カマキリ の 一生。 実はすごい、知られざるカマキリの秘密

カマキリの生きかた

カマキリ の 一生

スポンサーリンク カマキリの生態 カマキリは全世界でおよそ2,000種前後もの種類がいると言われています。 しかし、まだまだ研究が進んでいないというのが実情です。 一般的にはメスの方がオスよりも体が大きくて力も強いです。 成虫には細長い前翅と扇形に広がる後翅があるものの、 ほとんどのカマキリは飛行が苦手であり、短距離を真っ直ぐに飛ぶことしかできません。 メスにいたっては、自分の体の大きさと重さのためにほとんど飛ぶことができず、翅は威嚇に使われることがほとんどです。 頭部と前胸の境目は比較的柔らかく連結されているため、 頭はぐるりと回転できるほどに柔軟です。 そして夜目もきくので、夜間にも獲物を襲うこともあります。 複眼の色を黒くすることによって集光力を上げ、暗闇での視界を維持しています。 日本に生息するカマキリの種類 オオカマキリ 名前の通り 日本に生息するカマキリの中でも最大の種類です。 大きさはオスが68-90mm、メスが75-95mm。 他のカマキリと区別するポイントは後翅の付け根が暗紫褐色しているところです。 また、鎌のような形をした前脚には模様がなく、前脚の間の胸は淡い黄色になっています。 生息する場所は、川原や藪などの草むらにいるので、誰でも身近な場所でみる機会はあると思います。 チョウセンカマキリ チョウセンカマキリと言われるように 日本以外にも中国や朝鮮半島に生息しているカマキリです。 大きさはややオオカマキリより小さく、オスは65-80mmでメスは70-90mmです。 区別が難しいのはオオカマキリとの違いですが、後翅の縁から中央に暗褐色の筋があればチョウセンカマキリです。 また、わかりやすい箇所で言えば、前脚の付け根の間は山吹色 オオカマキリに比べて明るい黄色 をしています。 スポンサーリンク ウスバカマキリ ウスバカマキリは 世界的に分布しているカマキリで、日本にも生息します。 しかし、 日本ではウスバカマキリの生息数は、オオカマキリに比べて非常に少なく、場所によってはレッドデータにも指定されている場合があります。 この種類は複眼の後に黄色い横線が入り、前脚の付け根の内側には黒い楕円形の模様があるので他の種類とは簡単に見分けることができます。 また、前述のオオカマキリやチョウセンカマキリよりも小型でオスメス両方とも最大66mm程度にしかなりません。 コカマキリ 名前の通り小型のカマキリで 体色は褐色のものが多いです。 極稀に緑色のものや赤味の掛かったものもいます。 前脚の内側に黒い模様があるので簡単に見分けることができます。 ハラビロカマキリ 東南アジアに広く分布しており、日本には本州以南に生息しています。 名前の通り腹部の幅が広くてずんぐりむっくりしています。 また、前脚の縁に黄色い突起が複数あるので、鎌を見ればすぐにハラビロカマキリだとわかります。 ヒナカマキリ ほとんどの方はカマキリの幼虫だと思っている可能性があるのがヒナカマキリです。 体長はオスが12-15mmでメスが13-18mmと大きさが2cm以下の超極小です…。 背中の中央にこげ茶色の縦筋があることから他のカマキリの幼虫とは区別できます。 森の落ち葉の上に生息する種類で地上生活に適しているため、茶色や黒ぽい個体しかいないのも特徴ですね。 ヒメカマキリ 本州、四国、九州、対馬、屋久島、奄美大島に分布する小型のカマキリ。 サイズはオスが25-33mm、メスが25-36mmと比較的小さいです。 他のカマキリと区別できる箇所は後翅が長く、前翅からはみ出してしまっています。 カマキリは攻撃的なものが多いですが、この種類は死んだふりをするのが特徴ですね。 また、ややこしいことに九州にはサツマヒメカマキリという種類がいます。 しかし、ヒメカマキリとの違いは明確にされておらず、別種なのかどうかもわらない曖昧とのことです。 カマキリとゴキブリは近縁種だった?! カマキリは世界でおよそ2千種いると言われていますが、まだ研究が進んでいないのが実情です。 したがってこれだけ有名で人気がある割に、その生態の深いところまではほとんど知られていません。 日本には、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリなどがいますが、 国内にどのように分布しているかとか、いったい何種類のカマキリが生息しているのかということについても、ほとんどわかっていないのです。 カマキリはカマキリ目に分類される昆虫ですが、そのほかの分類法もあります。 それは網翅目に属するというものです。 この仲間にはゴキブリとシロアリがいます。 実はカマキリは系統的にはゴキブリ類から派生してきたようで、色や形が似ているバッタやキリギリスなどの直翅目とはかなり遠い関係なのです。 そう言われてみれば、平べったい背中と腹の感じはよく似ていますし、翅の付き方やその飛び方も似ています。 卵鞘(らんしょう)を作るという特徴も同じです。 直翅目はバッタやコオロギなど、跳躍ができるように後脚が発達(跳躍肢)していますので、前脚が発達したカマキリとは決定的に違うのです。 カマキリのあの鎌は、昆虫ですから脚6本のうちの前2本が変化したものです。 スポンサーリンク カマキリの狩猟能力がヤバイ カマキリの鎌の力は強く、人間の大人の指でも挟まれると血が出ることもあります。 その力は人間サイズで仮定すると3tもの腕力に相当します。 鎌脚を構えてから振り下ろすまでの速度はわずか0. 05秒であり、人間が目で見て反応できる0. 1秒をも上回ります。 視界は180度以上あり、動くものを認識するとフレキシブルに動く首で、獲物を真正面に見据えると、距離を正確に測って鎌で捕えます。 掴んだら離さないパワーで時にはカマキリ同士の共食いも行います。 自分と同程度な大きさの蛇やネズミの捕獲例も目撃されています。 強力な消化能力を持ち、餌があれば食べ続けるほど食欲旺盛です。 餌を与え続けるとお腹がパンパンに膨らんで、はち切れることもあるそうです。 カマキリVSゴキブリ この両者、カマキリは攻撃することしか知らず(敵に後ろは見せない)、ゴキブリは逃げることしか知らず(敵前逃避) まさに狩る側と逃げる側のエキスパート同士の対峙をイメージします。 ゴキブリはどれほどの逃走能力を秘めているのでしょうか?ゴキブリは1秒間に1. 5m移動するということです。 5mといっても体長の40~50倍の距離です。 時速に換算すると170km、瞬間的には300km以上のスピードがでることもあるとのこと。 新幹線なみ、もしくはそれ以上に速いことになります。 さすがのカマキリでも全速力で走るゴキブリを捕らえることは不可能と言えます。 実はカマキリは獲物を追いかけて捕らえることはあまり行いません。 相手を待ち伏せるか、そろそろと近づいて捕えます。 その為、一撃必殺のスナイパーと表現されたりもします。 ゴキブリに対しては不意打ちでしか有効打を放つことは出来ないでしょうが、捕えられたらコカマキリサイズの小型種からも逃げることは不可能でしょう。 まとめ• カマキリは動くものは何にでも反応して襲ってきます• 飛行が苦手で短距離をまっすぐしか飛べない• メスはさらに飛行が苦手• 頭は180度回るくらい柔軟• カマキリはゴキブリの系統から派生している• 未だにその生態はナゾに包まれているところが多い それはカマキリ同士でも動物でも関係なく、同じぐらいの生物全般が対象です。 もし、人間が同サイズのカマキリに捕らえられたとしたら? それは、成獣で3トン程のインド象かブルドーザーに押さえつけられたようなものです。 とても太刀打ち出来るものではありません。 カマキリ…恐ろしや…。

