あらんけいいんすた。 アラニン

安蘭けい YouTube

あらんけいいんすた

原作の愛読者からすれば、背景となるフランス社会の描写にやや物足りなさを覚えるかもしれないが、膨大な原作を2時間という枠に絞り込み、焦点を主人公ジュリアン・ソレルの愛の軌跡に定めたアダプテーションは、さすが 柴田侑宏の油の乗り切った時代の作品である(今回の演出は 中村暁)。 そしてこの舞台のキャストたちが、作品の意図をよくわかって消化し的確に表現していることで、原作の魅力がきちんと伝わってくる。 スタンダールの名作「赤と黒」は、 柴田脚本では3度ほど舞台化されている、最も近いものは89年の月組バウホール公演で、当時の二番手スターだった 涼風真世が主演している。 比較論はナンセンスなので、ここでは持ち込まないが、ジュリアン・ソレルという人間へのアプローチが 涼風真世と 安蘭けいでは、対極といってもいいほど違っているのが、当時を知るものとしては興味深く、またどちらも成立させてしまう懐の深さが、名作の名作たるゆえんなのだろう。 大革命から王政復古に揺り戻した1830年。 小都市ヴェリエールに材木商の息子として生まれたジュリアン・ソレルは、ナポレオンを崇拝し、立身出世を志し神学生になるべく学んでいた。 そこでジュリアンは美しいレナール夫人に出会い、彼女を征服する野望を抱く。 だが2人の仲に嫉妬した女中のエリザが密告、ジュリアンはレナール邸から追放される。 そして入学した神学校では、校長のピラールの信頼を得るものの派閥争いに巻き込まれ、パリの大貴族ラモール侯爵のもとで働くことになる。 取り巻きの貴公子たちにあきたらないマチルドは、ジュリアンを誘惑する。 恋の駆け引きを繰り返すうちに惹かれていく2人。 だが2人の恋を知ったレナール夫人からの告発の手紙がラモール侯爵に届き、それがジュリアンを悲劇へと導いていく・・・・・・。 処刑時が23歳という主人公の若さを、メイク、セリフ回し、佇まいなどで浮かび上がらせつつ、同時にジュリアンの内部にある矛盾を演技力で見せていく。 誇り高さと傲慢の裏にあるコンプレックスや不安、愛を踏み台にしながらも足をとられていく脆さや熱情、そんな未整理な自己を生きるジュリアン像が、リアルに描き出される。 遠野あすかのレナール夫人は、信心深さと人間的な部分を併せ持つ女性像を巧みに作り上げた。 子どもが3人いる人妻の落ち着きと美しさは、未婚の若い娘とは異なり陰影を必要とする。 遠野はキャリアと持ち味を生かして、貞淑な夫人の心に潜む愛への渇望を、ジュリアンとの逢瀬でほとばしらせてみせる。 その姿には成熟したエロティシズムが溢れていて、まさに大人の女役の魅力と言っていいいだろう。 長身だが可愛らしさを出せる娘役で、華やかなところはマチルド役にぴったり。 柔軟性のある演技力は、月組時代から定評があっただけに、初顔合わせの 安蘭けいとのやりとりも違和感がない。 あえて苦言を呈するなら、ジュリアンの首を墓場まで抱いていくという女性の、やや狂気じみた危うさが演技のなかにのぞけば申し分ないだろう。 出番が少なくて星組の二番手としてはもったいない使われかただが、堂々とした存在感は、 で成長した賜物か。 フーケの役では温かく友人想いの人柄を、コラゾフでは遊び人の貴族らしい色気と鷹揚さを見せている。 コラゾフ役で、もう少し退廃の香りが深くなるとさらに面白い役割になるはずだ。 キャラクターが鮮明で印象的な役割を演じたのは、 立樹遥のレナール氏。 小都市の町長であり、助役をライバル視して権威を争うという俗物ぶりも、妻や家族を大事にする善人ぶりも過不足なく演じている。 この役が陰湿だとレナール夫人の恋が昼メロ風になりかねないだけに、 立樹の明るさと素朴さ、そして品のよさは、レナール夫人に罪の意識を持たせる説得材料になった。 涼紫央のノルベール伯爵は、マチルドの兄で、こちらも出番が少なくて贅沢なキャスティングの1人。 貴族的な雰囲気はお手のもので、明らかにジュリアンと階級が違うことが自然ににじみ出て、この舞台に必要な封建社会の空気を感じさせてくれる。 まず1幕、ジュリアンを見いだし神学校へと連れて行くシェラン司祭は 英真なおき、情と厳しさを見せている。 レナール氏のライバル、助役のヴァルノ氏・ にしき愛は徹底的に嫌みな存在としてキーマン的役割を果たした。 レナール夫人の友人のデルヴィール夫人は 琴まりえ、訳知りな大人の女性だが品もあり適役。 演出の問題なのだが、ジュリアンに忠告をするところは歌でなくセリフできちんとしゃべらせてほしかった。 でのアニメ少女的印象があったが、意外に大人っぽくて、こちらが本来の持ち味か。 エリザを好きな下僕サン=ジャンは 水輝涼。 田舎の直情的な若者像をさりげなく見せている。 門番の 美城れんは、おいしい役で印象を残した。 特筆すべきはレナール夫妻の3人の子どもたち。 アドルフ・ 如月蓮は男の子らしく、スタニスラス・ 白妙なつとミリアム・ 花風みらいは、とにかく愛らしく無邪気。 ジュリアンとレナール夫人の絶望的な恋とは対照的な、希望と光輝く世界を作りだしていた。 ラ・モール侯爵・ 萬あきらは、マチルドの父らしく包容力と教養を感じさせる作り。 聖職者たちのナピエ大司教・ 紫蘭ますみは風格がにじみ出る。 貴婦人たちはヴァランタン夫人・ 百花沙里、ベルジュ夫人・ 毬乃ゆい、サンクレール夫人・ 星風エレナ、貴族の女の 花愛瑞穂や 初瀬有花などが華やかさを競っている。 またマチルドへの恋の当て馬にされるフェルバック元帥夫人に 華美ゆうかが扮し、仇っぽさを見せている。 若手男役スターの 和涼華や 彩海早矢も出番は少ないが、マチルドの取り巻きの貴族青年の中で美しさを振りまく。 侯爵邸の召使いマリアンヌの 純花まりいは、ジュリアンへの好意を見せるセリフがある。 レナール夫人の告発に関係するヴェリエール教会のフリレール副司教・ 美稀千種と、ラパン神父・ 天霧真世は手堅く締める。 そのほか、牢獄の看守は 天緒圭花。 また、1幕で活躍した 水輝涼、 稀鳥まりや、子どもたちなどが、2幕では貴族や町の人々で場面を賑わしている。 新しいダンス場面の中心となって踊る 柚希礼音は生き生きと実力発揮。 また、 安蘭を迎えての娘役とのデュエットはリフトもあり色濃く、最後は両側に 遠野あすかと 夢咲ねねというトライアングルでの 安蘭の歌で、この作品らしいドラマティックなフィナーレを飾った。 宝塚でしか表現できない男役と女役ならではの官能や美学、大人のエロティシズムやスリリングな恋の駆け引きを、品を落とさずに表現している。 そんな 柴田侑宏の名作は、まだまだ他にもたくさんある。 その作品たちと出演者の幸福な出合いを心から待ちたい。

