まんが 王国。 まんが王国の無料会員登録は安全?違法サイトなのか調べてみた|マンガボイス|おすすめの漫画電子書籍サイトを紹介

まんが王国の料金・解約方法は?ポイントで有料作品が読める!メリットや評判を徹底解説

まんが 王国

この記事のもくじ• その間、社会問題になるようなトラブルもなく、 危険性はない安全なサイトだといえます。 私も以前、使ってましたが、トラブルが起こったことは一度もありません。 会員登録しなくても期間限定で1~3巻無料で読めるキャンペーン• 買った漫画は退会しない限り閲覧期限なし• 運営元がしっかりしている安全な老舗サイトで安心• それが普通です。 でも「まんが王国」は会員登録の必要がありません。 なんなら、今から「まんが王国」にアクセスすれば、すぐに対象の漫画を無料で読めますよ。 「まんが王国」は月額コースに登録するタイプのサイトなので、退会しない限り、ずっと料金が発生してしまいます。 でも、退会すると買った漫画が読めなくなる…。 それって、ただのレンタルじゃね? 「」などは月額コースを解約しても、買った漫画をいつまでも読むことができます。 うーん、こうなると「コミなび」を使いますよねぇ。 高額なコースほど貰えるボーナスポイントが高くなります。 ポイントが足りなくなったら、 ポイントの追加購入も可能です。 おすすめは月額500円のコースです。 一番安い月額300円のコースだと、読みたい漫画が300pt以上必要で、いきなりポイントを追加する必要が出てくる可能性があります。 「巻」で買う場合、ほとんどの漫画が400pt以上必要ですからね。 ポイントの追加には「楽天ID決済」「WebMoney」を使うこともできます。 「クレジットカード」と「キャリア決済(携帯料金と合算)」どちらの場合でも、 明細に買った漫画のタイトルは記載されません。 明細から読んだ漫画が家族にバレることはありませんので、ご安心ください。 「まんが王国」の解約・退会方法 にアクセスして、下のほうにスクロールすると表示される「ユーザーメニュー」の中から 「コース削除(退会)」をタップし、一番下にスクロールして解約する月額コースの 「削除」をタップします。 サイトもシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめですね。 ただ、 月額コースを解約(サイトの退会と同義)すると、買った漫画を読めなくなってしまうという点が、すべてを台無しにしています。 これのせいで、おすすめできないサイトになってしまう。 この欠点さえなければ、本当にいいサイトなんですが…。 「まんが王国」でしか読めない漫画を読みたいのであれば別ですが、そうでなければ「」をおすすめします。 「コミなび」なら、退会しても買った漫画を読むことができますからね。 ちなみに、私は「まんが王国」で無料で漫画を読んで、続きを読みたい漫画があったら「コミなび」に登録して読んでました(笑).

