パエリア 献立。 【パエリア/付け合わせ/献立】定番・人気・簡単レシピ!パエリアに合う料理&他のおかず、美味しくなる副菜レシピ「パエリアの献立に、もう1品!何を付け加える?パエリアと夕飯の献立・副菜」

パエリアに合うおかず・献立27選!付け合わせ・副菜は?スープ/サラダ

パエリア 献立

パエリアの献立や付け合わせ・副菜・おかずのまえに定番のパエリアの作り方がをご紹介します。 メインとなるパエリアはテーブルの中央に出され、食事の雰囲気を豪華にしてくれます。 パーティーメニューとしても人気で、手が込んでいるように見えますが下ごしらえの後は炊くだけなので意外と簡単。 海鮮のうまみをたっぷりと吸ったご飯は香りも味も大満足の一品になるでしょう。 米 2合分• 水 400ml• 白ワイン 50ml• コンソメキューブ 1個• サフラン 適量• ニンニク ひとかけ• オリーブオイル 大さじ3• エビ 6尾• ミニトマト 6個• 塩コショウ 適量 作り方・レシピ• 水・コンソメキューブ・白ワイン・塩を小鍋でひと煮立ちさせる。 ニンニクと玉ねぎはみじん切りにする。 ミニトマトは半分にカットする。 パプリカは7㎜程度の細切りにする。 エビは殻と背ワタを取り除き、軽く炒めておく。 鍋にオリーブオイルを熱してニンニクと玉ねぎを炒める。 米を加えて透き通ってくるまで炒める。 小鍋で人に立ちさせたスープを加え、5分ほど底が焦げ付かないように混ぜながら煮る。 スープが適度に減ってきたらエビや野菜をバランスよく並べる。 蓋をして弱火で10~15分加熱する。 加熱が終わったらそのまま15分蒸らす。 蒸らし終わったら蓋を取り、強火で20秒ほど加熱する。 美味しいパエリアのアレンジ方法・種類 パエリアの定番と言えばエビやムール貝などのシーフード系です。 しかし、パエリアはアレンジしたメニューも美味しく仕上げることができます。 コンソメとサフランの代わりにカレーを入れると、スパスの香りが楽しめる料理に変身します。 パエリアというとお米を使った料理だと思っている方も多いでしょう。 しかし、パスタを使って作るパエリアがあるのです。 それがフィデウアです。 パスタはフィデオという短いパスタを使用するのでお米で作るパエリアとは一味違った魅力があります。 フィデオにも数種類あり、大きさや形に個性があるのだとか。 フィデオが手に入らなくてもカッペリーニを3㎝程度に切っても代用できるようです。 ぜひご自宅でも試してみてください。 また、パエリアを作り際には専用の鍋を使用しますが、持っているという方は少ないでしょう。 専用の鍋を買っても良いですが、自宅にあるもので作りたい方はフライパンやホットプレートホットプレートを活用てください。 トマトとモッツァレラチーズを交互に重ねるだけの簡単な野菜料理ですが、色鮮やかでフレッシュな野菜料理はテーブルを華やかにしてくれます。 オリーブオイルとブラックペッパーで味付けをしますが、好みに合わせてクレイジーソルトなどをかけても良いでしょう。 パエリアにはさっぱりとしたサラダも相性が良いのです。 カプレーゼは先ほどご紹介したピンチョスにすることもできます。 大きなトマトであればくし切りや輪切りにしてモッツァレラチーズを交互に並べましょう。 細長いお皿にまっすぐ並べたり、丸いお皿に円形に並べたり。 盛り付けの仕方1つでも雰囲気が変わります。 また、ミニトマトと小さめのモッツァレラチーズを使用するとコロコロとかわいらしいサラダが出来上がります。 パエリアの献立・もう一品という時におすすめなのがクリームグラタンです。 クリームグラタンというとメインメニューの印象が強いと思いますが、小さめのサイズで作ればサイドメニューにもなるのです。 パエリアがメインなので、小さめのココットに少量作るのがおすすめ。 ココットは見た目も可愛いので、一品だけでも食卓を華やかにしてくれます。 パエリアの付け合わせで豪華な献立に パエリアをテーブルの真ん中に置くと豪華に見えますが、それだけではちょっぴり物足りません。 もう一品組み合わせられる付け合わせやサイドメニュー、スープを作ってバランスが取れた献立に仕上げましょう。 美味しい食べ物を前にすると、いざダイエット中でも食べ過ぎてしまい、肥満が気になってしまいますよね。 でも、 大食いなのにほっそりしたモデルさんや、大食いアイドルなどを見たことはありませんか? 実は、そうした太りにくい女性たちにはある それは、にあったのです! たくさん食べているのに太りにくい人たちの腸内には、(ビフィズス菌、酪酸菌など)がありました。 この善玉菌が多いと、 余計なものは吸収せず、ドバッと外に出してくれるのです。 だから痩せるためにはこの 「腸内環境」が重要なカギになっているんです。 「腸内の善玉菌」を増やせば、普段の生活に必要な栄養だけを取り込んでくれるのです。 腸内環境を整えるためにはどうすればいいの?.

