逮捕 前科。 EXIT兼近の“前科”を暴いた「文春」、プライバシー侵害は成立するか…芸能人の特殊性

前科と前歴の違い|知っておきたいその後の生活の影響度|刑事事件弁護士ナビ

逮捕 前科

「息子が大麻事件で逮捕された」という一報を聞いた時、それを信じられますか?「まさか」「そんなことあるわけない」と思う方もいらっしゃるでしょう。 ですが大麻で逮捕された人数は、平成29年には約3000人にものぼっています。 特に10代、20代の比率が高く、息子や娘が手を出してしまうこともあるかもしれません。 特に初犯の場合、家族の戸惑いも大きいはずです。 では大麻事件で初犯の場合、逮捕後の手続きや量刑はどうなるのでしょうか?今回はそんな家族の疑問や不安に、弁護士がお答えします。 大麻は大麻草から作られる製品で、あぶって吸ったりすると酩酊したような感覚になったり、幻覚作用がでたりすることがあり、依存性もあります。 「大麻取締法」という法律で規制されています。 近年、芸能人が大麻事件で逮捕されたというニュースを見かけることはよくあります。 では具体的にどのようなことをすると逮捕されるのでしょうか。 (1)大麻で逮捕される5つの行為 大麻取締法では以下の5つの行為を禁止しています。 輸入、輸出• 譲受 このいずれかを行なった場合には、大麻取締法違反容疑で逮捕されます。 なお栽培については、大麻研究者など都道府県知事の免許を受けた「大麻取扱者」にのみ許可されています。 (2)使用は罪に問われない 気づいた方もいらっしゃると思いますが、5つのケースには「使用」が入っていません。 覚せい剤は使ったことで刑事罰の対象となりますが、実は大麻は使用しただけでは罪に問われないのです。 とはいえ、通常は使うために誰かから譲り受けたり、自ら栽培したりして大麻を手にいれ、所持するはずです。 その行為は刑事罰の対象となります。 (3)大麻事件の量刑は?営利目的の場合はより重くなる 大麻事件の量刑は決して軽くありません。 5つの行為の量刑は、次のようになっています。 栽培、輸出入:7年以下の懲役• 所持、譲受、譲渡:5年以下の懲役 大麻の栽培や輸出入は、大麻を世の中に広める原因ともなります。 そのため所持や譲渡に比べて重い量刑になっています。 また お金を稼ぐために大麻を栽培したり売ったりするなど、営利目的であった場合には、量刑はさらに重いものとなります。 営利目的の栽培、輸出入:10年以下の懲役、または10年以下の懲役と300万円以下の罰金• 営利目的の所持、譲受、譲渡:7年以下の懲役、または7年以下の懲役と200万円以下の罰金• (4)逮捕のパターン 一般的に刑事事件での逮捕には 「通常逮捕」と 「現行犯逮捕」があります。 大麻事件には、特に 所持による「現行犯逮捕」が多いという傾向があります。 職務質問をされた際にカバンから大麻が見つかったというケースもあれば、家宅捜査で大麻が発見されその場で逮捕というケースもあります。 2、大麻事件で逮捕された後の流れ 大麻事件で警察に逮捕された場合、その後はどうなってしまうのでしょうか?処分が決まるまでにどのくらいかかるのでしょうか?家族とは会えるのでしょうか? 逮捕後の手続きの流れと、期間についてご説明します。 (1)逮捕後の流れ 警察に逮捕された後は、次のような流れで手続きが進みます。 その間は警察の留置場や拘置所で過ごします。 さらに起訴され保釈が認められなければ、判決まで身柄は拘束されたままです。 大麻事件の場合、起訴から裁判までは一般的には1ヶ月程度ですが、内容や余罪によってはそれ以上かかることもあります。 実刑となればそのまま刑務所に行くことになります。 (2)勾留は不可避?家族とは会える? 身柄を拘束して調べる 「勾留」は、逃亡や証拠隠滅の恐れがある場合に認められます。 薬物事件は共犯者がいたり、薬物を捨てたりする可能性があるため、勾留が認められるケースがほとんどです。 また家族や共犯者に証拠隠滅を頼むのを防ぐため、家族や知人との接見が禁止されることも多い傾向にあります。 