じゃがいも 玉ねぎ ツナ。 【超簡単】じゃがいもレシピ人気15選【つくれぽ10000越え!】殿堂・大量消費レシピ|サラダやチーズも!じゃがいもだけでおかずになる!

じゃがいも玉ねぎのシンプルツナ炒め レシピ・作り方 by ミルミント|楽天レシピ

じゃがいも 玉ねぎ ツナ

に追加しました• ツナ缶(小) 1缶• じゃがいも 3個• 塩 少々• 粗挽き黒こしょう ひとつまみ• 水 大さじ1• パセリ 1枝• ツナ缶は油を切る。 じゃがいもは1㎜ぐらいのごく薄く切りにし、水に5分ほどさらして水気を切る。 玉ねぎは縦に1㎜ぐらいの薄切りにする。 パセリはみじん切りにする。 ツナを加えて炒め合わせ、塩、粗挽き黒こしょうで味を調え、ボウルに取り出しておく。 2)のフライパンにサラダ油小さじ2を足し、1)のじゃがいもを入れて中火で炒める。 全体的に油が回ったら水を加えて弱火にし、蓋をして4~5分蒸し焼きにする。 3)の蓋を取ったら中火にして水分を飛ばし、2)の玉ねぎとツナを加えてじゃがいもがほんのりと色づくまで炒め合わせる。 塩、粗挽き黒こしょうで味を調え、火を止めて1)のパセリを加えて軽く混ぜ合わせ、器に盛る。 全体が油っぽくなる恐れがあるので、ツナ缶の油はよく切ってください。 じゃがいもはくたくたに柔らかくなるまで蒸すのではなく、形が残るように少し硬めに蒸すこと。 こしょうは挽き立てを多めに加えることでピリッとした刺激が際立つようになります。 レシピ提供: 秋本紀子.

次の

とっても簡単☆ツナとジャガイモと玉ねぎの煮物 レシピ・作り方 by みゅうしろ|楽天レシピ

じゃがいも 玉ねぎ ツナ

松田 美智子 400kcal 5分 牛すね肉、じゃがいも、たまねぎ、オリーブ油、粒マスタード、他 肉の歯ごたえを生かした切り方がポイント。 今日のおかずに使えそうなレシピがあったら、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 「じゃがいも」の種類を使い分けよう! さまざまな種類のじゃがいもが存在しますが、日本の主流となっているのが、男爵とメークイン。 男爵は粉質でホクホクした食感をいかして、サラダやマッシュポテト、コロッケにぴったりです。 一方、男爵よりもねっとりしているメークインは、煮くずれしにくいため、煮物におすすめです。 ねっとりした粘質か、ホクホクした粉質かの特性を理解して、料理をするのがポイントです。 <ホクホク粉質の品種> 男爵、キタアカリ、ジャガキッズレッド、インカのめざめ、他。 <ねっとり粘質の品種> メークイン、北海こがね、キタムラサキ、レッドムーン、他。 新じゃがいものおいしい食べ方 この時期ならではの、新じゃがいもは、やわらかい皮とみずみずしさが特徴。 皮のまま、蒸す、または茹でて塩やバターを添えるだけのシンプルな料理にもおすすめです。 年中手に入る普通のじゃがいもは長期保存ができますが、新じゃがいもは香りが失われたり皮が堅くなったりするので、なるべく早めに食べきりましょう。 水を替えて1〜2回繰り返したらざるに上げ、水を切ってください。 そして、茹でる際も、新じゃがいもの風味を活かすなら、皮ごとがおすすめ。 フォークで皮に4〜6か所穴をあけると、火の通りがよくなり、味もしみやすくなります。 じゃがいもが浸るくらいの水を注いだら中火にかけ、煮立ったところでふたをして弱火に。 竹串がスーッと通るくらいが茹で時間の目安です。 頭の切り口が変色していたりやわらかすぎるものは傷んでいる可能性があります。 表面が乾いていて硬めのものを選びましょう。 一方で、皮の薄い新玉ねぎは水に入れたらすぐに洗いながらむくとよいでしょう。 加熱すると溶けやすく、形や食感を残したくない時に使います。

次の

とっても簡単☆ツナとジャガイモと玉ねぎの煮物 レシピ・作り方 by みゅうしろ|楽天レシピ

じゃがいも 玉ねぎ ツナ

に追加しました• ツナ缶(小) 1缶• じゃがいも 3個• 塩 少々• 粗挽き黒こしょう ひとつまみ• 水 大さじ1• パセリ 1枝• ツナ缶は油を切る。 じゃがいもは1㎜ぐらいのごく薄く切りにし、水に5分ほどさらして水気を切る。 玉ねぎは縦に1㎜ぐらいの薄切りにする。 パセリはみじん切りにする。 ツナを加えて炒め合わせ、塩、粗挽き黒こしょうで味を調え、ボウルに取り出しておく。 2)のフライパンにサラダ油小さじ2を足し、1)のじゃがいもを入れて中火で炒める。 全体的に油が回ったら水を加えて弱火にし、蓋をして4~5分蒸し焼きにする。 3)の蓋を取ったら中火にして水分を飛ばし、2)の玉ねぎとツナを加えてじゃがいもがほんのりと色づくまで炒め合わせる。 塩、粗挽き黒こしょうで味を調え、火を止めて1)のパセリを加えて軽く混ぜ合わせ、器に盛る。 全体が油っぽくなる恐れがあるので、ツナ缶の油はよく切ってください。 じゃがいもはくたくたに柔らかくなるまで蒸すのではなく、形が残るように少し硬めに蒸すこと。 こしょうは挽き立てを多めに加えることでピリッとした刺激が際立つようになります。 レシピ提供: 秋本紀子.

次の