次の

パエリアの献立・メニュー・付け合わせ20選!おかず/副菜/スープ/サラダ

パエリア 献立

Contents• サフランのにおいが食欲をそそります。 そんなパエリアに合うおかずと副菜を紹介します。 ポイント:弱火でコトコト煮ることがポイント。 強火で沸騰させてしまうと野菜に味がしみなかったり、お肉が固くなってしまいます。 きゅうりは塩で軽く揉んでおく。 油が全体に回ったらレモンと塩コショウで味を調えれば完成。 ポイント:水気をしっかり切ることと塩コショウをする前にオリーブオイルで野菜をコーティングすること。 彩り豊かでまるごとの鯛で見た目にも楽しく、大人数でシェアできるのでおすすめです。 ミニトマトは半分に切りアサリなどの貝類を加えます。 お気に入りの大皿に盛り付け、イタリアンパセリで彩りを添えます。 厚切りベーコンサラダ 副菜には、厚切りのベーコンを乗せたサラダをあわせます。 コンを厚めにスライスし、しっかりと焼き色をつけます。 ルッコラ、レタス等お好きな葉物野菜をちぎりドレッシングと和えます。 お皿に盛り、さいの目状に切ったゆで卵とベーコンを乗せて完成です。 オリーブオイルを熱したフライパンに刻んだニンニクと唐辛子を入れ香りがたったらウィンナーを入れる。 焦げやすいので火加減に気をつけて。 いちどお皿にあげて皮と芽をとったジャガイモを食べやすい大きさにカットしたものを入れ炒める。 クレイジーソルトで軽く味をつけて先程のウィンナーを戻しサッと火を通しなおせば出来上がり。 トマトとモッツァレラチーズのサラダ 副菜には「トマトとモッツァレラチーズのサラダ」がおすすめです。 レタスは水気をきり適当な大きさにちぎり、皮をむいた人参を細切りピューラーでカット。 一口大にカットしたトマトとモッツァレラチーズとを更に加えてサッと混ぜ合わせオリーブオイルをひと回し。 黒胡椒を仕上げにかけて出来上がり。 お好みのドレッシングでもgood! エビは背ワタを除き、塩と酒をふって少しおきます。 鍋に水を少し入れ、沸騰したら弱火で5分程煮て、余熱で火を通したら完成です。 シーザーサラダ パエリアに合う副菜はシーザーサラダです。 ロメインレタスを食べやすい大きさにちぎります。 水気をよく切ってボールにいれます。 きゅうり、トマトも切りボールに入れます。 フライパンに油を入れてベーコンを炒めます。 カリカリになるまで炒めます。 ベーコンを油で揚げるように炒めるとカリカリに仕上がります。 ボールにおろしにんにく、マヨネーズ、ヨーグルトドリンクを入れ、均一になるまでよく混ぜます。 パルメザンチーズを加え、黒コショウを混ぜたらドレッシングの完成です。 サラダにドレッシングを加え、よく和えます。 しっかりと和えることで、味がなじみ美味しくいただけます。 作り方 ジャガイモと玉ねぎを薄切りにしてフライパンでやわらかくなるまで蒸し煮にし、溶き卵・塩・胡椒を混ぜ合わせたものをフライパンに流し入れて先のジャガイモ・玉ねぎとよく混ぜ、弱火で片面を蓋をして7-8分焼き、一度ひっくり返してもう片面を蓋なしで2-3分焼く。 にんじんサラダ 副菜:にんじんサラダ。 作り方 千切りにしたニンジンを塩もみし10分程置いてから流水で水洗いし、よく水切りをしてから、レモン汁(できれば生のレモンを絞る)・蜂蜜・クミン・白ワインビネガーを混ぜ合わせる。 パエリアは洋食の部類かつ海鮮系のことが多いので、同じ系統で合わせてみると良いかと思います。 副菜には野菜たっぷりサラダがおすすめです。 栄養バランス的に野菜が少ないので、サラダを取り入れています。 もし豪華さを出したければ市販のローストビーフを乗せてドレッシングをかけるだけで大分豪華な食卓になるのではないのでしょうか。 この2品は比較的簡単に作ることが出来るので、時間が無いときにはうってつけです。 アクアパッツァの作り方・・・耐熱皿に白身魚、アサリ、プチトマト、白ワイン、ニンニク、塩コショウを入れオーブンで蒸し焼きにする。 サラダの作り方・・・お好きな野菜を好きなだけ。 