ディセント 映画。 ディセントのレビュー・感想・評価

映画「ディセントZ」(2008) 感想とレビュー

ディセント 映画

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2015年1月)• 的な記述になっています。 ( 2015年1月)• 的であり、で書き直す必要があります。 ( 2015年1月) ファースト・ディセント First Descent 監督 脚本 ケヴィン・ハリソン ナレーター ヘンリー・ロリンズ 出演者 音楽 撮影 スコット・ダンカン 編集 配給 東北新社 公開 2005年 2006年 上映時間 110分 製作国 言語 『 ファースト・ディセント』(原題: First Descent)とは、に製作されたの。 スノーボーダーの聖地アラスカを中心に広大な自然あふれる山でのファースト・ディセント(人が初めて滑る斜面)への挑戦を描く。 監督・プロデュースはケヴィン・ハリソン、ケンプ・カーリー。 キャストは五輪金メダリストのショーン・ホワイトやハンナ・テーターなど界の実力者が多数出演する。 あらすじ [ ] この物語は、に集まった5人のボーダーたちの姿から始まる。 プロ・アマチュア・アスリート含め、スノーボード界の実績ある選手たちの前人未到の挑戦を描く。 誰も足を踏み入れたことのない前人未到のファーストディセントに挑むボーダーたちの興奮・不安・期待、様々な感情が入り乱れる中、最上の雪上ドラマが描かれる。 そして、彼ら彼女らの命がけの冒険が移される一方、スノーボードの変遷・歴史、五輪での競技化、また文化や生活にも視点を当て、広い視野でスノーボードに迫っていく、ドキュメンタリー映画。 映画公開後、五輪金メダリストとなるショーン・ホワイトやハンナ・テーターの競技外での滑りやスノーボードのレジェンドと呼ばれるテリエ・ハーコンセンのボードワークを見ることができる。 キャスト [ ]• (トリノ、バンクーバー五輪スノーボード男子ハープパイプ金メダリスト)• () (トリノ五輪スノーボード女子ハーフパイプ金メダリスト、バンクーバー五輪銀メダリスト)• (スノーボード界のシンボル・レジェンド) [ ]• (元祖エクストリームライダー) [ ]• (アラスカ在住の世界一危険なライダーと呼ばれる男) [ ]• (五輪不参加のスロープスタイル最高のライダー) [ ] スタッフ [ ]• 監督・脚本・プロデューサー: ()• 監督・編集・プロデューサー:• 撮影:• ナレーション:• 音楽: 製作・公開 [ ] アメリカでは2005年に劇場公開。 日本では、12月23日より、渋谷他、全国にて順次ロードショーされた。 劇場上映後、DVDも発売されており、メイキング・製作の舞台裏が特典映像として収録されている。 評価 [ ] レビューの数は少ないが、好評価のものが多い。 スノーボード界を代表する選手の妙技に対して、「かっこよすぎる」「ボーダーならば絶対見るべき」との言葉が数多く見られた [ ]。 ただ、スノーボードに興味がなければ、手に取る機会がないかもしれない作品であろう。 [ ]。 脚注 [ ].

次の

映画ディセント2のあらすじとネタバレ感想 洞窟悪夢再び!│縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ

