チンギス ハン と 源 義経。 今さら聞けないチンギスハン!語り継がれる逸話と最強のモンゴル帝国

【ライキン】源義経のオススメ天賦と装備と指揮官ペア

チンギス ハン と 源 義経

中尊寺所蔵の源義経像 ところが、これには異説がある。 義経は死んでおらず、大陸に渡ってモンゴルの皇帝チンギス・ハーンになったというのだ。 この説は次のように主張される。 源義経=チンギス・ハーン伝説 義経が生き延び、北へ北へと逃れていったことを示す伝説が岩手県・青森県・北海道の各地にある。 さらに関東や東北の旧家には、義経が平泉から逃れる際の兵糧や軍資金を示す古文書が残っている。 義経はどこに逃げ延びたのか。 中国の古書『金史別伝』には、義経の子が金(満洲・河北にまたがる国。 1115~1234)の将軍になった、と伝える。 また、清朝編纂の『古今図書集成』の序文では清の乾隆帝(在位1735~1795)自らが、清朝は義経の子孫だ、と記している。 つまり義経は北海道からさらに満洲にわたったと思われるのだ。 さらに義経は満州からモンゴルに入り、そこで チンギス・ハーンになったと考えられる。 チンギス・ハーンことテムジンがモンゴル皇帝に即位したのは1206年。 平泉を脱出した義経が十数年かけてモンゴルで力を得たとすれば、年代的なつじつまは合う。 チンギス・ハーン モンゴルの古い軍旗や兜の紋章には日本の笹竜胆紋に似たものがある。 笹竜胆(ささりんどう)といえば清和源氏、すなわち義経の家系の家紋である。 清和源氏の旗と言えば白旗だが、チンギス・ハーンの即位式には九棹の白旗が立てられた。 これはチンギス・ハーンこと義経が、自分は清和源氏であることと「九郎」であることを示したと考えられる。 義経は騎兵の機動力を生かした奇襲を得意としたが、これはチンギス・ハーンが率いたモンゴル騎兵の戦い方そのもの。 チンギス・ハーンの祖先は ニルン族の流れをくむ キャト族、母の名は ホエルン・イケとされる。 義経は 「日本」の 「京都」の生まれで、幼いころは 「池禅尼」(いけのぜんに)に命を助けられた。 チンギス・ハーンの出自に関する記録は、義経の身の上話が伝言ゲーム的に誤り伝わったものだろう。 そして チンギス・ハーンという称号、これもまた「源義経」を音読みにした ゲン・ギ・ケイがモンゴル風に言い換えられたものだと考えられる。 チンギス・ハーンが義経であることを最初に説いたのは フランツ・ファン・シーボルト(1796~1866)の大著『日本』である。 明治時代にもこの説は一部の知識人の間で論じられていたが、大正13年(1924)、小谷部全一郎の名著『成吉思汗は源義経也』がベストセラーになることで一般にも知られるようになった。 その後も高木彬光(『成吉思汗の秘密』1958)をはじめとして多くの作家や郷土史家がこの説を書き継ぎ、今に至るも根強い人気がある。 義経ことチンギス・ハーンは1227年に世を去るが、その後もモンゴル帝国は拡大を続け、西はトルコ半島・東ヨーロッパから東は中国大陸・朝鮮半島にいたる広大な国土を支配することになる。 義経の大志は奥州の地で潰えることなく、ユーラシア大陸へと羽ばたいたのである。 伝説の真相とは 東北地方や北海道の義経北行伝説は江戸時代における判官びいきの産物と考えられる。 特に北海道では松前藩がアイヌ支配のために義経伝説を利用しようとした。 もっとも北海道の義経伝説では義経が盗賊や女たらしとして伝えられているものが多い。 どうやらアイヌは和人の不品行を伝えるために、松前藩から押し付けられた義経伝説を逆に利用したようだ。 こういった義経伝説で語られる年代は義経=チンギス・ハーン説と矛盾する。 たとえば、青森県八戸市に伝わる「類家稲荷大明神縁起」だと、義経が北海道を目指したのは 元久2年(1205)とされる。 それからわずか1年でモンゴルを支配し、チンギス・ハーンとして即位するのは不可能だろう。 