豪華さが欲しければローストビーフをプラスしても良いかと思います。 パエリアの中に魚介類が沢山入っていることから、副菜はお肉やお野菜が欲しいですよね。 今回はお肉の副菜として、チキンの香草焼きを紹介したいと思います。 作り方は簡単。 チキンに下味として、塩コショウ、ハーブをまぶします。 その後、フライパンにオリーブオイルを引いて、皮目から焼きます。 裏返したら、中火で5分程度蒸し焼きにします。 両面焼けたら、大皿に盛りつけるだけです。 添え物として、ベビーリーフやトマト、ソテーした赤や黄色のパプリカなどを添えると、彩りも良くなるのではないでしょうか。 チーズオムレツ パエリアに合うおかず・副菜を紹介します。 ・「チーズオムレツ」 牛乳と塩コショウを振り入れた溶き卵を、フライパンに流し入れる。 中に、とろけるチーズを一枚入れ、フライ返しで包む。 やや半生状にオムレツを作り、器に盛ったら、ケチャップをかける。 ・「コンソメスープ」 適当な大きさに切った、キャベツと人参とジャガイモと、輪切りしたウインナーを茹で、コンソメと塩コショウで味付けする。 ・「しいたけマヨコーン」 しいたけの石づきを包丁で取り、マヨネーズとコーンとタマネギを混ぜたものをしいたけの腹に入れ、パセリを振りかける。 グリルで焼き色が付くまで焼く。 野菜たっぷりコンソメスープ パエリアに合うおかず・副菜に「野菜たっぷりコンソメスープ」 材料:玉ねぎ、にんじん、ジャガイモなど(その時に冷蔵庫に少し残っている野菜で大丈夫です。 同じ形でそろっている方が見た目がきれいなので切り方をそろえてください。 火が通ったら一度取り出してください。 いろどりにパセリをふるとキレイです。 彩り豊かでまるごとの鯛で見た目にも楽しく、大人数でシェアできるのでおすすめです。 作り方は、オリーブオイルににんにくを入れたフライパンを熱し、鯛を焼き色が付く程度に焼きます。 ミニトマトは半分に切りアサリなどの貝類を加えます。 スープを味見をしてお好みで塩コショウで味を整えます。 お気に入りの大皿に盛り付け、イタリアンパセリで彩りを添えます。 副菜には、厚切りのベーコンを乗せたサラダをあわせます。 ベーコンを厚めにスライスし、しっかりと焼き色をつけます。 ルッコラ、レタス等お好きな葉物野菜をちぎりドレッシングと和えます。 お皿に盛り、さいの目状に切ったゆで卵とベーコンを乗せて完成です。 トマト系ソースの野菜たっぷりパスタ パエリアに合うおかずはトマト系ソースの野菜たっぷりパスタです。 パエリアには魚介類がたくさん入っていて旨味たっぷりですが、トマト系パスタはまた一味ちがった野菜の旨みとトマトの酸味が美味しいです。 トマトのソースには、トマト缶だけではなく、ハヤシライスのルーを一欠片いれると美味しいです。 副菜にはシンプルにコンソメスープだと思います。 シンプルなスープですが、スープが染みた野菜がとても体を温めてくれてこれからの季節にもおすすめです。 どの料理も旨味が濃縮されているレシピなので美味しいのはまちがいありません。 まとめ 今回はパエリアに合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方も紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 魚介たっぷりのパエリアに合う料理は、同じく魚介系でまとめたものや、逆にチキンなどボリュームのあるものがおすすめです。 副菜としては、野菜たっぷりのスープやサラダがピッタリですね! パエリアに合うおかず・副菜選びに迷ったら、是非今回の記事を参考にして下さいね。 今回は以上となります。

次の

おもてなし料理に人気!パエリア献立におすすめのスープ&副菜28選

パエリア 献立