次の

お名前の ローマ字 変換

あらんけいいんすた

e〜安蘭けい ザ・ラスト も好きだった役って魅力的なんですね。 トウコさんは色々迷っていた時期に雨唄とアイーダに出会い、 「演者・安蘭けい」として頑張っていこうと思ったと。 yahoo. html 宝塚星組 「My Dear New Orleans」「アビヤント」 と三度目の観劇です。 今回は2階席でしたがど真ん中の良席 この公演は、私がずっと応援している 星組トップスターの 安蘭けいさん の退団公演。 html r? e〜安蘭けい ザ・ラスト ながら2人を見守る笑顔が、あまりにも暖かくて。 ステキな組長さんです。 中詰め。 すずみんが歌う「ベルアマン」が「安蘭けい! 」になりました。 yahoo. html 夢の扉…閉まる 愛ちゃんもフツーの若者に、ガンガンアピールしたんやろうなぁ。 21:15頃劇場前が数多のペンライトでキッラキラに! 遥か彼方でピンボケにしか見えねぇ。 オープンカーで颯爽と去ってったー。 goo. 、星組のトップコンビをはじめ、 11名もの方が退団されました。 トップコンビ 安蘭けいさん と 遠野あすかさん は、雰囲気のある素敵なコンビだったんです。 で、安蘭けいさんは誰もが認める歌唱力! もう、ホレボレしちゃいます。 そして、期待されていた女優デビュー第一歩は、やはり「アイーダ」! livedoor. html 宝塚星組 マイ ディア ニューオリンズ ア・ビヤント 逃したセリフは数多いと思いますが、大満足な観劇でした。 安蘭けいさん、ありがとうございました。 これからのご活躍をお祈りしています。 ここ数日、スカイステージの安蘭さん関係番組を録画してはDVDに落とす作業が大変です。 tea-nifty. html コメント salomon shoes fitflop sale red bottom shoes for women yeezy 350 v2 fit flops pandora jewelry lebron james shoes adidas nmd ultra boost longchamp le pliage pandora jewelry nike air max adidas yeezy boost 350 v2 puma fenty jordan 11 under armour stephen curry jordan space jams kate spade nike kd 8 kevin durant shoes hermes birkin bag pandora jewelry birkenstock clearance nike air force nike air force 1 ドリフトliuyuzhen•

次の

あらいけい

あらんけいいんすた

『俳諧 はいかい 七部集』の第3集。 3冊からなる。 荷兮 かけい 編。 1689年(元禄2)刊。 上下2巻は発句集、員外は連句集。 発句集では荷兮、越人 えつじん 、芭蕉 ばしょう 、其角 きかく ら蕉門俳人を中心とし、そのほかに宗祇 そうぎ 、宗鑑、貞室、忠知 ただとも 、季吟 きぎん ら古人や他門の俳人の発句など730余句を収録。 古人の句が多いのは不易 ふえき の句体を示すことを目的としたためであり、そこに元禄 げんろく (1688~1704)の新しい方向が示されている。 員外は蕉門連衆による歌仙9巻、半歌仙1巻を収録するが、許六が「あら野の時、はや炭俵、後猿(続猿蓑 さるみの のこと)のかるみは急度 きっと 顕 あらわ れたり」(宇陀法師 うだのほうし )と指摘するように、軽みの新風がみられるのは注目に値しよう。 なかでも芭蕉、越人両吟歌仙1巻は、『冬の日』から『猿蓑』への推移を示すものとして評価されている。 [雲英末雄] 『中村俊定校注『芭蕉七部集』(岩波文庫)』.

次の