東京葬儀 評判。 東京都|優良葬儀社ランキング

東京葬儀の口コミ・評判

東京葬儀 評判

火葬式 通夜・告別式などをせず、少数の親族で火葬のみを執り行い、火葬場で儀式や納棺するプラン。 一日葬 通夜をせず、告別式や火葬を一日で執り行い、葬儀を一日で済ますプラン。 家族葬 親族を中心に通夜・告別式を葬儀場で執り行うプラン。 一般葬 近親者以外にも故人の友人・仕事関係者・近所の方など、幅広く盛大に見送るプラン。 お葬式のエリア 葬儀の対象地域は 東京・神奈川・千葉・埼玉のエリア内です。 いろいろなメディアで取り上げられていて、注目を集めている葬儀社で、エリア内ならホントおすすめです。 一日一家族限定、 とにかく家族のことを第一に考えた、心に残るお葬式にしてくれます。 故人の趣味や好きだったもの、例えばぬいぐるみで式場を飾ったり、花でバイクをかたどった祭壇にしたり。 東京葬儀のパンフレット お願いすればパンフレットをすぐに届けてくれ、本当に親身に相談にも乗ってくれます。 実際に、私が資料請求したときに届けてくれたパンフレットです。 東京葬儀のパンフレットはひと味違っていて、手作業で作られた絵本のような仕上がりになっています。 一つ一つ丁寧に紙を切り貼りし、手書きのコメントもあります。 葬儀屋のパンフレットなんて、お葬式の時にしか見ることはないでしょうけど、この本はいつまでも残しておきたくなる1冊です。 特典として、絵本パンフレットを請求した人限定で、優待券をもらえます。 (絵本パンフレット内のQRコードで限定ページへアクセスできます) こんな手の込んだ作りになっているパンフレットをもらったのは初めてです。 鈴吉堂に在籍するプランナー 東京葬儀は、株式会社「鈴吉堂」が運営しています。 項目 概要 会社名 鈴吉堂 本社 東京都新宿区四谷4-33 四谷ビル 事業概要 「ちょうどいい家族葬専門」葬儀社 設立 2011年10月 資本金 3,000万円 6人の若いプランナーが在籍しており、みんな笑顔が素敵な話しやすい感じが印象的です。 それぞれプロフィールをしっかり公開しているので、担当がどんな人柄なのかという不安がなくなります。 東京葬儀の評判を口コミから評価する 東京葬儀は、葬儀社の口コミサイトで3年連続 ランキング1位の評価を獲得しています。 今回は、その口コミサイト()より評価を引用します。 2019年9月時点において、東京葬儀へは95件の口コミと評判が投稿されています。 09! 評価の低い口コミと評判 まずは、評価の低い口コミと評判から紹介します。 3社に見積もりし、金額と対応を比較したが、正直ここよりも安い葬儀社はあった。 でも実際にお願いしてからも親切丁寧な対応をしてもらい、満足している。 参列人数がはっきりしない中よく対応してもらった。 スタッフの人も20代から30代くらいの若い人ばかりだが、本当に良く対応してくれて、葬儀社に対しての印象が変わった。 結局は会社の大きさじゃなく、担当の人次第なんだと思った。 手際よく色々とやってもらったし、関係ないことにも相談に乗ってもらえた。 スタッフの方もテキパキ動いている印象。 市の補助金などのアドバイスや、役所への資料提出など細かな対応までしてくれた。 近所の葬儀社に見積もりを取ったら、東京葬儀さんの倍以上の金額を言われていたので、費用的にも本当に助かった。 一部しか紹介できませんが、このようにとても満足のいく声が多いのが特徴です。 東京葬儀のスタッフは若い人ばかりなのに、テキパキと働き、親身に相談に乗ってくれることが好印象です。 