日本でも馴染み深いスペイン料理「パエリア」。 誕生日パーティーなどおもてなしの際にもおすすめなパエリア献立にピッタリの料理レシピを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』 小学館)に掲載された中から28品ピックアップしました。 簡単なのに豪華な見た目で、パーティーやおもてなし料理にもぴったり。 【2】【A】を合わせる。 【3】玉ねぎとにんにくはみじん切り、ミニトマトは4等分に切る。 ピーマンとパプリカは5mm厚さの輪切りにし、マッシュルームは薄切りにする。 【4】あさりは水の中でこすり洗いし、水けを拭く。 【5】鍋にオリーブ油、にんにく、玉ねぎを入れて中火にかけ、にんにくの香りが立ったら弱火にして3~4分炒める。 【1】を加えて3~4分炒め、米が透き通ってきたら【2】を回し入れて中火にする。 煮立ったら【4】、えび、ミニトマト、マッシュルームを並べ入れ、ふたをして弱火で13~14分炊き、強火にして1分加熱して火を止める。 【6】【5】にピーマンとパプリカを加えてふたをし、10~12分蒸らす。 教えてくれたのは 青木恭子さん 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 『めばえ』2014年12月号 【2】フライパンパエリア 殻付きの具材を使うと、フライパンの中身がグッと豪華に。 うま味もたくさん出るので一石二鳥の一品。 フライパンで作ってそのまま食卓に運べるのでパーティーメニューにもピッタリ。 エビは竹串で背ワタを取る。 パプリカは2cm角、トマトは1cm角に切る。 【2】直径24~26mのフライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて中火で熱し、香りがたったら玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。 米を洗わずに加え、透き通るまで炒める。 【3】【2】にトマト、【A】を加えて混ぜる。 パプリカ、エビ、あさりをのせてふたをし、弱火で20~25分炊く。 【4】火を止めて約10分蒸らし、レモンを添えてパセリを振る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 『めばえ』2017年12月号 【3】カレー風味パエリア カレーとチキンの組み合わせがおいしい!パプリカとソーセージを放射状に並べて、見た目も華やかに。 玉ねぎ・にんにくをみじん切りにする。 【2】フライパンにオリーブ油の半量を熱し、鶏肉とソーセージを炒め、ソ ーセージは両面に焼き目がついたら取り出す。 【3】【2】のフライパンに、残りのオリーブ油、洗った米、にんにく、玉ねぎを加え、米の表面が透き通るまで炒める。 白ワイン、カレー粉、塩を加えて混ぜる。 【4】カレーの香りが立ったら、水2カ ップを加え、ソーセージとパプリカを並べ入れ、ふたをして、中火で10分、弱火で10~15分加熱する。 最後にふたを取り、強火にして水分をとばす。 【5】火から下ろしたら、ふたをして10分蒸らす。 *お好みでパセリのみじん切りを散らしても。 教えてくれたのは 阿部剛子さん 日々の暮らしの中から生まれた炊飯器レシピやフライパン活用レシピを公開して人気。 2児のママ。 『ベビーブック』2013年1月号 【4】鶏とアスパラの簡単パエリア フライパン一つで作れる、味のしっかり染み渡った本格的なパエリアを。 火加減と火にかける時間が美味しさのポイントです。 アスパラは根元の固い皮をむいて2cm幅に切る。 【2】フライパンにオリーブ油少々を熱し、【1】の鶏肉を炒めて取り出す。 もう一度オリーブ油少々を熱し、【A】を入れてペースト状になるまで炒め、米と合わせた【B】を加えて混ぜ、鶏肉を全体にのせ、フライパンをゆすりながら弱めの中火で5分ほど煮る。 【3】【2】のフライパンにアルミホイルをかぶせてふたをし、ごく弱火で10分ほど煮、アスパラをのせてさらに5分ほど煮る。 火を止めて10分ほど蒸らす。 *お好みでレモン果汁を搾っても。 教えてくれたのは コウケンテツさん 料理研究家である母のアシスタント後、独立。 