新型 コロナ ウイルス クレベリン。 クレベリンの効果は新型コロナウイルスに対してあるのか?メーカーから回答あり!

特設サイト 新型コロナウイルス 初期症状 受診の目安 緊急性の高い症状|NHK

新型 コロナ ウイルス クレベリン

大幸薬品はウイルスや菌を二酸化塩素で除去する「クレベリン」の業務用製品について、年内にサブスクリプション(定額制)販売を始める。 現段階で価格は未定。 新型コロナウイルスに対する効果は確認されていないが、除菌商品の需要が増加している。 従来のドラッグストアを中心とした販売手法を広げて安定供給を実現する。 国内における業務用クレベリンの初年度売上高は、2019年度比2倍の約37億円まで伸ばす。 業務用クレベリンは、大規模施設向けの大型機や、置き型容器に差し込むスティックタイプ、デンソーと共同開発した車両用装置・カートリッジなどを展開する。 定額販売を導入することで、リピート率が高い業務用クレベリンを適正価格で安定的に供給する。 京都工場(京都府精華町)が生産する。 新型コロナの影響でドラッグストアにおける欠品が相次ぎ、増産を急ピッチで進めてきた。 2交代制を採用し、クレベリンの生産能力を従来比約3倍に高めた。 今後の状況を見ながら生産ラインの増設などを検討する。 クレベリンは二酸化塩素を発生し、空中に浮遊したり物体に付着したりするウイルスや菌を除去する。 衛生意識の高まりにより法人や消費者から需要が増加した。 新型コロナの影響で消費者の衛生意識が高まっている。 大幸薬品はクレベリンが大幅に伸び、20年3月期の売上高は前年同期比43%増の149億円、営業利益は同88%増の38億円。 いずれも過去最高だった。 日刊工業新聞2020年6月2日.

次の

大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか

新型 コロナ ウイルス クレベリン

同年2月1日、「新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令」の執行により 、法令において「 新型コロナウイルス感染症」と定められた。 厚生労働省 や もこれに準じている。 同年、WHOが COVID-19(コヴィッド ナインティーン またはコビッド ナインティーン )と命名した。 WHOは、に感染する新たなやウイルスの名称に、地域・人名・動物・食品名、特定の文化や産業名を含めないと規定しており 、この命名について、固有の地名や国名などと関連付けることで起こる、特定の集団へのを防ぐよう考慮したと説明した。 日本においては「 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」と併記される場合もある。 () の疾病管制署では、COVID-19のとして「」の呼称を公的文書で使用しているほか 、や、日本などの一部報道においても「武漢肺炎」などの表記が用いられている。 病理 [ ] この節のが望まれています。 病原体 [ ] (サーズコロナウイルス ツー )に感染することによって発症する。 感染経路 [ ] としては、ウイルスが付着した手で鼻や目や口を触ることによると、やによるがある。 は確認されていないが、を発生する医療処置がなされた際には、感染に関与する可能性が指摘されている。 中華人民共和国の衛生当局は、飛沫感染・接触感染に加えて「閉鎖された環境で長時間、高濃度のウイルスの粒子を吸った場合」のも追加した。 が主要のウイルス伝播経路になるとみられるが、感染と同様、および粘膜組織(結膜など)もウイルスの体内侵入方法である可能性がある。 宿主細胞受容体 [ ] SARS-CoV-2は、と同じく宿主細胞の ACE2 受容体に結合して感染するとみられている。 ヒトACE2とSARS-CoV-2のspike蛋白質の受容体結合ドメインとが、相互作用する様子をシミュレーションした動画が公開されている。 ACE2受容体は気管支・肺・心臓・腎臓・消化器等に発現している。 ()によればはやに多く発現している。 また、中国での研究によればACE2受容体は舌のにも多く発現しているとされる。 通常、ACE2受容体は刺激されるとIIを分解することで血圧上昇のための RA系 を阻害するが、このRA系阻害作用は臓器の保護に重要な可能性がある。 SARSコロナウイルスではマウスでの動物実験においてACE2受容体の発現を減少させるとされ 、新型コロナウイルス感染症の患者の血漿においてもアンジオテンシンIIが高いレベルにあるという情報がある。 そのため、新型コロナウイルス感染症の治療においてRA系の阻害が提案されている。 患者は新型コロナウイルス感染症で重症化しやすいとされる。 9 67. 7 ・だるさ 38. 1 33. 4 ・ 30 - 66 息切れ 18. 6 ・ 14. 8 13. 9 13. 6 悪寒 11. 4 吐き気・嘔吐 5. 0 鼻づまり 4. 8 3. 7 - 31 0. 9 0. 8 初期症状 [ ] 症状は特異的ではなく、症状のないもの(無症候性)から重症の肺炎、死亡まで幅広い。 典型的な症状・徴候としては発熱、空咳、疲労、喀痰、息切れ、咽頭痛、頭痛、下痢などがある(表参照)。 、、などの症状は少ない。 WHOのシニアアドバイザーは、この病気はに親和性が強く、排ウイルスのピークは発症日から3、4日後くらいと報告している。 初期症状はやと似ており、発症早期の段階では区別が困難である。 感染から潜伏期間(1-14日間)を経た後に、微熱発熱や呼吸器症状、倦怠感が約1週間続く。 2020年1月25日時点での中国では、初期症状は、肺炎に特有の発熱や咳だけとは限らず、や、や全身のなど、やの症状の場合もあり、早期の診断を難しくしていると伝えられた。 また特に発症早期の場合は発熱が必ずしも現れるわけではないため、発熱検知装置だけで検出できない可能性がある。 一方2020年(2年)2月14日に、での緊急シンポジウムで、の大曲貴夫国際感染症センター長は、現在は「軽微な呼吸器症状を見極め、感染者を早期に見つけることが重要な時期」として、以下のように述べた。 胸部との両方を実施した41歳日本人男性の症例では、CTのみで左肺の尖部と舌区に、一部湿潤影を伴うすりガラス影を認めてと診断できた。 レントゲンではとても見抜けない非常に小範囲な陰影だった。 通常、こうした臨床像の患者にCTを撮ることは現実ではないが、背景に感染の流行という特殊な状況があったため、実施してキャッチできた。 複数の軽微な症例を診察した結果、感冒症状が一週間続き、かつ倦怠感が強いという臨床上の経過は、感冒やの経過と明らかに異なる。 — 国際感染症センター長・大曲貴夫 、2020年2月14日 2020年3月30日、は、新型コロナウイルス感染症で嗅覚(におい)や味覚(あじ)の低下があるとの報道を受け、「嗅覚や味覚の障害は(中略)必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではなく、また、新型コロナウイルス感染症による嗅覚や味覚の障害は自然に治ることが多く、特効薬もない」として、2週間は出来るだけ不要不急の外出を控え毎日体温を測り様子を見るよう、声明を出した。 進行症状 [ ] 二次的な細菌性肺炎もあるが、感染後1 - 2週間以内に発症した肺炎はウイルス性のものが多いと見られている。 重症化すると(ARDS)や(ALI)などを起こし 、人工呼吸適応となる場合が多い。 この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 潜伏期間 [ ] は1-14日間とされ、(WHO)はを5-6日、(CDC)はを4-5日としている。 ある感染者の発症(1次症例)から、2次感染者の発症(2次症例)までの「発症間隔」は、の 5. 3 - 19日に対して、本症は 3. 5 - 5. 9日と見られており、潜伏期間に感染能力を持つ可能性が指摘されている。 合併症 [ ] 約1週間の初期症状期に回復しない場合は、高熱、、の初期症状などが併発してくる。 重症例では、が起こる。 また、血液に乗ってウイルスが体内に拡散され、、、、もしくは感染、などを引き起こすことが確認されている。 中国本土ではや髄膜炎疑い症例が報告されており、日本では2020年3月7日に山梨県での発症が初めて報告された。 髄膜炎徴候患者のを採取してしたところ陽性だった。 ウイルス株についての相違点 [ ] 「」も参照 中国からの報告 [ ] 2020年3月、このウイルス(中国内外の103例)をなど中国の研究チームが解析した結果、由来のウイルスに近く古くからあるとみられるS型(全体の3割)と毒性の強弱は不明だが頻度が高いとみられるL型(全体の7割。 武漢市の流行では大半を占めるが、市外の流行では現在は減少傾向にある)というの異なる2つの型に分類できることが分かった。 患者の多くは片方の型にしか感染していないものの両方の型に感染した例も確認されており、ウイルスに一度感染し症状が治っても別の型に「再感染する」と言う報道もあるが。 再感染の可能性および原因については議論があり今後の研究・検討を要する。 2020年3月23日の時点では以下の事が判明している。 本ウイルスの主要な株は L型(L亜型)と S型(S亜型)に分かれる。 ウイルスのRNAの第28,144番目のの違いにより指定されるアミノ酸が(L型)か(S型)かによって区別される。 L型 [ ] 中国武漢市での初期流行ではL型が支配的。 当初の報告ではL型はより攻撃的で、より急速に蔓延するとされていた。 そのため、流行対策による人的介入のため選択圧が掛かり割合的に減少したと見られている。 ただし、後に「感染力が強い」と言う点については修正され、「頻度が高い」に表現が改められている。 S型 [ ] 進化的に古く、変異前(先祖型)のものと見られている。 攻撃性が低いため選択圧が弱く、相対的に割合が増加したと見られる。 ケンブリッジ大学などからの報告 [ ] 2020年4月のイギリス・などによる報告では、このコロナウイルスは、A・B・Cの『3つの型』に分けられるとした。 Aは中国のコウモリ由来のウイルスに近く、中国や日本の感染者でも見つかったが、米国やオーストラリアの感染者が多かった。 Aから変異したBが武漢市を中心として中国や近隣諸国で爆発的に増えたとみられ、欧米などに飛び火した例は少なかった。 Bから変異したCは、イタリア、フランス、イギリスなどで多かった。 日本バイオデータからの報告 [ ] 株式会社日本バイオデータによる査読前論文では、ウイルスのRNA配列のうち第8,782番目、第28,144番目、第29,095番目の塩基に着目し、本ウイルスをTCC、TCT、CTCの3つの型に分類した。 TCCおよびTCTは中国のグループの示すS型、イギリスのグループが示すA型に相当する。 またCTCは中国のグループが示すL型、イギリスのグループが示すB型およびC型に相当する。 この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 鑑別診断 [ ] 他のウイルス性気道感染症、細菌性肺炎などとの鑑別は、症状や身体所見からは難しい。 レントゲン画像または肺CT画像による鑑別が可能な場合がある。 病変は中国の81症例中、 無症候の時期の病変は、片側性、multifocal(多発斑状)、すりガラス状陰影が優位であり、 発症後1週間以内では両側性やすりガラス状陰影が卓越、びまん性が優位となる。 発症後1週間を越えるとコンソリデーションや混在病変が優位となる。 病変は末梢に分布しやすく、リング状陰影(reversed halo sign)は特徴的である。 胸水やリンパ節腫脹は少ない。 免疫抑制下ではでありとの鑑別が重要である。 小児発症性多系統炎症症候群 [ ]• (の ジスロマック)• (製造・販売の ストロメクトール)• メシル酸塩(の フオイパン)• (製造販売・発売の ケブザラ)• (の オルベスコ)• (の アクテムラ)• メシル酸塩(の フサン)• メシル酸塩(の ビラセプト)• (サノフィの プラケニル)• (の 抗インフルエンザ薬 アビガン)• (の カレトラ配合錠):抗HIV薬;プロテアーゼ阻害剤 下記のごとく新規治療薬の開発が行われている。 治療薬候補 [ ] 2020年1月末の時点で各国の暫定的な治療指針はあっても、確立された治療法はなく 、解熱や鎮痛や鎮咳などののみが行われていた。 医学界・製薬業界では、次の両面戦略を開始していた。 