逮捕された人にとって勾留期間中は知った人に自由に会えず、苦しい時間になるでしょう。 3、初犯の刑罰は?前科はつく?刑務所にいくの? 実刑となれば刑務所に行くことになり、前科もつきます。 学校や仕事、お金のことなど生活への影響も考えられるでしょう。 ですが初犯の場合、再犯に比べて罪が軽いと考えている方もいらっしゃるかと思います。 実際にはどうなのでしょうか?• (1)初犯は執行猶予がつくことも多い 大麻事件で初犯の場合、執行猶予付きの判決を受けることが多いと言えます。 たとえば 所持の場合、懲役6ヶ月〜1年、執行猶予3年程度が相場とされています。 判決後は身柄も解放され、執行猶予期間中に罪を犯さなければ、そのまま刑務所に行かずにすみます。 ただし有罪判決は有罪判決です。 つまり前科がつきます。 前科があると本人の精神的な負担になるのはもちろん、一定期間就けない仕事があるなど生活に制限がでてきます。 なお執行猶予を獲得するためには、しっかりとした裁判準備が必要です。 事件を反省して「二度と罪は犯さない」という姿勢を示し、裁判官にそれを信じてもらわなければなりません。 裁判については、弁護士に依頼することをおすすめいたします。 (2)初犯でも刑務所行きになるケースも 初犯だからといって、必ずしも裁判で有利というわけではありません。 長年にわたり大麻を販売してきたり、常習的に使用していたり、所持していた量が多かったりすると、執行猶予がつかずに実刑となる可能性があります。 営利目的であれば、さらに量刑も重くなります。 (3)所持が微量の場合には不起訴も 刑事事件で逮捕されても、全員が起訴されるわけではありません。 大麻の場合、たとえば 所持していた量がごく微量で罪を認めて反省している場合などは、不起訴(起訴猶予)処分となることがあります。 起訴されなければ裁判にはならず、有罪判決を受けることもないため、前科もつきません。 ただし不起訴となるのは簡単ではありません。 弁護士に依頼し、不起訴となるために手を尽くしてもらいましょう。 4、家族ができること 家族が警察に逮捕されるということは、ほとんどの人にとって初めてのことでしょう。 何をすればいいのかわからず途方に暮れてしまうかもしれませんが、可能なかぎり早めに行動することが大事です。 (1)逮捕後にできること 逮捕を知った後に家族ができることは、まず弁護士に相談することです。 逮捕直後から相談することで、すぐに対策を始めることができます。 所持していた量が微量であった場合などは、不起訴を目指して活動を行ってくれます。 また 接見禁止となると家族は本人に会うことはできませんが、弁護士であれば自由に接見することができます。 家族の様子やメッセージを伝えれば、本人も少しは安心できるかもしれません。 起訴されてしまった場合にも、執行猶予の獲得を目指して証拠を集めたり、本人に裁判に挑むためのアドバイスをしたり、具体的に行動してくれます。 初めての逮捕では、本人も家族もその後に起こることがわからず、不安になるでしょう。 法律の専門家である弁護士に、逮捕後の流れや予想される判決などを教えてもらえば、不安の払拭にもつながるはずです。 (2)判決後にできること 不起訴となったり、執行猶予付きの有罪判決を受けたりした後、本人は家族の元に帰ってきます。 学校や仕事に影響がなければ、元の生活に戻れるかもしれません。 ですが 薬物犯罪の怖いところは、再犯率が高いというところです。 一度大麻を使った感覚を覚えてしまうと「もう一度だけ」と手を出し、再び依存してしまう人も多いのが実情です。 再び大麻に染まらないようにするためには、家族のサポートが欠かせません。 精神的に支えてあげるのはもちろん、場合によっては依存から脱却するための治療や支援団体のサポートを使うことも考えてみましょう。 再犯となると、実刑判決は免れないでしょう。 そうならないためには、本人の強い意志と家族の協力が必要です。 5、まとめ 横浜オフィスの主なご相談エリア 横浜市西区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方•

