エイジアン ダブ ファウンデーション。 エイジアン・ダブ・ファウンデーション

エイジアン・ダブ・ファウンデーションの楽曲一覧

エイジアン ダブ ファウンデーション

エイジアン・ダブ・ファウンデーション(以下、ADF)の新作『Access Denied』は、ブレグジット(イギリスのEU離脱)以降のイギリス社会の姿が写し込まれたADFならではのアルバムだ。 93年にロンドンの南アジア系コミュニティーで結成された彼らは、イギリス社会のなかでアジア系住民が置かれる立場を常にメッセージに刻み込み、イギリスのサウンドシステム・カルチャーを通じてそれを表現してきた。 ADFというとプライマル・スクリームのオープニング・アクトを務めるなどセンセーショナルな登場をはたした90年代後半の諸作品が印象に残っている方も多いかもしれない。 だが、近年はマチュー・カソヴィッツの映画「憎しみ(La Haine)」やジョージ・ルーカスの映画「THX 1138」に合わせて演奏するライブ・スコアの公演を精力的に行うほか、一時バンドを離れていた結成メンバーのドクター・ダス(Dr Das、ベース)も2013年に復帰。 バンドとしては完全に好調期に入っている。 ジャングル~ドラムンベース、ダンスホール~ダブ、バングラ・ビートを混ぜ合せた彼らのスタイルは世界中から支持を集めてきたが、そのことを証明するように、今回の新作『Access Denied』には多種多様なゲストが参加。 パレスチナ/ヨルダンにルーツを持ち、シャムステップという独自のサウンドを標榜する47ソウル、チリの社会派ラッパーであるアナ・ティジュ、オーストラリアのダブFXが招かれているほか、スウェーデンの環境活動家としていまや〈時の人〉となっているグレタ・トゥーンベリの言葉もサンプリングされている。 『Access Denied(アクセスは拒否されました)』というアルバム・タイトルに凝縮されているように、ここには世界の分断と混乱が描き出されている。 そんな本作の魅力について、今回はDJ/プロデューサーのMars89に語ってもらうことに。 ブリストルの異端ダブ・レーベル、から作品を発表するなど国際的な活動を展開する一方で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業停止を行う文化施設に助成金交付を求める活動〈〉にも関わってきたMars89。 ベース・ミュージックを基盤に持つ音楽性はもちろん、ポリティカルなメッセージを発信し続ける姿勢もADFと通じているように思う。 彼は『Access Denied』をどのように聴いたのだろうか? 「そうですね。 ジャングルやドラムンベースを聴きはじめてから、DJ目線でもう一度聴き直したんです。 プロディジーなんかと一緒で、バンド・サウンドの延長上という感覚がありましたね。 なおかつ民族的要素が強いという。 「バグの『London Zoo』(2008年)が出た頃、ダブステップと民族的要素が混ざり合った作品がいろいろと出てきて、その流れでADFを捉え直すような感覚があったんですよね。 ジャンルとしてのミクスチャーというより、カルチャー的なミクスチャーのおもしろさというか。 「いや、ADFって意外とDJでかけにくいんですよ。 プロディジーはレイヴ・ミュージックからきているのでフロア・マナーが根底にありますけど、ADFはどちらかというとバンド・サウンドが中心。 音の個性も強いし、ダブステップなんかと比べると中高音域が豊かで(他の曲と)音が混ざりにくいんですよ。 ADFは声やリリックを聴かせるために音が構築されているイメージがあります。 ただ、(メンバーの)ドクター・ダスがリミックスをいろいろやってるじゃないですか。 ダスのリミックスで印象に残っているのは? ダスのリミックスって民族音楽っぽいパーカッションをうまく使っていて、生音と打ち込みのニュアンスをいい感じに組み合わせているんです。 キックやベースはいまのダンス・ミュージックのマナーなんだけど、上には違う拍子でパーカッションなんかが乗ってる。 あと、リズム感がおもしろいんですよね。 「どちらかというとクラブの現場ではなく、自分がブリストルの〈〉でやってるラジオ番組でかけることが多いかな。 クラブでもダンスフロアというより、バーみたいなリスニング中心のところでかけたりしています。 DJでかけていると〈これ、誰? 「ドクター・ダスのリミックス・ワークからは民族音楽を使った実験的要素を感じるんですけど、ADFからはリリックやメッセージが前に出てくるイメージが強い。 フロウも少しサイプレス・ヒルみたいなところがあって、ダブの要素があり、自分たちのルーツを大切にしている感じや、マイノリティー・コミュニティーのなかの雰囲気が伝わってくるような感じがある」.