過去の、、、エイズウイルス()等のウイルスに有効であった既存の薬剤や、実際のMERSやこのに、レベルで有効な薬剤を網羅的に探索する研究(スクリーニング)などで候補薬剤を探して、転用(適応拡大)する。 COVID-19での臨床研究が個々に進める。 2020年5月現在、日本において有望と注目されている主な薬剤は以下である(五十音順)。 うちレムデシビルは2020年、による緊急時使用許可(EUA)を取得し 、それを受けて日本でも2020年(2年)、厚生労働省の医薬品第二部会で、の特例承認を許可された。 (製造・販売の ストロメクトール)• (リン酸クロロキン 抗マラリア薬 ・アルビドール 抗インフルエンザ薬 ・完治患者の血漿)または• (の オルベスコ)• (の アクテムラ)• メシル酸塩(の フサン)• (の 抗インフルエンザ薬 アビガン)• (のGS-5734)• (の カレトラ配合錠):抗HIV薬;プロテアーゼ阻害剤• (NHC)は1月23日公表の指針で、暫定的に抗薬(カレトラ)、その効果を補強する経口抗ウイルス薬(インビラーゼ)およびアルファのによる投与を推奨した。 既存薬探索 [ ] 中国での探索研究 [ ] 2020年1月25日、中国の20以上の機関からなる研究グループは、有効な可能性のある薬剤等の(探索)を行った結果、候補物質30種類を発見したと発表した。 そのリストには、、、、、、その他12の抗HIV薬、また、(山豆根)などの、(虎杖)などの天然物も含まれている。 1月29日、(CAS)の軍事医学科学院および武漢病毒研究所(WIV)の共同研究により、本ウイルス阻害効果がまずまずよい(fairly good)既存薬を3種類発見したと報道された。 すなわち、RNAポリメラーゼ阻害剤 、 および である。 それらは臨床使用承認申請手続中と述べた。 そのレムデシビル、また、、の抗ウイルス剤( ()) の試験はその時期に始まった。 北欧での探索研究 [ ] のPetter I. Andersenらは、人体に対して安全で薬効範囲の広い120種類の抗ウイルス薬からなるデータベースを作成し、本ウイルス疾患の治療に有効な可能性のある31種類の薬剤を以下のように例示されている 2020年2月12日第6版)。 抗感染症薬の ()(米国商品名 DALVANCE 、欧州商品名 XYDALBA)(、の社(旧社名:Actavis)、・などに拠点をもつ社(旧社名:Cardiome Pharma) ) 、• 抗生物質の ()()、• 抗生物質 、• 抗菌薬 ()( の )、• 催吐薬及び抗原虫薬• RNAポリメラーゼ阻害剤 (上記)、抗薬 (上記)、抗薬 (上記)、• 抗剤 、抗剤かつ全身性・皮膚治療薬• 抗インフルエンザ薬 (下記)。 なお、「2019-nCoV(SARS-CoV-2)の処方に目的変更(repurposing )が可能かもしれない」とある — 、 ロピナビル・リトナビル(抗HIV薬;プロテアーゼ阻害剤)の合剤 [ ] ・(商品はこれらの成分からなる合剤である。 ロピナビルとリトナビルはどちらもHIV感染症に対するに用いられ、を阻害する作用を持つ。 2020年2月26日のの文書でも、現時点で日本での入手可能性や等の観点を考慮した抗ウイルス薬の選択肢として筆頭に名前が上がっている。 日本の症例報告レベルでも有効とする報告がみられる一方 、のチームが2020年1月から2月に行った・投与群52例を含む134例の比較臨床試験の結果、「症状緩和やウイルス除去促進の影響が見られなかった」と報告した。 また、同様の時期に行われた、中国 など多くの医療機関の共同研究でも、計199例で半数に・を投与する無作為化対照非盲検試験を行った結果、「重度の患者では標準治療を超える利益(benefit)は観察されなかった」と報告した。 時系列 [ ] 米製薬会社は2020年1月26日、中国保健当局からの要請で ()を試験的に使用していることを明らかにした。 アルビアは、不要という特徴がある。 2月2日、はの病院で中国人女性旅行客(70代)の患者に対し、本剤と抗薬 (oseltamivir (商品名 等)の併用によって、投与後48時間以内にコロナウイルスが消失したと発表した。 2月4日、教授研究チームはロピナビルとリトナビルは大きな効果はなく、しかも副作用があると述べた。 「本例に限って言えばカレトラは好意的に評価できる。 などの重症化の徴候を待たず、肺炎の診断を得た時点で早期に治療介入を行うことで、重症化の阻止、致命率の低下ができるかもしれない」と考察している。 これは、有効性の高い対象症例であった可能性と、投与時期が的確であった可能性があると考察している。 副作用 [ ] ロピナビル・リトナビル配合剤「カレトラ」の副作用として膵炎、高血糖,糖尿病の悪化、出血性関節症、肝機能障害,肝炎、徐脈性不整脈、中毒性表皮壊死融解症,皮膚粘膜眼症候群,多形紅斑がある。 また、、、などの薬剤を服用中の患者には併用禁忌である。 また、リトナビル単剤の副作用は、錯乱、痙攣発作、脱水、高血糖、糖尿病、肝炎、肝不全、過敏症、、、突発性出血性関節症、などがある。 また、下記の薬剤を服用中の患者には併用禁忌である。 、、、、、、、、、等。 レムデシビル 抗エボラ出血熱薬 [ ] 1月15日にを訪ね米国に戻った男性(35)の症例では、咳と発熱があり検査後自宅隔離。 1月20日新型コロナウイルス陽性で入院。 10日めには基底の筋状混濁や両肺のラ音 を認めの所見となりとの投与を開始した。 11日め夕方から、 (未承認薬の人道的使用)として レムデシビルのを行い他の薬剤を順次停止。 軽い咳を除きすべての症状が解消した。 2月2日、中国当局にレムデシビルの申請が受理された。 さっそく2月3日にはのによりで臨床試験が開始された。 軽・中等度の肺炎を発症した患者のうち最大270人がに選ばれ、と対照の試験に参加。 同年4月に結果が出る予定。 同社は進行中の臨床試験外の緊急治療()を目的にレムデシビルを提供している。 日本国内でも2月22日、が、患者に対し2月中にもレムデシビルの投与を開始し、3月にもレムデシビルの承認を目指した臨床試験を始める考えを示した。 中国を視察した()の担当者が24日、レムデシビルは「 現時点で本当に治療効果があるとみられる唯一の薬」と発言した。 ある製薬会社担当者の意見では「緊急性を考えて特例扱いだとしても、最短でも2020年内の承認だろう」という。 2月26日、は、レムデシビルのふたつのの治験届がに受理されたと発表した。 この治験で、世界各国から重度約400人、中等度約600人の被験者で3月にも開始し、順調なら4月にも結果が出る。 3月11日、数百人のCOVID-19患者が本剤で治療を受けた。 はその前週、日本の重症患者に未承認薬のの一環としてレムデシビルを提供するため、同省が、在日米国、日本の、ギリアドと協力していると発表している。 4月10日、レムデシビルのコンパッショネート使用例61例の報告が掲載された。 5月1日に米国FDAによる緊急時使用許可を取得し 、それを受けて日本でも特例承認される見込みである。 ファビピラビル アビガン [ ] 「 」も参照 抗インフルエンザ薬の(商品名 錠; : 法維拉韋)はが開発し、がで2013年から開発に協力してきた。 2016年に「 浙江海正薬業股份有限公司( Zhejiang Hisun Pharmaceutical)」ににおけるライセンスを導出済。 2020年3月現在、日本では、「他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分な新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合にのみ、患者への投与が検討される医薬品」であり、新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症に対する本剤の投与経験はない。 中国ではCOVID-19に対する治療選択肢の1つとして挙げられている。 は2月15日、ファビピラビルをCOVID-19治療の臨床試験を実施していると発表。 比較的高い治療効果と副作用が少ないとされた(ただし、日本では後述するように副作用が報告されている) (治験番号 ChiCTR2000029548 )。 2月18日、は、ファビピラビル の販売を許可した。 2020年2月22日、は「アビガンが効くということになれば、全国に展開をして治療に使っていきたい」「効果があると考えられている他の治療薬の使用も並行して考えていく」と述べた。 アビガンは新型インフルエンザ治療薬として日本国内で製造され、約200万人分が備蓄されている。 は、アビガンのと臨床試験の早期開始を国に提言した。 2020年1月28日、販売元のは、本ウイルスへの効果の検証に取り組んでいないが 、日本でも(非盲検試験)が開始され 、2月22日から日本の医療機関で本疾患の患者にアビガンの投与が始まった。 3月17日、中国政府はファビピラビルが有効であったと発表した。 ファビピラビルはロピナビル・リトナビルとの非盲検比較試験において、ウイルス排出期間を短縮し(4日 vs. 11日)、X線画像の改善率を高め(91. 4月、ドイツ政府がアビガン数百万セットを大量購入すると報道された。 副作用 [ ] 本剤はにおいて初期胚の致死および(、、、)が確認されており、へのの危険性があり、への投与はである。 本剤は中へ移行するので、その危険性について十分に説明し、投与期間中及び投与終了後7日間まで、性交渉を行う場合は必ずを着用する。 、の患者では、症状が悪化するおそれがある。 国内臨床試験では副作用が501例中100例(19. 重大な副作用はアビガンでは未確認だが、他の抗インフルエンザウイルス薬 類薬 で、ショック、、、、肝機能障害、黄疸、、、急性腎障害、・・減少、、、、、等の精神神経症状、などが報告されている。 シクレソニド 吸入ステロイド;喘息治療薬 [ ]• 「」に乗り合わせたCOVID-19陽性者で、肺炎が増悪中の患者3名にシクレソニドを投与したところ、良好な結果が得られた。 うち2例は咽頭ぬぐいでまだ陽性のため、吸入量を増量して継続中。 COVID-19は(多くの報告のとおり)初期が軽症でも発症後7-10日で急速に悪化する印象。 シクレソニドの投与時期は、重症化する前の、感染早期〜中期あるいは肺炎初期が望ましい。 ウイルスの早期陰性化や 重症肺炎への進展防止効果が期待される。 本ウイルスがで増殖し、肺障害を引き起こしながら、同時に肺胞等に感染し局所の炎症を起こすと推定され、それに対しシクレソニドの持つ抗ウイルス作用と抗炎症作用が、重症化しつつある肺傷害の治療に有効であることが期待されている。 (レベルでの研究)でウイルス 増殖防止効果は同等以上、• 到達時の組織 濃度は数十倍、• 副作用は前者が「下痢,吐き気,嘔吐,腹痛等」で高齢者における薬物動態については十分な検討がなされていない。 後者は添付文書に副作用の記載はあるが、未熟児・新生児から高齢者まで広く用いられる安全な薬剤で、報告時点までで同院で有害事象はなかった。 価格は前者が 1,289. この3例のみの症例数で効果を論じることはできないので、今後症例の蓄積と検討が望まれる。 — 、 3月6日、は、上記3症例について「シクレソニドが、ウイルスの遺伝情報を担うの複製を阻害した」との見方を示した。 また、MERSで抗ウイルス作用を示したとのデータがあったと述べた。 3月9日に健康局結核感染症課より要請を受け、と親会社のは翌10日、オルベスコの供給体制を(本剤使用中の患者への安定供給を確保した上で)2万本分確保すると発表した。 オルベスコは海外のメーカーから導入していて帝人の一存では増産できないが、メーカーと協議しながら確保していく。 3月10日、は「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版改訂版 ver. 1)」を公開し 、治療に関する説明の中に、3月2日の前版にはなかった本剤に関する記載を追加した(下線部)。 治療・予防(ワクチン) 新型コロナウイルス感染症(COVID- 19) に対して、現在、有効性が証明された治療法はありません。 — 、 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版改訂版 ver. 1) 3月12日に掲載された松山州徳らの審査前論文によれば、シクレソニドはコロナウイルスのもつ非構造タンパク質であるNSP15に作用してウイルスのRNA複製を抑制する。 したがって、シクレソニドはコロナウイルスであるMERSまたはCOVID-19の患者の治療の候補薬となる。 