アーロン クルーデン。 アーロン・クルーデンとは

awards.dramadesk.org: スーパーラグビー プレーオフ10年大放出! スーパーラグビー2013 準決勝

アーロン クルーデン

アーロン・クルーデン…。 そこまでいい選手でしょうか? プレースキックもあまり入らないし、フィジカルもそんなに強いとは思えない。 資料などを見ると『統率力が凄い』みたいなことが 書いてますが、要はプレー選択が良いということでしょうか? カーターと比べるのは可哀想だとしても、不動のオールブラックスのフライハーフとして起用されているのが不思議です。 補足映像を見て、少し見直しました 笑 確かにこれだけのパフォーマンスが常に出来れば、カーターを除けば頭ひとつ抜けてますね。 ウェストは好不調の波があるのが気になりますが、安定感が増せばいいフライハーフになりそうですね。 ソポアガ?は見たことがないので今後注目したいと思います。 どちらも納得できる回答だったので、BAは投票にしたいと思います。 ありがとうございました。 私もCruden がABの不動のフライハーフという位置づけだとは思いません。 前のW杯でCarterがけがで離脱した際、代役として一番最初に名前があがっていたのはColin Sladeでした。 がSladeはぱっとせず、(今もぱっとせず)けが、それでCrudenがでてきて、Carterにはなかったもの(ラインブレーク、早いパス回し、闘志まるだしでチームを鼓舞)が見えて、それでなんとなくCarterがいないならばCrudenみたいな流れが定着というかんじになったわけです。 個人的には2013年がピーク、(そのころはほんとにキレキレでした)でその後はピーク時からは劣るなという印象です。 なぜか昔に比べて状況判断が悪い。 decision making力がなくなったように思います。 ゲームを知れば知るほど難しいということなのかもしれませんが、勢いがなくなりました。 昨年のチャンピオンシップの前日だかに飲みすぎ、アルゼンチン行の飛行機に乗り遅れるという失態で一時チームから外されてました。 プレッシャーなのかなんなのかこういう私生活も影響しているのかもしれません。 大事な試合はやっぱりCarterでくるとおもいますよ。 少なくとも不動ではないですね。 バリッドと併用といった感じです 谷間をカーターが埋める。 一昨年あたりはチーフスを優勝に導いた事もあり、このまま伸びていけば2015は決まりと思わせる感じでしたが、昨年は絶頂期からは落ちる出来でした。 でも今は調子を崩しているだけだと思っています。 彼の長所はよく分かってるだけに出せていないのは歯がゆいですね。 体の小ささを逆に利用するような、隙間に入り込んでいくプレーは日本人も真似できるスタイルでしょう。 特にSBWと組んだときの崩しは抜群です。 いちばん大きいのは、彼には勝ち運がある所ですね。 チーフスの連覇もそうですが、日本開催のJWCでも下馬評不利のなか、優勝に導いています。 でもハンセンの使い方、さらに国民の感情からしてW杯は結局カーターに任せる気がします 例えば準々決勝の仮想敵フランス相手にはそれでは危ないと思ってます。 実は度重なる負傷をあちこち引きずっていて、全盛期のパフォーマンスは今後望めない気がします。 今のフランスにはまず負けないけど、フランスが最も望んでいるのは、NZが高齢化している現状そのままに、ジジくさいラグビーで確実に勝ちを拾いにくる事でしょう。 今回に限ってはカーターはピンチヒッターこそ適任だと思います。

次の

スーパーラグビー ワラタス vs. チーフス

アーロン クルーデン

ウェールズ代表をヨーロッパ王者に4度導き、ワールドカップでは2大会でベスト4入りさせた名将ウォーレン・ガットランドは、約12年過ごしたウェールズから母国のニュージーランドに帰国し、チーフスのヘッドコーチとしてスーパーラグビーを新たな挑戦の場とするが、チームに経験豊かなスタンドオフが復帰することが決まり、期待を膨らませて構想を練っているに違いない。 ニュージーランド代表として50キャップを重ね、2011年のワールドカップ優勝メンバーでもあるアーロン・クルーデンがモンペリエ(フランス)での活動を終え、3年ぶりにチーフスに復帰する。 正確なゴールキッカーであり、強いリーダーシップも持つクルーデンは、チーフスで過去89試合に出場し、2012年と2013年のスーパーラグビー連覇に大きく貢献した。 ガットランド新ヘッドコーチは、「アーロンの復帰はチーフスにとってすばらしいことだ。 彼はブーツで機会を作ることができ、どこからでも攻撃を仕掛けることができる実績のある選手。 彼が戻ってくることになって幸運だし、嬉しい。 新シーズンへ向けて彼を指導することを楽しみにしている」とコメントした。 チーフスの10番候補には、ニュージーランド代表の将来を担う若きスターのひとりであり、前十字靭帯断裂からの復活を目指すダミアン・マッケンジーもいるが、エキサイティングなラインブレイカーである24歳のマッケンジーはフルバックとしても魅力的であり、クルーデンの存在は貴重になってくる。 クルーデン本人は、「再びチーフスの一員になれてすごく光栄だ。 戻ってきて、みんなとプレシーズンのトレーニングに専念することを楽しみにしている」とコメントした。 なお、クルーデンはチーフスとは1年契約で、ニュージーランドメディアによれば、2020年のスーパーラグビー後は、日本の神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入すると見られている。

次の

【ラグビー王国】ニュージーランド代表について知っておきたいこと

アーロン クルーデン

ウェールズ代表をヨーロッパ王者に4度導き、ワールドカップでは2大会でベスト4入りさせた名将ウォーレン・ガットランドは、約12年過ごしたウェールズから母国のニュージーランドに帰国し、チーフスのヘッドコーチとしてスーパーラグビーを新たな挑戦の場とするが、チームに経験豊かなスタンドオフが復帰することが決まり、期待を膨らませて構想を練っているに違いない。 ニュージーランド代表として50キャップを重ね、2011年のワールドカップ優勝メンバーでもあるアーロン・クルーデンがモンペリエ(フランス)での活動を終え、3年ぶりにチーフスに復帰する。 正確なゴールキッカーであり、強いリーダーシップも持つクルーデンは、チーフスで過去89試合に出場し、2012年と2013年のスーパーラグビー連覇に大きく貢献した。 ガットランド新ヘッドコーチは、「アーロンの復帰はチーフスにとってすばらしいことだ。 彼はブーツで機会を作ることができ、どこからでも攻撃を仕掛けることができる実績のある選手。 彼が戻ってくることになって幸運だし、嬉しい。 新シーズンへ向けて彼を指導することを楽しみにしている」とコメントした。 チーフスの10番候補には、ニュージーランド代表の将来を担う若きスターのひとりであり、前十字靭帯断裂からの復活を目指すダミアン・マッケンジーもいるが、エキサイティングなラインブレイカーである24歳のマッケンジーはフルバックとしても魅力的であり、クルーデンの存在は貴重になってくる。 クルーデン本人は、「再びチーフスの一員になれてすごく光栄だ。 戻ってきて、みんなとプレシーズンのトレーニングに専念することを楽しみにしている」とコメントした。 なお、クルーデンはチーフスとは1年契約で、ニュージーランドメディアによれば、2020年のスーパーラグビー後は、日本の神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入すると見られている。

次の