ビンゴ 天井。 スーパービンゴプレミアム|ゾーン 天井期待値 狙い目 やめどき解析

スーパービンゴギャラクシー 新台 6号機 天井 設定判別 解析

ビンゴ 天井

スポンサードリンク 天井期待値・計算ツール 開始 初当たり 等価 5. 0 -1170円 -2602円 97. 3 -871円 -2303円 97. 0 -288円 -1720円 99. 3 20円 -1415円 100. 9 678円 -757円 101. 0 1259円 -178円 103. 5 2021円 583円 105. 0 2435円 994円 107. 7 3296円 1854円 110. 2 4201円 2757円 113. 5 5210円 3764円 117. 3 6304円 4856円 123. 4 2081円 576円 105. 5 2912円 1401円 108. 1 2968円 1437円 108. 5 3874円 2334円 111. 9 4516円 2960円 113. 0 5552円 3985円 117. 9 6490円 4905円 121. 8 7691円 6093円 126. 9 8888円 7269円 132. 6 10290円 8655円 140. 1 11810円 10157円 151. 9 15220円 13510円 182.

次の

実況ビンゴ倶楽部【天井期待値・朝一リセット・ゾーン・やめどき・設定判別】など解析、天井情報まとめ!

ビンゴ 天井

スーパービンゴネオのプレミアム版、その名も「プレミアムビンゴ」。 今まではなかなか発生しなかった、ビンゴシリーズの代名詞でもある悶絶の「フゥア!」。 今作ではなんと、その発生率が従来の2倍超となっている。 通常時・AT中ともに、ゲーム性等は基本的に前作を踏襲。 まず通常時は、自力CZや周期抽選でATを目指すお馴染の流れだ。 技術介入要素は無く、押し順にさえ気を付ければ、あとは適当打ちでOKとなっている。 AT「ビンゴチャンス」は継続抽選+ゲーム数上乗せタイプで、1Gあたり純増は約2. 基本は1セット33G継続だが、フゥア!が発生すれば3ケタゲーム数確定。 搭載されている上乗せ特化ゾーンも、基本的には前作と同じものとなっている。 前作「スーパービンゴネオ」の良いところはそのままにしつつ、ビンゴ打ちが最もこだわるであろう「フゥア!発生率」にこだわり抜いた機種である。 天井/設定変更/ヤメ時/ペナルティ - [プレミアムビンゴ] 【天井】 AT終了後約1200G消化で天井到達となり、AT当選が確定する。 【天井の恩恵】 フゥア!発生率が優遇される。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 ただし余裕があれば、最初の周期である約100Gと、最初のゾロ目ゲームである111Gの両方をカバーする意味で120Gあたりまで回してみるのもアリ。 つまり、3ケタゲーム数が確定することになる。 とはいえ最低の「111G」で終わってしまう可能性もあるため、引くか攻めるかは「天井までの残りゲーム数」や「お財布の中身」と相談して決めよう。 【AT中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 その他の場合は全リール適当打ちでOK。 ただ、売上は8万円、コイン単価は5円越えと、噂通りの暴れん坊だ。 この機種について、わかりやすく一言で言ってしまうと・・・ 『出る時も吸い込む時も半端じゃない!』 これに尽きるかと。 一発勝負系の台が好きな方は、是非お試しあれ! 通常時の状態 - [プレミアムビンゴ] プレミアムビンゴの通常時には、「低確」と「高確」の2つの状態が存在する。 滞在状態によって、自力チャンスゾーンやATの当選期待度が異なる。 通常時の周期抽選 - [プレミアムビンゴ] プレミアムビンゴの通常時には、一定ゲーム数消化ごとにATの周期抽選が行われている。 液晶にてボール出目が頻繁にテンパイしたり、液晶ステージが「天空ステージ」へ移行すれば周期抽選は間近。 【周期ゲーム数について】 周期抽選は、基本的には約100Gごとに訪れる。 しかし、短いゲーム数で周期が訪れる「周期集中ゾーン」というチャンスゾーンも存在する。 周期集中ゾーン滞在中は10G~20Gといった短いゲーム数で繰り返し周期抽選が行われる。 【ゾロ目での周期抽選】 ゾロ目ゲーム数到達時は、AT当選のチャンス。 特にアツいのが、「111G」・「333G」・「555G」のゾロ目。 AT「ビンゴチャンス」 - [プレミアムビンゴ] プレミアムビンゴには、「ビンゴチャンス」と呼ばれるATが搭載されている。 1セットのゲーム数は基本的に33Gだが、スーパービンゴシリーズ伝統の「ふぅあ!」が発生すれば、3桁ゲーム数昇格が確定する。 今作ではフゥア!発生率が上がっており、前作「スーパービンゴネオ」の2倍以上の確率で発生する。 【AT開始時】 7揃い後には、AT初期ゲーム数を決定する演出が開始される。 この瞬間こそが、この機種の最大の注目ポイント。 基本的には33Gで止まってしまうが、「ふぅあ!」の音声が発生すればゲキアツ! その時点で111G以上のゲーム数が確定する。 ロングフリーズの確率/恩恵 - [プレミアムビンゴ] 通常のリールロック演出は3段階までだが、ここからさらに演出が発展すればロングフリーズ確定。 333G以上のATが確定する。 天井狙い/ゾーン狙いの立ち回り - [プレミアムビンゴ] 【天井狙い】 「555Gまでに8割方当たる」という特徴があるので、555Gを抜けてしまった台を追いかける場合は、せめて 800Gハマリくらいは欲しいところだ。 【ゾーン狙い】 前作「スーパービンゴネオ」では、「ハイエナ専用機」と揶揄されるほどゾーン狙いが超有効だった。 今作も基本的な仕様はあまり変わっていない為、ゾーン狙いは通用する。 ゾロ目ゲーム数がアツい本機だが、特に 「333G」・「444G」・「555G」といったあたりはかなり強い。 特に 「555G」は強いので、300~500Gあたりで捨てられている台があれば、555G+前兆ゲーム数分くらいまで回してみよう。