伝説はあてにならないというなら、そもそも義経が北に向かったという根拠もなくなってしまう。 家系に箔をつけたい家が「古文書」を偽作したり、買ったりするのはよくあることだ。 関東・東北の旧家に伝わるという義経の借用書なるものは似たような文面のものが多く、同じ業者の介在をうかがわせる。 『金史別伝』は偽系図作りで有名な沢田源内(1619~1688)がその「逸文」のみを偽作したもので実在しない書物だ。 また、『古今図書集成』序には実際には義経に関する記述はない。 その記述があった、というのは日本でのみ広まった風説だ。 笹竜胆はもともと村上、宇多源氏の紋章であり、それが清和源氏と結びついたのは江戸時代の歌舞伎などの影響である。 また、笹竜胆は文字通り、笹と竜胆の花を組み合わせた絵柄だが、小谷部の著書に掲載されたモンゴルの笹竜胆紋なるものを見ても、笹はともかく竜胆に似た個所はない。 つまりそれは笹竜胆とは異質の紋章である。 左が笹竜胆紋。 右がモンゴル人が兜につけるという紋章 (出典:佐々木勝三、大町北造、横田正二『義経伝説の謎』勁文社) 義経の戦法とモンゴル騎兵の戦法は同じどころかまったく異質である。 元寇の時、義経の戦法なら知っていたはずの鎌倉武士たちが、まったく戦法の違うモンゴル騎兵相手に悩まされたほどだ。 名前の類似や旗の数などはまったくのこじつけ、語呂合わせの類である。 そもそもホエルン・イケの「イケ」はモンゴル語で「母」の意味であり、チンギス・ハーンの「ハーン」は皇帝という意味の称号だ。 池禅尼や義経の名とは無関係である。 シーボルトはたしかに日本での友人から聞いた説として、義経=チンギス・ハーン説について言及しており、しかも彼自身もこの説を検討に値するものとして深い関心を抱いていた。 ただし、シーボルトがあげる根拠はモンゴルの称号の汗(ハーン)と日本語・神(カミ)を比較する語呂合わせやチンギス・ハーンが強弓を引いたというモンゴルの伝説を日本の長弓と結び付けるといったこじつけに終始しており、彼自身も最終的な判断は保留している(藤野七穂氏のご指摘による)。 義経=チンギス・ハーン説を学問的に論破することはたやすい。 しかし、それにもかわわらず、この説が根強い人気を持ち続けた理由は文字通りの判官びいきと、島国の国民の大陸国家に対するコンプレックスとがあるのだろう。 参考資料• 小谷部全一郎『成吉思汗ハ源義経也』(改定普及版・炎書房、1979年)• 小谷部全一郎『静御前の生涯』(厚生閣書店、1930年)• 佐々木勝三、大町北造、横田正三『義経伝説の謎』(勁文社、1991年)• 須永朝彦編『書物の王国20 義経』(国書刊行会、2000年)• 高木浩明監修『源義経99の謎と真相』(二見書房、2004年)• 高木彬光『成吉思汗の秘密』(光文社・1958年、角川文庫・1973年、新装版・光文社・2005年)• 荒巻義雄『義経埋宝伝説殺人事件』(講談社、1985年)(文庫版改題『義経埋宝伝説の謎を追え!』徳間書店、1992年)• 荒巻義雄、合田一道『義経伝説推理行』(徳間書店、1993年)• 鹿島昇『義経=ジンギス汗新証拠』(新国民社、1987年)• 木村鷹太郎『希臓羅馬神話』(南洋堂、1922年)• 国史講習会編「成吉思汗は源義経に非ず」(雄山閣、1925年)• 関幸彦『源義経・伝説に生きる英雄』(清水書院、1990年)• 新谷行『アイヌ民族と天皇制国家』(三一書房、1977年)• NHK歴史発見取材班『歴史発見5』(角川書店、1993年)• 土井全二郎『義経伝説をつくつた男』(光入社、2005年)• 伊藤孝博『義経北行伝説の謎』(無明舎出版、2005年)• 森村宗冬『義経伝説と日本人』(平凡社、2005年)• 千坂げんぼう編著『ネツトワーク対談東北を語る』(本の森、1999年)• 斉藤利男『平泉 よみがえる中世都市』(岩波書店、1992年)• 御所見直好『鎌倉史話探訪』(大和書房、1990年)• 岡野友彦『源氏と日本国王』(講談社、2003年).