3月16日の時点で、オルベスコで治療を受けているCOVID-19の患者は、10人程度であった。 3月20日、韓国ののSangeun Jeonらのチームはサイト(未査読論文掲載サイト)に、「直訳:FDA承認済み医薬品からのSARS-CoV-2に対する抗ウイルス薬候補の特定)」と題する論文を掲載した。 発表によれば、同研究所は「 COVID-19の治療にアルベスコ(シクロソニド)が有効である」と判断した。 同研究所では本ウイルスSARS-CoV-2を入手してスクリーニングで24種の薬剤を抽出した。 これらは、、およびと同等かそれ以上の抗ウイルス活性を細胞実験で確認した。 特に、シクレソニドの安全性、薬効、関連する海外の症例、および韓国国内での同剤の販売状況をレビューした結果、シクレソニドを「最も実現可能な医薬品(most feasible medication)」に選んだ。 また、シクレソニドと並んで駆虫薬(、などが販売)(別名 ニクロシド) にも注目した。 3月22日、の松山州徳室長は次のことを明らかにした。 同研究所では2年前から、MERSに効く薬を1,200種の薬剤ライブラリからスクリーニング研究を実施し、シクレソニドが有効である可能性を見つけていた。 今回新型コロナウイルスに感染させた細胞にシクレソニドを作用させる実験を行ったところ、 ウイルス量は100分の1程度にまで減った。 シクレソニドは ウイルスの増殖を抑えると同時に、 炎症を抑える効果もあると思われる。 3月23日、は、肺炎症状の ないCOVID-19患者を対象として、シクレソニドの臨床試験(特定臨床研究)を早期に始める予定でプロトコール検討中であることを明らかにした。 (なお、同時期に、肺炎があり参加条件を満たす患者はレムデシビルの国際共同臨床試験に参加させる。 一方、肺炎があるが当該条件を満たさない患者には、(の)、メシル酸塩(の)での臨床試験を検討中、と述べた。 ) 3月30日(日本時間)、が開催した世界127カ国の閣僚級やの専門家等が出席したテレビ会議で、は、およびがCOVID-19に効果があったという事実を共有した。 4月14日に、インドのガウタムブッダ大学のチームが、未査読論文サイトに発表したところによれば、彼らはSARS-CoV-2のメインプロテアーゼ(Mpro) を標的に、の承認市販薬化合物からヒトの抗ウイルスおよび抗菌特性を備えたものを文献調査で12種選び、それらをコンピュータシミュレーションで仮想スクリーニングにかけて候補を探した。 その結果最強の ()の次に有望な薬剤として出てきたのは、シクレソニドであった。 リファンピシンとシクレソニドは、参照用化合物として使用した、COVID-19治療によく使われてきたカレトラの成分2剤(ロピナビルとリトナビル)よりも、Mproとの結合親和性に優れていた。 4月14日、は、COVID-19への取り組みの一環で、本剤の「追加的な供給の実現に向けた協議を輸入先とおこなって」いることを公表した。 それによれば、国内24施設から85症例が登録された。 そのうち死亡は2例、また、投与後に気管挿管が必要になった悪化例は3例にとどまった。 座長の土井洋平教授()は「シクレソニドは抗炎症効果と抗ウイルス作用をあわせもつ。 幅広い年齢層に使われてきたので、安全に使えることが大きい」と期待感を示した。 でも、肺炎のない比較的軽症のCOVID-19患者をシクレソニド7日間吸入群と非吸入群にランダムに割り付け8日目の肺炎発症割合を検討する、という形の特定臨床試験が行われている。 副作用 [ ] 感染症患者の症状を増悪するおそれがある。 588例中45例(7. また、ウサギのでに共通したが、ラットの動物実験で乳汁への移行が報告されている。 では、4月7日時点で「本薬剤は 喘息の妊婦にも有益性投与が認められています。 しかしながら保険適用外である点に加えてまだ十分なエビデンスが無く、副作用の問題や高度の全身管理が必要であるため酸素投与が必要となった重症例には本人と家族に十分なのうえ呼吸器科や救命救急科医師の意見を求めたうえで投与を検討してください.」としている。 なお、2020年4月現在、COVID-19の各治療薬の添付文書では、妊娠中の安全性について、本剤オルベスコ、カレトラ、フォイバン、フサン、プラケニル、ストロメクトールは「有益性投与」で、アビガンは「禁忌(不可)」とされている。 ウミフェノビル(抗インフルエンザ薬 [ ] ウミフェノビル(、アルビドルまたはアルビドール; Arbidol、アビドル; Abidol)は中国とロシアで使用されている抗インフルエンザ薬である。 2020年2月4日、教授の研究チームは、細胞実験で、 ウミフェノビルと ダルナビル()の2種類の薬剤がコロナウイルスを効果的に阻害するのに有効であると発表した。 この報道により米株先物取引が急伸した。 李教授によれば、前臨床試験(preliminary tests)の 細胞実験で、 アビドル(Abidol)と ダルナビル()の2種類の薬剤がこのウイルスを阻害するのに有効であることが分かった。 李教授は、新たに感染した患者の緊急治療を強化しようという望みをかけて、中国東部のから中国中央のに医療従事者を連れてきた。 李教授は、現在使用されている 抗薬 ・ 錠(商品名Kelizhi )(前述カレトラ配合錠に相当)はあまり大きな効果はなく、しかも副作用が複数あると述べた。 李教授は、2つの新薬を、コロナウイルスによる新型肺炎のの治療プログラムに含めることを推奨した。 チームの別の研究者、陳作炳(Chen Zuobing)は、2つの薬は医学的指導なしに服用すべきではない、と釘をさした。 浙江大学医学院附属第一医院の副理事長 deputy president でもある陳作炳は、この2つの薬はでこのウイルスに感染した患者たちの治療に使用されてきており、次の段階で、有効性で劣っているほかの薬に取って代わるだろうと述べた。 なお中国語の阿比多尔をラテン文字表記した際の混乱があり、当初はインドで販売されている鎮痛薬の商品名Abidol であるとする報道も見られたが、中国当局は阿比多尔が抗ウイルス薬であると主張していることから、正しくはウミフェノビルの商品名Arbidolであると考えられる。 2020年2月18日、中国政府の専門家チームは、本ウイルスの診療ガイドラインを新たに発表し、抗薬の「」を治療薬として加えた。 完治患者の血漿 [ ] 中国の公式の「新型コロナウイルス肺炎診療方案」では、2020年2月18日の試行第6版から、病状の進行が比較的に早い重症(severe)または重篤(critically ill)な患者向けに、回復者血漿療法が追加された。 2020年3月27日、中国・第二附属医院などのチームは、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を併発した重症COVID-19患者5例に対して、COVID-19から回復した患者より採取した中和抗体を含む回復期血漿を投与して有効であったと報告した。 それによれば、COVID-19の回復例()5例(18~60歳)から、回復期血漿を採取し、採取当日中に各患者に投与した。 投与のタイミングは入院後10~22日目であった。 その結果、4例で投与後3日以内に体温が正常化した。 投与後12日で全例のウイルス量が陰性化した。 投与後12日目に4例でが軽快した。 投与後2週間以内に3例がから離脱した。 (ECMO)使用は1例で、投与後5日めに離脱した。 アメリカや日本でも臨床試験が開始されることになった。 そのうち351症例が詳しく分析され、うち112人の患者の体温が37. また、だるさや吐き気、のどの痛みなどの症状にも顕著な治療効果が見られた。 351例の中でひとりも、軽度の患者も普通の患者は重篤にはなっていないという。 2月19日付、国民健康衛生委員会発行の「新型コロナウイルス肺炎の診断と治療(試行6版)」 とその解説 によれば、以下のとおり。 「」も参照 2020年2月18日、中国政府の専門家チームは、抗薬の「」と抗薬の「」を本疾患の治療薬候補として発表した。 このうちリン酸クロロキンは「特効薬ではないが検討に値する」「ウイルス検査で陰性になるのが早いほか、副作用も大きくない」という。 やなどの病院に入院する患者に対するで症状の改善を確認した。 15日の会議で臨床試験の対象拡大で一致した。 (商品名 プラケニル)は治療薬として承認されている。 日本でCOVID-19患者2例に投与し、有効であったと報告されている。 2020年5月にクロロキンまたはヒドロキシクロロキンを投与した患者において、院内死亡率の上昇おおよび心室性不整脈の発生率の上昇が認められたとする多国籍レジストリ解析の結果がLancet誌に報告されたが 、その後撤回された。 副作用と禁忌 [ ] リン酸クロロキンのとして強い心臓毒性があり、様作用が発現し、、心臓に還流する血液量が不十分な循環虚脱となり、に至ることが報告されている。 また2〜4年連用するとが変性しに至る慢性毒性もある。 日本では1971年よりクロロキン網膜症事件がとして社会問題となって訴訟が起こり、日本の製薬会社は製造を中止した。 日本ではクロロキンの製造・販売は禁止されている。 また、ヒドロキシクロロキンにも網膜障害が発現するがあるほか、も報告されており、網膜症や患者への投与は禁忌である。 さらに過敏症、、、、、、胃腸障害、神経系障害、血液障害、SLE網膜症などの患者や、への投与には十分に注意し、本剤の投与は安全性及び有効性について十分な知識との治療経験をもつ医師のもとでのみ実施されるべきであるとされている。 アジスロマイシン [ ] 抗生物質の(商品名 ジスロマックまたはアジスロシン)はヒドロキシクロロキンと併用すると上気道からのウイルス消失効果がより高い可能性があるという研究が3月20日にフランスの大学病院研究所(I. ) 地中海感染症院などの研究チームから発表された。 アジスロマイシンはin vitroにおいてウイルス誘発性インターフェロン産出を促すことにより抗ウイルス作用を発揮し、に対して効果のあることが見つかっていた。 カモスタットおよびナファモスタット セリンプロテアーゼ阻害剤 [ ] ドイツの研究によれば阻害剤のはin vitroにおいてSARS-CoV-2が細胞へと侵入する際に使われる宿主側酵素のTMPRSS2を阻害するため、新型コロナウイルスに効果のある可能性がある。 SARSコロナウイルスでは動物実験においてカモスタット単独投与の効果が確認されており 、その用量をヒトに当てはめると日本で既に承認されている量でも効果のある可能性がある。 は新型コロナウイルス感染症患者に対するカモスタット投与の臨床研究を計画している。 は新型コロナウイルス患者に対しナファモスタットの試験投与を行う予定となっている。 日本ではは慢性膵炎や術後逆流性食道炎に、は膵炎や播種性血管内凝固症候群などに対して保険適用されている。 カモスタットおよびナファモスタットのとして、ショック、様症状などの、過敏症、、、や減少、肝機能障害、黄疸などが報告されている。 2020年3月4日、はトシリズマブのCOVID-19患者に対する投与を認可し 、医療規定の標準治療に組み込んだ。 3月5日、附属第一医院(立医院)と安徽富陽第二人民病院のチームは、2020年2月5日から2月14日のあいだ、COVID-19重症患者20例に、通常の治療に加えてトシリズマブを投与して分析した結果を、未査読論文サイトに発表した。 それによれば、その結果、20人の患者のうち15人(75. CTスキャンにより、19人の患者(90. 目立った副作用はなかった。 19人の患者(90. 5日で退院し、残りも良好に回復中と述べられている。 また、イタリアでも、COVID-19重症患者2人に対しの投与が行われ、これにより24時間で症状が改善した。 この投与は ()及び ()の協力によって ()の患者に対し行われた。 4月8日、はCOVID-19を対象としたの第3相臨床試験の実施に向け、治験届を提出した。 4月9日、附属第一医院らのチームは、受容体を標的とした薬剤トシリズマブによる治療したCOVID-19重症患者2名の末梢血単核細胞を分析した結果、過剰に活性化された炎症性免疫応答は減弱していた一方、抗ウイルス免疫応答は保たれたことを未査読論文サイトに報告した。 4月15日のMedical Tribuneの記事によれば、COVID-19の主な死因にシステムの暴走、すなわち「」で肺の細胞が壊れる(急性呼吸窮迫症候群)がある。 ARDSの予後不良例で、などの炎症性バイオマーカーの値が高いことがある。 