左腰あたり痛い。 左腰の痛み(左腰が痛い)の原因をズバリ解説します

背中が痛い!何科にかかって、どう治す?

左腰あたり痛い

原因を特定できる腰痛のうち、腰痛全体の約10%を占めるのが、やなど腰の神経の障害により起こるものです。 また全体の約2%は、内臓の病気による腰痛だと考えられます。 内臓からの神経の多くが腰に伸びているため、、、、慢性の十二指腸潰瘍、などで腰痛が起こることがあります。 腰痛を起こす重い脊椎の病気には、、がんの骨への転移、背骨の圧迫骨折などがあり、腰痛全体の約1%の患者さんがいると考えられています。 腰痛全体の85%を占める 非特異的腰痛の多くは、腰の椎間関節や筋肉などに原因があるといわれていますが、原因を特定するには、腰のある箇所の神経をまひさせて痛みが取れるかどうかを確認する検査を何か所も行う必要があるため、原因の特定までは行わず、痛みをとる治療が優先されます。 【 腰痛 危険度チェック】 (1)じっとしていても痛む (2)背中が曲がってきた (3)お尻や脚が痛む・しびれる (4)脚のしびれにより長く歩けない (5)体を動かしたときだけ 腰だけ痛む 「腰痛 危険度チェック」表の(1)~(5)のうち、(1)の「じっとしていても痛む」に当てはまる場合、 重い脊椎の病気や内臓の病気の可能性が考えられるため、危険度は大です。 (2)の「背中が曲がってきた」に当てはまる場合、が起きている可能性があります。 骨粗しょう症は、骨の中がスカスカになる病気で、閉経後の女性に多く起こります。 50歳過ぎから背中が曲がってきたら要注意です。 (3)の「お尻や脚が痛む、あるいはしびれる」、(4)の「脚のしびれにより長く歩けない」いずれか1つでも当てはまる場合、 や など、腰の神経の障害が原因で症状が起こっている可能性があります。 これらの病気は進行することがあるため要注意です。 (1)~(4)の項目に1つでも当てはまる場合は、一度医療機関を受診することがすすめられます。 (5)の「体を動かしたときだけ腰だけ痛む」のみ当てはまる場合、腰の椎間関節や筋肉などが原因の腰痛である可能性が高く、その場合、当面の危険はありません。 ほとんどの腰痛は1か月以内に痛みがなくなる心配のないものです。 ただし、 症状が悪化した場合や、3か月以上症状が続くの場合は、整形外科を受診することがすすめられます。

次の

片側だけの腰痛に悩む人の2つの共通点

左腰あたり痛い

「背中の痛み」は、自分でも気づかないうちに起こしている場合も多くあります。 例えば、スポ-ツやゴルフ等で筋肉を傷つけたり、重い物を持ち上げたり等で、日常の何気ない動作で「背中」を痛めてしまうことは、皆さんあるはずです。 「背中の痛み」で、考えられる「病気」は?。 「背中」には脊柱と呼ばれる、背骨があります。 椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、神経根障害等が、脊柱の病気としては代表的です。 「背中の痛みの病気」で、内臓関係は、急性肝炎では右肋骨下の痛みと同じく右背部痛を生じる事も多いようです。 特に、急性肝炎等は、急性肝炎完治後も右背部痛が数年に渡り続くことも、多々あるようです。 急性または、慢性膵臓炎でも左肋骨下の痛みと合わせて、左の「背中の痛み」を伴います。 胆石等は、右季肋部痛と右の「背中」に鋭い「痛み」を感じます。 胆嚢炎では、胆石と同様の痛みに加え、発熱があり、腎結石や腎盂腎炎でも腰から「背中の痛み」を生じます。 また、胸膜炎や肺炎等では発熱、呼吸困難、胸部痛と伴った「背中の痛み」を発生します。 内臓関係のガンや脊髄の悪性腫瘍等でも「背中の痛み」を感じます。 また、特異なケ-スの疾患では、化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎等もあり、これらは細菌感染による脊椎の炎症が原因と言われ、「背中」には激痛が走ります 尿中に赤血球が混じるのは、主に腎臓や尿管、膀胱といった尿の通り道(尿路・尿道)になんらかの異常が起きている場合です。 それらに起きる炎症や結石、腫瘍を発見する手がかりとして尿潜血反応が用いられています。

次の

腰のしこりを押すと痛い?痛くない場合についても解説!

左腰あたり痛い

「背中の痛み」は、自分でも気づかないうちに起こしている場合も多くあります。 例えば、スポ-ツやゴルフ等で筋肉を傷つけたり、重い物を持ち上げたり等で、日常の何気ない動作で「背中」を痛めてしまうことは、皆さんあるはずです。 「背中の痛み」で、考えられる「病気」は?。 「背中」には脊柱と呼ばれる、背骨があります。 椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、神経根障害等が、脊柱の病気としては代表的です。 「背中の痛みの病気」で、内臓関係は、急性肝炎では右肋骨下の痛みと同じく右背部痛を生じる事も多いようです。 特に、急性肝炎等は、急性肝炎完治後も右背部痛が数年に渡り続くことも、多々あるようです。 急性または、慢性膵臓炎でも左肋骨下の痛みと合わせて、左の「背中の痛み」を伴います。 胆石等は、右季肋部痛と右の「背中」に鋭い「痛み」を感じます。 胆嚢炎では、胆石と同様の痛みに加え、発熱があり、腎結石や腎盂腎炎でも腰から「背中の痛み」を生じます。 また、胸膜炎や肺炎等では発熱、呼吸困難、胸部痛と伴った「背中の痛み」を発生します。 内臓関係のガンや脊髄の悪性腫瘍等でも「背中の痛み」を感じます。 また、特異なケ-スの疾患では、化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎等もあり、これらは細菌感染による脊椎の炎症が原因と言われ、「背中」には激痛が走ります 尿中に赤血球が混じるのは、主に腎臓や尿管、膀胱といった尿の通り道(尿路・尿道)になんらかの異常が起きている場合です。 それらに起きる炎症や結石、腫瘍を発見する手がかりとして尿潜血反応が用いられています。

次の