次の

エイジアン・ダブ・ファウンデイション、最新作『Access Denied』より「Swarm」MV公開

エイジアン ダブ ファウンデーション

概要 [ ] エスニックなアジア音楽を取り入れたに乗せて、辛らつな社会風刺や政治批判のメッセージを発信するスタイルを持つ。 を基調としつつ、ビートや、に、さらにまで幅広い音楽性をクロスオーバーさせた「無国籍」なサウンドは、しばしば『 ミクスチャー・ダブ』などという言葉で語られることになる。 幾度かのメンバー交代を繰り返しながら、目立った停滞期もなくコンスタントに活動しており、また、へたびたび参加する常連として日本での人気は高い。 メンバー [ ]• チャンドラソニック:Steve Chandra Savale aka Chandrasonic - ギター…バンドリーダー• サンJ:Sanjay Tailor - プログラミング• バンディットG:John Pandit aka Pandit G - ターンテーブル• プリトパル・ラジプット:Prithpal Rajput aka Cyber - ドール、ドラム• アクターベイター:Aktarv8r - ボーカル、MC(2004-2007年は一時離脱)• アル ラムジェン:Al Rumjen - ボーカル、MC• マーティン:Martin Savale aka Babu Stormz - ベース 元メンバー [ ]• ディーダー・ザマン:Deeder Zaman - ボーカル、MC• ロッキー・シン:Rocky Singh - ドラム• ドクター・ダス:Dr Das - ベース• スペックス:MC Spex - ボーカル、MC• ロード・キモ: MC Lord Kimo - ボーカル、MC• 人種差別反対運動のイベントなどでライブを行い、活動を始めた。 、デビュー・アルバム『ファクツ・アンド・フィクションズ』をリリース。 ブームに沸く本国ではブームにそぐわない音楽として低い評価しか得られなかったものの、をはじめとする各地では好意的に受け入れられた。 イギリスを離れ、そのフランスのレーベルからセカンド・アルバム『R. 』がにリリースされた。 同年、ロンドンのレコード会社と契約し、「R. 」に再録音と新曲を加えた形の新装版セカンドアルバム『RAFIリヴェンジ』を発売。 その後、のツアーでフロントアクトに抜擢され、プライマルのボギー・ギレスビーをして「ADFはイギリスで一番のライブ・バンドだ!」と絶賛され、一躍注目の存在となる。 翌年のへの参加で初来日を果たし、その直後にはのツアーにも随行するなど、精力的に活動しながら徐々に人気を集めていった。 そして、サード・アルバム『コミュニティ・ミュージック』を発表。 イギリスの社会を激しく風刺したシングル「リアル・グレイト・ブリテン」がスマッシュ・ヒットを記録し、アルバムは自己最高の全英20位にチャート・イン。 各方面から絶賛された本作によってその人気を確立する。 前後してドラマーにロッキー・シンとドール(伝統的楽器 奏者のプリトパル・ラジプットが加入。 結成時からバンドの顔的存在だったディーダーが充電と社会活動専念のために脱退を表明した、ADFは二人のMC アクターベイターとスペックス を加えて編成をツインボーカルに変更。 その年のに出演すると早速4枚目のアルバムのレコーディングを開始。 、ヨーロッパ社会の暗部、以降の切迫した世界情勢などがテーマとなった『エネミー・オブ・ジ・エネミー』を発表。 この作品は、ヒットシングルの「フォートレス・ヨーロッパ」に代表されるように陰鬱重厚で苛烈な・ともいえるこれまでにない攻撃的な仕上がりとなり、バンド最大のセールスを記録した。 また、アルバムと同名タイトルの「エネミー・オブ・ジ・エネミー」にはのギタリストであるエド・オブライエンがゲスト参加している。 その関係もあり、同年ののヨーロッパ・ツアーにおいて彼らのサポートを務める。 、アクターベイターとロッキー・シンがバンドを離脱し、前作からゲスト参加していたゲットー・プリーストが正式加入、またロード・キモも加入し、ボーカル編成は3MC体制へと移行する。 のボーカリストであるプリーストを加えたことでボーカルに柔軟性と幅が出るようになったといわれる。 デビューから10年の節目迎えた、よりに接近しエレクトロニックな方向性を選択した5作目『タンク』をリリース。 ストイックなイメージが強かった前作に比べて、ある意味バンド史上もっとも「ポップ」な作品となった。 同年、恒例となったへ出演。 その夏にスペックスとロード・キモの2人のMCの脱退が明かされたが、替わりにアクターベイターの復帰と新ヴォーカリストとしてアル・ラムジェンのメンバー入りが発表された。 ちなみに、このアルバムに収録された新曲には脱退したかつてのフロントマン、ディーダーが参加している。 そのため彼のメンバー復帰も噂されたが、今のところ正式なアナウンスはなされておらず、ディーダーは翌にソロアルバムを発表している。 春、通算6枚目のオリジナルアルバム『パンカラ』を日本大幅先行発売にて発表。 アルバムリリース前にゲットー・プリーストがバンドを離れ、ソロアーティストとしての活動に再び専念することが明らかになった。 同年、このアルバム・リリースにともなう3年ぶりの来日公演では、をサポートに起用して行われ、そして恒例のへの出場も果たした。 作品 [ ] アルバム [ ]• Facts And Fictions ()• Rafis Revenge ()• Community Music ()• Enemy Of The Enemy ()• Tank (2005年)• Punkara ()• A History Of Now ()• The Signal And The Noise ()• More Signal More Noise () 映像作品 [ ]• Asian Dub Foundation live: Asian Dub Foundation live ().