トシリズマブはIL-6の働きを阻害し、炎症反応を抑えるため期待されているという。 サリルマブ(関節リウマチ薬) [ ] 薬のヒト型抗ヒトIL-6受容体モノクローナル抗体である、 サリルマブ()(の )がある。 これも、と同様、システムの暴走を抑えてCOVID-19重症患者の治療に有効ではないかと期待されている。 4月2日、サノフィは、重症COVID-19患者を対象としたケブザラ(サリルマブ)の臨床試験の一環として、米国外で第1例の患者に投与したことを発表した。 本試験は、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、カナダ、ロシアおよび米国で実施している。 ルキソリチニブ(JAK阻害薬;血液疾患治療薬) [ ] (商品名 ジャカビ)はJAK阻害薬であり、真性多血症などの治療薬である。 サイトカインストームを伴うCOVID-19患者におけるジャカビを評価するため臨床試験が計画されている。 またに報告された症例においてが報告されており、その場合に電解質輸液剤によるが行われている。 なおSARSにおいても低カリウム血症および低ナトリウム血症が報告されていた。 酸水素混合吸入 [ ] 酸水素混合吸入は中国においてCOVID-19の治療に使われている。 2020年2月5日、上海潓美医療科技の酸水素吸入器 水素66. この酸水素吸入器は COPD 、、、などに向けて開発されていた。 2月17日、中国非公立医療機構協会 CNMIA がこの酸水素吸入器を推奨し 、3月3日、(NHC)はガイドライン第七版で酸水素吸入器を標準治療に組み込んだ。 ただし二重盲検比較試験は行われておらず論争も起きている。 ACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬 [ ] 新型コロナウイルス感染症の患者の血漿では著しく高いレベルのが確認されており 、それによる障害を防ぐために ARB を使うことがマハラシュトラ保健大学の 教授から提案された (も参照)。 ARBには、などがある。 () EFPIA は、降圧剤であるアンジオテンシンII生成を阻害する ACE阻害剤 の効果の検証を含む治療法の特定を、会員企業に求めている。 ACEI又はARBの静脈内投与がACE2受容体の発現を増やし重症化リスクを高める可能性があるとする仮説も存在する が、中国におけるCOVID-19患者のの審査前論文によれば65歳以上の高血圧患者におけるARBの服用者は重症化リスクが有意に低かったとされる。 リコンビナントACE2 [ ] ヒト組み換え可溶性ACE2はin vitroにおいてSARS-CoV-2の細胞への感染を阻害することが見つかっている。 SARSでの研究ではマウスでの動物実験においてアンジオテンシンIIの分解を行うリコンビナント 組み換え ACE2の投与がSARSの重症化を防ぐことが見つかっている。 ヒト組み換え可溶性ACE2にはApeiron Biologics製の「APN01」が存在し 、既に第II相臨床試験を開始している。 また、日本のは量産可能なバクテリア由来の様酵素「B38-CAP」を発見し、それが新型コロナウイルス患者の重症化抑制に使える可能性のあることを発表した。 メプラズマブ(抗CD147抗体) [ ] ACE2以外のウイルス受容体としてCD147が関与している可能性が示唆されている。 抗CD147抗体であるメプラズマブによりウイルス陰性化までの期間が短縮されたと報告された(2020年3月26日現在、査読前論文であるため解釈に注意が必要)。 BCGワクチン [ ] 東西ドイツのCOVID-19感染率の相違 リサーチコア教授メガン・マリーは、ワクチンの再接種によってが減った報告や、trained immunity(訓練免疫状態 によるオフターゲット効果の可能性にも触れ、BCGワクチンのCOVID-19への効果の研究価値があると述べた。 BCG接種状況 と世界のCOVID-19感染率の類似が指摘されている。 の研究チームは医療従事者にワクチン接種を行う者1000人を募集したと『』誌がに掲載した。 このグループはBCGがのを変化させるというを人間で確かめることを目的としている。 助教授アニー・スパローは、2016年のWHOのでもBCGワクチンのオフターゲット効果 の有効性が報告されているとし 、BCGワクチンが医療従事者を救う可能性については研究する価値があると3月24日に述べた。 ()はワクチンが免疫力を高め、SARS-CoV-2にも効果のある可能性があるとして臨床試験することを発表したと3月27日に報じられた。 名誉教授( の宮坂昌之は、免疫学の世界ではこのワクチンが高齢者の細菌性肺炎に予防的効果があると指摘されているとし、BCGが自然免疫や獲得免疫を刺激して、ウイルス感染による重症化を防いでいるとも考えられると解説した。 また、同氏はBCGワクチンを接種している国とそうでない国では統計的に死亡率が異なっているとし、特に、日本株とソ連株の効果が強く、デンマーク株では効果が薄いように見えると述べた。 イスラエルのでの研究によればイスラエルではBCGワクチン(株不明)接種中止前と後の3年間においてBCGワクチン接種世代と不接種世代で新型コロナウイルスの感染率に差は存在しなかった。 副反応と注意喚起 [ ] BCGワクチン接種でのも報告されており、重篤例としてやなどの播種性BCG感染症の発症や、 SCID やなどのでは重症化することが多い。 またやも報告されている。 4月3日、は「『新型コロナウイルスによる感染症に対してBCGワクチンが有効ではないか』という仮説は、いまだその真偽が科学的に確認されたものではなく、現時点では否定も肯定も、もちろん推奨もされない。 」「定期接種としての乳児へのBCGワクチンの安定供給が影響を受ける事態は避けなければならない。 」などの見解を示した。 も同日にBCGは新生児や乳児を対象に接種が行われており、成人を対象とした知見は十分ではない、また、の既罹患者やBCG菌に対する免疫を有する者に接種した場合、強い接種局所反応などの副反応が出現する可能性もあると発表した。 厚生労働省も「BCGワクチンは、乳児の定期接種のために製造されており、メーカーが出荷できる量は出生数と同程度で、余剰はありません。 」と発信した。 4月10日、BCGを扱っていない日本の医療機関において、BCGワクチンを新型コロナウイルス感染症の予防のために接種を希望した成人に、誤って全量注射し、発熱やじんましん、血尿などの健康被害が出ていたことが報告された。 BCGは腕に塗ったBCG溶液のうち微量だけ体内に入れる方式で、説明文書には「絶対に注射してはならない」と記載されている。 経皮接種用の濃厚なワクチンであり、 もし皮内等に注射すると強い局所反応を呈するので、絶対に注射してはならない。 — 日本ビーシージー製造株式会社 VPM1002(BCGワクチンベースのワクチン) [ ] は3月21日、BCGワクチンをベースにしたワクチン候補であるVPM1002が、SARS-CoV-2の感染に対して有効かどうかドイツの病院で高齢者と医療従事者を対象にに入ることを発表した。 VPM1002は、ステファン・H・E・カウフマンのグループがワクチンとして開発したもので、従来の標準的なBCGワクチンよりも安全で、結核や癌に効果があるとされる。 このワクチンは現在インドで第III相の治験がされており、2020年半ばに完了予定で、SARS-CoV-2に特化したワクチンが開発されるまでの間の利用が期待されている。 Vakzine Project Management(VPM)と世界最大級のワクチンメーカーであるインド血清研究所 Serum Institute of India と共同で開発する。 イベルメクチン(駆虫薬) [ ] 2020年4月4日、南東部メルボルンのの研究チームは、 (Ivermectin)(社、社の ストロメクトール)が、実験の結果、本ウイルスの抑制に効果があったと発表した。 1回量のイベルメクチンで本ウイルスの複製を48時間以内に止めることができた。 今後臨床試験を行い、できるだけ早くCOVID-19の治療薬に応用したいとしている。 2020年4月19日、の研究チームは、169病院においてイベルメクチンを用いずに治療した704人の死亡率が8. しかしその後、発表の信頼性に疑義が生じ、投稿中であった論文も撤回された。 Leon Caly, Julian D. Druce, Mike G. Catton, David A. Jans, Kylie M. Wagstaff: "The FDA-approved drug ivermectin inhibits the replication of SARS-CoV-2 invitro", Antiviral Research 178 2020 104787. は、数々の業績をあげてを受賞したで特別栄誉教授のにより開発された。 なお、重大な副作用に、(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、(Stevens-Johnson症候群)(いずれも頻度不明)がある。 リファンピシン(抗生物質) [ ] 2020年4月14日に、インドのガウタム ブッダ大学のチームが、未査読論文サイトに発表したところによれば、彼らはSARS-CoV-2のメイン(Mpro)を標的に、の承認市販薬化合物からヒトの抗ウイルスおよび抗菌特性を備えたものを文献調査で12種選び、それらをコンピュータシミュレーションで仮想スクリーニングにかけて候補を探した。 その結果最も有望な薬剤として出てきたのは、の治療で定評のある、の (の リファジン )((英語版))であった。 そしてリファンピシンがCOVID-19の治療に使えるかもしれないと提案した。 コンピューター創薬 [ ] (PPI)に関する原理的な知見として、相互作用を生じるふたつのなどは、それらの一部同士が空間的に合致する(嵌まる)形であることが多いことが分かっている。 この原理を利用して、本ウイルスSARS-CoV-2の立体構造に対して、既知のあらゆるタンパク質のをいろいろ当ててみてどこかが嵌まらないかとしらみつぶしに調べることで、抗SARS-CoV-2薬の候補となるタンパク質群を発見するアプローチが可能である。 しかしこれには膨大な計算量が必要になる。 そこで、1台のコンピュータだけでなく多数のコンピュータで分散して計算させることが、発見の近道となる。 世界中から無償ボランティアを募集してコンピュータを自動的に借りながら発見作業を進めるというオープンなプロジェクトが、いくつかスタートしている。 こうしたプロジェクトには世界の誰でも参加して自分のパソコンで薬剤発見に貢献できる。 インストールしたプログラムアプリがデータを自動的にダウンロードして解析してサーバに次々報告する。 参加者はインストールと必要に応じて設定を行えばよい。 その代表的なものとして、2020年2月末、に拠点を持つプロジェクトの(FAH、フォールディング・アット・ホーム)では、本ウイルスへの取り組みの基盤を提供し、個人・企業が所有するパソコンの余剰パワーの提供を募集した。 グレッグ・ボウマン博士は「近い将来に最も期待がかかるのは、いずれかの部位に結合できる既存の薬剤を見つけられるかどうかだ」と述べた。 やなどIT大手、のパソコン・ゲーム愛好家グループなど2週間で40万人以上が専用アプリをダウンロードした。 3月25日、Folding homeの演算能力は約1. 5に達した。 の上位100の合算を上回る能力を獲得し、これまでの数千倍長いタンパク質を対象とするシミュレーションが可能となっている。 ビタミンC [ ] この節のが望まれています。 重症患者における高濃度ビタミンC点滴が ()で第II相臨床試験中となっている。 亜鉛 [ ] COVID-19患者に対する亜鉛の静脈内投与がのメルボルンにある ()で臨床試験されている ものの、エビデンスはまだ無く、安全かも分かっていない。 亜鉛イオンには抗ウイルス作用があり、この作用はウイルスのポリタンパク質プロセシングを阻害することなどによるものとされている。 人工サーファクタント [ ] は RDS のために開発されたサーファクタント補充療法を改良し、そのSARS-CoV-2に対する治験を計画している。 によれば、COVID-19が感染するために使用するACE2は肺において主にで発現しているため、SARS-CoV-2ではその細胞への感染によっての産生が阻害されて肺胞体積低下に陥ると推察している。 