素材の味を生かしたヘルシーで作りやす いメニューが人気。 二児の父。 『ベビーブック』2015年12月号 パエリア献立にぴったり!おすすめスープレシピ 【1】冷製コーンカレースープ 定番のコーンスープを生のとうもろこしで。 甘さの中のカレー風味が食欲をそそり、おかずとしても成立します。 玉ねぎは薄切りにする。 【2】鍋にサラダ油を中火で熱し、玉ねぎを炒め、しんなりしたらとうもろこしを加えて炒める。 【A】を加えてふたをし、弱めの中火で7分ほど煮る。 【3】牛乳を加えて火を止め、ミキサーなどで撹拌する。 粗熱をとって冷蔵庫で30分ほど冷やす。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして料理雑誌や広告、メニュー開発など、幅広い分野で活躍中。 女の子のママ。 『めばえ』2015年7月号 【2】卵とトマトのスープ 簡単なので子供と一緒に作っても楽しい!卵をふわっと仕上げるのがおいしさのコツ。 【2】ミニトマトはヘタを除いて2等分し、万能ねぎは小口切りにする。 【3】鍋に【A】を入れて熱し、沸騰したら【1】を流し入れて混ぜ、【2】を加えてひと煮し、塩で味を調える。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 料理研究家。 「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 一児の母。 『めばえ』2015年8月号 【3】レンジコーンスープ レンジで温めるだけの簡単スープ。 【2】【1】にラップをかけて電子レンジ(600Wの場合)で2分~2分30秒ほど加熱し、よく混ぜる。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 『めばえ』2016年5月号 【4】ちぎりキャベ ツとちぎり油揚げのトマトスープ ちぎってちぎって。 トマトと具材の相性がよく、簡単なのにおいしくて食べ応えも充分。 油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、ペーパーで水けをよく拭き取ってからひと口大にちぎる。 【2】鍋に【A】を入れて中火にかけ、煮立ったら【1】を加え、蓋をして弱めの中火でキャベツがやわらかくなるまで10分ほど煮る。 仕上げにみそを溶かし入れる。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【5】すりおろしにんじんのコンソメ風スープ すり下ろしたにんじんの甘味と風味がやさしいスープ。 栄養たっぷりで体を温めるので、朝ごはんにピッタリです。 蓋をずらしてのせ、3分ほど煮たら、しょうゆで味を調える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【6】高野豆腐のクルトン入り冬のポタージュスープ ほっこり甘い!かぼちゃ&さつま芋ベース。 さつま芋は乱切りにして水にさらしておく。 玉ねぎは横に1cm幅に切る。 【2】鍋に【1】と水を入れて火にかけ、煮立ったらフタをして具材がやわらかくなるまで中火で15分ほど蒸し煮にする(水気がなくなりそうなときは、焦がさないように水を適量足す)。 【3】【2】をフォークでつぶして牛乳を加え温め、塩、こしょうで調味する。 【5】フライパンに【A】を入れて中火で熱し、【4】をカリッとなるまで揚げ焼きにする。 【6】器に【3】を注ぎ入れ、【5】を散らす。 教えてくれたのは 藤井 恵さん ふじいめぐみ/料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 【7】豆腐と豆乳のスープ 豆腐+豆乳でトロトロの食感!胃にもやさしく朝食にもぴったりです。 大人には黒こしょうを多めにして少しピリリと辛みをきかせても。 中火で煮立たせたあと、さらに弱火で10分煮る。 粗塩とこしょうで味を調える。 教えてくれたのは ウー・ウェンさん 北京生まれ。 