次の

まんが王国の登録、ログイン、月額料金を徹底解説|漫画王国ナビ

まんが 王国

まんが王国の登録、ログイン方法 まんが王国は無料配信作品を読むのは会員登録をしなくても可能です。 月額コースに登録する場合に限り、会員登録をして月額コースに申し込む必要があります。 無料作品なので続きが気になった作品があり「まんが王国」に登録したいけど、いまいち使い方、登録方法がわからない方のために登録、ログイン方法を徹底解説していきます。 ここからはスマートフォンによる登録、ログイン方法を解説していきます。 基本的にまんが王国はパソコンから登録ができません。 スマートフォン、タブレットを利用して登録をしていきます。 タップして手続きを進めていきます。 初めての方は「新規入会の方」といったボタンをタップします。 また引き継ぎコードを持っている場合もこちらのボタンをタップして手続きを進めていきます。 最初は支払い方式を選びます。 支払い方式によってログイン方法が変わるので注意が必要です。 まんが王国の月額コースはクレジットカード、又は携帯キャリア決済の2つしか選択肢がありません。 追加ポイント購入時は電子マネーも利用することができます。 クレジットカード払いはFacebook、Googleアカウントによるログインの他にメールアドレスを登録してログインIDがもらえる「M-ID」といった方式があります。 携帯キャリア決済を選択した場合はdocomo、au、SoftBankを選択できます。 自分が契約している携帯キャリアを選択して携帯料金と合算して支払いが可能になります。 スマホ端末を格安SIMで利用している方は携帯キャリア決済が利用できないため、自ずとクレジットカード決済のみとなります。 今回は私の利用している携帯キャリアがSoftBankだったのでSoftBank認証でログインをしました。 携帯キャリアのログインID、パスワードを控えておけばすぐに登録できます。 これで無料会員登録(ログイン)は完了です。 ログインしただけでは月額コースに登録されるわけではないので安心してください。 ここから月額プランを見て自分のお好みの月額コースを手続きしていきます。 まんが王国の月額コース登録方法 ログインが完了したら続いて月額コースを登録していきます。 単純に無料で楽しみたい場合はここまでの作業は必要ありません。 月額コース登録はログインした状態から行います。 ポイント追加、月額会員登録から手続きを進めていきます。 移動したページに契約可能な月額プランが一覧表示されます。 退会しなければ毎月自動更新となるので課金されても負担のない月額コースを登録するようにしましょう。 ポイントが足りない場合は後から「追加ポイント購入」といった形で足りないポイントを補うことも可能です。 契約するコースが決定したら「登録する」ボタンをタップします。 続いて年齢認証画面が表示されます。 未成年の場合は成人向けコンテンツが利用できません。 問題なければ「決定」ボタンをタップします。 続いて携帯キャリア側の決済確認画面へと移動します。 契約する月額プランに問題がなければ「購入する」ボタンをタップします。 これで月額コース登録となり課金される形式になります。 まんが王国のホーム画面に戻ると契約したコース分のポイントが付与されています。 docomo、auは毎月1日に自動更新されて新しいポイントが付与されます。 SoftBankは入会日から1ヶ月単位で自動更新されて新しいポイントが付与されます。 まんが王国の月額料金、ボーナスポイント まんが王国は複数の月額プランを用意しています。 また契約するコースによってボーナスポイントに違いがあります。 どうせならボーナスポイントがつくコースで登録した方がトータル的に見るとお得に漫画を購入することができます。 キャリア決済、クレジットカード決済と付与されるボーナスポイントに違いあり。 以下の料金表は全て修正済みです。 料金サービスの変更に伴いキャリア決済による支払いよりクレジットカード決済による支払いの方が付与されるボーナスポイントが多いのでお得です。 docomoは月額2000コースまで。 auは月額2800円コースまでが上限となります。 BPはボーナスポイントの略称です。 月額500円コースからボーナスポイントが付与されるのでお得なのは月額500円コースから。 まんが王国を上手に利用する方法 まんが王国は常時2,000作品以上が無料配信作品として1巻〜3巻まで読めたりします。 中には人気、話題作も配信される時があります。 特に欲しい漫画がない場合、最初は無料作品を読みます。 その中で続きを読みたいと思えた漫画があれば登録して月額コースを契約するのが良いです。 同時に 契約するコースは最低でも月額500円コース以上がお勧めです。 月額300円はボーナスポイントが付与されないのでお得感がありません。 また巻購入する場合、1巻の値段は約400円〜600円の漫画が多いです。 話購入の場合は30pt〜50pt作品が多い感じになっています。

次の

12時間1000円の温泉・漫画喫茶「ふるいち関金温泉まんが王国店」が4月7日(日)オープン!

