルフはスコアを競うゲームだと分かってはいても、ついボールを前にしてしまうと力が入ってしまい、オーバースイングになってしまいます。 Contents• オーバースイングのデメリット オーバースイングのデメリットは何と言っても、正確にボールを捉えることができなくなってしまう事です。 バックスイングが大きいと飛距離が出そうな気がしますが、ミート率がさがるので、球が飛ばなくなってしまいます。 飛距離をだすには、フォローを大きく早く振るようにするといいです。 オーバースイングだと振り遅れる オーバースイングだと振り遅れてしまいます。 振り遅れるとは体はインパクトの体勢になっているのに、クラブへッドが遅れてきてしまい、まだクラブヘッドがインパクトできない状態です。 この状態だとフェースが開きスライスしてしまいます。 オーバースイングの原因 オーバースイングの原因ですが、まずは、ボールを飛ばそうとする気持ちが大きいのが大きな原因です。 そしてスイング中に体が緩むのも原因となります。 オーバースイングになってしまう左肘と手首 体の各部分ですが、左肘が曲がってしまうとトップでシャフトが水平よりも下がってしまいます。 ですので、左肘はトップであまり曲げすぎないように心がけてください。 あとコックが深くなりすぎてしまうとオーバースイングになってしまいます。 コックの角度は90度くらいがいいのですが、この角度が90度以上になってしまうとトップでシャフトが垂れてしまいます。 コックが深くなりすぎてしまうのは、左手のグリップが緩むからです。 左の小指や薬指がクラブから離れてしまうと、シャフトと左腕の角度が深くなってしまい、オーバースイングになってしまいます。 あとコックのタイミングも重要です。 腕を高く上げてしまって最後にコックを入れるとオーバースイングになってしまいますので、コックを入れるタイミングは、手が右太ももの前にきたところ位からコックが入り始め左腕が水平になったところでは、左腕とシャフトの角度が90度になりコック完了です。 あとはこの角度を保ったままトップまで行くのですが、左腕が水平になるところでコックが90度になっていないで、もう少し腕を上に上げてからコックを入れてしまうと、トップが大きくなりすぎてしまいます。 オーバースイングになってしまう右膝と腰の動き 次は体の使い方に原因がある場合です。 リバースピボットと言ってバックスイングで体の軸が左に傾いてしまうと、腕が高く上がってしまうので、オーバースイングになります。 バックスイングではまっすぐに軸を保ったまま肩をしっかり回転させてクラブを上げていき、右足に重心を乗せてください。 スポンサーリンク リバースピボットは肩の回転が少ないのですが、肩の回転量が多すぎるのもオーバースイングになります。 肩が大きく回転してしまいますと、トップでシャフトクロスになってしまいます。 肩の回転量を抑えるのは肩だけを意識するとなかなか難しいです。 肩の回転量を抑えるには、始動で下半身の回転量を抑えてください。 始動で腰が回転してしまったり、バックスイングで右膝が伸びてしまうと、肩の回転量が大きくなりすぎてしまいますので、始動では腰から下をあまり動かさないで、肩の回転だけでスイングをスタートして肩の回転につられて腰を回転させるようにすると、肩の過回転を抑えられて、シャフトクロスしにくくなります。 また右膝は、アドレスでの曲がり具合をキープするようにしてバックスイングしてください。 右膝が伸びてしまうと、腰や肩が回りすぎてしまうというのもありますが、体の右サイドが広くなってしまい、クラブヘッドをインサイドに引きやすくなります。 そうするとシャフトクロスしやすくなります。 ですので、右膝はアドレスでの角度をキープしてバックスイングしてください。 オーバースイングになってしまう軌道 バックスイングをインサイドに引きすぎてしまうと、シャフトクロスしてしまいます。 インサイドに引きすぎてしまう原因は、腕のローテーションが大きかったり、テークバックで右肘を後ろに引きすぎてしまったり、下半身を回しすぎてしまったりすると、インサイドにひきすぎてしまい、シャフトクロスしてしまいます。 ですので、腕や下半身を使いすぎないようにして、肩の回転でテークバックするようにしてください。 トップで右脇が空いてしまうのもトップが大きくなりすぎてしまう原因です。 ですので、右脇が空きすぎないように気を付けて下さい。 オーバースイングになってしまうフェースの向き バックスイングでフェースが開いているとオーバーすイングになりやすいです。 バックッスイングではフェースが開きすぎていないかチェックしてください。 チェックする位置は、シャフトが水平になったときに、フェースの向きがスクエアになっているかチェックしてみてください。 スクエアなフェースの向きとは、前傾角度と同じ角度になっている向きです。 ここで、フェースが開いている(トゥが上を向いていて、フェースが横を向いている)とオーバースイングになりやすくなります。 この位置でフェースが閉じているというのは、フェースが地面のほうを向いている状態です。 オーバースイングの原因 ・左肘が曲がる ・コックが深すぎる ・リバースピボットになっている ・バックスイングで肩を回しすぎる ・バックスイングをインサイドに引きすぎている ・トップで右脇があく ・フェースが開いている オーバースイングの直し方 それではオーバースイングの直し方ですが、先ほど挙げた原因を意識して直せれば一番いいのですが、それらを意識しただけでは、なかなかオーバースイングは直りません。 自分ではあまりバックスイングを上げていないつもりでも、バックスイングで勢いがついているので、思ったよりも上がってしまいます。 自分がどのくらいのバックスイングの大きさなのかは、動画で自分のスイングを撮って確認してください。 自分がやっているつもりの動きと実際の動きが違っている場合が多いです。 このようになかなかなか直すのが難しいオーバースイングですので、ドリルをご紹介します。 やり方は、まずシャフトが水平のところまでテークバックします。 そしてそこからボールを打ちます。 バックスイングはシャフトが水平のところまでにして、そこからフィニッシュまで振り切ります。 バックスイングを小さくしてフィ二ッシュを最後まで振って下さい。 この練習で慣れてきたら、今度は左腕が水平のところまでバックスイングして、フィニッシュは最後まで振り切ってボールを打ってください。 この練習でバックスイングで力を使いすぎずに、ボールを打ったっあとに力を入れるような感じでスイングして、フィニッシュまでしっかり振り切ってください。 オーバースイングになっているときは、バックスイングで力を使ってしまっていて、フォローが小さくなっています。 ですので、フォローに力を入れて、フォローを早く振るようにして、フィニッシュまでしっかり振るように意識して下さい。 そうすることでオーバースイングが直ってきます。 まとめ このようにオーバースイングはミート率が下がり、飛距離が出なくなりますし、見た目もよくありませんので、しっかり直していきましょう。