次の

カマキリの寿命と活動時期を季節ごとに紹介!冬は越冬することも?

カマキリ の 一生

【動画】命がけのカマキリの愛:雌のカマキリは交尾の最中、雄の頭を噛みちぎり、その体を食べて栄養を摂取する。 (解説は英語です) 秋になると、戸外でカマキリを目にする人も多いだろう。 (参考記事: ) とは言っても、この時期に急に数を増やすわけではなく、単に目に付きやすくなるだけなのだと、米クリーブランド自然史博物館のシドニー・ブラノック氏は言う。 「交尾相手を探す雄が普段よりも少し活動的になって、あたりを飛び回ることが多くなります」。 カマキリはひと夏の間、ひたすら狩りをして過ごし、脱皮を繰り返して成長する。 そうして秋が近づくと、カマキリの頭の中はふたつのことでいっぱいになる。 食べ物と交尾だ。 カマキリの交尾 カマキリの交尾には、ときに危険が伴う。 カマキリの雌が雄の頭を噛みちぎり、体のさまざまな部位を食べたという報告例は少なくない。 ただし、そうした暴力的な行為がどのくらいの頻度で行われているかについては、やや誇張されて伝わっている面もあるようだ。 (参考記事: ) 「まず、あらゆる種のカマキリが交尾相手を食べるわけではありません」と、ブラノック氏は言う。 「雌が非常にお腹を空かせているか、雄が雌を怒らせるかした場合には、雌がそうした行動を取ることはあるかもしれません。 しかし、決まってそうするわけではないのです」(参考記事: ).