次の

槇原敬之の前科と逮捕歴のおさらい!

逮捕 前科

が7月、20代の女子大学生を誤認逮捕した問題で、女性の弁護士が1日、で記者会見し、女性の手記を公表しました。 取り調べの際、捜査員が就職活動への影響を示唆し「君が認めたら終わる話」などと自白を迫ったとしています。 では「誤認逮捕でも前科や前歴が残るのでは?」「ひどい話だ。 慰謝料はもらえるのか?」と女子大学生を心配する声が。 誤認逮捕であっても前科や前歴として残ってしまう?! 誤認逮捕により前科や前歴または逮捕歴が残ってしまうのでしょうか? まず前科がつくのは、被疑者が起訴され、刑事裁判で有罪判決を受けた場合です。 また、不起訴となったり無罪となった場合は、逮捕された前歴は残ります。 そのため、誤認逮捕であっても何らかの形で記録には残ります。 でも誤認逮捕の前歴や逮捕歴についてツイートしている人も。 松署が窃盗事件で女子大学生を誤認逮捕し自白強要。 警察は2日後に釈放。 松山が嫌疑なしで不起訴処分にしたが、逮捕の前歴は消えない。 顔写真と指紋は永遠に警察データベースに保存。 逮捕状以外に令状が必要なDNA採取も、一般人が法律に無知なことに漬け込み強制採取、DBに永久登録。 — なお naotie こちらは逮捕歴により就職に響くとツイートしています。 慰謝料は支払われるのでしょうか? こちらのツイートには、拘留1日につき12500円と書かれています。 誤認とはいえ逮捕されると人生は無茶苦茶になる。 なのに補償は不十分。 拘留1日につき12500円。 慰謝料は人によるけど少なくとも300万円は必要だろう。 足りない分はに請求するのかな。 誤認逮捕された女子大学生の手記はこちら。 【全文】に誤認逮捕された女子大学生が公表した手記 誤認逮捕と判明した後、「真相の解明に必要な逮捕だった」との説明を受けたが、担当刑事からの直接の謝罪はいまだにないという。 — livedoornews nonoko170611.