次の

源 義経、チンギス・ハンになったってホント? 伝説になったイケメン武将

チンギス ハン と 源 義経

Sponsored Links 源平の争乱で多大な戦功をあげながら兄・頼朝との確執により奥州平泉でその生涯に幕を閉じた、といわれている源義経。 そのあまりに不憫な生涯ゆえに義経は当時から多くの人々の同情を買い「判官贔屓」という言葉を生み出しました。 そして、さらに義経は多くの伝説や物語となり語り継がれることとなったのです。 その伝説の一つに義経は奥州平泉で死んでいない!という義経生存説が存在します。 さらに義経は平泉を脱出した後、大陸に渡りチンギスハーンとなって元王朝を作り上げたというのです。 義経はチンギスハーンなのか? その真相に迫りたいと思います。 義経生存説というのは最近になって出てきたような説ではなく、古くは江戸時代から多くの歴史学者によって研究されてきたものでした。 例えば、江戸時代の朱子学者・林羅山や新井白石、現在も「黄門様」として知られる水戸光圀や国語辞書の編者としても知られる金田一京助など実に多くの、しかも教科書にも出てくる「ビッグネーム」が真剣に検証しているのです。 こうした義経生存説はそもそも室町時代の御伽草子『御曹司島渡』が始まりのようです。 『御曹司島渡』では頼朝挙兵以前の青年時代の義経が東北の鬼の大王に会うための道中を描いた物語で、それ自体が義経生存説につながるものではありませんが、こうしたイメージが義経が北に逃れたという説に影響を与えていると考えられています。 これが実際に義経生存説へと変わっていったのは1667年に江戸幕府の巡見使一行が蝦夷地を視察した際にアイヌのオキクルミが「判官殿」と呼ばれていたことを報告したことがきっかけでした。 その後、光圀は調査団を派遣し、蝦夷地に義経や弁慶に関した地名が多いことを報告しています。 こうして義経生存説は物語の枠を抜け出し、現実のものとして真剣に信じられてきたのです。 シーボルトは著書『日本』で義経は大陸に渡りチンギスハーンになったと論じたのです。 この説は当時の人達に深く信じられ、大正時代に小矢部全一郎が『成吉思汗ハ源義經也』を発表したことで大ブームとなりました。 そもそもなぜチンギスハーンなのかというと、二人の不思議な一致が原因です。 チンギスハーンの前半生が謎だらけ チンギスハーンは「青い狼」ともあだ名され、先祖は狼の化身だったとか、光に包まれた何かだとかいわれるように、その前半生はよくわかっていません。 チンギスハーンはモンゴル草原の遊牧民の出身で文字を使用しないため当然のことではありますが、これにより様々な想像が可能となってしまっているのです。 義経の前半生もよくわからない 義経に関して最も信頼できる史料である『吾妻鏡』には、22歳の時に兄・頼朝を訪ねる以前の記録はなく、私たちがよく知っている弁慶との四条大橋での対決などはフィクションであると考えられています。 義経の活躍時期にチンギスハーンが何をしていたかわからない 先述のように、義経が活躍し記述されたのは頼朝に出会い、源平の騒乱を戦ったほんの8年間しか歴史の表舞台に出てきていないのです。 