ディセント 映画

映画『ディセント2』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 ディセント2の登場人物(キャスト) サラ(シャウナ・マクドナルド) 交通事故で娘と夫を失ったという過去を持つ。 前作で、彼女を励ますために洞窟の探検を友人たちが企画したが、その洞窟には恐ろしい怪物がいた。 6人で探検に向かったが、地上に出て保護されたのは彼女一人。 ジュノ(ナタリー・メンドーサ) サラのために洞窟探検を計画した友人。 男勝りで、探検には慣れているが、戦いの最中友人を殺してしまったことをサラに黙っていたため、1のラストでサラに足を刺されて、洞窟に置き去りにされた。 ヴェインス保安官(ギャバン・オハーヒリー) 責務に忠実な保安官だが、頑固すぎて他人の忠告を聞かない面も。 自分が正しいと思うことに、有無を言わせず他人を従わせようとする。 ディセント2のネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『ディセント2』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 ディセント2のあらすじ【起】 森で血まみれのところを保護されたサラは、保安官とその部下、リオから今までどこにいたのか、他の仲間たちはどうなったのかなどを病院で聞かれるが、記憶が抜け落ちていてうまく答えられない。 部下のリオはサラがショック状態にあることを思いやるが、保安官は他のメンバーの救出のためにサラから無理やりにでも聞き出そうとする。 保安官はサラが見つかった場所から犬を離し、どこから地上に出たのかを調べた。 するとも古い廃坑の入り口になっている古びた小屋が近くに見つかり、その持ち主の男性いわく、彼の祖父の代から誰も入っていないという。 一方、未知の洞窟の入り口として発見された場所では、行方不明の残り5人の捜索活動が続けられていた。 しかし、やはり未知の洞窟であるのと急なことであったためなかなか進展がなく、ベテランの探検家ダンが率いるグレッグとキャスのチームも疲労の色が濃くなりつつあった。 そんな時、廃坑の情報がグレッグたちに届き、保安官たちと共に廃坑の捜査に向かうことになった。 ディセント2のあらすじ【承】 保安官は、未だに意識がもうろうとしているのか、黙って狼狽えるばかりのサラを無理やりつれていこうとする。 周りはいぶかしむものの、サラがたどった道が分かれば救助にぐっと近づくのは確かである。 廃坑の持ち主の男性に発電機を動かしてもらい、地下へと降りていく一行。 ダンが指揮をとるが、保安官は独断で動こうとする。 少し進むと、見るも無残に崩れ果てた死体を発見し、パニックに陥る一行。 血まみれで内臓がこぼれているそれを見たサラが、パニックを起こして突然走り出してしまう。 保安官がそれを追って、二人ともはぐれてしまった。 残されたダン、グレッグ、キャス、リオは落ち着いて先へ進もうとしたが岩が落盤を起こす。 サラを追って行った保安官が、暗がりの中に何者かの姿を認め、驚いて不用意に拳銃を発砲したからである。 命からがら逃げのびたダンたちだったが、キャスだけが岩と岩の間に閉じ込められてしまった。 