フケ 対処 法。 犬のフケが多い原因・対処法・取り方・予防・薬膳食事療法・おすすめのブラシとブラッシングの仕方

頭がかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

フケ 対処 法

フケが出る原因 フケには、以下の2種類あります。 乾性のフケ|主な原因は「頭皮の乾燥」 パラパラとしたフケです。 このタイプのフケの原因は、• 頭皮が乾燥している• 頭皮がダメージを受けている• アレルギー など 頭皮の乾燥は、 シャンプーをし過ぎで必要な皮脂まで洗い流されてしまい、頭皮が乾燥している可能性があります。 乾燥した頭皮は、通常のターンオーバーができず、フケが生じます。 また、 過度なブラッシングは、頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。 脂性のフケ|皮脂や菌の増殖 ベトベトしていて湿っているフケの原因として考えられるのは• 皮脂の分泌が多い• マラセチア菌• 免疫力が低下 など マラセチア菌とは、 誰でも肌にもっている常在菌です。 この菌は、 遊離脂肪酸を出すのですが、それにより頭皮が炎症を起こします。 頭皮の脂を栄養源にしているので、皮脂が多いと菌が増えます。 悪循環に陥ってしまうのです。 どのくらいの量のフケが出たら、フケ症ですか? フケの量で、フケ症かどうかが分かれます。 しかし、その量は決まっていません。 したがって、 自分自身が気になる場合や手入れをしているのにフケが出る場合などはフケ症と言えます。 フケが多い・少ないは、体質も関係しています。 大量のフケが出る・止まらないなどの原因となり得るのは、次の通りです。 洗浄力が強いシャンプーを使っている人• 食生活が乱れている人(脂質の摂りすぎなど)• 睡眠が十分にとれていない人• ストレスを感じている人 フケは 男性女性・大人子ども問わず生じます。 男性ホルモン(アルドステロン)は、皮脂腺を活動的にします。 そうすると、 皮脂の量が増えるので、フケが生じやすいことがあります。 女性や子どもの場合 女性の場合、 ホルモンバランスの乱れによって乾燥し、フケが出やすいこともあります。 また、 子どもはターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が早すぎてフケが出ることもあります。 大きなフケや塊が出るのはなぜ? 乾燥によって、 皮膚が大きくむけた場合は「大きなフケ」「塊」となります。 また、 脂性のフケの場合はフケ同士がくっつき、大きく見えることもあります。 フケのことで病院へ行くという発想はなかなかないですよね。 しかし、 適したシャンプーを教えてもらえたり、塗り薬を処方してもらえることもあります。 また、 かゆみがある場合は皮膚炎を引き起こしている場合もあります。 大量に出る場合や心配な場合は皮膚科でしっかりとチェックしてもらいましょう。 フケ対策 体質改善として、以下に方法をまとめてみました。 頭皮をケアする 頭皮が凝り固まると血流が悪くなり、ターンオーバーがうまくできません。 シャンプー時だけでなく、日中でも 頭皮をやさしくマッサージしてみましょう。 食生活を変える 脂っこいものを控えるようにしましょう。 食事の バランスも大切ですし、 細胞の再生のために良質なタンパク質も摂りましょう。 (大豆製品、魚、鶏肉など) しっかりと睡眠時間を確保する 皮膚のターンオーバーは寝ている間に行われます。 ゴールデンタイムといって、 夜の11時~2時はターンオーバーが活発です。 この時間帯に眠っていることが大切です。 まとめ たかがフケと思いがちですが、されどフケです。 日常生活でも困ることも多いでしょう。 皮脂欠乏性皮膚炎、乾癬(かんせん)など、フケ症と似ている疾患もあります。 上記の 体質改善の方法を実施しても良くならない場合は、一度皮膚科で相談してみても良いかもしれませんね。 【参考文献】 1 フケの原因と治療 2 頭美人 3 フケ症の定義-フケ症の原因と予防対策 4 髪のせんせいwomen-女性の薄毛・抜け毛予防と改善WEBマガジン 5 マイシャンプーの選び方-フケが出る-脂性フケとは?湿っぽいフケが出たら注意!原因と対策 6 予防医学のアンファーストア-フケを治すには皮膚科に行くべき?その治療法と効果.

