ほくろ 触る と 痛い。 足の裏のほくろは危険?ということで病院に行ってみた

頭のてっぺん(頭頂部)を触ると頭皮が痛い!理由と直し方は?

ほくろ 触る と 痛い

ほくろの痛み・かゆみの原因は? 病気の可能性は? そもそもほくろとはなんなのでしょうか? 正確には、 メラニン色素をもつ皮膚の細胞が集まってできた、良性の腫瘍(できもの)です。 遺伝によってほくろができやすい人もいますし、 紫外線を浴びたことの蓄積、ストレスや疲労が重なってほくろができることもあるそうです。 ふつうのほくろは良性ですから、気にすることはありませんが、痛みやかゆみがある場合は、やはり要注意。 原因としては以下のようなものが挙げられます。 皮膚ガン メラノーマ、別名を悪性黒色腫という皮膚ガンの一種は、痛みやかゆみが出ることがあります。 老人性血管腫 加齢によって生じる血管腫の一つで、 かたちがほくろに似ています。 毛細血管が集まって皮膚の表面に見えるようになるため、色は赤っぽいことが多く、かゆみがあります。 病院へいくべき? 上に挙げた原因のうち、 老人性血管腫は放置しておいても問題はありません。 美容上、気になる場合は皮膚科や美容外科で診察してもらいましょう。 なによりやはり気になるのは皮膚ガンですよね。 メラノーマというガンは、 比較的若い世代の方がかかりやすく、進行が早いのが特徴です。 気になる方は、ぜひ皮膚科の診察を受けてみてください。 できれば、総合病院の皮膚科がよいでしょう。 ほくろに痛みやかゆみがある方は、次の症状 (どれかひとつでも)に該当していないか、確認なさってみてください。 短期間で大きくなる 通常、ほくろはいったんできてしまうとそれほど大きさが変わることはありません。 短い期間で目で見て分かるほど大きくなるとき、また、大きさが5〜7mmを超えているならば、要注意です。 色にムラがある ほくろは茶色や真っ黒、青みがかったアザのようなものまで、人やできる場所によって色がさまざまですが、メラノーマの場合、 ひとつのほくろのなかで色に極端なムラがあります。 形が非対称である 通常、ほくろは円形やだ円形をしていますが、メラノーマの場合は境界線があいまいで、左右非対称のいびつな形をしています。 出血がある ほくろの部分にケガをするなどの理由がないのに、出血があった場合、とくに黒っぽい血液や体液が出てきた場合、これもメラノーマの特徴です。 ほくろの場所 手のひらや足の裏など、ふつうほくろができやすい位置と違う場所であれば、これもメラノーマの特徴のひとつです。 とくに 日本人は、足の裏にできることが多いのだとか。 いかがでしたでしょうか。 今回こちらの記事にたどり着いてくださったということは、 もしやご自身やご家族に、ほくろの痛みやかゆみの症状がおありの方なのかもしれません。 少しでもお役に立てたでしょうか? メラノーマは、過去20年で発生率がとても増えているガンなのだそうです。 もしも、ほんのわずかでも心配な症状があるのでしたら、すぐにお医者さまにかかってくださいね。

次の

【医師監修】ほくろが痛いときは病気に注意?