まんが 王国

概要 [ ] のに次ぐ歴史を誇る。 編集元は。 質の高い数々の爆笑ネタやが誕生した。 最盛期にはのゲームを対象にしたものが多く出版されており、ゲームコミックレーベルの中でも高い人気を誇っていた。 このレーベルをきっかけに頭角を現した作家は少なくない。 4コマまんが王国の刊行は2003年の『 4コマまんが王国』が最後となった。 最盛期を支えた作家の多くはのといった他社のレーベルや一般の4コマ誌などに活躍の場を移している。 現在双葉社が刊行しているゲームコミックは「」がある。 沿革 [ ] 1991-95年 [ ]• に双葉社は「4コマまんが王国」をレーベルとして立ち上げる。 これは月刊誌ではなく同名の単行本レーベルだった。 この時期はが表紙を担当し、誌上の4コマ漫画でも活躍した。 「4コマまんが王国」は人気を集め、には一雑誌「月刊ファミコン4コマ王国」を創刊するまでになった。 「月刊ファミコン4コマ王国」はさらに人気を集めには4コマ漫画以外の短編漫画も扱う「コミック ファミコン王国」に改題し、ページ数増大及び値下げを行うまでに成長する。 このことをきっかけにライバルの4コママンガ劇場のエニックスが『』を創刊するきっかけとなる。 頃にはその後を支えることになる主力作家陣(、、、、など)の顔ぶれが揃う。 、「コミック ファミコン王国」が「コミック ゲーム王国」に改題。 この時期はを扱った「スーパーマリオ 4コマまんが王国」がエニックスの「」の「スーパーマリオ 4コママンガ劇場」と並ぶ知名度と人気を誇った。 その他、『』や『』など任天堂系列のゲームタイトルにおいて「4コママンガ劇場」と人気を競った。 原作ゲームのイメージを壊さない雰囲気のコミック化が中心だった「4コママンガ劇場」に対し、こちらは作家の個性を出したマンガを掲載する風潮があり、誌面は多くの作家が活発に作品を発表していた。 5・6・7巻では当時人気を集めていたとの二大作家が誌面をほぼ独占するという事態も起こった(特に6巻は、中村・森田屋のみの漫画しか掲載されていない)。 任天堂のゲームソフト以外にも任天堂ので発売されたゲームタイトルは積極的に4コマ漫画化されている。 「 4コマまんが王国」はその典型である。 ここでは、スーパーマリオのコミック系で活躍していた作家とは毛色の異なる作家が独自の地盤を固めて活躍していた。 「ベガ父さん」ネタ等で人気を博したなどはその筆頭である。 の発売後は『』『』『』などを題材にした4コマ漫画がいくつか出版されている。 1996-2000年 [ ]• 以降の大ヒットを受け、他社からはポケモン関連の4コマ漫画本が多数出版されたが、双葉社からだけは出版されなかった(ポケモンの攻略本は双葉社からも出版されており、後にゲーム雑誌「」を創刊していることを考えると双葉社と任天堂の関係悪化と言うことではないと見られる)。 からの間は、従来の主力作家陣と新たに参入した作家陣が混在した時期で、誌面は活性化した。 、、、などありとあらゆるの4コマ漫画が次々に出版された。 一部の作家に誌面が過剰に割かれることもなく、良質な作家陣が揃っていた時期であったといえるだろう。 古参の作家ではが、新たに参入した作家では、などが活躍している一方、既にこの時期にはの漫画は一切見かけることができなくなっている。 にがを発売すると、今まで・のゲームコミックとして続いていたシリーズに変化が起き始める。 には「コミック ゲーム王国」が休刊。 さらに今までシリーズを支えてきた、、、などが次々に姿を消し、、、、など新たな作家陣が参入する。 こうした作家陣の流動化は末頃まで続いた。 この時期、初期から同レーベルを支えてきた最主力作家のが「4コマまんが王国 2」を最後に誌面から姿を消した(その後他誌でオリジナル作品の執筆に注力していく)。 の「ピーチ姫シリーズ」、の「ファイアパックンシリーズ」といった人気の「完全オリジナルストーリーもの」も、ほぼこの時期に姿を消した。 この後ののマリオ4コマもピーチ姫が前面に出た「ピーチ姫シリーズ」に分類できるが、そのネタ自体は題材となるゲームに忠実な内容となっている。 こうした動きがほぼ鎮静化した以降は、主力であった系の4コマ本を中心に出版タイトル数は著しく低下した(現在では他社も含めマリオ系の4コマ本はほとんど出版されなくなっている)。 『 ネオ桃山幕府のおどり』の4コマ漫画本に限り、 「4コマまんが道中」というレーベルがつけられた。 またこの本はのライセンス商品の証明として、にのが記されている。 には、などの4コマ漫画レーベルとして 「4コマ戦線」が立ち上げられた。 