退路も経たれ、満足な装備も持たないダンたちは、気丈に振る舞うキャスに、必ず迎えに来るからと言い置いて、洞窟の奥へと進んでいくのだった。 ディセント2のあらすじ【転】 開けたところに出たダンは、辺りをライトで照らす。 するとそこには動物の骨がそこかしこに散らばっていた。 ダンは仲間の名前を叫び、リオが答えようとした時、口をふさがれた。 闇に潜んでいたサラの仕業である。 意味が分からないリオに、黙っていろとサラは告げる。 その間に、ダンは何者かにとびかかられたかと思おうと、一瞬にして喉を食い破られ、殺されてしまった。 ショックを受けるリオに、奴らは音に反応すると教えるサラ。 記憶が戻っていたのだ。 生きて洞窟を再び出るために、リオは泣きながらサラについていく。 また、グレッグはダンを見殺しにしてしまったことを一人悔いていた。 その頃、岩の間に閉じ込められていたキャスもまた、見たこともない生き物に襲われ、必死に岩の隙間から脱出していた。 そしてダンを見殺しにしたことを悔やむグレッグと再会し、二人で洞窟から逃げ出そうと道を進む。 奴らが音に反応することを知り、なんとか知恵を絞りながら逃げる二人。 グレッグは、自ら犠牲になってキャスを逃がそうとするもうまく行かず、二人とも殺されてしまうのだった。 ディセント2の結末・ラスト(ネタバレ) サラを一人で追う保安官は、化け物の存在に怯えながら進んでいると、別の誰かに襲われた。 それはなんと死んだと思われていたジュノである。 暗闇の中で孤独に生き延びていたジュノは、敵意をむき出しで保安官を睨む。 また、サラとリオも合流したが、保安官は無理やり自分の手とサラの手を手錠でつないだ。 ジュノは言葉少なに、奴らが地上に出る道を追うと言い、先へ進む。 しかし途中で岩と岩の間を渡る際、保安官が落下。 手錠でつながれているサラを助けるために、リオは保安官の手首を切断し、生き残ったのは女三人となった。 化け物の通り道を発見した三人だが、そこには案の定食事に夢中になる大量の異形の者たちの姿があった。 音を立てずに進もうとするも、気付かれてしまう。 戦いの中、ジュノは瀕死の怪我を負ったジュノは、命と引き換えにサラを助けた。 サラもまた、ジュノの思いを汲む。 子供のもとへ帰りたいリオを助けるために、サラは咆哮をあげ化け物を引き付けるのだった。 リオは、やっとの思いで地上に走り出る。 泣きながら携帯電話で連絡を取ろうとした瞬間、彼女をシャベルで殴り殺したのは、廃坑の持ち主の男だった。 ディセント2の感想・評価・レビュー 狭い洞窟の中を6名の女性が探検し、正体不明の地底人に襲われてしまう、という内容で、前作がジリジリと好評だったディセンダントの続編である。 前作でただ一人保護されたサラだったが、ショックのあまり記憶は飛んでしまっており、まだ、洞窟の中に他の5人が残されているのだが、事情聴取などもままならない状態。 結局サラ含め、再び洞窟へと進むことになる。 とにかく閉鎖空間で灯りもままならない状態で、いつ来るかもしれない敵に怯えながら進む描写は見てるこっちも緊張してしまうが、ホラー映画好きならば、是非味わって欲しい緊張感である。 (男性 30代) 関連作品 前作.