口コミや評判からわかる東京葬儀のメリット 高い評判や口コミから分かる、東京葬儀のメリットを紹介します。 1日1家族限定のお葬式 東京葬儀にお葬式を頼む1つ目のメリットは、 1日1家族のみしか受け付けていないこと。 1日に何組も葬儀の予定を入れられ、手配ミスをされたらたまりません。 少ないスタッフ数ですが、今のところ日程調整でお断りされた家族はいないとのこと。 東京葬儀の担当プランナーと打ち合わせした内容は、スタッフ全員で誠意をこめて検討しているところも高評価です。 東京葬儀は、大切な家族をゆっくりお見送りをしたい方に向いています。 見積もりがバカ正直 東京葬儀に見積もり依頼すれば、かなり細かな見積書を出してくれます。 しかし、そのためにはお葬式の内容や、参列者の人数などが分からなければスタッフも作成できません。 「とにかく見積もりだけ送って!」 というメールをいただくことがあります。 しかし、お葬式にかかる すべての費用をカンタンに出すことはできません。 なぜなら「式場や火葬場」「親族・友人の人数」「お坊さんへのお布施」「搬送が必要な距離」「安置の場所・日数」・・・ そうしたお客様のご状況・ご希望をお伺いして初めて、「正しい見積り」を出すことができるからです。 ~中略~ 「葬儀一式〇〇万円」と宣伝している葬儀屋さんがありますが、僕たちお葬式の専門家からすると、不思議です。 同じように、お客様のご状況・ご希望をお伺いせずに見積もりを出せることも、不思議です。 出せたとしても、そのお見積りは、「あてにならないお見積り」です。 ~中略~ 僕は、そんないい加減なお見積りは出したくありません。 当社に決めていただかなくて結構です。 ~中略~ 押し売りは一切いたしません。 2017年12月に実際に送った手紙だそうで、本当に「バカ正直」な会社で、好感度が上がりますね。 追加費用が発生しない 見積りを取るにあたっては費用面がとても心配になります。 一般財団法人日本消費者協会によるアンケート調査結果によると、 195. 7万円が葬儀費用の相場です。 東京葬儀でかかる葬儀費用は、ネットでよく見かける格安葬儀にくらべ高額です。 しかしそれは、バカ正直な見積もりを出しているためです。 そこらの格安葬儀は、葬儀一式の料金価格で見積もりを出しており、追加費用が発生することが多々あります。 その点、東京葬儀では正確な見積りで、追加費用が発生しません。 売り込み・押し売りが一切ない 見積り内容については、「お茶のみ相談」で家族の希望を聞いたうえで出してくれます。 お茶のみ相談とは、自宅や勤め先近くの喫茶店やファミレス、病院のロビーなどにスタッフが来てくれ、そこでゆっくりお茶を飲みながら相談することです。 もう一つ大切なポイントは、お茶のみ相談で 売り込み・押し売りを一切しないという点です。 一般の葬儀社でよく聞く苦情が、希望するプランより高いプラン、花祭壇や棺のランクを上げるなどの押し売りです。 東京葬儀は、売り込み・押し売りを一切しないと断言しており、私が見積ったときも一切そのような行為はありませんでした。 そればかりか、どうすれば節約できるかを自分のことのように考えてくれます。 まとめ/東京葬儀はデメリットも教えてくれえる 東京葬儀の葬儀場は、東京・神奈川・千葉・埼玉のエリアの中から選べます。 公式サイトで掲載している施設数は、東京523、神奈川206、千葉43、埼玉114。 (2019年9月時点) この施設の1つ1つに細かな説明があり、たとえば次のイラストのように、駅チカや宿泊可能といった特徴が書かれています。