ほくろ 触る と 痛い

そのほくろ、もしかしたら皮膚ガンかも? ほぼすべての人に必ずあると言っていいほくろ。 その数は個人差があるが、体のいたる所にある人が大半だ。 「泣きぼくろ」という言葉に代表されるように、ほくろはその人のチャーミングポイントと言われることもある一方で、気に入らない場所にある場合は美容整形で除去することも可能だ。 このように、いい意味でも悪い意味でも私たちの見た目や印象に影響を与えるほくろだが、実はこのほくろに姿形が似た皮膚ガンがあることはご存じだろうか。 本稿では、南青山皮膚科 スキンナビクリニックの院長である服部英子医師の解説をもとに、皮膚ガンの種類や検査・治療方法などについて紹介していこう。 皮膚ガンの種類を学ぶ 皮膚ガンは、皮膚を構成する細胞が悪性に変化したものの総称だ。 主だった種類は以下の通り。 「リンパ節や内臓に転移することはありますが、早期発見で転移までいかないものも多いです。 胃ガンなどのように重症化しやすいケースは、あまりないのではないでしょうか。 皮膚ガン全般は、60歳以上の高齢者で発症するケースが大半ですね。 紫外線への暴露ですとか、慢性炎症の繰り返しなどが、皮膚ガン発症のベースとしてありますので」。 そんな中、10万人に1. 5~2人ほどの発症率で、年間1,500~2,000人ほどの患者を生み出している皮膚ガンが、ほくろに似ている「悪性黒色腫」 メラノーマ だ。 メラノーマは、メラニンを作る色素細胞「メラノサイト」が悪性化したことが原因で発症する。 黒色調の色素斑や腫瘤 しゅりゅう ができ、ほかの皮膚ガンよりも、比較的転移しやすいと言われている。 発症するはっきりとした原因はわかってはいない。 「メラノサイトは体中にあるため、メラノーマはどこにできてもおかしくはないのですが、日本人は末端にできやすい『末端黒子型』と言われています。 欧米の人は『表在拡大型』と呼ばれ、体などにできることが多いと言われています」。 メラノーマとほくろの簡単な見分け方 それではメラノーマの見つけ方、すなわちほくろとの見分け方にはどのようなものがあるのだろうか。 服部医師は以下の3つの特徴が見られる場合、メラノーマと疑った方がよいと話す。 特徴3 気づかないうちに出現したもの 何となくではあるが、自身のほくろの場所を把握している人も少なくないだろう。 ただ、ある日ふと、見知らぬ場所にほくろらしきものを見つけたら、急速に成長したメラノーマの可能性もあるため要注意と覚えておこう。 これらは一般的なメラノーマの見分け方だが、中には特有の黒い色素のない「ア・メラノティック・メラノーマ」と呼ばれるタイプもあるという。 肌と同じか、やや赤みがかった色で、ちょっとした傷やたこのように見えるという。 ただ、10万人に1. 5~2人ほどの発症確率のメラノーマの中でも、さらにまれな症例。 それらしきものを見つけても、そこまで神経質になる必要はないと言えそうだ。 検査・治療方法を知る 万一、メラノーマとおぼしきものを見つけてしまった場合は、皮膚科や病院などで通常の「視診」もしくは、ほくろを拡大して観察する「ダーモスコピー」と呼ばれる検査を受けるのが一般的だ。 「ダーモスコピーの結果も疑わしい場合、『生検』という皮膚の一部を採取する検査をします。 生検してメラノーマだった場合は、すぐに患部の拡大切除手術をしたほうがいいですね。 ダーモスコピーは普通の皮膚科でもできますが、判断が難しいため、セカンドオピニオンを推奨する場合もあります。 治療は患部の拡大切除手術と所属リンパ腺への転移がないか確認する『センチネルリンパ節生検術』か、あるいは所属リンパ節転移があった場合は『所属リンパ節郭清術』をします」。 切除後は、抗ガン剤やインターフェロンを使用するが、初期段階で切除した後の全身検査で問題なければ、抗ガン剤使用などを控えるケースもある。 服部医師は、「早期発見・診断をされれば手術をするのみですみますが、治療後も再発・転移がないか定期的な検査・診察は必要になってきます」と話す。 「悪性」という名が示す通り、メラノーマは放置しておけばリンパ節などに転移して死亡する可能性もある。 それだけに、日ごろから自分の体や体調に気を配るようにしておき、少しでも不安に思ったら医療機関を受診するような習慣を持つようにしておこう。