しかも、義経はその後3年間再び行方不明になり、1183年になって木曽義仲追討の命を受けているので、実際には5年とちょっとということになります。 そして、ちょうどその時期、チンギスハーンには空白の時間があるのです。 義経=チンギスハーン説の先駆者であるシーボルトはさらに 「義経の蝦夷への脱出、さらに引き続いて対岸のアジア大陸への脱出の年は蒙古人の歴史では蒙古遊牧民族の帝国創建という重要な時期にあたっている」 と指摘しているのです。 義経とチンギスハーンの共通点 義経=チンギスハーン説を一大ブームにした小矢部全一郎氏は二人の興味深い共通点を挙げています。 例えば、即位の際に用いた旗は「九旒」ですし、チンギスハーンの別名は「クロー」といい、義経の「九郎」と発音が同じなのです。 日本語と発音が似ている 例えばチンギスハーンの出身「ニロン族」は「日本」と、氏族名「キャト」は「京都」と、軍職名である「タイショー」は「大将」と、王朝名「元」は「源」と似ており、由来が一緒なのではないかというのです。 こうした点はシーボルトも指摘しているところで、城壁の外装を「マク」、白い天幕は「シラ」、さらにチンギスハーンは「チンギス・カン」とも表記されますが、この「カン」は「守 カミ 」と似ているというのです。 身体的な共通点 他にも年齢がほぼ同じであること、身長が高くなく、酒を飲めなかったこと、チンギスハーンの肖像がどこか日本人的な感じがする、なんてことまで挙げています。 By: 義経は幕末の国防を担わされた? また、この生存説で面白いのは、生存説が蝦夷やアイヌの伝承と結びついていることです。 そしてこうした説が盛んに研究され調査された時代というのはロシアの南下に対応するための国防論が高まっていた時代でした。 義経 牛若丸 と弁慶の四条大橋での話などのフィクションが作られ、人々に楽しまれていく中で、義経は悲劇のヒーローとしての側面が強くなっていきます。 容貌さえも美化され、つい最近まで義経は美少年だったといわれていたのです。 この点は新撰組の隊長で結核により若くして亡くなった沖田総司と同じといえるでしょう。 産業革命の波に飲み込まれていく日本を救うべく、義経の子孫が颯爽と現れ、日本を外国の勢力から守ってくれる。 江戸の人々はそんな想像を抱いたのかもしれません。 義経=チンギスハーン説と日本の大陸進出 小矢部氏の指摘は大変おもしろく、つい信じてしまいたくなるものですが、どうやらそのほとんどが反論されて否定されてしまっているようです。 数多くの歴史家からこき下ろされているのを見るとひどく不憫ですが、でも日本史の枠を超えて世界史とつながっていたのではという発想はいつの時代も私たちにロマンを感じさせてくれるものです。 しかしながら、小矢部氏のこの論が戦前の満州開発期に盛んに読まれたことは、日本の大陸進出の理由の一つとされてしまったのではないかと残念な思いがあります。 日本史は大陸の歴史と切り離すことのできないものであることは間違いありませんが、一歩間違えれば大きな悲劇を招くことを、歴史を学び研究する人たちはしっかりと自覚する必要があるのです。