次の

評判の良い東京にあるペット火葬・葬儀会社6選【口コミあり】

東京葬儀 評判

数字で見る東京都のお葬式 お葬式自体にかかった費用 1,308,300円 飲食費 428,500円 返礼品費用 391,600円 会葬者の人数 49人 参列者からのお香典の合計 761,800円 東京都の葬儀事情 東京都のお葬式は、ほとんどが葬儀後に出棺し火葬をする「後火葬」です。 通夜~葬儀・告別式~火葬~繰り上げ初七日・忌中払いの会食が一般的なお葬式の進行です。 「通夜は親族だけでしめやかに、告別式は盛大に」というのが全国的な葬儀の傾向ですが、東京都では通夜の方に一般の方が多く参列し、葬儀・告別式は親族を中心に行うことが多いようです。 また、東京都では、通夜の参列者に「通夜振る舞い」を行いますが、福生市などでは行わないケースもあります。 焼香を終えた人から順に別室へ案内し、軽い食事や酒を出します。 通夜振る舞いを省略する場合は、手土産を用意することもあります。 最近はこうした手配を葬儀社で行ってくれるので、あらかじめ大まかな人数や料理の内容、手土産の有無などを決めておく必要があります。 しきたりとはやや意味合いが違いますが、ほかの地域に比べ民間の火葬場が多いのが大きな特徴です。 23区では、公営の火葬場が江戸川区の瑞江と大田区の東海に2ヵ所あるだけで、ほかは民間が運営する火葬場です。 逆さにした臼に腰かける? 東京でも多摩地域では「逆さ臼」にまつわるしきたりがあります。 火葬場から戻ると、逆さに置かれた臼に腰かけて清め塩をします。 臼がない場合は臼の絵を描いた半紙を逆さにしてイスに貼り付けて代用します。 繰り下げ初七日? 東京都では、公営施設や火葬場併設の民営施設など、人気のある式場では1週間先まで予約が埋まっていることがあります。 そのため、通夜を行えるのが7日後ということも珍しくありません。 お葬式までの間、故人は自宅、または火葬場に併設されている冷蔵保管庫や葬儀社の安置施設などで安置します。 特に年末は込み合っていて、葬儀まで10日以上待たなければならないということも起こります。 この場合、初七日は、繰り上げではなく、繰り下げになってしまいますね。 東京都のお葬式に参列する 東京都のお葬式の場合、参列者は通夜に焼香に行くことが多く、平日の葬儀には、参列者がかなり減ります。 亡くなった方との関係が近しい場合は、通夜と告別式の両方に参列した方がよいでしょう。 その場合、香典は通夜のときに渡し、葬儀・告別式では受け付けだけを行います。 通夜参列後は、通夜振る舞いの飲食に案内されます。 通夜振る舞いを出されたら、故人の供養のため、遠慮せずに箸をつけるのがマナーです。 長居はせず、30分~1時間をめどに退席します。 また、23区の通夜振る舞いは着席が多く、都下の場合は立食が多いようです。 返礼品は、香典返しを兼ねる即返しが多くなっています。 通夜振る舞いは関西と逆? 東京の通夜振る舞いは、親族だけでなく焼香に訪れた一般の参列者にも振る舞います。 遺族のみで食事をする関西から見るとまるで反対です。 焼香が終わると、そのまま係の人が別室に案内し、そこで寿司やオードブルなどを食べます。 故人の供養のために、一口でも箸を付けるのがマナーです。 葬儀社に聞いた葬儀しきたり 稲城市 火葬場から帰ってくると、逆さにした「うす」に腰かけて清め塩と手洗いを行ないます。 (「うす」が無い家では半紙に絵を描きます)お祝い事で使う「うす」を逆にする事で弔事を表わし、そこに腰かける事で、悪い事( 近年では、省略されてきていますが、篭をあんで作り(直径50cmくらい)そこに山盛りの団子(枕団子と同じ物)を入れ仏前に供えていました。 篭は墓地へ向かう葬列の際に、子供たちにその団子を配っていたそうです あきるの市・日の出町 お通夜は通常通り行いますが、告別式は朝、火葬してから行う場合があります。 瑞穂町 お通夜の時に、一般へのお清めは行わずに、一般弔問者に清酒に砂糖やお茶をセットしたお清めセットを配ります。 多摩地域の多摩川周辺 家蚕(養蚕業)を営んでいた農家のならわしで夏のお盆の日程が様々です。 今でも、その慣習が残っております。 お葬式経験者に聞いた葬儀しきたり 府中市押立町 通常地元の関係者を招くのが普通。 (男性 67歳) 多摩市 香典返しを葬儀及び葬儀後に香典金額に合わせて、再度香典返しの品をお返ししたこと。 (男性 65歳) 東京都の葬儀のしきたりQ&A 「いい葬儀」を運営する鎌倉新書は、長年の出版社としての経験をもとに、お葬式をはじめ、お墓・仏壇・相続など、私たちが人生の終盤に必要となる知識や情報を、ご本人やご家族の方々に提供しています。 また、この領域でのメディア活動を長年にわたって行ってきた経緯から、全国の葬儀社や石材店、仏壇・仏具店のほか、税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家との幅広い情報ネットワークを持つ唯一の会社だと自負しています。 お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、直面した方々にとっては分からないことだらけです。 過去から引き継ぐべきルールやしきたりがある一方、時代と共に変化する家族のカタチやそれに伴ったニーズがあります。 そうした中で「やるべきこと」「できること」「したほうがいいこと」「してはいけないこと」、そして「間違った買い物になっていないか」などに関して、適切な情報提供やアドバイスを行っています。 当サイト「いい葬儀」では、業界リーディングカンパニーのネットワークを駆使し、他の葬儀紹介サイトでは掲載が難しいとされる優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