1990年に来日。 北京家庭料理が評判となり、料理家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 『めばえ』2017年6月号 【8】カリフラワーのホワイトスープ 寒い日は温かいスープで体の中からぽかぽか!ほくほくした食べ応えでお腹も満足。 玉ねぎは横半分に切って縦に薄切りにする。 【2】鍋にバターを中火で熱し、玉ねぎを入れて炒める。 しんなりしたらカリフラワーを加え、全体にバターが回るまで炒める。 【A】を加え、弱めの中火で8分ほど煮る。 【3】牛乳を加えて温め、器に盛り付けて粉チーズを振る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 栄養バランスのいいスープを。 牛乳の優しい味が子供に大人気です。 【2】ブロッコリーは小さく裂き、ベーコンは1cm幅に切る。 【3】鍋にバターを熱して弱火で【1】を炒め、火が通ったら小麦粉を加えて手早く混ぜて炒める。 ベーコンと水を加えてふたをし、じゃがいもが煮くずれるまで煮る(水が蒸発するようであれば少し足す)。 【4】じゃがいもをへらなどで軽くつぶし、ブロッコリーを加えて2~3分煮る。 牛乳を加えて温まったら塩とスープの素で調味する。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 【10】そら豆とベーコンのポタージュ 冷凍食材を使ったお手軽ポタージュ。 ご飯を加えてとろっとまろやかに仕上げました。 【2】鍋に【A】と【1】を入れて5分ほど煮る。 【3】火を止めて粗熱をとり、ミキサーにかける。 鍋に戻して牛乳を加え、ひと煮立ちしたら、塩で味を調える。 大人は仕上げにこしょうをふってもおいしい。 お玉の代わりに、すりこぎやフォークを使ってもOK。 【2】さらに、なめらかにするには、作り終わった最後に、ざるでこし、ざるに残った分をへらでつぶします。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 【2】ボウルに【1】を入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で4~5分加熱し、プレーンヨーグルト・マヨネーズ各大さじ2と塩少々を加えて混ぜる。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 粗熱がとれたら皮をむいてボウルに入れ、フォークでつぶし、【A】を加えて混ぜる。 【2】玉ねぎは短く薄切りにし、きゅうりは5mm角に切り、塩をふる。 【3】ベーコンは5mm幅に切り、フライパンで炒める。 【4】【1】に、水けを絞った【2】、【3】、コーンを加えてよく混ぜる。 スプーンで一口大にまとめて器にリース状に盛り、星形に抜いてゆでたパプリカを飾る。 *お好みでベビーリーフを添えても。 教えてくれたのは 青木恭子さん 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 『めばえ』2014年12月号 【3】フルーツジャーサラダ おしゃれな見た目が食欲をそそる!オレンジドレッシングでさわやか味に。 【2】パイナップルは2cm幅に切る。 オレンジとキウイは皮をむいて輪切りにし、6等分する。 ミニトマトは2等分し、きゅうりは1cm角に切る。 【3】容器にフルーツを詰めて【1】を注ぎ、ミニトマト、モッツアレラ、きゅうりを詰め、ふたをする。 よく振って味をなじませ、お皿にあけて食べる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 料理研究家。 「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 一児の母。 『めばえ』2015年8月号 【4】カップチョップドサラダ さっぱりとした軽い味付けで、野菜をもりもり食べましょう!