次の

源義経を5分で!牛若丸の伝説やチンギス・ハーン説について│れきし上の人物.com

チンギス ハン と 源 義経

当時のモンゴルは数多くの部族に分かれて争いを繰り返していましたが、チンギスハンはこれを一代で統一し強大な国家を築き上げました。 画像:National Palace Museum モンゴルにおいては建国の英雄であり、現在でも彼を英雄視する風潮が残っています。 彼は軍人として優秀だっただけではなく、人としてもカリスマ性に溢れていました。 チンギスハンの死後から800年近くたった現在でも、世界中にファンが存在する人物なのです。 また、「ハン」には「王」という意味がありました。 そのためチンギスハンという名前には「荒れ狂う海を支配する者」という意味が込められているということになります。 画像:pixabay しかし、このチンギスハンという名前は彼の本名ではありません。 チンギスハンはモンゴル帝国の皇帝に即位したときにシャーマンによって付けられた称号であり、王としての名前でした。 彼の本名は「テムジン」といいましたが、有名になってからはチンギスハンの名前が定着していったのです。 ちなみに現在ではより現地の発音に近い「チンギス・カン」と呼ぶのが正しいですが、ここでは日本で最も定着している「チンギスハン(チンギスハーン)」という名前で呼ぶことにします。 モンゴル帝国はその名が示すとおり他国を侵略し、征服していくことで領土を広げていきました。 最盛期にはヨーロッパの一部からトルコ、アフガニスタン、中国、朝鮮半島までを征服しました。 そして、地上の四分の一を領土とした人口総数1億を超える大帝国となったのです。 画像:Mongol Empire,Astrokey44 モンゴル帝国の侵略は凄惨を極めるものでしたが、大陸をまたいで一国が支配することにより、商業や貿易が盛んになりました。 この貿易は国内外に大きな利益と繁栄をもたらします。 しかし、国内での権力争いが後を絶たず、大国はふたたび部族による分裂の運命をたどっていったのでした。 ところが父の死後その勢力は解体され、息子であるチンギスハンは敵対していた勢力から命を狙われるようになります。 しかし、父親譲りのカリスマ性を備えていた彼は、やがて他部族も無視できない実力者に成長しました。 そのため彼の父親を慕っていた盟友たちはやがてチンギスハンの下に集まるようになります。 こうしてチンギスハンはモンゴルの中でも有数の力を持つ勢力のリーダーになったのでした。 このジャムカはチンギスハンの妻が敵勢力の人質になった際に、救出を手伝ったこともある人物でした。 しかし、ジャムカは急成長するチンギスハン勢力を危険視するようになり、ついに両者の仲は戦争をするまでに至ったのです。 しかし、処刑のあまりの残酷さにジャムカは人望を失い、多くの同盟部族が彼の下から離れていきました。 逆に敗北したはずのチンギスハンはそのカリスマ性から離脱した部族を取り込み、さらに勢力を拡大することになるのです。 そして、遂に反チンギスハン勢力を指揮していたジャムカを倒すことに成功します。 こうしてモンゴルを支配下に置いたチンギスハンはモンゴル帝国を建国し、実名のテムジンではなく、「チンギスハン(チンギスカン)」と名乗るようになったのです。 また、彼らに「貴族」の称号を与え、階級制度を導入します。 チンギスハンは戦略やカリスマ性に優れた指導者であるだけでなく、協力者や部下にも十分な褒美を与える度量の大きさを持っていたのです。 階級制度により部隊は千人隊、百人隊、十人隊に分けられ、膨大な数の兵士を保持していても正確に軍を指揮することができました。 また、兵士ひとりに対して数頭の馬を用意することで世界最速といわれる機動力まで確保していたのです。 画像:Dschingis Khan und seine Erben 正確に指揮される膨大な数の兵士と十分に確保された機動力がモンゴル帝国が世界最強と言われていた理由なのです。 さらにチンギスハンはこれらの軍隊をひとつにまとめるのではなく、同じ構成の巨大な軍隊をふたつに分けて管理していました。 これにより片方の軍隊の戦闘が終われば、続いてもうひとつの軍隊を出撃させることが可能でした。 これによりふたつの軍隊が交互に出撃する永続的な攻撃を実現させていたのです。 大国中国もその例外ではありませんでした。 モンゴル帝国は当時中国の北半分を支配していた「金王朝(きんおうちょう)」に侵攻し、万里の長城の遥か先までの征服に成功します。 この戦いは10年にもおよび、当時5000万人いたとされる中国人口の75%以上が殺されてしまいました。 画像:FIVE HILLS TRAINING CENTER また、チンギスハンは現在のトルキスタンに位置した中央アジアの国家「西遼」に対しても攻撃を仕掛けています。 この戦争によってモンゴル帝国はペルシア湾やカスピ海にまでその領土を広めました。 さらにはチンギスハン自ら20万にもおよぶ大軍を引き連れ、中央アジアに征服遠征を行なったのです。 遠征軍は通過する都市をことごとく破壊し、現在のウズベキスタン周辺を征服していきました。 モンゴル帝国の勝利は続きインド付近まで侵攻に成功しましたが、高温多湿なインドの環境に対応することができず、ここでやっと軍を帰国させています。 こうしてチンギスハンのモンゴル帝国は地上の四分の一もの領土を支配するに至ったのです。 