次の

EXIT兼近の“前科”を暴いた「文春」、プライバシー侵害は成立するか…芸能人の特殊性

逮捕 前科

外国で入国拒否、退去命令又は処罰されたことがありますか。 現在日本国法令により起訴され、判決確定前の状態ですか。 現在日本国法令により、仮釈放、刑の執行停止又は執行猶予の処分を受けていますか。 旅券法違反で有罪となり、判決が確定したことがありますか。 日本国旅券や渡航書を偽造したり、又は日本国旅券や渡航書として偽造された文書を行使して(未遂を含む)、日本国刑法により、有罪となり、判決が確定したことがありますか。 国の援助等を必要とする帰国者に関する領事官の職務等に関する法律を適用され外国から帰国したことがありますか。 出典:大阪府ホームページより 6つの項目のうち 1項目でも当てはまる方は、別途書類が必要になります。 これらをもとに、パスポート発給の可否が検討されます。 回答者 具体的には、旅券発給申請書類のほかに• 判決謄本(確定日が入った原本を1通)• 起訴状• 裁判所からの海外旅行許可書• 渡航事情説明書 などを提出する必要があります。 海外旅行や海外渡航においては、 一定の制約や制限を受ける場合があります。 前科の種類・内容によって、ビザ自体がおりないことがあります。 前科の内容や種類次第では、• 渡航用のビザが取得できない• 渡航先の国から入国が拒否される このようなケースが考えられます。 前科の有無による影響は、国によってさまざまです。 ビザ取得に関しての規定が厳しい国として挙げられるのが アメリカです。 逮捕歴や犯罪歴がある方は申告義務があるようです。 判決謄本とその英訳 出典:在日米国大使館・領事館ホームページより これは、アメリカの非移民ビザの取得に必要な書類の一つです。 アメリカは「 逮捕歴」のみでもビザ取得のハードルとなり得るようです。 ただ、審査が通れば執行猶予中でも渡航できる国もあります。 渡航予定の国の大使館に、電話などで確認をとることをおすすめします。 前科は照会できるのか?前科照会事件を参考に 前科が社会生活にあたえる影響は、明確に定義できるものではありません。 就職、転職、結婚、入学… 前科による影響が、前科者にとって不利益となることもしばしばあるようです。 前科照会事件という、前科照会に関する事件がありました。 法律の専門的な勉強をしていないと聞いたことがない事件かもしれません。 事件の概要 雇用問題で争っていた会社側の弁護士が従業員の前科・犯歴の照会を区役所に対して行い、区役所は前科があることを開示した。 この区役所の回答行為が、プライバシー侵害にあたると認められた事件。 市区町村は、検察からの通知にもとづいて「 犯罪人名簿」(犯罪者名簿)を作成しています。 禁錮以上の刑に処せられたことがあるなどすると選挙権・被選挙権を有することができないため、その情報を管理保管しておくためのものです。 ただ、この名簿は厳重に保管され、限られた者にしか閲覧権限が与えられていません。 一般人は、前科を照会する権利はありません。 前科は、慎重にあつかわれるべき 個人情報です。 みだりに公開されていいものではありません。 少年事件についてくわしくはこちら• 43136 前歴があると執行猶予はつかない? 前歴があると 執行猶予がつかなくなるのか、実刑となるのかなど気になる点が多いです。 結論から言うと… 前歴が執行猶予に影響するかどうかは分かりません。 前歴の内容• 今回の犯罪と前歴の関係性• 前歴のついたタイミング など、さまざまな事情を考慮して執行猶予を付けるかどうかが判断されます。 お悩みの場合は、弁護士に事件を精査してもらうことをおすすめします。 前歴は照会できるのか さきほど、前科は照会することができないとお伝えしました。 では、前歴は 照会することができるのでしょうか。 なんでも簡単に情報を照会できれば便利ですが… 一般人が前歴を照会することはできません。 警察など 捜査機関が、犯罪捜査の一環として照会することはあります。 個人的な興味や身辺調査などはもちろん、個人の前歴を照会する方法はありません。 「逮捕歴」の意味を徹底解説! 逮捕歴の意味 前科と前歴の違いが分かってきたところで、つぎは「 逮捕歴」についてです。 世間一般の風潮として、「逮捕=有罪(前科)」というイメージが強いようですよね。 これは、法律的な意味としては間違いです。 逮捕歴とは文字通り 逮捕された履歴のことになります。 回答者 不起訴処分で終わっても、逮捕歴は捜査機関の内部で履歴としてあつかわれることにはなります。 しかし、 逮捕歴が一般に公開されることはありません。 住民票や戸籍などにも残ることはありません。 逮捕の事実がマスコミなどによって報道されてしまう可能性があるのも事実です。 SNSなどでニュースが拡散されることで、逮捕歴が公となってしまうケースもあります。 逮捕されただけなのに名前がネットに残ってしまうことで、社会的な影響が大きくあるといえるでしょう。 就職に前科・前歴・逮捕歴は影響する? 前科・前歴・逮捕歴それぞれの意味についてくわしくみてきました。 それではここからは、これらが 就職にあたえる影響はあるのかという点をみていきたいと思います。 単なるイメージに過ぎないことなのか、イメージ通りの影響があるのか、詳しくみていきましょう。 履歴書に前科や前歴、逮捕歴まで書くべき? 民間企業への就職活動や転職活動では、 履歴書を持参して面接することが多いと思います。 氏名・生年月日・住所などのほかに学歴や職歴といったご自身の履歴を記載します。 前科や前歴、逮捕歴まで書く必要があるのでしょうか。 答えは… 回答者 履歴書をベースに、ご自身の経歴などを採用担当者と話します。 懲役刑を受け、刑務所で何年間か過ごしたとします。 すると履歴書の経歴欄には、空白の期間が生まれてしまいます。 このような場合、採用担当者から空白期間がある理由を確認されるというケースは考えられます。 刑事罰の有無を聞かれなければ、とくにわざわざ答える必要はないかもしれません。 聞かれた場合には、誠実に前科を申告しなければなりません。 前科という事実が消えることはありませんが、申告には期間が存在します。 期間については次の章で解説しますので、最後までごらんください。 前科や前歴を就職先が調べることはある? 