次の

オーバースイングの原因と対策 ゴルフレッスン編 初心者ゴルフレッスンナビ

ゴルフ オーバー スイング

私もクロスシャフトに悩んでいて、 特にドライバーが深刻でした。 最初は右膝が伸びたりスエーして、 腰がどこまでも回転するのが原因かと思って、 特に意識しながらスイングしても治りませんでした。 他にも捻転をしっかりと作る為に、 両膝にカゴを挟んでトップの位置を確かめたり、 両脇にタオルを挟んだりしましたが、 特に腰の回り過ぎでもなかったんです。 実際、オーバースイングでもクロスシャフトでも、 タイミングが合っていて、それで打てるなら、 それがその人だけのスイングであれば良い訳です。 ただ、やっぱりそれだとショットが不安定だし、 ミスの確率も上がってしまいますからね。 特にドライバーだと、 少しのタイミングのズレがOBや、 チョロ・ダフリに直結します。 そうなってはスコアも悪いですしね。 なので、 『うーん、やっぱり治そう』 となった訳です。 クロスしシャフト・オーバースイングを治すには? これからお伝えする方法は、 一瞬でしかも簡単に治る方法です。 ただ知っているか知らないか? と言うだけの話しなんですが、 知らないと気付けない。 間違いではありませんが、 正確に伝え切れてはいません。 ここには大きな溝が存在します。 それは、 『プロは左腕も鍛えている』 『私たちは右腕(利き腕)が圧倒的に強い』 と言う事です。 いくら軽いと言っても、 持ち上げれば力も必要です。 思っている以上に利き手を使うので、 逆に左腕はそこまで力が要りません。 つまり、左腕の方が力が入っていないので、 左腕が緩むと言う事が起きます。 左腕が緩んでしまうと、肘が曲がります。 これが私の原因でした。 自分では左腕主導のつもりが、 いつの間にか右腕の力感が強く なっていたのです。 ですが、これは意識的に伸ばすのは、 ほぼ不可能な動作と言えます。 左腕は意識しても伸びません。 むしろ、伸ばさない方が、 良い場合だってあります。 ご年配の方や、体が硬い方などは、 無理に伸ばすよりも若干曲げるべきです。 つまり、左腕の力でバックスイングするだけです。 若干左肘が曲がると思います。 これは、支え切れずに自然と曲がるからですね。 これを今度は両手でグリップして、 左腕だけでバックスイングして下さい。 そのまま両手のままで構いません。 それを、右腕の力でバックスイングして、 トップまで持って行って止めて下さい。 私は特に左右の筋力のバランスが、 右腕の方が勝ち過ぎていたので、 左が9で右は1くらいの割合にしました。 ほぼ、左腕でバックスイングしています。 もしクロスシャフトを治したいとか、 オーバースイングをどうにかしたい。 追記 もし左腕で上がらない場合は、 完全に手打ちになっているか、 そもそも筋力が足りないと言う事です。 今に至る。 【TQCマスターズクラブ】 2018年7月発足 『ゴルフを心から楽しむ!!』 『楽しみながら上手くなる!!』 をコンセプトを基に誕生。 ゴルフ歴10年以上だけど、もう5年早かったら今頃80台ではなく70台だったと本気で思います。 』 『最初は半信半疑でしたが、問題点と改善方法が具体的で分かりやすく、ストンと落ちました!!』.

次の