次の

カマキリの生態について語る【カマキリ最強伝説!】

カマキリ の 一生

一方でスズメバチの武器は巨大な大顎と強力な毒針です。 正面から向き合えば同クラスの大きさの昆虫はあっという間にやられてしまいます。 テクニックのカマキリとパワーのスズメバチ、バトルが発生すれば必ずどちらかが殺されます。 カマキリの戦闘スタイルは背後からの暗殺ですので、正面から向き合っての戦いでは装甲が薄い為、圧倒的に不利です。 初撃でスズメバチを固定出来ずに背後に回りこまれ、あっという間に食べられてしましました。 カマキリが スズメバチを倒す事が出来るのは、背後からの先制攻撃によりスズメバチの大顎と毒針の攻撃を封じる事が出来た時だけです。 心情的には害虫であるスズメバチではなく、人間に馴染み深い カマキリを応援したいところではありますね。 因みに、アニメ「みなしごハッチ」のカマキチおじさんも主人公の「ハッチ」を助ける為に スズメバチとの戦闘で命を落としています。 カマキリは子どもたちのヒーローか悪役か!? カマキリが食餌する姿は、これぞいかにも肉食昆虫という感じがしますので、最高に絵になるものだと思っています。 あの大きな鎌でガシっと獲物を捕らえ、大アゴを使って頭からムシャムシャと食べますので・・お~!食べてる、食べてる!と思わず喚声を上げてしまいます。 私はカマキリを見るとワクワクしてきます。 あの逆三角形の頭とにらみつけるような恐ろしい目、鋭い鎌を折りたたんでの独特のファイティングポーズ・・昆虫最強の狩人は、どこにいても存在感抜群です。 意外と家の近辺でもよく見かけますし、子どものころはよく捕まえました。 虫カゴではなく、ゲージに入れて飼っていました。 捕まえてきたバッタなどを投げ込むと、コーナーに追い詰めて捕らえ、その食いつく姿を飽きずに観察していたものです。 このカマキリのエサやりは、男の子にはとても人気で、私がカマキリを飼っていることを知ると、友だちもよくいろいろなムシを捕まえてきては、みんなでその食餌のシーンを観察して楽しみましたっけ・・。 そんなカマキリですが、あの鎌で攻撃されるとかなり痛いですよね。 捕まえるときは鎌の裏あたりを背中からつまむのですが、器用に鎌をねじって、真後ろにある指を攻撃してきます。 チクチク痛いのですが、慣れてくれば、しばらくは辛抱できるようになります。 でも初めてカマキリを触った子どもなら、絶対に驚いて放してしまうことでしょうし、痛さで泣き叫ぶかもしれません。 捕まえると体をねじったり、他の脚を回したりしてすごく激しく抵抗します。 チクチクした痛さと暴れるのを押さえ込んで平気な顔をして捕まえているのも、男の子にとってはちょっとしたヒーローです。 私もカマキリを平気で捕まえることができるように、けっこう練習をしました。 何にせよ、あのころからカマキリは、昆虫界最強の悪役でしたから(笑) カマキリは昆虫界最強!? 昆虫で最強という言い方には、語弊があるかもしれません。 よく昆虫をはじめ強そうなムシ同士を戦わせたことがあります。 でも、それって今考えるとおかしなことですよね。 そもそもムシたちは好き好んで格闘しているわけではありませんし、肉食性草食性の違いもあれば、攻撃に優れる種や防御に徹する種もいます。 カマキリの鎌がいかに強大な武器であっても、カブトムシなどの甲虫には歯(刃)が立ちません。 かといって縄張り争い以外でカブトムシやクワガタがカマキリに襲いかかることもありません。 しかし待ってください!そもそもカマキリが狩りをするのは生きるため、食餌をするためですから、無用な殺し合いなどはしません。 カマキリの狩りの基本スタイルは、待ち伏せですから、倒しやすい獲物を狙うのが当然です。 自分より大きな相手や強く反撃されるような相手で、その捕食が不利とわかればどんな動物であろうとも無理に闘うことなく、逃げるものなのです。 ですから私の感覚では、スズメバチの攻撃性や獰猛性も捨てがたいですが、狩りをしてその相手を食べてしまうということを考えれば、カマキリは昆虫で最強の存在だと信じているのです。 カマキリは隠れ上手な暗殺者 カマキリは漢字では蟷螂と書き、またひらがなで表記することもあります。 肉食昆虫の代表格であり、小型の昆虫はほとんどすべてその餌食になります。 カマキリは恐怖の捕食者であると同時に、多くの天敵がいます。 クモや鳥類などが挙げられ、捕食される機会も多いのです。 