デキサメタゾン [ ] ステロイド系抗炎症薬『』が、2020年6月にイギリスで新型コロナに感染した重症患者の死亡率を下げるとの研究結果が報告され、国際的に注目されている。 日本でも同年に厚生労働省の診療の手引きに追加掲載されたことが判明。 レムデシビルに続いて2例目となる。 新規治療薬、予防薬の開発 [ ] 「」も参照 ノババックス社 [ ] 2020年1月21日、米国の感染症薬メーカー、ノババックス (Novavax Inc. は、本ウイルスの感染予防のためのの開発をはじめたと語った。 感染症流行対策イノベーション連合(CEPI) [ ] 流行対策連合 ( は政府、政府、、および公益信託団体の出資によって2017年に会議()にて発足した、公的機関、民間機関、および市民団体の間でのグローバルな協働体である。 日本のも創設に関わり2017年より拠出を行ってきた。 2020年1月23日、CEPIは以下3研究チームが開発に向けた作業を開始し、少なくとも1種類のワクチンのを6月までに開始すると発表した。 また、夏にも人へ臨床試験を行い、ワクチン承認は早ければ年内になるとも述べた。 米医薬品・ワクチン開発の(英語 (MRNA. O と (NIAID の連携、• 製薬会社 (INO. O 、• のチーム。 この他、米社もワクチン開発計画に加わり、やの生存者から同定された(mAbs)が本ウイルスに有効かどうか調べる。 イノビオはの最も先進的なワクチン候補 INO-4700をもっており 、ウイルスのDNA塩基配列が公表されて3時間以内にウイルスをデザインできた。 CEPIから最大900万ドル(約9億8000万円)のを受け、2020年初夏にも・現地でのに入る予定 で、大規模な臨床試験は年末までに中国で行いたいという。 2月3日、英はワクチンで確立された(抗原性補強剤)の基盤技術を提供するためにCEPIの協働に参加すると発表した。 2月25日、は開発中のCOVID-19のワクチンを、ヒトに投与する安全性試験()向けに米国立アレルギー()に出荷した。 ヒトへの臨床試験は2カ月以内の開始を見込むが、一般に入手できるようになるには1年半かかる可能性があるという。 中国・ロシア [ ] 2020年1月26日、中国CDC(疾病管理予防センター)の関係者は、ワクチンの開発を開始したと語った。 1月29日、のは新型コロナウイルスのゲノムが中国からロシアに提供され、中露がワクチンの共同開発に着手したと発表した。 (上記と同じものかどうかは分からないが)開発したワクチンの治験開始が3月17日に中国で承認され、陳薇をリーダーとするの研究者らが治験を開始。 3月18日にも報道した。 3月23日、軍事医学研究院生物工程研究所と康希諾生物(CanSino Biologics)は、独自に開発した新型コロナウイルスワクチン(媒体)の108人への第1期臨床試験を開始すると報道した。 プロジェクト責任者は陳薇(Chen Wei)少将で、複製欠陥型ヒト5型アデノウイルスを媒体とし、新型ウイルスのS抗原を作る。 感染予防のため、陳薇チーム7人はすでに接種済みである。 陳薇少将はウイルスのワクチンの研究で博士号を取得しており、これまでに抗SARSウイルス製剤やエボラ出血熱のワクチン開発に成功したと発表されている。 ジョンソン・エンド・ジョンソン社 [ ] 2020年1月29日、米医薬品・大手(J&J)は、COVID-19 ワクチンの開発に着手したと発表した。 のワクチン開発に利用した技術を応用する。 このワクチンは現在、とで投与されている。 「すでに多数の研究者をワクチン開発に投入しており、1ヶ月以内には何らかの成果が出せると確信している。 世界市場に向けた量産体制はすでに整っているので、ワクチンが完成すれば、1年以内に億単位の出荷が可能」という。 サノフィ社 [ ] 2020年2月18日、フランスのは、米国(HHS)の生物医学先端研究開発局(BARDA)と協力して、COVID-19 のための遺伝子組換えワクチンの速やかな開発を目指すと発表した。 アンジェス・大阪大学・タカラバイオ [ ] 2020年3月5日、発の創薬企業は、本ウイルスのワクチンを大阪大学と共同で開発し、が製造すると発表した。 技術を活かしという種類とするので、他の方法のワクチンよりも短期間に製造工程が作れるという。 抗体医薬の開発 [ ] リジェネロン社 [ ] 2020年2月4日、米国は、米製薬大手 ()と提携し、本ウイルス感染症の治療のためのの開発を行っていると発表した。 HHSによると、リジェネロンは内で発生したの試験薬を開発する際に使用された技術と同様の技術を使用するという。 同社は2月6日、同治療法が数カ月以内には一部の患者に使える可能性が大きいと発表した。 その治療法には、(未承認薬の人道的使用)が適用されるかもしれないという。 トランスクロモソミックス社 [ ] 2020年2月27日、医薬品開発の「(トランスクロモソミックス)」社 (鳥取県米子市)は、独自の抗体作製技術などを活用し、本ウイルスの治療用の(ヒト型)の作製に着手すると発表した。 同社は、発の創薬である「」社 の共同研究先。 その他治療薬の開発 [ ] ファイザー社 [ ] 2020年3月2日に米国の製薬会社が明らかにした情報によれば、本ウイルスを抑制する可能性のある抗ウイルス性化合物を同定し、第三者機関と検査を進めている。 同年3月末までに検査終了、2020年末までに臨床試験開始を目指す。 武田薬品工業 [ ] 2020年3月4日、は、本疾患に対して、2019年に買収したの大手製薬会社が持っていた血液由来の医薬品技術で治療薬を開発すると発表した。 免疫機能を高める治療薬「 TAK-888」を作るとされ、これは回復した患者のから採取した病原体特異的な抗体を濃縮したもので、これを投与すると患者のの活性が高まり、回復の可能性が高まることが期待できるという。 すでに米国やアジア、欧州の規制当局と調整を進めている。 9カ月から18カ月程度で治験を終える計画としている。 新型コロナに対する治療薬ではギリアドのレムデシビル、アッヴィのカレトラ、富士フイルムのアビガンなどの有効性が指摘されてきたが、いずれも既存薬の応用で、新規開発を表明したのは武田薬品が初となる。 当症状の禁忌薬 [ ] 3月17日、の報道官は、本ウイルス感染の疑いがある場合、医師の助言なしに抗炎症薬「」を服用しないよう注意を促した。 抗炎症作用の少ない「」服用が望ましいとしていたが 、3月20日に「通常の副作用以外に、症状を悪化させるという報告はなかった」ことから「控えることを求める勧告はしない」とし、先の発表を事実上撤回した。 そのため、3月20日時点において禁忌薬に指定されている薬品は存在しない。 ただし、ロキソニンなどのNSAIDSはを起こし肺炎の可能性を上げるリスクは肯定もされていないが否定もされていない状況であるため、可能なら使わないほうが無難といえる。 一般的な副作用を防ぐという観点も含め、解熱剤としての第一選択はアセトアミノフェンをと考えるのが現時点では妥当なところである(もちろん副作用のためアセトアミノフェンが使えない患者も存在する)。 医療機器 [ ] 人工呼吸器 [ ] 新型コロナウイルスはやをもたらし、肺にダメージを与える。 治療法がまだない現状では、重篤化した場合にが必要不可欠な医療機器となる。 米国の人工呼吸器メーカーであるベンテック・ライフ・システムズのキプルCEOは「ワクチンが開発されるまでのあいだ、命を救うために人工呼吸器の供給に注力せざるをえない」と述べる。 WHOは3月1日、各国に人工呼吸器の確保を求めた。 中国 [ ] 中国の医療機器メーカーは1月20日以来、24時間体制・3交代制で、研究開発部門のスタッフまでも生産ラインで働き、対応している。 誼安医療は外国からの注文殺到で、昨年の数倍の売上高を見込んでいる。 また、北京誼安医療はバルブやタービンといった主要コンポーネントをスイス、米国、オランダから輸入しており、パンデミックによるサプライチェーンの途絶えで困難な状況もある。 イタリア [ ] 3月6日、イタリア政府は医療機器企業シアレ・エンジニアリング・インターナショナル・グループ(ボローニャ)に協力を求めた。 陸軍技術者も同社の生産管理者と協力し、通常月間生産量160台のところ、4カ月で2000台の生産を目指す。 エミリアロマーニャ州の医師チームは、1台の人工呼吸器から2人の患者に酸素を供給する方法を開発した。 事業のイシンノーバ(Isinnova)は、ロンバルディア州にあるガルドーネ・バル・トロンピア病院の元医長レナート・ファベロの提案で、3Dプリント技術を使ったマスクと人工呼吸器をつなぐ医療用バルブの試作に成功した。 イシンノーバはこのバルブの特許権を取得したが、設計図を公開している。 また、イシンノーバが使用したのは仏社製のシュノーケリング用マスクで、デカトロンは協力に前向きで、すぐにマスクの設計図を提供したという。 イギリス [ ] イギリスでは、に成人用人工呼吸器が5000人分、子ども用900人分が備蓄されている。 英国政府は予備人工呼吸器を約8000台に積み増し、NHSは数週間で1万2000台弱まで増やすと述べた。 3月15日、イギリス政府は人工呼吸器またはそのコンポーネントの供給に関して企業に支援を要請した。 7つのチームは、イノベートUK、ハイ・バリュー・マニュファクチャリング・カタパルトと提携し取り組むとした。 ほか、、、なども要請を受けた。 コングロマリットである・グループは、簡易人工呼吸器の設計を検討し、または、既存の人工呼吸器メーカーの支援に向けて他社と協調する。 3月20日、マット・ハンコック英保健相は「生産可能な台数はすべて必要になるし、買い上げる」と述べた。 3月27日、家電メーカーが、政府の依頼を受けて10日間で設計した新型人工呼吸器CoVentを開発したと発表した。 新型コロナウイルス感染症の患者に特化して対応できるもので、4月初めまでに使用態勢が整う。 政府からの注文は1万台で、この他ダイソンは各国に5000台を寄付するとしている。 掃除機や芝刈り機のメーカーのジーテック Gtech も2種類の人工呼吸器試作品を政府に提出して審査を受けている。 アメリカ合衆国 [ ] 米国には16万台の人工呼吸器があり、さらに国家戦略備品として1万2700台があるが、3月22日、は、、による人工呼吸器製造を要請した。 はベンテック・ライフ・システムズと提携し、テスラはとの提携を発表した。 テスラは一時閉鎖していたニューヨーク州の工場を再稼働させて人工呼吸器を組み立てるという。 また、既存メーカーから購入した数百台の人工呼吸器をニューヨーク市の病院に寄付した。 フォードは「危機を前に国を支えるために力を合わせることが不可欠だ。 そうすることでこれまでにも増して強くなる」と述べた。 これに先立ち、にトランプ大統領は、緊急時に政府が産業界を直接的に統制できる権限を付与するを発動した。 3月27日、トランプ米大統領は国防生産法に基づき、GMに人工呼吸器の生産を正式に命令した。 GMは同日、医療機器メーカーと組んで生産を始めると表明、も人工呼吸器メーカーの増産を支援すると発表した。 これにより、GMには連邦政府の発注を優先する義務が生じる。 GMはの電子部品工場に呼吸器の生産設備を導入し、4月から月間1万台のペースで生産する。 トヨタは人工呼吸器のメーカー2社と連携して部品供給や物流を支援し、またで医療用の簡易フェースガードを生産し、マスクの生産準備も進めている。 全米病院協会は、旧式の人工呼吸器の復活や、麻酔機器の転用を検討している。 国防総省から同協会へ2000台の人工呼吸器が寄贈された。 オランダ(フィリップス) [ ] 電機大手は3月22日、人工呼吸器の製造を今後約2カ月で倍増、9月までに4倍にすると発表した。 フィリップスは現在、週千台生産している。 ドイツのドレーゲルとも連携する。 スイス(ハミルトン) [ ] スイスの医療機器メーカー、ハミルトン・ボナドゥーツ株式会社は、感染拡大が最も深刻なイタリアに優先的に製品を届けており、2020年3月現在昨年1年分の販売台数1500~2000台が1カ月で売れるという。 クローズドループ制御換気機能のある最新世代の人工呼吸器の価格は約6万フラン(約670万円)。 ハミルトンCEOヴィーランドは「スイスには現在、合計1000~1200台の人工呼吸器がある。 もしイタリア同様に感染状況が深刻になれば、需要は絶対に満たせないだろう」と述べた。 スイスのハミルトンの昨年の生産台数は1万5000台だったが、今年は約2万1000台を目指す。 