ジョゼ サラマーゴ。 ジョゼ・サラマーゴ『白の闇』

Wikizero

ジョゼ サラマーゴ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 内容説明 「いいえ、先生、わたしは眼鏡もかけたことがないのです」。 突然の失明が巻き起こす未曾有の事態。 運転中の男から、車泥棒、篤実な目医者、美しき娼婦へと、「ミルク色の海」が感染していく。 善意と悪意の狭間で人間の価値が試される。 ノーベル賞作家が、「真に恐ろしい暴力的な状況」に挑み、世界を震撼させた傑作長篇。 現代ヨーロッパを代表する作家。 95年『白の闇』を発表し、カモンイス賞受賞。 98年ノーベル文学賞受賞。 2010年没 雨沢泰[アメザワヤスシ] 1953年東京生まれ。 早稲田大学文学部卒業。 出版社内容情報 ある日突然失明する原因不明の「白い病」。 一人視力の残る女性の視点で語られる悪の連鎖。 ノーベル賞作家の究極のディストピア小説。

次の

白の闇

ジョゼ サラマーゴ

『 白の闇』(しろのやみ)は、の小説。 1995年にポルトガル語(原題: Ensaio sobre a cegueira)で出版された。 日本では2001年により出版され、2008年には新装版が出版された。 2008年に監督によって『』として映画化された。 あらすじ [ ] とある都市の住人ほぼ全員を失明させた原因不明の感染症。 「医者の妻」、彼女の夫の医者と、その患者を含む数人の命運を中心に追いながら、感染爆発に伴う社会秩序の崩壊を描く。 感染症の唐突な発生や原因が解明されない事への不安から大規模なパニックが生じ、政府の封じ込めや治安維持策は後手に回る。 政府の対応が時を追う毎に抑圧的で稚拙になってゆく中で、最初の感染者達である「医者の妻」達は家族のように団結し、各々の知恵と何故か一人だけ失われなかった「医者の妻」の視力を頼りに生き残りを図る。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

白の闇 / サラマーゴ,ジョゼ【著】〈Saramago,Jos´e〉/雨沢 泰【訳】

ジョゼ サラマーゴ

本日、ポルトガル人作家、ジョゼ・サラマーゴが亡くなったそうです。 ポルトガル語圏初というか今現在では唯一のノーベル文学賞です。 87歳でした。 著書『白い闇』は『ブラインドネス』としてブラジル人監督フェルナンド・メイレレスによって2008年に映画化されたいえば、あぁとわかる方も多いのではないでしょうか? 生まれはリスボン郊外ですが、現在はスペイン・カナリア諸島のLanzaroteに暮らしていました。 91年に出版した O Evangelho Segundo Jesus Cristo がポルトガル政府の検閲にかかり、国外への居住を余儀なくされたためです。 政治的な思想をメディアで伝えることもしばしばでした。 一番有名な彼の思想はポルトガルとスペインの統合です。 彼の本は…ポルトガル語でも日本語で読んでも難解、いまだに理解できません…いつかは読みこなせる日が来るのでしょうか。 ご冥福をお祈りします。 【INGRESSO ESGOTADO!! 】 今夜の東京公演「Toninho Geraes Japan Tour "TUDO QUE SOU"」は、ご予約で満員、ソールドアウトとなりました。 ありがとうございました。 本日ご来場予定の方…•

次の