お声掛けさせていただきます。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

ビジネスシーンでの「お声がけ」の意味・使い方と例文・敬語表現

お声掛けさせていただきます

もとになる語「声を掛ける」に「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかうと「お声掛けいただく」という敬語になります。 したがって意味は「声を掛けて(誘って)もらい~」と解釈できます。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてます。 あわせると意味は「声を掛けて(誘って)もらい、ありがとう」• お声掛けいただき=「声を掛けて(誘って)もらい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「お声掛けいただきありがとうございます」の意味は… 「声を掛けて(誘って)もらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「お声掛けいただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目はかなりマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 たとえば、• ちなみに謙譲語とか尊敬語ってなに?の解説はすこし後にあります。 「お声掛けいただく」にかぎらず・・・ 「お(ご)〜いただく」は 「〜してもらう」の敬語(謙譲語) 使い方はたとえば、• 「お声掛けいただく」であれば「(上司なり目上に)声を掛けて(誘って)もらう」の意味• 「ご連絡いただく」であれば「(上司なり目上に)連絡してもらう」の意味• 「ご指導いただく」であれば「(上司なり目上に)指導してもらう」の意味 というように使います。 あるいは単に「〜していただく」とし、• 例文「声を掛けて(誘って)いただく」• 例文「連絡していただく」• 例文「指導していただく」 のように使っても丁寧です。 意味はどちらもまったく同じ。 ビジネスメールなど文書では「お(ご)〜いただく」をつかうとよりカチッとした文章になります。 いっぽうで会話や電話対応など堅苦しい敬語がもとめられないシーンでは「〜していただく」でも十分に丁寧ですね。 お(ご)〜する お(ご)〜します• 〜いたす 〜いたします• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• 〜していただく 〜していただきます• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• 〜させていただく 〜させていただきます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 【注意事項】 ・「させていただく」「申し上げる」「差し上げる」は日本語としておかしい表現になる時もあり、何でもかんでも使える訳ではありません。 ・丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 お(ご)~だ お(ご)~です• お(ご)~になる お(ご)~になります• ~される ~されます• ~なさる ~なさいます• お(ご)~なさる お(ご)~なさいます• ~してくださる ~してくださいます• たとえば「連絡」「指示」「利用」「報告」など。 【注意事項】 ・「〜される」は受け身形との混同をまねくことがあるため要注意。 ・丁寧語「です・ます」とくみあわせて「お(ご)〜です」「お(ご)〜になります」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 文字どおり「声を掛けて(誘って)もらいありがとう」というお礼フレーズなので、そのようなビジネスシーン(メールなど)で使います。 上司・目上など社内にかぎらず社外にも使える丁寧な敬語フレーズですね。 例文「お声掛け いただきましてありがとうございます」 とするとなお丁寧な敬語になります。 まぁ「お声掛けありがとうございます」だけでも十分ではありますが…丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 相手に著しく負担をかけた時は「恐縮」を使う 上司や目上などの相手にとんでもなく負担をかけてしまったときには… 「ありがとう」だとイマイチしっくりこないですね。 こんなときには申し訳なくおもう気持ちをしめすフレーズをもってくると丁寧です。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 お声掛け+恐縮(申し訳なく思うこと) 「お声掛けいただき誠に恐縮です」 「お声掛けいただきまして誠に恐縮でございます」 「お声掛けくださいまして誠に恐縮でございます」• お声掛け+恐れ入る(申し訳なく思う) 「お声掛けいただき大変恐れ入ります」 「お声掛けいただきまして誠に恐れ入ります」 「お声掛けくださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「お声掛け」の例文 お礼のシーンで「ありがとう」ばかりつかっていては敬語ビギナー。 お礼をしめすフレーズは他にもいろいろあります。 中級〜上級者むけですが、代表的な言い換え例文だけを紹介しておきます。 例文「お声掛けいただき感謝申し上げます」• 例文「お声掛け頂きお礼申し上げます」• 例文「お声掛け頂き深謝いたします」• クッション言葉を添えるとなお丁寧 ビジネスメールのお礼をより丁寧にするためのコツ。 「お声掛け」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずお声掛けいただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずお声掛けいただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずお声掛け〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 「お声掛け」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずお声掛けいただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずお声掛けいただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずお声掛け〜」• 「 お声掛けいただきありがとうございます」と似たような表現には 「 お声掛けくださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 お声掛けいただきありがとうございます 意味は「声を掛けて(誘って) もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 お声掛けくださいましてありがとうございます 意味は「声を掛けて(誘って) くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「お声掛けいただく=声を掛けて(誘って)いただく」なのか「お声掛けくださる=声を掛けて(誘って)くださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 お声掛けいただきありがとうございます」「 お声掛けくださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 お礼では「お声掛けいただき〜」が一般的 わたしの経験上ではお礼のビジネスシーンにおいては「お(ご)〜いただきありがとう」という敬語フレーズを使うことが多いです。 おっさん営業マンのたわごとですので無視してもらって構いませんけど… 本来はどちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく vs. くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

お声掛けさせていただきます

「お声掛けさせていただきました」という表現について 私はフリーランスで仕事をしています。 自分で営業をかけ仕事を得ているのですが、先日「お声掛けさせていただきました」という表現を使ったら、相手が不快感をあらわにしました。 その人いわく「お声掛けするという言葉は目上の人間が目下の人間につかうもの」だそうです。 これまで、私は同じ表現をしてたくさんの営業先の人とお会いしてきましたが、誰一人として、そこに不快感を表す人はいませんでした。 「お声掛けさせていただきました」という表現はなにが間違っているのでしょうか。 もし営業を掛けにきた人に「お声掛けさせていただきました」と言われたら、皆さんは不快に思いますか? 「かける」はなかなか多義的な言葉ですから、少数派ながら違和感を覚える人がいるのかもしれません。 「商談を持ちかける」「お話をさせていただく」のような意味で「お声掛けする」という言い回し自体が、実は比較的新しいものではないかと思います(あたかも「御社」のように)。 「今まで誰ひとり不快感を表す人はいなかった」ということは、今回は極めて例外的であるということの証左になりましょうが、礼儀知らずだなと思っても、あえて口には出さない対応をする人もいた可能性は排除できません。 たとえば明鏡国語辞典の「かける」の第22番目の語釈には「相手に同情などの気持ちを向ける」とあります。 その不快感を示した人は、おそらくこのような「あなたに恩恵を施します」という意味で質問者さんが言ったと解したのではないでしょうか。 私自身は「お声掛けさせていただきました」と言われたら、「ああ、最近はこういう言い方が流行りなのだな」と思うだけで不快にはなりません。 このような反応は少数派でしょうが、ありうべきこととして留意しておいた方がいいと思います。

次の

お声がけの意味と使い方は?お気軽にお声掛けくださいは敬語?

お声掛けさせていただきます

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の