ハミルトンは年間10億ドル以上の規模の人工呼吸器のグローバル市場で、売上高シェア約4分の1を占める。 ハミルトンはルーマニア工場で人工呼吸器用ホースを製造しているが、「重要な医療機器」を理由として数週間ルーマニア当局によって出荷が止められるという問題も発生したが、政府を通じて解決した。 ドイツ [ ] ドイツでは、感染拡大が始まる前に各病院が約2万台の人工呼吸器を保有していたが、連邦政府はドレーゲルベルクに1万台を発注した。 日本 [ ] 日本政府では経済産業省で人工呼吸器を3000台確保している。 3月25日、は同社傘下の米国ゾールメディカルが米国内の部品メーカーから供給を受け増産し、現在の生産数の約25倍となる月1万台の生産を目指す。 3月27日、トランス レーショナルリサーチセンターの木阪智彦准教授との石北直之医師は、3Dプリンターによる人工呼吸器代用装置のデータを無償提供すると発表した。 この装置は電気制御の必要がない。 3月29日、は人工呼吸器増産に向けた調整を開始すると発表した。 体外式膜型人工肺 ECMO [ ] 重症例に対してが使用されている。 防護具 PPE [ ] (personal protective equipment, PPE 1. 保護衣(、)を着る 2. (、)を着用 3. 、を着用 4. 、 この他、帽子()、など があるが、いずれも使い方を熟知したうえで使用するのが理想であり、間違った使い方をすれば感染を防ぐ効果が大きく減退するリスクがあるのは言うまでもない。 飛沫感染や接触感染を防ぐために(personal protective equipment,PPE が各種ある。 保護衣(、)、(、)、、、、帽子()、など。 死者の多くは、、、免疫系を損なうなど、他の疾患を併せ持っていた。 また、の過剰反応であるによる重篤化するケースもある。 死亡に至った初期症例によると、疾病の判明から死亡までの中央値は14日であり、6日から41日までの幅があった。 致死率・罹患率 [ ] 流行時の、マスクをしていない人の乗車を拒否するの。 2020年現在の流行ではが時間とともに変化し、疾患が診断可能になるまで進行した感染者の割合が不明なため、感染による全体的なとも不明である。 は、感染者数に占める死者の割合で、2020年現在のように感染が流行している段階では、感染者数値が変動するのに応じて致死率も変動する(例えば2月6日時点で武漢の致死率4. 2月17日時点で武漢の致死率3. 2月18日時点で湖北省以外の地域の致死率は0. 3月6日、厚生労働省は「最悪の場合、発症者は人口の1割を超える」とする流行シナリオを公表した。 そのシナリオは次のピーク時の医療需要の目安 1日あたり のによって表される。 また、この式は今後変更される可能性がある。 ピーク時は、感染が拡大した時点から概ね3か月後に到来すると推計されている。 ただし、公衆衛生対策を行うことで、ピークが下がるとともに後ろ倒しされる。 3月11日、(NIAID)の長官ファウチ Anthony S. 医学誌ランセットに発表した論文での研究者は致死率(訳文では死亡率)を0. これ未確定例を含む場合で、感染確定例の死亡率は1. 年齢別では80歳以上の死亡率は7. 致死率は、感染者が最終的には死亡か快復かで確定する。 今後、どのように致死率が推移するか不明であるが、2020年5月1日現在の全世界の感染者の事象確定者が死亡 233,792人、診断された症例数3,276,373人であり致死率7. 同データベースを元にした日本の場合の致死率は3. 「」および「」も参照 致死率 備考 2-2. 第二波は10倍の致死率。 の・で発生し、世界へ伝播した。 死者:200万人 世界人口28. 軍隊により封じ込め、住民を外出させないことで収束したこともある。 に・・・・で大流行。 2018年以降は・で大流行、2019年7月WHOは「」に指定した。 予防:流行地域へ旅行しない。 動物や患者に触れない。 洞窟に入らない。 死者:2万人 世界人口68億人 「」も参照。 死者:100万人 世界人口15億人。 原因となったウイルスは特定されておらず、H3N8型インフルエンザウイルスの他 、症状の類似から、このころ発生したと推定されているのヒトへのスピルオーバー(の出現)が原因の可能性も指摘されている。 「」も参照。 ヒトコロナウイルス、、NL63、HKU1の4種 9. ニドウイルス目コロナウイルス科 ヒトコブラクダ由来ウイルス 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 不明。 以下、推定致死率。 ニドウイルス目コロナウイルス科 コウモリ由来ウイルス この節のが望まれています。 中国の病院でにより診断されたCOVID-19患者に対して、PCRと血液、血清の診断の詳細を調べる研究があった。 39例中15例が治療後も腸管や血液にウイルスを有していた。 また、同病院の16例の研究で、0日めに口腔サンプルが陰性でも5日めに肛門サンプルが陽性化したのが4例あり、また、血清検査では治療直後陰性が治療5日後に検査すると陽転化するものが多かったという。 一方、PCR検査で陽性反応が出て入院し、その後の検査で陰性となり症状も落ち着いたため退院したが、最初の発症から2週間以上経過して再び検査で陽性となったケースも出てきており、ウイルスの再活性化か別の型などの再感染の可能性が指摘されている。 今後の研究が待たれる。 医療機関の対応方法 [ ] 医療学会 [ ] ( 注意:以下のガイドライン、対応策は随時改訂されるので、最新情報の確認が必要) 2020年2月4日、は透析例への対応策 を発表した。 2月6日、が妊産婦への対応策 を発表した。 2月12日、は、「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第1版)」を公開した。 2月16日、は、がん患者への対応を発表した。 「明らかなエビデンスはないものの、 のガイダンス(2020年1月30日付)では、がんの罹患は重症化リスクの一つであるとされて」いる、また、「免疫抑制状態もリスク因子とされている」と記載されている。 2月17日、は、への医療機関が講じるべき対応策の見直しを 配下の各医師会に通知し にも掲載した。 要点は以下のとおり。 日本で行える治療は、現在、承認済薬剤のである(手続要)。 抗ウイルス薬を開始すべき時期は、患者がを発症し、酸素投与が必要であることをとする。 そのうえで、• 概ね50歳未満の患者ではを発症しても自然経過の中で治癒する例が多いため、必ずしも抗ウイルス薬を投与せずとも経過を観察してよい。 概ね50歳以上の患者では重篤なを起こす可能性が高く、死亡率も高いため、低酸素血症を呈し酸素投与が必要となった段階で抗ウイルス薬の投与を検討する。 ・・慢性肺疾患、喫煙による、状態等のある患者においても上記2に準じる。 年齢にかかわらず、酸素投与とだけではが悪化傾向にある例では抗ウイルス薬の投与を検討する。 他に使用できる可能性のある抗ウイルス薬には、、、 などがあるが、それらの効果や併用効果に関しては今後の知見が待たれる。 — 、 院内感染ほか [ ] 2月7日、で検出された感染者のうち4割は、同大学病院でしたと発表された。 でもの病院で院内感染が発生した。 日本の病院でも、牧田総合病院 東京都大田区 、 、 、 和歌山県 、(大阪府 )などでが発生し、一時的に休診となった。 オンライン診療 [ ] 病院での感染()のおそれがあるため、は2月28日、オンライン診療の手続きを簡略化した。 オンライン診療が認められるのは、複数回受診しているかかりつけ医で、同じ薬を処方してもらう場合などに限られる。 オンライン診療の手順としては、のを通じて、かかりつけの医師の診察を受け、を受けるとがに送られる。 薬局での服薬指導もスマートフォンで受けることができ、その後、処方薬が自宅にで配送される。 公衆衛生施策上の対応 [ ] 社会的距離戦略 [ ] 詳細は「」を参照 米国ブルームバーグ公衆衛生学部のBruce Y. Leeは感染拡大を抑えるためのとして以下を列挙する。 (上記と重複するものもある)• できるだけ家から出ない• 2m以内に近づかない• 体を密着させない• 部屋、のなかでも距離を置く• 、、をしない(日本人のようななど代わりになる方法を探す)• 職場、学校、映画館、スポーツイベントを避ける(、遠隔授業、インターネット視聴などに切り替える)• 食料品店やコインランドリーは空いている時間に行く• を避ける(満員電車を避ける)• 、押しボタン、など、多くの人が触れたものには触らない。 触った場合は、すぐによく手を洗う。 ペンは携帯する。 会議、集会、のを避ける。 感染していないという確証が得られる人とだけ、少人数で集まる。 トイレおよび飲食品の管理 [ ] は2020年2月15日、新型コロナウイルスには感染経路が複数あり、(例えばのように)糞口・経口感染することが「急速な感染の一因だと考えることができる」と論文で発表している。 非接触サービス、リモートワーク [ ] 中国の外食産業は、新型コロナウイルスへの対策として非接触化を進めており、非接触配達サービスや非接触レストランが登場している。 会社業務では、リモートワーク ・在宅勤務 の推進が行われている。 仕事や学業を効率化し、会議も最小化してで出来ること(特に連絡事項)は、すべて電子メールやチャットを使用し、自宅でできる仕事は自宅で行う対策が取られる。 また遠隔接客ロボットも登場している。 集団感染・スーパー・スプレッダー [ ] この節は から説明されていない可能性があります。 での議論とへの協力をお願いします。 ( 2020年3月) は2020年3月1日、これまでの日本の集団感染()事例に、、スタイルの、、の、密閉された仮設テントなどがあったとし、 が悪く、人が密集して過ごす空間、不特定多数の人が接触する場所に行くことを避けるよう勧告した。 集団感染の事例としては、での 、住宅設備展示会 北海道 、病院(東京 、相模原市 、和歌山県湯浅町での 、大阪の 、ライブバー 北海道 、名古屋市ではスポーツクラブ(感染36人)と福祉施設(感染45人)でクラスターが発生した。 3月3日には、日本の集団感染9件では、そこからつながりのある感染者数が80人以上になることがわかった。 韓国での感染者の行動履歴の事例では、はじめにで集団感染が発生し、うち一人が老人福祉施設の食堂で食事をして5人が感染。 さらにその福祉施設会員の感染が病院で確認され、さらにその病院で院内感染が発生した。 10人以上への感染拡大の感染源となった患者を という。 韓国の流行では特定の数名がスーパースプレッダーで、1人から86人に感染させた患者もいた。 日本での新型コロナウイルス感染者の8割は他人に感染させていないが、残りの2割が1人以上の人に感染させており、1人から9人へ感染させた事例(屋形船)や、1人から12人へ感染させた事例(スポーツジム)もある。 専門医もスーパースプレッダーにならないためには密集空間を避けるべきだとしている。 は、これまで集団感染が確認された場所は、1. 換気の悪い密閉空間 、2. 多くの人が密集、3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)でのやという3つが重なった場であり、このような場所を避けるよう勧告した。 同会議は集団感染を防ぐために以下を強く推奨した。 換気のために窓を開ける• 会場を広くし、お互いの距離を1〜2mあける• 近距離での会話や発声、高唱を避ける こまめな手指衛生、咳エチケットの徹底、共用品を使わない、使う場合は十分に 、であるの今村顕史感染症科長は、現在の日本の状況では流行を抑えるために一番重要なのはクラスター(感染集団)対策であるとする。 クラスターの中で複数の人に感染を広げている人が見つかったら、徹底的に接触者(濃厚接触者 を調べるとする。 ジムに通っていた陽性者で、濃厚接触者数が約1400人となった例があった。 に専門家会議は、現状は持ちこたえているが、あるとき突然爆発的に患者が急増(「」 して、医療が提供できなくなれば、強硬なを取らざるを得なくなると懸念した。 その上で引き続き、集団感染 クラスター の早期発見、重症者への集中治療の充実と医療提供体制の確保を維持し、また各地域は感染状況に応じて、密閉空間でのイベントや集会(3つの条件の重なる場所)など感染リスクの高いものは徹底的に回避しながら、感染が拡大していない地域においては感染リスクの低い活動から徐々に解除することもありえるとした。 