次の

エイジアン・ダブ・ファウンデーション(Asian Dub Foundation)をMars89が語る

エイジアン ダブ ファウンデーション

ASIAN DUB FOUNDATION エイジアン・ダブ・ファウンデイション ASIAN DUB FOUNDATION エイジアン・ダブ・ファウンデイション Dr. 前作までと比べると、パーティー・ミュージック的な要素は少しばかり影を潜めたが、 より攻撃的で、切れ味満点のメッセージと独特のサウンドは相変わらず最高の出来だ。 これからのADFがますます楽しみになってくる意欲作。 (略して 「ADF」 と呼ばれることが多い) 「コミュニティ・ミュージック」 で講師をしていたADFの 「首謀者」 ドクター・ダスと生徒だったディーダー、市民権運動をしていたパンディット・G(ADFの思想面での スポークスマン) の3人と、94年に加入したチャンドラソニック、95年に加入したサン・Jの計5人によって、第一次ADFが誕生した。 94年にネイションから 「Conscious E. 」 をリリースした翌年には1stアルバム 「Fact And Conscious」 をリリースする。 彼らはその音楽性で注目を浴びるようになるものの、マイノリティであるがゆえにメジャー契約を結んでもらえず、95年9月にヴァージン・フランスから2ndアルバム 「R. 」 をリリースすることになる。 「イギリス」 という国には、いわゆる 「大英帝国」 時代の遺産として、旧植民地からの多くの移民達が暮らしており、独自のカルチャーを形成している。 その裏で多くの人々が、人種差別や階級闘争に苦しめられているのが現在の英国の実情なのである。 (実際、私自身も英国で感じるところがあったが・・・) そんな英国社会において、彼らは デビュー時から一貫して、人種差別への反対などのシリアスなメッセージをUK全土に発信してきた。 彼ら自身も 「ADFED」(詳しくは公式サイトに) という音楽やテクノロジーの教育団体を立ち上げ、各地でワークショップを行っている。 ADFは、ブリット・ポップ花盛りの時代にその産声を上げ、イギリスを褒め称えるような 「白人主義的」 音楽のアンチテーゼとして闘争を繰り広げてきた。 こんなふうに言うと、「さぞ暗い音楽を作るバンドじゃないか」 と思われそうだが、彼らの作るサウンドは、ダブをベースとして、ドラムンベース、ロック、パンク、ヒップホップ などさまざまな サウンドをミックスし、それをインドテイストにアレンジして表現する躍動感(グルーヴ)溢れた最高のパーティー・ミュージックなのだ。 既存のダンス・ミュージックとは一線を画し、人々を熱狂の渦に巻き込みながら、彼らは自らのメッセージを世界に発信し続けている。 彼らにとって音楽活動は、まさに 「闘争」。 そんな彼らを絶賛し、UKミュージック・シーンのさなかに導いたのは、プライマル・スクリームのボビー・ギレスピーだった。 ボビーはフランスでのライヴで、彼らをサポート・アクトとして起用。 この強烈なプッシュ の甲斐もあり、ADFはロンドン・レコーズ参加のffrrと契約を果たす。 97年10月に同レーベルからシングル 「Naxalite」 をリリース。 98年2月にはシングル 「Free Satpal Ram」 をリリースし、「R. 」 をアレンジした 「Rafi's Revenge」 をリリースした。 この年の第2回フジロックフェスティバルで来日を果たし、日本での単独公演も果たした。 だが、2001年に最年少メンバーでバンドの顔として活躍していたヴォーカルのディーダーが脱退し、所属レーベルとの契約も打ち切られてしまう。 バンドはここで大きな危機を迎えることになるのだが、そんな危機を逆手に取り、メンバー交代によって彼らは 「新生ADF」 としてさらなる進化をはかる。 2003年には、エイドリアン・シャーウッドをプロデューサーに迎え、3年ぶりの新作となる 「Enemy Of The Enemy」 をリリース。 このアルバムにはシンニード・オコナー(「1000 Mirrors」 でヴォーカルを努めている)やレディオヘッドのエド・オブライエンがゲストとして参加し、かつてのブリストル・サウンド にも通ずるようなダークでサイケデリックなサウンドを見事に作り上げて見せた。 UKにおいても屈指のライヴアクトとしても名高く、数々の来日公演で日本のオーディエンスの心も見事につかんだ。 グルーヴ満載のメチャメチャにカッコいい曲。 「Free Satpal Ram」 (from 『Rafi's Revenge』, 1998) この曲のすごさは、その 「緊迫感」。 無実の罪で10年以上も投獄されているという在英アジア人サトパル・ラムの解放を訴えたシングル。 「Real Great Britain」 (from 『Community Music』, 2000) ADFの代表曲の一つ。 「ファイヤー!」 というシャウトが印象的。 実は、強烈なイギリス批判を繰り広げている曲。

次の