レクス ゴドウィン デッキ。 遊戯王の診断お願いしますレクス・ゴドウィンのファンデッキ(ややガチ...

遊戯王デュエルリンクス|DSレクス・ゴドウィン

レクス ゴドウィン デッキ

フィールド上のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、 このカードのシンクロ召喚に使用したシンクロ素材モンスター一組が 自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚できる。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 「天穹覇龍ドラゴアセンション」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 で登場した・の。 時に枚数に応じてするとに時に一組をさせるを持つ。 はがなく、非1体以上でできるので、しやすいである。 もに使用でき、と併せて使えるのが魅力である。 前半のにより、時のの枚数に比例してが上昇する。 に成功した時にするであるため、等の他のではは0となり、等で一度にされれば、は二度と元には戻らない。 の上昇値は1枚につき800であり、3枚では2400、4枚では3200となり、4枚以上確保できないのであればを使った方がいい。 の高さからにはを多く消費しやすいが、高いを望む場合はの枚数に余裕がある状態で、かつ少ない消費でする事が求められる。 や後述のなどのにすることでを増やせるとは相性が良く、を回復しつつ高いを得やすい。 やから6のをさせたり、からをさせる等すれば、1枚の消費からこのを展開することができる。 また、で2をしてもが可能。 でをし、7のをし、をしても、1枚で出せる。 この際、のとしてにを置けばで消費は実質0になる。 以外をした場合でも、ので7をし、をしてにすることで、を減らさずにこのをできる。 がにある場合、でもう1枚のを、にしてすればを1枚増やして出来る。 にがなく、とがある場合もをにしてをし同じ動きが可能。 後半のは、にされた時にの1組をするというもの。 をに使用した場合はその高いを活かすことができ、をに使用した場合は大量展開されるので、後続でより幅広いを狙える。 でも条件は満たせるので、によってが0になってしまった場合など、状況によっては能動的なを狙ってみるのも良いだろう。 ただし、可能な一組がすべてのに揃っている必要があり、1体でもこの条件から外れる場合は全てのをできなくなる。 もちろん、等の以外のにも無力である点には注意が必要である。 や等の、とを兼ねるとの相性は特に良好であり、このの後続としても十分な役割が期待できる。 また、にを使いにしてすれば、損失の回復とのを同時に行うことができる。 後半のでさせた後は、別のに使うことで更なるが見込める。 ・でを稼ぎやすい点も含めて、とは相性が良いである。 低主体のでも、+を使えば10のをしつつのの条件であるを残せる。 非1体でできるに指定のない初の10。 と比べてが不安定だが、爆発力があり擬似的なを持っているので、によってはこちらを採用することがあるだろう。 Yu-Gi-Oh! World Championship 2015世界大会でのレギュレーションでは、に指定されている。 「天穹」は「大空」を意味する。 「アセンション Ascension 」には、「上昇」「昇天する」という意味がある。 「ジャックvsレクス・ゴドウィン」戦でレクスが使用。 と、3体の《天輪の魔導士》・《天輪の調律士》の合計5体をにされる。 《天輪の魔導士》と《天輪鐘楼》のでを増やすことでを5000まで上げ、をした。 そして、再びされたのをにしてに戻ってを全てさせ、再びされる。 その後、《終幕の墓標》でを0にされも0になるが、《天輪増札》で12枚してを12000まで跳ね上げる。 しかし、そのを逆手に取られ、《王者の 疾風 かぜ 》でとのを反射された。 「遊星vsレクス・ゴドウィン」戦では、のでされた。 名は「 超次元昇天葬 アルティメット・アセンディング・ウェーブ 」、名は「 天翔輪廻 ヘブン・リンカーネーション 」。 初回の時の口上は「天よ!!運命よ!!事象の理よ!!巡る天輪に乗せ此処に結実せよ!!我が決闘竜よ!!五千年の沈黙を破り、光と共に降臨せよ!!!!《天穹覇龍ドラゴアセンション》!!」。 2回目の以降は「我が決闘竜〜」以下の台詞が省略されている。 また原作でのは、こののをにしつつ自身をに戻し、その上でのをでするというものだった。 加えて、のは化されなかった。 化にあたり、の上昇幅が減り、自身をに戻すは失われたため、原作に比して大きく弱体化している。 そもそもこのままで化されていた場合、ををされないままのに加え、何らかの手段でするを用いればとの組み合わせでが容易にできてしまうため、このは当然と言える。 2組が入れ替わるように交互に復活を繰り返すは、アニメ5D'sにおいてレクスが使用したとを意識していると思われる。 のでされた決闘竜には、の目の部分と同じ模様が刻まれていたが、こののみ刻まれていない。 元々レクス・ゴドウィンのであったためだろう。 漫画版5D'sにてレクスが使用した《決闘竜の飛翔》に描かれている。 FAQ Q:がアップするとをするの種別は何になりますか? A:それぞれになります。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】Lv2000 DSレクス・ゴドウィン 地縛神ウィラコチャラスカ/Wiraqocha Rasca ライディングデュエル【Yu