ここでもモンゴル帝国軍は勝利を続け、黄河を超えてその領土を広げていきました。 また、金王朝による和平の申し入れも拒否し、徹底的に侵略行為を行ったのです。 しかし、この戦争の途中でチンギスハンは危篤状態に陥り、モンゴルへの帰路の途中でその生涯に幕を閉じることになりました。 画像:pixabay チンギスハンの死因には諸説あり、戦いの最中に落馬して致命傷を負ったとする説や病気により死亡したとする説が存在しています。 亡くなったときのチンギスハンは当時にしては長生きの65歳でした。 彼は敵国の侵攻を避けるため、自身の死については秘密にしておくよう息子に命じたといわれています。 また、金王朝を完全に滅ぼすように言ったとも伝えられています。 彼の死は最重要機密として扱われ、埋葬の目撃者は一人残らず殺されたからです。 画像:Fanghong 埋葬後は土を掘り返したことが分からないように一千頭の馬で踏み固められたともいわれています。 一千頭の馬の大移動は大変目立つことが容易に想像できるため、これが本当なら口封じに殺された人間は相当な数になったと予想されます。 チンギスハンの墓の位置は世界各国が調査しており、日本もこれに参加しています。 しかし、英雄の墓を掘り起こされることを嫌う現地の人々によって調査は中々進まないの現状です。 彼の子孫は「アルタンウルク(黄金の一族)」と呼ばれ、男系即位として皇帝が引き継がれていきました。 その中でも特に有名なのがチンギスハンの孫に当たる「フビライハン(クビライカン)」です。 彼はモンゴル帝国の第五代皇帝であり、中国の大国「元王朝(げんおうちょう)」の初代皇帝になった人物でした。 画像:Araniko フビライハンは中国を支配下に置き名前を「元(げん)」に改めます。 また、ヴェネツィア共和国の商人マルコポーロから、日本という島国には金が溢れていると聞かされ侵攻を決意しました。 こうして元が日本に侵攻したのが日本最大の危機といわれた「元寇(げんこう)」です。 元寇は二度行われ、一度目は文永の役(ぶんえいのえき)、二度目は弘安の役(こうあんのえき)と呼ばれました。 私たち日本人の歴史にも残る「蒙古襲来」は、チンギスハンの孫によって行われていたのです。 英国レスター大学のマーク・ジョブリング教授はアジア人男性およそ5300人のY染色体を調査しました。 すると被験者のうち2000人以上が、過去に存在したある11人の男性の子孫であることがわかったのです。 画像:pixabay これは統計的に考えると、この11人の男性の子孫が現在アジアに8億3000万人もいることを示していました。 そして、生物的に成功したこの11人の男性のひとりがチンギスハンであり、その子孫は1600万人を超えると 考えられているのです。 強国の皇帝だったチンギスハンには30人の妻と数多くの愛人がいたと考えられており、産ませた子どもの数は100人を超えるともいわれています。 また、彼の子孫も王族や権力者であったため、その後も遺伝子が拡散されていったのではないかと考えられています。 源義経といえば幼名の「牛若丸(うしわかまる)」や「武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)」と共に戦ったことで有名です。 義経は兄の源頼朝に命を狙われてしまい自ら命を絶ったとされています。 しかし、実は義経は死んでおらず、海を渡ってモンゴルに逃げ延びた後、チンギスハンとして活躍したのではないかというのです。 画像:中尊寺所蔵 事実、チンギスハンと義経にはいくつかの共通点が存在しています。 両者は生きた年代や体格が似ており、チンギスハンが使用した家紋は源家のものと酷似していました。 また、チンギスハンは当時モンゴルで一般的だった短弓ではなく、日本で使用されていた長弓を使っています。 さらに当時の武将としては珍しく両者とも酒を飲まず、チンギスハンには義経の別名「九朗」と同じ「クロー」という愛称がありました。 義経が死んだ際に兄の頼朝が顔を確認したと伝わっていることから、チンギスハン義経説は都市伝説の一種であるとされています。 しかし、影武者の存在や義経がモンゴルに対する知識を持っていたことから、決して否定し切れない話であることもまた事実なのです。 また、チンギスハンは昔の日本では「ジンギスカン」と呼ばれていました。 焼肉料理のジンギスカンは日本で名付けられたものだといわれており、その由来はチンギスハンにあるといわれています。 画像:pixabay ジンギスカンの名前の由来は、羊肉を焼く鉄板の形がチンギスハンの帽子に似ているからという説や、征服戦争の侵攻中にチンギスハンが兵士たちに振る舞ったからという説が有名です。 しかし、ジンギスカンはモンゴルの伝統料理とはかけ離れているため、日本の猟師のあいだで始まった料理がモンゴルに渡ってジンギスカンになったのではないかともいわれています。 そのため日本からモンゴルに渡った義経伝説に由来して、チンギスハンから名前をとったのではないかとも考えられているのです。 世界最強の軍隊を指揮し、類稀なカリスマ性を発揮したチンギスハンはとても魅力的な人物だったのです。 果たして彼は日本に由来する人物なのでしょうか?もし、そうだとしたら世界で最も繁栄に成功した遺伝子は日本人のものだということになるのでしょう。 世界にはまだまだロマンが溢れています。

次の