次の

スーパービンゴネオ スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

ビンゴ 天井

スポンサーリンク スーパービンゴギャラクシー:525回転 CZ後 ビンゴネオシリーズの6号機で出た新台ですね。 これの1つ前に出た5. 9号機のビンゴネオからビン娘ちゃんのキャラが変わって作画レベルが下がったと話題?になった機種ですね。 CZ後は6スルーなんですが、AT後はAT中から引き継いだ引き戻し周期があるので7周期が天井になります。 1周期は最大150ゲームで、前兆ゲームもありますが周期の短縮もあるので、大体6周期は750ゲームくらいで到達するみたいです。 なので、CZ後からなら450ゲームくらいからは狙えると思います。 とにかくAT初当たりが重い機種なので、初当たり1回あたりの期待枚数が多い天井狙い向きの機種ですね。 そして、打つ時に1つ注意しなければならないのは、 ペナルティですね。 CHANCEランプが点灯した時には、 全リールにBAR狙いをしないとペナルティを喰らって天井ゲーム数が伸びる可能性があります。 6枚もあるので1回継続するだけで150枚くらい取れます! …そして、ビンゴネオシリーズで忘れてはいけないのが Hooah! ですよね! 発生時点で3桁乗せが確定するお馴染みの演出ですが、画面の下を見ると、、、今作は 一定以上継続するとHooah! するやつですよね??ちなみに、今回は9マス目からスタートしました。 そして、14マス目まで来て次を継続すればHooah! ならず。。。 天井が1400回転と深い代わりに、天井恩恵がそこそこ強いタイプの夢のある台ですね。 露骨な天井ストッパーはやめてほしい。。。 無心で回して行くと、順調にハマって行って1200回転を超える所まで来ました。 …が、長くなってきたので次回に続けたいと思います。 まさかのシリーズで最も重くなったアレを引いてきましたよ…! スポンサーリンク まとめ スーパービンゴギャラクシーを天井狙いで初打ちしましたが、かなり天井狙い向きの台だなという印象です。 基本CZを通せないと初当たりを取れないと思いますが、AT当選して初回さえ突破すればまとまった出玉が獲得できそうです。 大きくハマる代わりにリターンも大きいので、6号機にしてはかなりヒリつける仕様になっていて面白いと思います。 演出自体も、歴代のビンゴシリーズを打ってきた方からすれば違和感なく打てると思います。 そして、BGM停止からの今作は自動停止になった7揃いがまた気持ちいい!笑 今後も、狙える機会があれば積極的に狙って行きたいと思います。 今回もお読みいただきありがとうございました。

次の