ミックスビーンズやコーンなど、彩りもきれいで食欲をそそります。 5cmの角切りにしてボウルに入れ、塩を振ってサッと混ぜる。 10分ほどおいてギュッともみ、水気を絞る。 きゅうりは1cm角に切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、【1】、コーン、ミ ックスビーンズを和えて、カップに盛り付ける。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 【2】残りのきゅうり、レタス、大根、にんじんをせん切りにする。 巻き終わりの先に【1】のえびときゅうりを3切れずつ交互に置いて両端を内側に折り、最後まで巻く。 残りも同様に6本作り、食べやすく切る。 【4】【A】を混ぜ合わせ、スイートチリソースとともに添え、【3】につけながら食べる。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 『めばえ』2016年8月号 【6】ブロッコリーのツナサラダ 茹でたブロッコリーに何を掛ける?マヨネーズに飽きたら、こんなオシャレなソースはいかがでしょう。 ペーパーに取って冷まし水けをよく取り、食べやすい大きさに切って塩(分量外)を軽くふっておく。 パプリカは粗みじん切りにする。 【2】ツナは缶汁を切ってボウルに入れ、マヨネ ーズとパプリカを加え混ぜる。 ブロッコリーも入れて軽く和える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【7】ポテトとビーンズのダイスサラダ コウモリ型のチーズをトッピングすれば、ハロウィンサラダの完成! ヨーグルト+マヨネーズのソースが相性抜群です。 ミニトマトは半分に切る。 じゃがいもは洗ってラップで包み、電子レンジ(600Wの場合)で6分加熱する。 粗熱がとれたら皮をむき、1. 5cm角目安に切る。 【2】ボウルに【A】を合わせ、【1】、ミックスビーンズを入れて和える。 【3】器に盛り、チーズをコウモリ型で抜いてトッピングする。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして幅広い分野で活躍中。 二児の母。 『ベビーブック』2017年11月号 【8】アップルポテトサラダ りんごとヨーグルトの酸味が、ほどよくさつまいもの甘味を引き立ててくれます。 りんごは皮をむいて1. 5cmの角切りにする。 【2】鍋にさつまいもを入れて水をたっぷり注ぎ、強火にかける。 煮立ったら火を弱めて10~15分、やわらかくなるまで煮る。 【3】【2】の水けをしっかりきり、【A】とあわせて下味をつける。 冷めたらりんごと、混ぜ合わせた【B】を加えて和える。 *はちみつは、メープルシロップや砂糖でもOK。 *1歳未満のお子さんには、はちみつは使用しないでください。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 22歳で結婚し、二女を出産後、30歳で料理の世界に復帰。 簡単でおいしく、栄養バランスのいいレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 器に盛って、半分に切ったプチトマトを飾る。 教えてくれたのは 有坂翔太さん 料理家。 大阪の辻学園調理・製菓専門学校・高度調理技術学科(当時)卒業。 大阪のフランス料理店の料理長を務めたあと上京し、フードアーティスト・料理家としてTV・雑誌・書籍・料理教室など多方面で活躍。 自店でも連日厨房に立つ。 『めばえ』2018年12月号 お子様にも人気!パエリア献立におすすめのおかずレシピ 【1】ネギたっぷりのスペイン風オムレツ オリーブオイルとマヨネーズの洋風アレンジに長ねぎも意外とマッチ!コーンの甘味もプラスされ、子供の好きな味に。 【2】フライパンを中火にかけてオリーブオイル大さじ1をなじませ、ネギをしんなりするまで炒めたらボウルに移す。 