次の

【皮膚科】ほくろが大きくなり病気を疑って病院へ行った結果|シティリビングWeb

ほくろ 触る と 痛い

もくじ• ほくろとメラノーマの見分け方 ホクロかメラノーマかを見分けるときは、以下の3点をチェックしてください。 ほくろから 毛が生えているか• ほくろが 「ABCDEの法則」にあてはまっているか• ほくろに 痛みや かゆみがあるか ほくろから毛が生えているか ほくろがメラノーマじゃないか今すぐ簡単に調べたい!というときは、 気になるほくろに毛が生えているかを見てください。 メラノーマの場合、 毛が生えることはありません。 メラノーマは、皮膚の細胞が悪性化し壊れてしまっているために、毛が生えなくなります。 ほくろの毛については、で詳しく解説しています。 「ほくろから毛が生えてない!ヤバい!やっぱ皮膚がんかも!」と思った方、ちょっと待ってください! ホクロから生える毛は、黒くて細長い毛だけではありません。 うぶ毛よりもさらに細かいような、 短い白い毛が生えていることもあります。 この毛は、よ~~~く目を凝らしてみないと見落としてしまいます。 できるだけホクロに目を近づけて(ピントが合うか合わないか、くらい!)、もう一度毛が生えていないかをチェックしてみてください。 ABCDEの法則に当てはまっているか 「やっぱり毛がないかもしらん」、「ほかにも分かりやすい見分け方を知りたい!」という方にはこちら。 ほくろがメラノーマへ変わる初期症状として、 「ABCDEの法則」と呼ばれる特徴が見られる、とされています。 あなたのほくろが、これらに当てはまっていないか確認してください。 A(Asymmetry):かたちが左右非対称である B(border irregularity):はじがギザギザしている。 境界がはっきり鮮明な部分と、不鮮明な部分がある。 C(Color variegation):黒褐色が多いが、色にムラがある。 青・赤・白色などが混ざることもある。 D(Diameter enlargement):直径が6mm以上ある。 E(Evolving lesion):大きさ、形、色、表面の状態など症状の変化がある (アメリカ皮膚科学会「ABCDEの法則」) 特に、「E」の、 「大きさ、形、色、表面の状態など症状の変化がある」には注意が必要です。 ほくろの色が変わった• ほくろが急に大きくなった• ほくろが急に盛り上がった• ほくろがジュクジュジュしたり、しこりのようなものができた など、最近ほくろに変化はありませんか? これらに当てはまっているからといって、「絶対に皮膚がんだ!」という訳ではありません。 しかし、これからメラノーマに変化していく可能性がないとも言いきれません。 今後、気づいたときでいいので、 ほくろに変わりはないか定期的に確認することをおすすめします。 痛みやかゆみがあるか 最後に、「ほくろがジクジク痛い」とか「ほくろがなぜかかゆい!」と、「もしかして皮膚がんかも?」と疑う人がいらっしゃるようです。 ほくろがメラノーマに変わる初期段階では、基本的に 痛みやかゆみはありません。 (参考:メディカルノート) 「ホクロが痛い!かゆい!」というときには、• ほくろの下に粉瘤(ふんりゅう)ができている• メラノーマがかなり進行している などの可能性があります。 メラノーマはどこにできやすい? メラノーマができやすい場所を説明する前に、「メラノーマの種類」について、少しだけ説明させてください。 ややこしいのですが、 メラノーマには4つの種類があります。 この4つのなかでも、日本人が特になりやすいのが 「末端黒子型(まったんこくしがた)」です。 名前を覚える必要はありません。 ただ、日本人がなりやすい「末端黒子型」は、• 足の裏• 手のひら• 手足の爪のなか にできやすい、ということはぜひ覚えておいてください。 これを覚えておくことで、もしあなたの足の裏や手のひらにホクロができたときに「もしや?」と疑うことができ、 早期発見につながるからです。 それでは、メラノーマの4種類について、表で簡単に説明いたします。 病型(名前) 特徴 できやすい場所 でき方 末端黒子型(まったんこくしがた)黒色腫 日本人に一番多い 足の裏、手のひら、手足の爪の中 初期には褐色(黒ずんだ茶色)のシミができて、徐々に色の濃淡ができる 表在拡大型(ひょうざいかくだいがた)黒色腫 白人に多いが、 日本人にも増えている 胸、お腹、背中などの胴や手足 やや盛り上がったシミができる。 輪郭はギザギザ・モヤモヤしていて色もまだら 結節型(けっせつがた)黒色腫 特になし 全身のどこにでもできる 早期から盛り上がっていることが多い。 