次の

評判が良い葬儀社ランキング

東京葬儀 評判

東京都の葬儀事情 東京都で葬儀をおこなう場合、他の地域と大きく異なるのは民間の火葬場を利用する地域が多くある事です。 23区内での公営の火葬場は、江戸川区瑞江にある東京都瑞江葬儀所と大田区東海にある臨海斎場です。 瑞江葬儀所は全ての都民が利用出来ますが、実際に利用出来る地域は江戸川区と葛飾区、江東区の一部になるでしょう。 臨海斎場は5区運営のため、優先利用出来るのは大田区、品川区、目黒区、港区、世田谷区ですが、実際に利用しているのは、大田区、品川区、港区の方のようです。 それ以外の方は、23区内に6箇所ある民間の東京博善の斎場を利用します。 瑞江葬儀所の火葬料金は、控え室料金を入れ27,000円、臨海斎場は控え室料金を入れ43,000円です。 民間の火葬場は、通常の火葬炉を利用し、控え室料金を入れ約80,000円、プラスお気持ちで心付けが必要です。 23区外で公営の火葬場が無い地域は、狛江市、調布市、三鷹市、東久留米市、東大和市、東村山市、清瀬市、西東京市、武蔵野市、小金井市、小平市、国分寺市です。 これらの地域は、通常民間の火葬場を利用するため、8万円位の火葬料が必要になります。 同じ都民でも不公平な気がしますが、土地の確保や環境アセスメントの問題があり、新しく火葬場を新設するのは難しく、民間の施設に頼るのが現状です。 東京都での葬儀の場合、自宅で葬儀をおこなう事が殆ど無くなってきた為、式場を確保する事が難しく、さらに式場併設の火葬場に申し込みが集中するので、早い日程で葬儀をおこなうのは非常に困難です。 年末の時期は、火葬場が休みになるので、10日以上日程が伸びる事もあります。 その場合、葬儀当日の繰上げ初七日が、既に7日を過ぎているので、繰り下げ初七日になる、不思議な現象もおこります。 親戚が亡くなったとの報告を受け、遠方からあわてて来たものの、葬儀が一週間先になり、一旦帰ってまた来るという事も聞いた事があります。 遠方に住む親戚には、日程が決まってから来るように伝えるのが無難です。 また、ご遺体を安置する場合も自宅安置する事が少なくなり、半分以上の方が、斎場での預かりを希望します。 葬儀の規模も家族葬が増え、葬儀をしない直葬(火葬のみおこなう)も急激に増えています。 経済的な理由以外にも、近所付き合いや、親戚の付き合いが希薄になった事に加え、亡くなる方の高齢により故人の交友関係が殆ど無くなったのが原因の様です。 一般の葬儀では、東京周辺の場合、通夜の日に参列者が来る事が多いのですが、大阪では、告別式の日に参列者が来るのが一般的です。 また、遺骨になるまでは、身内のみでおこない、参列は骨葬という場所も珍しくありません。

次の