特に幼体では成虫が捕食するような小型の昆虫などにも逆に捕食されてしまいます。 擬態を得意として、草むらなどに潜んで獲物を待ち伏せします。 海外の種には花びらそっくりなハナカマキリや落ち葉によく似たカレハカマキリなどの種もいますが、それらはほぼ擬態のためそういった体色をしています。 しかしカメレオンのように自らの意志で変色することはできません。 獲物を見つけ、鎌脚を構えてから振り下ろすまでの時間は0.05秒といわれますので、秒殺どころではありません。 そしてその威力、破壊力は強大なものなのです。 カマキリは実はゴキブリの親戚だった!? カマキリは世界でおよそ2千種いると言われていますが、まだ研究が進んでいないのが実情です。 したがってこれだけ有名で人気がある割に、その生態の深いところまではほとんど知られていません。 日本には、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリなどがいますが、国内にどのように分布しているかとか、いったい何種類のカマキリが生息しているのかということについても、ほとんどわかっていないのです。 カマキリはカマキリ目に分類される昆虫ですが、そのほかの分類法もあります。 それは網翅目に属するというものです。 この仲間にはゴキブリとシロアリがいます。 実はカマキリは系統的にはゴキブリ類から派生してきたようで、色や形が似ているバッタやキリギリスなどの直翅目とはかなり遠い関係なのです。 そう言われてみれば、平べったい背中と腹の感じはよく似ていますし、翅の付き方やその飛び方も似ています。 卵鞘(らんしょう)を作るという特徴も同じです。 直翅目はバッタやコオロギなど、跳躍ができるように後脚が発達(跳躍肢)していますので、前脚が発達したカマキリとは決定的に違うのです。 カマキリのあの鎌は、昆虫ですから脚6本のうちの前2本が変化したものです。 ザリガニのはさみも強烈ですし、クワガタのはさみも魅力的ですし、カミキリムシの大アゴも楽しめますが、やはり糸でつるした道具を使ってカマキリの鎌とたわむれるのが最高に面白かったです。 カマキリは飛ぶのか? カマキリの種は、ほとんどがオスよりもメスのほうが大きく強いのです。 幼虫と成虫では、見た感じはほとんど同じで、翅の長さが違う程度です。 カマキリの翅は4枚あります。 退化した種もいますが、きちんと残っていても、多くのカマキリは飛ぶのが苦手ですので、それほど遠くまで飛べません。 メスに至っては体の重さもあり、ほとんど飛べません。 したがって翅はもっぱら体を大きく見せる威嚇のために使用されています。 カマキリの頭はぐるりと回転できるほど柔軟です。 これは頭と胸の境目が比較的柔らかく連結しているためです。 またカマキリは夜目が利くので、夜間にも獲物を襲うことがあります。 こんなのに付け狙われたら本当に生きた心地がしません。 カマキリに寄生する恐ろしいやつ ハリガネムシ カマキリには、寄生虫がつくことが知られています。 ハリガネムシといい、カマキリ(特にハラビロカマキリ)やカマドウマなどのおなかに寄生します。 ハリガネムシの生態はよくわかっていませんが、実はすごい寄生虫なのです。 体長数センチから1メートルに達する個体もありますが、太さは1~2ミリ程度で、ミミズなどのように、身体に伸縮性がありませんので、文字通り針金のような感じの細長いムシ(類線形動物)です。 糸くずのような卵塊から孵化した幼生は、水中に棲息するカゲロウやユスリカなどの幼虫や水棲昆虫に捕食されますが、その腸内を進んで腹腔内に居場所を見つけると、シストと呼ばれる殻(被嚢)を作ってその中で休眠状態に入ります。 カゲロウやユスリカが成虫になり、それをカマキリなどが捕食することで、その体内に入り成長します。 成虫になったハリガネムシは水中で生活しますので、産卵期になると宿主を水辺へと誘い込みます。 このとき特殊な生理活性物質(たんぱく質)を宿主の脳に注入して、宿主を水中に飛び込むように操作するのです。 遠隔操作するのですよ! こうしてハリガネムシは見事、寄生された宿主の腹から出て水中に戻るのです。 ハリガネムシに寄生されたカマキリの腹に水を掛けると、ハリガネムシが出てくることがあります。 オス同士、メス同士でも、虫カゴなどの狭い劣悪な環境では、やはり共食いを始めてしまうことがあります。 交尾中のメスはオスを刺激するためにその頭部に咬みつくようです。 