【3】【2】に卵、マヨネーズを加えて溶きほぐし、水気を切ったコーンを加え、オリーブオイル(分量外)をなじませたフライパンに注ぎ入れて数回かき混ぜる。 蓋をして弱火で10分ほど焼き、火を止めて、そのまま5分ほど蒸らして食べやすく切る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん いざわゆみこ/料理家。 調理師、国際中医薬膳師、中医師の免許をもち、健やかな体作りをサポートする食レシピを多数考案。 旬の食材の効能と素材の味を生かした料理に定評があり、発酵食と身近な薬膳を組み合わせた独自のメソッドが人気。 テレビの料理番組、雑誌、書籍、カタログなど幅広く活躍。 『めばえ』2017年3月号 【2】鮭としめじのアヒージョ 鮭は水につけて塩抜きするとちょうどいい塩加減に。 トマトの酸味が大人も楽しめる味に。 水けを拭いて骨を除き、6等分に切る。 しめじは石突きを除いて小房に分ける。 残りのオリーブ油と【A】を入れて弱火にし、時々混ぜながら5分ほど煮、パセリのみじん切りとミニトマトを加えてサッと煮る。 教えてくれたのは みきママさん オリジナルの節約ごちそうレシピで人気の〝おうち料理研究家 〟。 ブログ「藤原家の毎日家ごはん。 」は1日平均120万PV以 上のアクセスを誇る。 夫と三人の子どもの五人家族。 『ベビーブック』2015年10月号 【3】ポトフ 寒い冬が近づいてくると食べたくなるポトフ。 食材も子供の大好きなウインナーをはじめとした体にも良い野菜をたっぷり入れられます。 鶏肉と水だけで作ったスープは 洋・中に使い回せます!ぜひ常備して。 アスパラ1把と玉ねぎ1個は食べ やすく切る。 2鍋に1とチキン スープ500ml、塩少々、にんにく1かけ、ローリエ1枚を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、蓋を少しずらしてかけ、15分煮る。 【3】 アスパラとミニウインナー10本を加えて約2分煮る。 2リットル程度) 鶏もも肉(胸肉でも可) 1枚(約300g) 水 1. 【2】煮立ったら弱火にしてアクを 取り、7分ゆで、そのまま冷ます。 冷めたら鶏肉を取り出す。 鶏肉は料理に使えます。 教えてくれたのは 石澤清美さん 料理研究家。 国際中医師・国際中医薬 膳師。 食養生やハーブなどの専門家でもあり、体にいいものを簡単においしく作れるレシピが人気。 『ベビーブック』2017年6月号 【4】やわらかミートボール 片栗粉の代わりにパン粉をつなぎにして。 油を使わず茹でたミートボールはとってもヘルシー。 【2】【B】はそれぞれ食べやすい大きさに切る。 【3】【1】をゆでて水けをきり、同じ湯で、じゃがいも、にんじん、ブロッコリーの順に塩ゆで(塩は材料表外)する。 【4】器に盛り、混ぜ合わせた【C】をかける。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、 OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『ベビーブック』2013年5月号 【5】チキンソテー ヨーグルトチーズソース にんにくの風味にヨーグルトの酸味、チーズのうま味が大人でも満足な味わい。 鶏肉をカリッとソテーすると食感も豊かになりおいしさが増します。 【2】フライパンでオリーブ油を熱して、【1】の皮面を4~5分焼く。 こんがりしたら裏返し、ふたをして4~5分蒸し焼きにする。 【3】【2】の粗熱がとれたら、そぎ切りにして器に盛り、混ぜ合わせた【A】をかける。 *お好みでコーンやベビーリーフを添えても。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター、料理研究家。 テーマは「おいしくて、作りやすい家庭料理」。 NHK Eテレ『すすめ!キッチン戦隊クックルン』の料理も監修。 『ベビーブック』2014年8月号 【レシピ初出】.

次の