色は濃い黒で、徐々に濃淡が混ざるようになる 悪性黒子(あくせいこくし)型 高齢者に多い。 顔、首、手の甲など日光に当たりやすい部分 早期は褐色(黒ずんだ茶色)のシミができ、濃い黒い色が混ざり、一部にしこりができる 特に、「末端黒子型」ができやすい 足の裏は、なかなか見ることがないので、見逃されることも多いんです。 すでに、足の裏にほくろがある方もいらっしゃるでしょう。 もちろん足の裏にほくろがあるからと言って、すべてがメラノーマだという訳ではありません。 しかし、これから悪性化する可能性がないとは言い切れません。 思いだしたときでいいので、「足の裏にあるホクロ、色とかサイズ変わってないかな~?」と、チラッと確認するようにしてくださいね。 皮膚がん(メラノーマ)かどうかの検査について ほくろが良性かそうでないかを、病院(皮膚科)で検査してもらうことができます。 メラノーマの検査方法は、• ダーモスコピー検査(拡大鏡で見る)• 皮膚生検(ひふせいけん:ほくろを切り取って顕微鏡で見る) が使われています。 検査の流れとしては、まず ダーモスコピー検査によって、医師の目で「ホクロかメラノーマか」を検査。 ダーモスコピー検査をして、悪性の可能性があるときは、 皮膚生検(ほくろを切除して検査)をすることになります。 ダーモスコピー検査 ダーモスコピー検査では、患部を10倍~30倍に拡大して見ることができる「ダーモスコープ」という拡大鏡で、ほくろの色・形・模様などを確認します。 痛みは全くないので、「痛いのがこわい!」とビビることもなく、気軽に受けることができます。 「このホクロは悪性じゃないかな~?」と不安な気持ちが止まらない方は、ぜひ検査を受けてみてください。 病院によって、ダーモスコピー検査を受けられないところもありますので、診察を受ける前に確認してくださいね。 皮膚生検(切除検査) ダーモスコピー検査をして、ほくろが悪性の可能性があるときは、 皮膚生検(ホクロを切り取って、顕微鏡で詳しく調べる検査)をします。 ほくろの細胞そのものを検査にかけることで、確実に「ほくろが良性か悪性か」が分かります。 ホクロ全部を切り取って調べるものを「全切除生検」、ホクロの一部を切り取ってしらべることを「部分生検」と言います。 局所麻酔をするときの痛みはありますが、ほくろを取るのに痛みはありません。 ほくろ除去前にダーモスコピー検査を!(一応) 美容外科や皮膚科でほくろを取る前に、 ダーモスコピー検査を受けることをおすすめします。 というのも、ほくろが悪性腫瘍だったとき、レーザーで刺激をしてしまうと 転移や増殖をする可能性があるから。 といっても、「ホクロを取る前にダーモスコピー検査を受けてないよ!」という人がめちゃくちゃ多いのも事実。 それに、次の項目で説明しますが、日本人は皮膚ガンになりにくい人種なんです。 ブログで発信している以上、「正直、検査受けなくてもホクロ取っていいと思うよ」と大声で言えないのつらいところ(言ってる)。 なのですが、正直心配しすぎる必要はないかな?という感じです。 ですが、最後は自己責任でお願いします・・・。 日本の皮膚がん罹患率はとても低いという事実 ここまで読んでくださったあなたは、 「やっぱり私は皮膚がんにかかっているんじゃないか」 「私はほくろが多いから、どれか一つは悪性化しちゃってるかも…」 と、心配されているかもしれませんね。 ただ覚えておいていただきたいのは、 日本は、世界でもっとも皮膚がんになりにくい国ということです。 (引用:) 少し前のデータですが、1999年時点では、男女ともに 10万人に3~5人という罹患率。 罹患率が低いからといって、「あなたが絶対に皮膚がんではない」とは言い切れませんんし、「絶対に皮膚がんにならない」訳でもありません。 ですが、「こっちのホクロもガンかも。 気になって夜も眠れない」というように、過剰に心配する必要はありません。 ただ、何度も同じことを言ってしまい申し訳ないのですが、「さいきん、色、形、サイズが変わったホクロ」は注意してみておくようにしてくださいね。 子供も皮膚がん(メラノーマ)になる? 子供がメラノーマになることは、 すごく珍しいことです。 日本皮膚悪性腫瘍学会が出しているという論文では、 「日本でメラノーマを発症した例は、1993年時点までで29件」としています。 1993年以降に、子供のメラノーマの発生件数が増えたというデータはありませんので、その後もほとんど増えていないと考えられます。 子供の悪性黒色腫はとてもまれですが、まったくない訳ではありません。 もしお子さんにほくろがあったら、「ABCDEの法則」に当てはまっていないか、定期的に確認してあげてください。 