採用過程で、就職先が前科や前歴を 調べることってあるのでしょうか。 実は、一般企業に個人の前科や前歴を調べる術はありません。 本人の自己申告にゆだねられることになります。 履歴書の賞罰欄に虚偽なく前科や前歴を申告したとすれば、ほとんどの会社では不採用となる場合が多いのが実情のようです。 ですので前科を調べるという行為までいたらないとも考えられます。 公務員、警察官…前科や前歴があると就職・採用されない職とは 前科はその刑の種類にもよりますが、 公務員や医師など 一定の資格に対して制限がかかることになります。 職業別に、どのような前科があると影響があるのか確認してみましょう。 まずは、地方公務員法の条文を確認してみます。 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。 三 罰金以上の刑に処せられた者 出典:医師法第4条3項 医師免許が与えられない可能性があることが条文に規定されています。 医師の場合、最終処分は医道審議会で審議にかけられて決定するようです。 前科者の就職支援制度とは? 前科者は一定の資格制限をうけたり、仕事・職業の選択肢に幅が出てしまうことにはなります。 とはいえ、働いてお金を稼がないと暮らしていくことはむずかしいです。 刑務所から出所後、お金や身寄りがないと再犯率が上がるともいわれています。 そこで、刑務所出所者など前科者の 就職支援が注目されています。 こちらのニュースをごらんください。 回答者 将来の犯罪捜査の資料として、 検察庁など捜査機関が保管する前科は消えません。 ただ、 一般に前科の情報が公開されることはありません。 その点でいうと、前歴は 消えません。 ただ、 一般に前歴の情報が公開されることはありません。 その点でいうと、逮捕歴は 消えません。 ただ、逮捕歴も 一般に情報が公開されることはありません。 さいごに一言 さいごに弁護士から一言いただきたいと思います。 逮捕されただけでは、前科はつきません。 前科は有罪の確定判決を言い、一般的な用語として使用されています。 刑事裁判にならず、不起訴処分となれば前科がつくことはありません。 また、交通違反での「反則金」は、前科にはあたりません。 前科持ち・前科一犯は海外旅行にいけないの? 前科持ち、前科一犯の方は、海外旅行や海外渡航における一定の制約や制限を受ける場合があります。 また、前科の種類・内容によっては、渡航用のビザが取得できない、渡航先の国から入国が拒否される場合があります。 パスポート申請時に、前科の内容が各都道府県の「刑罰等関係欄」に質問事項に該当していた場合、別途書類や手続きが必要です。 申請書類をもとにパスポート発給の可否の検討が行われます。 前科は照会できる? 一般人は、前科を照会する権利はありません。 市区町村は、検察からの通知にもとづいて「犯罪人名簿」(犯罪者名簿)を作成しています。 禁錮以上の刑に処せられたことがあるなどすると選挙権・被選挙権を有することができないため、その情報を管理保管しておくためのものです。 名簿は厳重に保管され、限られた者しか閲覧することができません。 役場や捜査機関など、公的機関が前科について回答することはありません。 前歴の意味、前科との違いは? 前歴とは、「捜査機関による犯罪捜査を受けた履歴」、「被疑者として犯罪捜査を受けたことがある過去」のことを言います。 法律用語ではなく、明確な定義はありませんが、具体的には逮捕歴や検挙歴を指します。 前歴に対して、前科は「刑事裁判を経て有罪判決を受けたかどうか」という意味になります。 未成年時に起こした少年事件において、保護観察などの処分を受けた経歴は「前歴」となります。 前歴があると執行猶予はつかない? 前歴があることで、執行猶予に影響するかどうかは分かりません。 前歴の内容、今回の犯罪と前歴の関係性、前歴のついたタイミングなど、さまざまな事情を考慮して執行猶予を付けるかどうかが判断されます。 お悩みの場合は、弁護士に事件を精査してもらうことをオススメします。 前歴は照会できる? 一般人が前歴を照会することはできません。 警察など捜査機関が、犯罪捜査の一環とし前歴を照会することはあります。 個人的な興味や身辺調査などはもちろん、個人の前歴を照会する方法はありません。 前科と同様、前歴も慎重にあつかわれるべき個人情報です。 逮捕歴の意味、逮捕歴と前科の違いは? 逮捕歴とは、刑事事件の被疑者として逮捕されたという履歴のことを言います。 逮捕は、刑事事件の捜査の一環として行われます。 事件が不起訴処分で終了しても、逮捕歴は捜査機関内部に履歴が残ることになります。 逮捕歴が一般に公開されることはありません。 前科は、刑事裁判で有罪判決を受けた履歴のことを言います。 逮捕されただけでは、前科はつきません。 不起訴処分が獲得できれば逮捕歴は残りますが前科はつきません。 履歴書に前科や前歴、逮捕歴まで書くべき? 「賞罰欄」がある履歴書には、前科を記載しなければなりません。 刑事裁判の有罪判決内容を記載する必要があります。 前歴や逮捕歴を書く必要はありません。 前科を書きたくない場合、賞罰欄がない履歴書を選ぶことがポイントです。 ただし、面接の空白期間において、刑事罰の有無を聞かれた場合、誠実に前科を申告しなければなりません。 また、一般企業に個人の前科や前歴を調べる術はありません。 前科者が就けない仕事は?就職支援制度はある? 前科は刑の種類にもよりますが、公務員や弁護士、医師など一定の資格に対して制限がかかることになります。 前科者は一定の資格制限をうけたり、仕事・職業の選択肢に幅が出てしまうことにはなります。 法務省が前科者への就労・就職支援を重要課題として取り組んでいます。 社員として採用を行い、前科者の更生へ積極的な民間企業もあります。 前科・前歴・逮捕歴は消える? 「前科」については、前科という事実は消えません。 しかし、法的な効力を持たなくなった前科は、消えると言えます。 刑の執行が終了、または執行の免除を得てから一定期間、刑罰に処されないと、刑の言い渡しの効力が失われます。 「前歴」と「逮捕歴」については、警察や検察庁など捜査機関が保管・管理するため、消えません。 一般に「前歴」と「逮捕歴」の情報が公開されることはありません。

次の