次の

映画『ディセント』あらすじネタバレ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ディセント 映画

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 映画ディセントのあらすじ サラは友人のジュノたちとともに川下りを楽しんでいたが、帰り道で夫の運転の不注意によって事故にあい、最愛の夫と娘を失ってしまいます。 月日は流れ、ジュノが中心にサラを元気づけようと6人でアパラチア山脈奥地の巨大洞窟を訪れます。 スリリングな洞窟探検を楽しむ中、突然の落盤で出口をふさがれた一行は、迷路のような洞窟内で別の出口を探してさまよう羽目になります。 助けを待とうにもジュノが今回ケービングに選んだのは名もなき洞窟であるため、だれもこの洞窟に来ていることは知りません。 一行は先行きの不安から言い争いや仲間割れもしながら先へ進みますが、リン鉱石の明かりを出口の光と勘違いしたホリーが走り出した結果、穴に落ちてしまい、足を骨折する大けがを負ってしまいます。 その頃サラは洞窟の中で人影のようなものを見ますが、だれも信じてくれません。 しかし、突然開けた洞窟の中で動物の骨や死骸が見つかり、突然人間のような獣のような食人鬼に襲われます。 ホリーがまず殺され、ジュノは反撃し食人鬼を倒しますが、誤って友人のベスを殺してしまいます。 ベスはジュノにすがり、ジュノのペンダントをもって倒れこみ、怖くなったジュノはその場を逃げ出します。 その頃気絶していたサラは起き上がり、食人鬼たちをよけながら友人たちと合流しようとします。 ふと血だまりに倒れているベスを見つけ、ベスはサラにジュノがサラの死んだ夫と浮気していたこと、ジュノに見捨てられたことを告げて自分を殺すようにお願いします。 サラはベスを殺しジュノを探し出します。 その頃、サムとレベッカは化け物の群れから逃げていましたが、サムが大きな谷を渡る際に食人鬼に襲われ命を落とし、レベッカも死んでしまいます。 ジュノを見つけたサラはジュノにベスの安否を尋ねるとジュノは「すでに死んでいた」と嘘をつきました。 映画ディセントの結末ラスト 洞窟を進む二人ですが、食人鬼に囲まれます。 ふとサラはベスの持っていたペンダントをジュノに見せます。 動揺するジュノがふと食人鬼に気を取られた隙にサラはジュノの足を持っていたピッケルで刺します。 ジュノはうずくまり、サラは先へ進みますが、ジュノは食人鬼たちに囲まれます。 サラが先へ進んでいくと、足を踏み外して地面に倒れこみますが、ふと上を見上げると明かりが見えます。 それは明らかに外への出口であり、サラは走り出します。 外へ出られた喜びで車を運転して走り出すサラですが、舗装された道路で車を脇に富めると嘔吐してしまいます。 ふと顔を上げると恨めしそうなジュノがおり、そこでサラは夢から目覚めます。 目覚めたサラの目の前には死んだジェシーが誕生日ケーキとともに座っていました。 それも幻で、松明の光とともに食人鬼たちの奇声が響き渡りました。 映画ディセントのネタバレ解説 ディセントは単なるパニックホラー映画ではなく、作中でも物悲しい人間関係も見どころの一つです。 ラストを中心に考察していこうと思います。 結末ラストの考察 ホラー映画らしからぬ味のあるラストがこのディセントの特徴です。 冒頭の車の事故が彼女の人生を完全に狂わせてしまうわけで、最初から最後まで終始不安定な精神状態なサラです。 問題のシーンはラストの「外に出られたのは実は夢だった」というシーンです。 あなたはこのシーンをどう解釈しましたか?ここは個人的な2つのパターンを解説します。 その最後の砦が5人の友人でした。 今回洞窟探検によって友人は5人とも死亡、しかもそのうちジュノは最愛の夫を奪い自分を裏切っていることまでわかってしまいました。 さらに彼女はジュノを見殺しにしています。 いえ、あの状況ではほとんど殺したも同然です。 夢の中で彼女は一度外に出て車で帰り道を帰りました。 でもどこへ帰るのでしょうか?帰る先などないし、帰りを待つ人もいません。 それどころか自分を裏切っていたとはいえ、友人を一人手にかけてしまいました。 彼女にとって洞窟にいようが、地上に戻ろうがどちらも地獄です。 目を覚ました先にはサラの最愛の娘ジェシーが誕生日ケーキを前に祝ってほしそうにこちらを見ています。 まるで「死んだら待っているよ」と言わんばかりの彼女と、食人鬼の化け物たちの奇声から考えると、彼女が洞窟を抜け出さず、死を自ら選びそうなラストだと考えられます。 サラは洞窟探検の前半は夫と娘の死をひきずって非常に消極的な生き方をしているように見えます。 しかし、 親友のベスを自ら手にかけてからのサラは別人のように「強い女性」となっています。 他の者がどんどん食人鬼にやられていく中で彼女は恐れることなく彼らを撃退していきます。 そこから見えるのは 「なんとしても生きたい」というすさまじい執念とも見えます。 ここでサラがピッケルでジュノを刺したシーンを思い出してください。 なぜサラはジュノの首を刺さなかったのでしょうか?ベスの敵討ちや恨みのつもりであれば、彼女に止めを刺すほうがよさそうですが、彼女が選んだのはジュノを「動けなくする」ことでした。 これは ジュノを「オトリ」にしたかったのではないでしょうか。 サラは「 ジュノをオトリにしてでも生きたかった」という見方もできるのです。 そして、ラストでサラが娘の幻を見るシーンですが、彼女は死にたそうな目をしていますか? これはかなり力強い目をしていると思います。 彼女はもはや 娘の幻影を見ても心が折れなくなっているのです。 この物語はつまり彼女が更生していく過程の物語だと言えるのです。 ちなみにこの「過酷な状況でトラウマのある人間が生きる力を取り戻す」というのは映画エンドレスフィアーやSAWのアマンダなどがそれに該当します。 映画ディセントの最後に ディセントの2もあり、続編になっています。 ただ、2は独立した作品になっているのでそれほど1に影響を受けていなそうです。 もちろん、ホラー映画としても十分楽しめますが、それだけでない作品がこの「ディセント」なのです。

次の