子どものメラノーマ(小児メラノーマ)について詳しく知りたい方は、さきほど紹介した論文をご覧ください。 皮膚がん(メラノーマ)ができる原因 肺がんや腎臓がんなどの「がん」の原因もはっきりとは分かっていないように、メラノーマができるハッキリとした原因も分かっていません。 しかし、• 外部からの慢性的な刺激• 紫外線 が関係していると考えられています。 外部からの慢性的な刺激 日本人は、紫外線を浴びにくい「足の裏」や「手足の爪」などにメラノーマができやすいことから、 「慢性的な刺激」が原因のひとつだと考えられています。 ただ、「どれくらいの刺激を、どれだけ受けたらガン化するのか?など、詳しいことはまだまだ分かっていません。 ガンについては研究途中のことも多いので、これから解明されるかもしれませんね。 紫外線 紫外線も、メラノーマができる原因のひとつだと考えられています。 しかし、 人種によって紫外線の影響力が変わることも分かっています。 皮膚悪性腫瘍ガイドラインによると、黄色人種である私たち日本人にとって、「 紫外線の関与は少ないと考えられる」と発表されています。 しかし、白色人種(白人)は、「紫外線にとても弱く、メラノーマがもっともできやすい人種」で知られています。 白色人種は、メラニンを作り出す細胞の「メラノサイト」の数が日本人よりも少なめ。 紫外線から細胞を守ってくれるメラニンをあまり作れないから、紫外線の影響をモロに受けやすいんだそうです。 日本人はたしかに紫外線の影響を受けにくいものの、「紫外線を浴びても絶対にメラノーマにならない」という根拠はありません。 あくまで「影響は受けにくい」というだけなので、油断はしすぎないようにしましょう。 皮膚がん(メラノーマ)を予防する方法 慢性的な刺激を避ける といっても、「足の裏に刺激を与えたくないから歩かない!」「爪への刺激を避けたいからパソコンを触らない!」なんてことはできませんよね(笑)。 日常生活で受ける刺激はどうしようもないので、気を付けすぎる必要はありません。 しかし、• ホクロをつまようじで取ろうとする• ホクロをむやみやたらに触る のように、自ら刺激を与えないようにしてください。 「メラノーマとは」でも説明しましたが、メラノーマの原因のひとつは「ほくろの細胞が変化すること」にあります。 でき初めは「ただのホクロ」であっても、何度も刺激を与えているうちに「メラノーマに変わってしまう」ということもあり得てしまいます。 紫外線対策をする UVA・UVBのどちらも防ぐことができる日焼け止めを使うことで、 「メラノーマ自体の発生率は下げられないものの、メラノーマのもとである母斑細胞の発生率は下がる」ということが分かっています。 このことから、「紫外線予防をしてもメラノーマの予防にそこまで意味はないんだよね。 でも日焼けをするメリットはないからしっかり日焼け対策しよう!」 というような内容が、皮膚科の公式ホームページやお医者さんのブログで書かれていることが多くあります。 紫外線対策をすることで直接的にメラノーマが予防できる訳ではありませんが、メラノーマのもとである細胞ができるのは予防することができます。 少しでもメラノーマを防ぐために、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、長そでを着る(羽織る)などをして、積極的に日焼け対策をするようにしてくださいね。 その他の皮膚がん 皮膚がんには、ここで説明した「メラノーマ」以外にも、• 有棘(ゆうきょく)細胞がん• 基底(きてい)細胞がん があります。 メラノーマ(ほくろのがん)とは少し異なりますが、こちらも簡単に説明させていただきます。 基底細胞がん(きていさいぼうがん) 皮膚は「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層になっているのですが、この「基底層」にある細胞や、毛を包んでいる「毛包(もうほう)」という部分の細胞が悪性化したものです。 日の当たりやすい「頭」「顔」「鼻のまわり」「上下まぶた」「上唇のまわり」にできやすいことから、紫外線が主な原因だとされています。 初期には、盛り上がったホクロのようなできもの(おでき)ができ、進行するとともにサイズが大きくなります。 有棘細胞がん(ゆうきょくさいぼうがん) 皮膚の「有棘(ゆうきょく)層」にある細胞が悪性化する皮膚がんのこと。 紫外線が原因だとされていて、日の当たりやすい「顔」「首」「手の甲」などにできやすいです。 高齢化するにつれ、かかりやすくなることでも知られています。

次の