レクス ゴドウィン デッキ

当初はシグナー達を導くような行動を見せていたが、その真意はシグナーとダークシグナーの2つの力を手中に収め、自らが神となることで5000年周期で繰り返される闘いを終わらせることにあった。 「太陽龍インティ」「月影龍クイラ」そして「地縛神 Wiraqocha Rasca」を操り、遊星、ジャック、クロウと3対1のライディング・デュエルを繰り広げた。 キャラゲット方法• イベント「最強の地縛神!地縛神 ウィラコチャ ラスカ」• イベントポイントが規定値に到達+地縛神1回討伐 スポンサーリンク 獲得可能スキル スキル名 獲得方法 効果 レベル上昇 ドロップ 手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。 指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベル分だけ上がる。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない レベル下降 ドロップ 手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。 指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベル分だけ下がる(最低レベル1まで)。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない 闇の力 Lv13 フィールド魔法「闇」が発動した状態でデュエルを開始する 2つの神を持つ男 ドロップ 我の墓地に「太陽龍インティ」と「月影龍クイラ」が存在する場合、デュエル中に1度だけ使用できる。 このターン、「地縛神 Wiraqocha Rasca」を通常召喚する場合に必要なリリースをなくす。 日は沈み 月は浮かぶ…… ドロップ デュエル中に1度、以下のどちらかを適用できる。 ・我のフィールド上に表側表示で存在する「太陽龍インティ」1体を墓地へ送り、我の墓地から「月影龍クイラ」1体をフィールドに出す ・我のフィールド上に表側表示で存在する「月影龍クイラ」1体を墓地へ送り、我の墓地から「太陽龍インティ」1体をフィールドに出す 光と闇の交換 ドロップ 自分のライフポイントが1000減る毎に以下のどちらかを適用できる。 このスキルはターン中に1度、かつデュエル中に2度しか使用できない ・自分の手札の闇属性モンスター1体をデッキに戻し、種族・レベルが同じで光属性のモンスター1体を手札に加える ・自分の手札の光属性モンスター1体をデッキに戻し、種族・レベルが同じで闇属性のモンスター1体を手札に加える 贄の石碑 ドロップ 手札の「地縛神」モンスターを1〜3枚相手に見せ、見せた枚数分だけ自分フィールド上に「贄の石碑トークン」を守備表示で出す。 このスキルを使用するターン、自分は「地縛神」モンスター以外のモンスターを召喚・特殊召喚できない。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない ドローセンス:闇 ドロップ 自分のライフポイントが1500減る毎に使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで闇属性モンスターをドローする ドローセンス:光 ドロップ 自分のライフポイントが1500減る毎に使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで光属性モンスターをドローする ドローセンス:地縛神 Lv4 我のライフポイントが1000減る毎に使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで地縛神をドローする 地縛神の施し ドロップ 自分フィールド上に「地縛神」モンスターがいる場合に使用できる。 デッキ外から「地縛旋風」「地縛波」「地縛神の咆哮」のいずれかのカード1枚を自分フィールド上に裏側表示で置く。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない 地縛結界 ドロップ 次の相手ターン終了時まで、自分フィールド上の「地縛神」と名のついたモンスターは自身の効果では破壊されない。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない 蟻と悪魔 Lv20 自分のフィールド上に「太陽の神官」が存在する場合に、以下のどちらかを適用できる。 このスキルはターン中に1回、かつデュエル中に2度しか使用できない。

次の

レクス・ゴドウィン(DS)

レクス ゴドウィン デッキ

Name DSレクス・ゴドウィン English Name RSX GOODWIN Series 5D's Release conditions 解放条件 【イベント】イベントでゲット! Description ネオ童実野シティ治安維持局長管。 当初はシグナーたちを導くような行動を見せていたが、その真意はシグナーとダークシグナーの2つの力を手中に収め、自らが髪となることで5000年周期で繰り返される戦いを終わらせることにあった。 「太陽龍インティ」「月影龍クイラ」そして「地縛神 Wiraqocha Rasca」を操り、遊星、ジャック、クロウと3対1のライディングデュエルを繰り広げた。 DSレクス・ゴドウィンのデュエル報酬カード DSレクス・ゴドウィンのレベルアップ報酬一覧• このスキルはターン中に1回、かつデュエル中に2度しか使用できない。 フィールド魔法「闇」が発動した状態でデュエルを開始する。 我のライフポイントが1000減るごとに使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、ランダムで「地縛神」モンスターをドローする。 手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。 指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベル分だけ上がる。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。 指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベル分だけ下がる。 最低レベル1まで このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 自分のライフポイントが1500減る毎に使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで闇属性モンスターをドローする。 自分のライフポイントが1500減る毎に使用できる。 ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで光属性モンスターをドローする。 手札の「地縛神」モンスターを1~3枚相手に見せ、見せた枚数分だけ自分フィールド上に「贄の石碑トークン」を守備表示で出す。 このスキルを使用するターン、自分は「地縛神」モンスター以外のモンスターを召喚・特殊召喚できない。 スキルはデュエル中に1度しか使用できない。 我の墓地に「対応龍インティ」と「月影流クイラ」が存在する場合、デュエル中に1度だけ使用できる。 このターン、「地縛神 Wiraqocha Rasca」を通常召喚する場合に必要なリリースをなくす。 デュエル中に1度、以下のドリラ化を適用できる。 自分のライフポイントが1000減るごとに以下のどちらかを適用できる。 このスキルはターン中に1度、かつf増える中に2度しか使用できない。

次の