2001年以降 [ ]• 春に出版された「 4コマまんが王国」を最後に、古参の主力作家であったが姿を消す。 これにより初期より名を連ねている作家はのみとなった。 に入ると、今まで堅持していたのを中心とした4コマ漫画化の方針を転換し、いわゆるといわれるゲームソフトのゲームコミック化に注力するようになる。 新レーベルとして 「」が立ち上げられ、従来の作家陣とは全く異なる顔ぶれの作家をもって、などの4コマ漫画本を中心に展開していく。 しかしこの「」のシリーズ化開始後、従来の「4コマまんが王国」系の最盛期を支えた作家の多くは姿を消した。 2001年以降の主力作家は、、、、、、などだが、2001年からは「4コマまんが王国」も含めた双葉社アクションコミックスのアンソロジーレーベル全体において、題材となるゲームタイトルによって作家陣も毎回変化するようになってきている。 1995年の中村・森田屋二大作家のような、どのタイトルにおいても執筆し、多数の執筆をする作家は皆無となった。 頃より、、などレーベル初期の一部作家が復帰、さらにので活躍している作家陣の参加も頻繁に見られた。 より、のゲーム4コマを収めた 「カプよん」(カプコン4コマコミック)が創刊した。 発売の『 4コマまんが王国』が「4コマまんが王国」レーベルの最後の作品となった。 末期は・・など、任天堂ゲームの4コマの刊行がほとんどであった。 最盛期を支えた作家の多くはゲームコミック以外の場で活躍したり、の「」など他誌に活躍の場を移している。 双葉社のゲームコミック・ジャンルの主力もほぼ「」に移っている。 雑誌 [ ] この節のが望まれています。 月刊ファミコン4コマ王国(1993年3月号 - 1993年11月号) 1993年3月創刊。 創刊号はスーパーマリオ特集。 以後も各社のゲーム4コマを掲載。 コミック ファミコン王国(1993年12月号 - 1994年10月号) 1993年12月号より改題。 サイズがA4判からB5判に縮小された。 非4コマの短編も掲載されるようになったことに伴う。 コミック ゲーム王国(1994年12月号 - 1996年8月号) 発行ペースが隔月となった。 用のソフトも取り扱う。 読者コーナー [ ]• 王立ファミ4アリーナ(1993年3月号 - 1993年11月号)• 王立ファミ王アリーナ(1993年12月号 - 1994年10月号)• スーパー王立アリーナ(1994年12月号 - 1996年8月号) 登場キャラクター [ ]• アンナ姫• リ・ラスィ - 竪琴を持った、吟遊詩人のような王宮魔導師。 エウレカ - カブのような姿のキャラクター。 つっこみ太郎ダッシュターボプラス(1994年5月号以降) - 「新キャラ募集! 」のコーナーで、読者投稿から選ばれたキャラクター。 スタッフ [ ]• 構成:(1994年5月号以降は監修)• イラスト:(宮須弥) 4コマ投稿コーナー [ ] ファミ4バトルロイヤル(1993年6月号 - 1993年11月号) 選考人: ・ ファミ王バトルロイヤル(1993年12月号 - 1994年5月号) 選考人:中島一基・竹薮ヤケ太 ファミ王投稿4コマバトルロイヤル(1994年6月号 - 1994年10月号) 選考人:中島一基・小我 投稿4コマバトルロイヤル(1994年12月号 - 1996年8月号) 選考人:中島一基・小我 その他 [ ] ゲーム王国となる以前は、ゲームの漫画のほかに、が掲載されることがあった。 主なラインナップ [ ] 無番は全て1巻のみ出版されている。 1991-97年 [ ]• 4コマまんが王国 1~3• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1~3• 4コマまんが王国 1~7• 4コマまんが王国 1~3• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1・2• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1~4• 4コマまんが王国 1~4• 4コマまんが王国• スペシャル 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1・2• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1~3• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1・2• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 