上記までの見解を踏まえ、新型コロナウイルス厚生労働省対策本部では、リスク要因の一つである「換気の悪い密閉空間」を改善するため、多数の人が利用する商業施設等においてどのような換気を行えば良いのかについて、有識者の意見を聴取しつつ、文献、国際機関の基準、国内法令基準等を考察し、推奨される換気の方法として、「」を取りまとめた。 、新型コロナウイルス感染症対策本部より、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が発表され、この中で感染者を抑えること、医療提供体制や社会機能を維持することが重要であり、 「三つの密」(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けること、疫学調査等によるクラスター発生の封じ込めが推進された。 なお、この三つの密のある空間を「3密」「集近閉」 と表現され 、広報されている。 集団免疫 [ ] 詳細は「」を参照 日本のは3月2日に「感染症のなかには、大多数の人々が感染することによって、感染の連鎖が断ち切られ、感染していない人を保護する仕組みが機能できる」として の考えに言及した。 集団免疫は、市中感染が拡大する以前の隔離政策、またワクチンがない場合の対策として見なされている。 でのは「新型コロナ騒動は、集団免疫を得るまでは終わらない。 そうであれば、厳しい対策により感染者をゼロに近づけようと努力するのではなく、ドイツや英国に倣つて、医療崩壊を起こさないように注意しながら、ある程度の感染を容認して、集団免疫を得ることを考えるべきではないだろうか。 そんなことをしたら死亡者が増える、という反対がある。 重症者の治療法を早期に確立して、死亡率を低下させることが最重要の課題である。 」と指摘している。 新型コロナウイルスと同じコロナウイルスである、について、集団免疫が成立しているかもしれないという説がある。 このウイルスは、19世紀末に100万人が死亡した大流行の元凶の可能性があるが 、現在では季節性の風邪に過ぎない。 イギリスでの集団免疫についての議論 [ ] 3月12日に英国政府は集団免疫で対策すると表明した。 3月14日、イギリスの科学者は「社会距離戦略の即時実施提言」を発表し、政府の対応は不十分で、もっと厳しい「社会距離戦略」を速やかに実施すれば、国内の感染拡大を劇的に遅らせ、数万人の命を救うと主張した 3月16日迄に501人署名)。 また現時点で『』を追求するのは有効ではないとした。 のウィレム・ファン・シャイク教授(微生物学)は、集団免疫の効果を目指すには、国内だけで3600万人が感染し回復しなくてはならないが、その人的コストの予測は不可能で、数万人から数十万人が死亡するとし、「NHSがパンクしてしまわないよう、数百万人の感染が長期間にわたり散発的に起きるように流行期間を引き伸ばすしかない」と述べた。 は「集団感染は、我々の行動計画の一部ではなく、感染症流行の自然な副産物だ。 人命を救い、最も弱い立場の人たちを守り、NHSの負担を軽減することが、私たちの目標だ」とし、「感染対策はすでに封じ込めフェーズを過ぎて、感染拡大を遅らせる段階にきている」「今後数カ月の間に国内の免疫力がどういうレベルになるか、予測できている」と反論した。 都市封鎖 ロックダウン [ ] での発熱検査 新型ウイルスに対して人間は免疫を持っていないので感染が拡大するが、ワクチンが使用できない場合はNPIsは感染を制御する有効な方法とされる。 これまでの疫学解析で、最も有効な対策の組み合わせを最適なタイミングで実施することでかなりの程度被害が抑えられる。 パンデミック発生リスクのフェーズが3から4 効率的なヒト-ヒト感染の発生 になった段階 で、 監視調査)中心の対策から、• 早期封じ込め rapid containment• 早期対応 early response• 被害の最小化 mitigation といった戦略が段階的に検討され、さまざまな対策が実施される。 参考:、 CDC 大気質の改善 [ ] などによる大気質の悪化は、呼吸器や循環器などの様々な疾患のリスクを上昇させることが知られており、新型コロナウイルス感染症に対しても同様に悪影響があると考えられている。 カナダの や、米国の 、 といった地域では、新型コロナウイルス感染症の被害軽減策としてやなどの屋外燃焼行為を禁止した。 罹患した主な著名人 [ ]• "L type, which might be more aggressive and spread more quickly. " doi:10. プロテアーゼ阻害剤で、HIV治療薬。 2019年4月、HIV治療ガイドラインにおいて、本剤が積極的に変更を考慮すべき旧来の薬剤に位置付けられたことから、HIV感染症治療薬としての役割は終息したものと考え、本剤の希少疾病用医薬品製造販売中止届の手続きを行った。 日本のに相当。 2月に入り は(アビガン錠)を承認した• が、2月26日、抗ウイルス薬の選択として、以下を呈示した。 1 現時点で日本での入手可能性や等の観点より、• ・ ( 配合錠):抗HIV薬;プロテアーゼ阻害剤の合剤• ( 錠) 2 他に有効な可能性のある薬剤例として、• 日本のに相当。 2月に入り は(アビガン錠)を承認した• 原文のsystematicはsystemicの間違い。 ラッセル音のこと。 気管や気管支に異常があると、胸部聴診の際に聴こえる異常な肺音。 訳による• 「分子標的薬などで本来の標的(on-target)とは異なる別の分子(off-target)を阻害,あるいは活性化してしまう効果」実験医学online. 日本の死者45万人を患者2300万人で割ると、0. 01956... となりで0. 日本の死者5,700人を感染者300万人で割ると、0. 0019... となる。 専門家会議の見解における「換気の悪い密閉空間」とは、一般的な建築物の空気環境の基準を満たしていないことを指すものと考えられる。 その意味では、に適合させるために必要とされる換気量(一人あたり必要換気量約 30m3 毎時)を満たせば、「換気の悪い密閉空間」には当てはまらないと考えられる。 4」を参照。 厚生労働省2020年3月30日 出典 [ ]• WHO 2020年5月7日. 2020年8月10日閲覧。 2020年2月17日. 2020年8月2日閲覧。 WHO. 2020. 令和2年法律第4号• ロイター 2020年3月12日• NHKニュース 2020年3月12日• 朝日新聞 2020年3月12日• WHO 2020年1月9日. 2020年5月2日閲覧。 厚生労働省検疫所 2020年1月14日. 2020年5月2日閲覧。 厚生労働省 2020年1月31日. 2020年5月9日閲覧。 (厚生労働省)• (一般社団法人 日本感染症学会)• 山口県岩国市公式サイト 2020年4月15日. 2020年5月7日閲覧。 HARBOR BUSINESS 牧田寛 2020年4月22日. 2020年5月7日閲覧。 25ans にしぐち瑞穂 2020年3月28日. 2020年5月7日閲覧。 毎日新聞 2020年2月13日. 2020年5月7日閲覧。 産経新聞 2020年4月5日. 2020年5月7日閲覧。 2020年2月12日. 2020年2月16日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2020年2月12日. の2020年2月17日時点におけるアーカイブ。 2020年2月14日閲覧。 毎日新聞. 2020年2月12日. の2020年2月14日時点におけるアーカイブ。 2020年2月14日閲覧。 テレ朝news. 2020年2月12日. の2020年2月14日時点におけるアーカイブ。 2020年2月14日閲覧。 高橋史弥 2020年2月12日. 日本版. 2020年2月14日閲覧。 ICTV. 2020年5月2日閲覧。 WHO 2020年2月11日. 2020年2月12日閲覧。 厚生労働省. 2020年8月10日閲覧。 Centers for Disease Control and Prevention 2020年8月4日. 2020年8月10日閲覧。 Public Health England 2020年8月7日. 2020年8月10日閲覧。 WHO. 2020年5月2日閲覧。 Jasmine Taylor-Coleman 2020年2月5日. News Japan. 2020年2月6日閲覧。 時事通信〈JIJI. COM〉. 2020年2月10日. 2020年2月27日閲覧。 NHK. 2020年2月12日. の2020年5月24日時点におけるアーカイブ。 2020年5月24日閲覧。 JIJI. COM 2020年2月12日. 2020年5月2日閲覧。 (国立研究開発法人 )• (日本集中治療医学会)• (一般社団法人 )• (東京都感染症情報センター)• : 2020年3月16日閲覧• 明報新聞網 - 即時新聞 instant news. 2020年4月10日閲覧。 チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版. www. chosunonline. com. 2020年4月10日閲覧。 Yahoo! 氏家誠 『化学 2020年4月号』 化学同人、2020年、44頁。 2020年2月5日閲覧。 WHO Kobe. 2020年3月16日閲覧。 WHO,2020-2-24• 2020年2月20日. 2020年2月20日閲覧。 (中国語) 2020年1月21日• (中国語) 2020年1月21日• Observation Island 2020年4月11日. 2020年7月15日閲覧。 (英語) D. Shaw Research "DESRES"• 2020年3月23日閲覧。 () 2020年2月24日• 井尻好雄, 木下浩之, 苅尾七臣 ほか、「」『循環制御』 35巻 2号 2014年 p. 156-162, :• 日腎会誌 2010年• ネイチャー 2005年• 2005年• BMJ 2020年• - (2020年2月17日アーカイブ分)• 2020年3月28日閲覧。 Wei, Xiao-Shan; Wang, Xuan; Niu, Yi-Ran; Ye, Lin-Lin; Peng, Wen-Bei; Wang, Zi-Hao; Yang, Wei-Bing; Yang, Bo-Han et al. 26 February 2020 英語. Clinical Characteristics of SARS-CoV-2 Infected Pneumonia with Diarrhea. Rochester, NY. 24 January 2020. Lancet. 2020年2月17日. 2020年2月17日閲覧。 日本医事新聞 No. 5002 2020年03月07日発行 P. 65 閲覧2020年3月8日• 2020年1月25日、 日本放送協会 2020年1月25日. NHKニュース. 2020年1月25日閲覧。 www. msn. com 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 2020年3月30日. 2020年4月8日閲覧。 www. cochrane. org. 2020年4月4日閲覧。 WHO 2020年4月2日. 2020年8月2日閲覧。 Centers for Disease Control and Prevention 2020年6月30日. 2020年8月2日閲覧。 日本呼吸器学会. 2020年3月31日閲覧。 中華人民共和国 中央人民政府 2020年3月4日掲載 2020年3月8日閲覧• 财新网 2020年3月4日記事 2020年3月8日閲覧• 産経新聞 2020年3月8日記事 2020年3月8日閲覧• 産経ニュース. 2020年3月13日閲覧。 - 時事通信(JIJI. COM), 2020年3月6日• - ロイター, 2020年3月5日• Virological 2020年3月5日. 2020年3月17日閲覧。 日本呼吸器学会. 2-3. 2020年3月31日閲覧。 February 2020. 国家科学評論. 日本医事新報社. 2020年4月4日閲覧。 Forster, Peter; Forster, Lucy; Renfrew, Colin; Forster, Michael 2020-04-28. Proceedings of the National Academy of Sciences 117 17 : 9241—9243. 