次の

頭がかゆい原因はフケや乾燥?すぐできる対処法&おすすめシャンプー

フケ 対処 法

プレスト筑後店 堤 友里 "皆さん知ってますか? フケの原因 フケは頭皮の古い角質細胞が剥がれ落ちたもの。 頭皮だけではなくて、体全体の皮膚は新しい肌が再生して 古い角質が剥がれ落ちるという、新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。 フケが沢山落ちてきたリ、フケが髪にこびりついていたりするようなのは、 頭皮のターンオーバーか何かしらの原因があると思います。 フケの種類 乾性フケ・・・・カサカサのフケ。 乾性フケは皮脂が不足することが原因で起こります。 皮脂は頭皮の水分の蒸発を守る役目をしています。 健康な頭皮の場合、適度な皮脂によって水分の蒸発を防いでくれます。 つまりこの皮脂が不足すると頭皮は水分を保つ事が出来なくなり乾燥します。 脂性フケは髪にこびりついていることが多いのが特徴。 脂性フケは「マラセチア」という菌が原因で起こります。 マラセチアはカビの一種です。 マラセチア菌は 頭皮の皮脂を栄養にします。 なので汗や皮脂が多い人はマラセチアが繁殖しやすいです。 かさぶたの原因 外的要因で傷が出来てしまった場合を除くと、頭皮の健康状態が悪くなっていることが原因です。 その原因は,「生活習慣によるもの」と「病気やアレルギーによるもの」が考えられます。 白いかさぶた・・・・赤い炎症を起こした頭皮の上に白いかさぶたが覆いかぶさっている状態。 角質層がまとまって剥がれ落ちフケとなります。 黄色いかさぶた・・・・頭皮の痒みが気になり、掻きすぎるときにまとまって傷が出来リンパ液が出た状態。 普通のかさぶた・・・・血液から出来るかさぶた。 引っ掻いたりして頭皮が傷ついてしまった場合に出来ます。 フケやかさぶたが出来てしまった時の対処法 刺激を与えないこと、特にかさぶたに関してはついつい爪を立てて掻いたり、はがしてしまいたくなりますが 状態を悪化させるだけですのでやめましょう! 大きなフケやかさぶたは、頭皮が炎症を起こしている可能性があります。 脂漏性皮膚炎などの疑いがありますのでまずは、皮膚科で診察を受けて早めに炎症を抑えましょう。 1 シャンプーを変えてみる 頭皮環境を整える効果のあるアミノ酸系シャンプーを選ぶと頭皮への優しさはアップします。 頭皮を洗う時も、爪を立てず指の腹で優しく洗うようにしましょう。 また、頭皮を清潔に保つためにも 毎日洗髪するように心がけましょう。 2 ヘアケアを見直す 櫛や、ブラシの選び方、ドライヤーのかけ方、シャンプーの仕方、スタイリング剤の選び方などヘアケアを 根本から見直してみて下さい。 頭皮に負担がかからない様に使用しましょう。 3 生活習慣の見直し 生活習慣の中でも特に見直したいのが食生活です。 不規則な食生活は、頭皮へも影響し皮脂を過剰に分泌させることもあります。 皮脂の過剰分泌は炎症を起こしやすくする原因にもなり、フケやかさぶたの起こりやすい 環境を作ってしまいます。 暴飲暴食をさけ、ジャンクフードや脂っこい食べ物、甘いものなどの過剰摂取を避け3食バランス良く食べましょう。 睡眠やストレス、頭皮や寝具の衛生状態にも気を配って規則正しい生活を送りましょう。

次の

【獣医師監修】猫のフケが多い場合の原因と対処法について

フケ 対処 法

フケや頭皮のかゆみ、放っておくと抜け毛・薄毛の原因に! フケとは、頭皮の角質細胞がターンオーバー(皮膚の奥から表面へ押し出され、剥がれ落ちるまでの代謝サイクル)して、表皮から剥がれ落ちたものです。 これは健康な状態の頭皮でも起こります。 表皮の角質細胞のターンオーバーが正常な時のフケは肉眼では見えない大きさなので、頭皮が健康な状態では目にしないわけです。 しかし、ターンオーバーが異常な状態になると、フケは大きくなり、目に見えるようになります。 では、どのような原因でフケが発生するのでしょうか? 次の8つが原因として挙げられます。 脱脂力の強いシャンプーの使用 2. 爪でひっかいて、頭皮に傷をつけるなど髪の洗い方 3. シャンプー剤が頭皮に残留したことによる炎症 4. パーマ液やカラー液による頭皮への刺激 5. 睡眠不足や疲労、ストレスによる体調不良 6. 食生活における栄養の偏り 7. 頭皮を不潔にしていることによるもの 8. 真菌(カビの一種)の感染によるもの 脂性のフケは要注意! フケには「乾性」と「脂性」の2種類あります。 乾性は、文字通り乾いたフケで、皮脂の分泌が悪いために粉状になっています。 脂性は、脂を含んだしっとりしたフケで、頭皮の皮脂腺が多いだけでなく、皮脂の分泌異常によっても起こります。 脂性のフケが出るという方は、脂漏性皮膚炎になっている疑いがあるので要注意です。 脂漏性皮膚炎という病気は、皮脂の量的な異常だけでなく、質的な異常が原因で起こります。 皮脂の異常は、発汗機能の異常、細菌による感染症、ビタミンやホルモンの代謝異常、ストレス、接触による刺激などが原因と考えられています。 心当たりのある方は、早めに皮膚科で受診されることをおすすめします。 頭皮のかゆみの原因は? フケが出る時は、かゆみを伴うことが多いようです。 かゆみの原因としては、次のようなことが考えられます。 頭皮を不潔にしていることによって、細菌が繁殖したとき 2. 頭皮を強く洗うことで、頭皮に余計な刺激を与えて傷つけ、さらには爪の中の化膿菌や大腸菌が傷口から入り込んでしまう 3. 髪の洗い過ぎで皮脂が不足し、乾燥してしまう 4. シャンプー剤やパーマ・カラー液などヘアケア剤の刺激による皮膚炎 5. シラミなど寄生虫による感染症 フケと頭皮のかゆみの対処法 頭皮の血行が良いとトラブルのない健康な頭皮になれます。 通勤中などに顔ヨガを実践してみては? フケは抜け毛の原因になることもあります。 「いずれおさまるだろう」と放っておくと、健康な髪を生み出す土壌(=頭皮)を傷める原因になってしまうことも。 早めの対処が大切です。 薬でなければ治らないものもありますので、早めに皮膚科へかかってください。 1~2日に1回で十分です。 また、頭皮にマッチしていないシャンプーを使っている可能性も考えられます。 低刺激のものや、真菌の繁殖をおさえるものなど、いろいろなシャンプーが発売されていますので、一度、見直してみるのも良いでしょう。 お湯で洗ったり、低刺激のアミノ酸系シャンプーを使ったりすることをおすすめします。 白髪が気になり、どうしてもカラーリングしたい時は、一時染毛剤を使いましょう。 そうなることで、フケ・かゆみのない健康な頭皮に生まれ変わっていきます。 毎日の生活の中で、頭皮の血行を良くするための時間を持ちましょう。 【関連記事】•

次の