1・2• 4コマまんが王国 1・2• 4コマまんが王国 1・2 1998-2000年 [ ]• 4コマまんが王国• 4コマまんが道中• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 2001年以降 [ ]• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国• 4コマまんが王国 4コマ戦線 [ ]• ジオンの系譜 4コマ戦線• 4コマ戦線 1・2• 4コマ戦線• 4コマ戦線 1・2• 4コマ戦線• 4コマ戦線• 4コマ戦線• 4コマ戦線• 4コマ戦線 カプよん [ ]• カプコン 4コマコミック 1~3 主な作家陣 [ ] 年数は本誌で執筆していたおおよその時期であり、完全に正確なものではない。 1991-95年 [ ]• (1991-92年) - 代表作に「地獄のサラミちゃん」等。 (1991-92年)• (1991年) - 同名の工学博士やライター等とは無関係。 (1991年)• (1991年) - 本職はイラストレーター。 (1991-93年) - 4コマまんが王国を離れた後に「山田みどり」へ改名。 (1991年) - この時の「雨城」の読み方は「うじょう」だったが、後にの「4コマ決定版」シリーズで執筆した際は「 うぎ」になっている(誤植か改名かは不明)。 1991年• (1991年)• (1991-92年) - 等成人向け漫画の出版社の雑誌で活動していた。 (1991年)• (1991年)• (1991年、2001年? -2003年) - 「」等で知られるは夫。 (1991年) - 「」等で知られるこいずみまりの別名義。 (1991年) - 代表作に「」等。 (1991年)• (1991-96年) - 代表作に「そんなんARIKA」等。 (1991-96年) - レーベル立ち上げにも携わった主力作家の一人。 家庭用ゲーム・TRPG漫画界では有名。 代表作に「」等。 (1991-1997年、2003年) - の実弟。 現在は「島本晴海。 」名義で成人漫画を中心に活動。 (1991年)• (1991-94年) - 代表作に「しろー駄作劇場」等。 (1991年)• (1991年)• (1991年)• (1991-92年) - 現在のかいぞく・さんた(代表作に「チョキン王子」。 あいざきゆう、藍崎ゆう名義でも活動)。 (1991年)• (1991年)• (1991-93年)• (1991年)• (1991-2001年) - レーベル最盛期の主力作家の一人。 (1991-93年) - 代表作に「パラダイス・ロスト」等。 (1991-94年)• (1991年)• (1991年) - 代表作に「」等。 (1991年-2003年) - 立ち上げ時の主力作家では唯一末期まで参加を続けた。 (1991-97年) - 「」のキャラクターデザイン担当として有名。 (1991-1996年) - 現在は成人漫画を中心に活動。 (1991-97年) - 初期には「ありきた」名義。 「」公式イラストレーター。 (1991-92年) - 1992年にから発売されたスーパーファミコンソフト「弁慶外伝 沙の章」に、スペシャルサンクスとして「柳草一郎」名義でクレジットされている。 (1991-2002年) - 別名柳田なお。 代表作に「千秋ツーフェイス」等。 (1992年)• 1992年• (1992-94年)• (1992年)• (1992年) - 木村学、鈴木和臣の合同ペンネーム。 (1992-95年、2002年-2003年) - 後述する坂本つくねは実妹。 (1992年)• (1992-95年) - 初期には「鈴木学」の名義で描いていた。 ミュージシャンとしても活動。 (1992年)• (1992年)• (1992年) - 現在の田村きいろ。 (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992-95年)• (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992年) - 代表作に「あんたっちゃぶる」等。 (1992年) - 「」出身。 代表作に「スーパー極道マン」。 (1992年) - 代表作に「とわいらいと通信」等。 (1992年)• (1992年) - 「月刊ファミコン4コマ王国」、「コミック ファミコン王国」の投稿コーナーで選考委員を一時期担当。 (1992年)• (1992年) -代表作に「だって高津なんだもの!! (1992年) -元のスタッフ。 (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992年、1997年) - 1997年には「平野豊」の名義で描いている。 (1992-1996年) - 現在は「古事記王子」名義で成人漫画を中心に活動。 一部漫画では「錦山天神」、「新撰組と福原君と西本君」、「福原君withムッキー」、「こうじ君」名義を使用。 (1992年-2003年) - 高沢浩里の夫。 (1992年) - 「」等ワルキューレシリーズのキャラクターデザインで有名。 (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992年)• (1992-1994年)• (1992年) - 「」の「スーパーマリオ」シリーズ漫画で知られるの実妹。 (1992-1994年) - 現在は漫画家の他にフィギュアの造形師としても活動。 (1992年)• (1992年)• (1992年) - イラストレーターのは実父。 現在は父親同様イラストレーターとして活躍。 (1992年) - 出身。 (1992年) - 代表作に「」等。 (1992-93年) - 一部漫画は「よねやまともこ」名義で描いていた。 (1992年)• (1992年)• (1992年) -「」出身。 代表作に「キッチンファイター」。 (1992年)• (1993-97年)• (1994-97年) - 「」のゲーパロ4コマグランプリ出身。 一部では「ひろよし」の名義で描いている。 (1994-2002年) - 代表作に「デコレーションパック」(連載)。 神北ガマン名義で「」の投稿コーナーである「アニメアイ」のイラストを長く担当していた。 (1994-1996年) - 代表作に「宇宙の幸」等。 4コマまんが王国を離れて以降は、ペンネームの読み方が「 まつもとえいこう」へ変更されている。 (1994-1995年) - 一部漫画は「みやすみ」名義。 (1994-2001年)• (1994-98年) - ペンネームの読み方は「よしかず」だが、「真サムライスピリッツ 4コマまんが王国」のみ「 ほういち」との記載あり。 デビュー前は新声社の「4コマ決定版」シリーズ内の読者投稿コーナーに掲載された経験がある。 (1995年)• (1995-2002年) - 初期の読みは「あずましずば」だがすぐ「あずましずま」に改名。 「東シズマ」名義でも執筆。 (1995年)• (1995年-2003年) - 藤井昌浩の妻。 (1995年)• (1995年) - 佐々木亮の夫。 本職は漫画原作者。 (1995年) - 現在は成人漫画家として活動。 1996-2000年 [ ]• (1996年)• (1996-2003年) - 今木商事の実妹。 (1996-97年)• (1996年) - 代表作に「アホ汁」シリーズ等。 (1997年)• (1997年-2002年) - まつやま登の夫。 代表作に「こみ小話」等。 (1997年) - 「4コマ漫画劇場」でも執筆。 (1997-2002年) - 代表作に「お姉さまの逆襲」等。 (1997年-2003年) - 2001年頃より「大賀一五」に改名。 (1998-2002年)• (1998-2002年) - 代表作に「」等。 (1999年)• (1999-2002年)• (1999年-2003年) - 「4コマギャグバトル」シリーズでも執筆。 (1999年-2003年) - 代表作に「」。 (2000年) - 「4コマギャグバトル」シリーズでも執筆。 2001年以降 [ ]• - 代表作に「」、「ど先端ナース」等。 - 後に「藍月イオン」へ改名。 - 代表作に「RUNRUNブラザーズ」、「」(月刊少年ギャグ王版)等。 - 代表作に「武天のカイト」等。 - 「」初期の作品である「横須賀熱血ロード」等で有名。 - 「4コマ決定版」シリーズでも執筆。 - 「4コマギャグバトル」シリーズでも執筆。 - 「4コマギャグバトル」シリーズ時は「佐藤キヨミ」名義も使用。 後に「土久清正」名義を経て「清正」に改名。 - 「」シリーズのコミカライズ版を担当した事で有名。 - 代表作に「」等。 - 代表作に「」等。 - 児玉さとみ名義で声優としても活動。 また、「熱血硬派くにおくん 4コマまんが王国」シリーズ等一部の単行本ではゲーム開発会社スタッフが執筆した作品も掲載されている。 脚注 [ ].

次の