時事ドットコム. 2020年4月29日閲覧。 Matsuda, Tomoko; Suzuki, Hikoyu; Ogata, Norichika 2020-02-28. arXiv:2002. 08802 [q-bio]. 日本感染症学会. 2020年4月5日閲覧。 2020年5月22日. 2020年5月28日閲覧。 2月25日)• 日経新聞. 2020年7月21日. 2020年7月22日閲覧。 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部. 2020年3月23日閲覧。 厚生労働省• 厚生労働省• (中国語) 2020年2月16日• NHKニュース. 2020年2月5日閲覧。 2020年1月29日. 2020年2月2日閲覧。 2020年3月19日. 2020年3月21日閲覧。 2020年3月28日. 2020年3月30日閲覧。 2020年3月23日. 国際感染症センター. 2020年3月30日閲覧。 2020年3月26日. 2020年3月30日閲覧。 週刊東洋経済. 2020年3月29日. 2020年3月29日閲覧。 2020年3月25日. 2020年3月30日閲覧。 井手ゆきえ 2020-040-1. 2020年4月2日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 久保田 文 2020年5月7日. 日経バイオテク. 2020年5月8日閲覧。 Bloomberg. com. 2020年5月7日閲覧。 (中国語) 2020年2月16日• 2020年1月24日. 2020年2月3日閲覧。 2020年1月29日閲覧。 Bloomberg 2020年1月26日• www. cas. cn 2020年1月25日. 2020年1月27日閲覧。 2020年1月30日. 2020年2月5日閲覧。 Holshue, Michelle L. ; DeBolt, Chas; Lindquist, Scott; Lofy, Kathy H. ; Wiesman, John; Bruce, Hollianne; Spitters, Christopher; Ericson, Keith et al. 2020-01-31. New England Journal of Medicine: NEJMoa2001191. Xinhuanet. の2020年2月3日時点におけるアーカイブ。 2020年2月3日閲覧。 Xu, Zhijian; Peng, Cheng; Shi, Yulong; Zhu, Zhengdan; Mu, Kaijie; Wang, Xiaoyu; Zhu, Weiliang 28 January 2020. bioRxiv: 2020. 921627. Paules, Catharine I. ; Marston, Hilary D. ; Fauci, Anthony S. 23 January 2020. JAMA. 2020年2月25日閲覧。 2020年2月25日閲覧。 2020年3月1日閲覧。 Correvio Pharma. 2020年3月1日閲覧。 2015年6月24日. 2020年2月25日閲覧。 2020年2月25日閲覧。 2020年2月25日閲覧。 齊藤 聡 et. 2015年7月. 2020年2月25日閲覧。 Preprints 0. 2020. 2020年2月26日. 2020年3月3日閲覧。 2020年3月3日. 2020年3月14日閲覧。 2020年3月10日. 2020年3月14日閲覧。 2020年2月10日. 中华传染病杂志. 2020年3月13日閲覧。 2020-03-18. New England Journal of Medicine 0 0 : null. 2007年7月19日. 2020年2月3日閲覧。 2020年2月3日. 2020年2月3日閲覧。 2020年2月2日. 2020年2月3日閲覧。 ohwatsana -• 「新型コロナウイルス肺炎の治療における、/およびの有効性」(直訳)報告• 2020年3月3日. 2020年3月13日閲覧。 症例報告「ロピナビル・リトナビルで治療した新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の症例報告」• 2020年2月3日閲覧。 2020年1月31日. 2020年2月2日閲覧。 2019年8月13日. 2020年2月2日閲覧。 2020年1月31日. 2020年2月2日閲覧。 2020年1月31日. 2020年2月2日閲覧。 新京報 2020年2月2日. 2020年2月2日閲覧。 2020年2月4日. 2020年2月4日閲覧。 2020年2月27日. 2020年2月28日閲覧。 2020年2月28日. 2020年2月29日閲覧。 2020年2月22日. 2020年2月23日閲覧。 2020年2月27日. 2020年2月28日閲覧。 2020年2月28日閲覧。 2020年3月11日. 2020年3月12日閲覧。 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 Grein, Jonathan; Ohmagari, Norio; Shin, Daniel; Diaz, George; Asperges, Erika; Castagna, Antonella; Feldt, Torsten; Green, Gary et al. 2020-04-10. New England Journal of Medicine 0 0 : null. 2020年2月23日. 2020年2月24日閲覧。 2020年3月4日. 2020年3月21日閲覧。 2016年6月23日. 2020年2月22日閲覧。 富士フイルム富山化学. 2020年4月18日閲覧。 NHKニュース. 2020年3月17日閲覧。 2020年2月4日. 2020年2月22日閲覧。 Chinese Clinical Trial Registration Center ChiCTR 2020年2月4日. 2020年2月22日閲覧。 2020年2月22日閲覧。 2020年2月18日. 2020年2月22日閲覧。 2020年2月22日. 2020年2月22日閲覧。 2020年2月22日. 2020年3月5日閲覧。 2020年2月23日. 2020年2月24日閲覧。 2020年2月21日. 2020年2月24日閲覧。 2020年1月28日. 2020年2月22日閲覧。 rctportal. niph. 2020年3月18日閲覧。 rctportal. niph. 2020年3月18日閲覧。 Cai, Qingxian; Yang, Minghui; Liu, Dongjing; Chen, Jun; Shu, Dan; Xia, Junxia; Liao, Xuejiao; Gu, Yuanbo et al. 2020-03-18. Engineering. AKTUALISIERT AM 01. 2020-18:59,FAZ. 2020年3月3日閲覧。 2020年3月3日閲覧。 Covis Pharma. 2020年3月3日閲覧。 2020年3月29日閲覧。

次の

新型コロナウイルス

新型 コロナ ウイルス クレベリン

そんな中、胃腸薬の正露丸で有名な大幸薬品のウイルス除去製品「クレベリン」が注目されている。 大幸薬品の株価は1月下旬から急騰し、2月中旬には10年半ぶりに上場来高値を更新した。 市場関係者の間では、「新型コロナウイルスの感染者が増えるとクレベリンの販売が伸びる、という思惑が働いているのではないか」とみる向きが多い。 しかし、クレベリンについては2014年に消費者庁から有効性の表現に対して「根拠が乏しい」と指摘を受けていた。 クレベリンの有効性についてどう考えているのか、医師として18年間の勤務経験もある柴田高・大幸薬品社長に聞いた。 大黒柱の正露丸の販売は右肩下がりが続いていた。 念願の上場 2009年3月 を果たすために、2本目の収益柱が必要と思い、2005年から力を入れ始めた。 成果として大きかったのは、2018年に行ったマーケティング改革だ。 製品の効果が消費者に一目で伝わるように、製品パッケージや広告を刷新した。 それまでのクレベリンは除菌剤として職場や家庭の隅っこに、隠されるように置かれていた。 しかし今はインテリアに近い位置付けで、目立つところに置かれるようになった。 新型肺炎の流行が本格化する前の2019年4~12月期も、売上高は前年同期比9割伸びている。 また、今回の新型コロナウイルスの流行がどう沈静化していくかがわからない。 2009年に新型インフルエンザが大流行してクレベリンの需要が急増した際、増産投資をして大量の不良在庫を抱え、経営が苦しくなった。 今回も焦って増産投資をし、同じ轍を踏むようなことはしたくない。 それ以来、信頼は回復できましたか。 「簡単、置くだけ!二酸化塩素分子がお部屋の空間に広がります」というような広告表現には根拠が乏しいという指導を受けた。 そのため以後は「ご利用環境によって、成分の広がり方は異なります」というただし書きをつけた。 クレベリンを置いた部屋でも、窓を開ければその成分がなくなるのは当然だ。 2014年当時はSNSなどで一般消費者からクレベリンに対するひどい書き込みが多かった。 だが、空間除菌によって感染リスクを最も低減したいのは医療従事者だ。 私が肝臓外科医をやっていたときに、ウイルス感染による肝炎や肝硬変で仲間が5~6人亡くなっている。 そういう経験があるので、医療従事者を守るためにこの事業を進めている。 CMを改変したことによって、消費者には理解してもらえたはずだ。 今ではSNSで「クレベリンを使ったらこのシーズンにインフルエンザにかからなかった」という書き込みも出ている。 以前は「とんでもない商品だ」という声が多かったが最近は「効いているようだ」という書き込みも出てきており、ある程度の民意は獲得できたと思っている。 この状況をどう考えていますか? クレベリンはあくまでも雑貨なので、特定のウイルスに効くと表現すれば薬機法 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 に引っかかる。 新型コロナウイルスの実験はしていないとはいえ、クレベリンに含まれている二酸化塩素ガスはインフルエンザウイルスやノロウイルス、コロナウイルスに効果があると、私を含む当社の研究者が学会で発表したこともある。 むしろ評価されていないのはガバメント 政府 ね。 これからはガバメントからのご理解も得たい。 各国のウイルス感染症の専門家が論文などを読んで、感染症対策にはクレベリンが有効だと国に推奨する、というのが本来の姿だ。 2011年に日本二酸化塩素工業会という業界団体を作り、生涯吸っても安全性に問題がない二酸化塩素の基準を作った。 だが、まだ国の標準規格にはなっていない。 標準規格になれば、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」にもクレベリンを置きましょう、という話にもなったはず。 この件について今回、厚労省にお話しに行こうと思ったけど電話もつながらなかった。 最近は、とくに若い人に正露丸を知らない人が増えている。 名前は知っていてもどういうときに飲むのかわからないと言う。 正露丸は生薬で、どんな下痢のときでも使えば効果があると訴求してきたが、ここ数年はクレベリンの広告宣伝に資源を割いていて、うまく伝えきれていなかった。 正露丸はにおいがきつい。 今後は糖衣錠というにおいを低減した商品をさらにアピールしていく。 これからは逆にお返ししましょう、という感じだ。 売上高が伸びると使える広告宣伝費も増えるため、正露丸は十分復権させていける。 正露丸は世界中に売っていける薬でもあるので、可能性は非常に高い。 ただ一般用医薬品は投資の結果が出るまでに時間がかかる。 5年後10年後には大きな市場を作れるポテンシャルがある。 なぜこのタイミングだったのでしょうか。 売却するのは有償ストック・オプションの権利を行使するために現金が必要だったからだ。 タイミング的には、まだ株価が伸びていくという判断ができないこともない。 業績には、ベースになる部分と、ブームの部分がある。 ブームの部分が浮き沈みするのは当然で、持続的に成長しようとすればそこに頼ってはいけない。 いかにベースの部分につながるブランド価値を上げていけるかが大事だ。

次の