種によってはそうしないとオスが精子を出せないものも存在しますが、それはあくまでも例外的なもので、ほとんどの種では、食われてしまうことはそれほどありません。 オスはメスに頭部を食われても、そのまま交尾は続けることが可能なのです。 しかし、すばやいオスは、食われる前にさっさと交尾を済ませて逃げ出してしまいます。 メスは卵ができてから交尾期を迎えるので、交尾期に特別食欲が旺盛になるわけではないようです。 むしろ交尾期以前のほうが、食欲旺盛のようです。 ですからオスがメスに食われるのは、メスにとっては単純にエサが背中に乗っかっているという程度のことのようです。 カマキリの命がけの交尾 そうは言っても交尾するオスにとっては、やはり命がけの行為であることには変わりありません。 まともにメスの正面から行けば確実に襲われますので、背後からそっと忍びより、じっと様子を伺い、油断した隙にメスに飛びつき、鎌脚で押さえつけて交尾をします。 うまく押さえつけられると無事に交尾を終えることができますが、後ろに回した頭でがぶりとかみつかれれば一巻の終わりなのです。 交尾を終えたオスは、すぐにメスから離れて逃げていきます。 メスはオスを嫌っているわけではありませんが、オスとして認識しているわけでもありません。 メスは交尾期になるとフェロモンを出し同種のオスにそれを知らせます。 それによってオスはメスに近づくのです。 しかしメスは、自分のじゃまさえしなければお構いなしで、交尾中も自由に行動します。 というより食餌中を狙ってオスは交尾を仕掛けることが多いのです。 ですからたまたま空腹時であれば、そばにいるオスに咬みつき捕食してしまうということになるのです。 このような蛹(さなぎ)にならないで、成虫になる様式を不完全変態と呼ばれます。 そうして秋までの数ヶ月ほどの成虫生活を送り、前述した厳しい交尾を経て生涯を閉じます。 カマキリの卵は、雪に接することがないといわれています。 メスはその年の雪の降り積もる高さを予測し、それ以上の高い場所に卵を産むといわれているのです。 しかし最近の研究では、そういったことではないことがわかってきました。 カマキリは勇気のあるムシ! ことわざに【蟷螂(とうろう)の斧】というものがあります。 自分の無力を棚に上げて、強大なモノに立ち向かっていく場合に使いますが、勇猛果敢な意味ではあまり使われません。 むしろ無駄な抵抗という意味合いが強いです。 元々は中国春秋時代(紀元前6世紀)の斉国の君主であった荘公が出かけた際、その馬車の前に一匹のカマキリが道の真ん中にいて鎌を振りかざしていたという故事に基づいています。 こういったことからカマキリは勇気のあるムシとして扱われることもあります。 カマキリの飼い方 カマキリの飼育は、それほど難しいものではありません。 ただし共食いする可能性があるので、複数の個体を一緒に飼うことは避けた方がよいということと、生きて動く物しか補食しないので、そういうエサを用意しなければなりません。 ライフサイクルが一年周期ですので、越冬はしません。 長く生きても、せいぜい11月くらいまでのうちに死んでしまいます。 エサはムシなどであれば何でも食べますが、生きて動くものでないと食いつかないのです。 私が以前、カマキリを飼っている時に弱って死にかけたバッタをゲージに入れました。 そのとき、カマキリは鎌でバッタを突っついて生きているか確認していました。 また死んだミンミンゼミを糸でしばって、カマキリの目の前でぶらぶらさせて動かすと食いつきましたので、生きている動物しか食べないのではなく、動く生き物しか食べないのでしょう。 カメムシ目は長い口吻を持ちますので、カマキリのように獲物にかぶりつくのでなく、獲物に口吻を刺し、消化液を流し込んで肉を溶かし、それを吸うという体外消化を行います。 この食餌は数時間から大きな獲物だと十数時間もかかります。 このように明らかに種類が違うのに、同じような形態を持つものを収斂進化(しゅうれんしんか)といいます。 哺乳類であるモグラと昆虫であるオケラの前足が、土を掘るのに適した形態でよく似ている場合などを指します。 さらに不思議なことに、カマキリの仲間なのですが、その最大の特徴である鎌を持たないカマキラズという昆虫が存在します。 カマキリ目カマキラズ科に属し、南米などに生息していますが、日本にはいません。 しかしカマキラズというちゃんとした「和名」がつけられているのです。 (投稿者:オニヤンマ).

次の