ユニット バス ウォシュレット。 【DIY】え?ユニットバスでウォシュレットを?→できらあ!

【DIY】え?ユニットバスでウォシュレットを?→できらあ!

ユニット バス ウォシュレット

知ってる?ウォシュレットの正式名称! 私たちが、普段何気なく言っている「ウォシュレット」は「TOTO」の製品名称になり、「LIXIL」のものだと、「シャワートイレ」と呼ばれています。 つまり、TOTOの製品以外では、正式な呼び方としては、「温水洗浄便座」が正しい名称になります。 今回ご紹介していく「ウォシュレット」は、TOTOの商品に限らず、取り上げてご紹介していきます。 現在では、ウォシュレットは非常に多くの家庭や施設で取り入れられていますよね。 2015年には、一般家庭への普及率が発表されていて、その時点で、77. 5%の普及率を示しています。 こうしたことから、ウォシュレットの無いトイレの方が少なくなっていると言えるかもしれませんね。 今回は、そんなウォシュレットの取り付け方法や、トイレにコンセントが無い場合の対処法についてご紹介していきます。 また、取り付けには工事が必要になるのか、賃貸住宅では取り付けることはできるのか、詳しくお伝えしていきます。 賃貸住宅でウォシュレットを取り付けても問題ない? 賃貸物件に住んでいる場合には、ウォシュレットを取り付けることができるのか、気になる人も多くいるかと思います。 トイレのコンセントが有る無い以前に、そういった場合には、取り付けることができるかどうかを確認する必要がありますよね。 賃貸物件の場合は、大家さんや管理会社の許可を得ることができなければ、原則として難しいでしょう。 しかし実際は、ウォシュレットの取り付け許可が得られる場合も多くあるので、ウォシュレットを取り付けたい場合には、1度確認してみましょう。 確認せずに取り付けた場合には、何かしらのトラブルになる可能性もあるので注意が必要になります。 また、引越しなどで、新たに入居するタイミングでウォシュレットを取り付けたい場合には、予め大家さんや管理会社に伝えておくことで、話がスムーズに進むこともあるので、覚えておきましょう。 ウォシュレットの取り付けは自分でもできる? 上記では、賃貸物件の場合にウォシュレットが取り付け可能かどうかについてご紹介しました。 しかし、持ち家などの場合には、特に許可は必要ありませんよね。 それでも、取り付け自体が自分でできるものなのか、業者による取り付けが必要なものなのか、わからない人もいるかと思います。 実は、ウォシュレットの取り付け自体は比較的簡単で、自分で行なうことができます。 さらには、使う工具も専門的なものは必要なく、ホームセンターで購入できる工具があれば、取り付けることができます。 ただし、例外となるトイレもあるので、注意が必要です。 詳細については、下記に記載していきます。 便座の付け根部分の下を見ると、ボルトで固定されているので、モンキーレンチを使って外しましょう。 最初に止水栓をマイナスドライバーで回して、水を止めます。 タイプによっては、ハンドルになっている場合もあるので、その場合には、ハンドルを回して水を止めましょう。 そして、トイレのタンク内の水を流して空にしておきます。 空にしたら、タンクの内側の給水管を押さえながら、モンキーレンチでタンクの外側のボルトを回して取り外します。 止水栓側とタンク側の給水管の間に分岐金具を取り付けていきます。 これでトイレのタンクと、ウォシュレットに水が供給されるようにします。 ウォシュレットに付属されているパッキンを分岐金具と止水栓の間に挟み込み繋いでいきましょう。 最新のトイレで使われている柔らかい給水管の場合には、フレキシブル管は必要ありません。 フレキシブル管の取り付け方は、先ほど取り付けた分岐金具とトイレのタンクとの間に接続します。 スパナで、分岐金具に下部分を取り付け、次にトイレのタンク側に取り付けていきます。 この際、フレキシブル管の上部をトイレのタンク側に接続できるように、曲げていきます。 何度も折り曲げると、ナットが通らなくなることがあるので、注意しましょう。 分岐金具とフレキシブル管を取り付けたら、水漏れがないか、しっかりとチェックしておきます。 製品に付属している、「本体固定プレート」と「取り付けボルト」を説明書に従って取り付けましょう。 その後、本体取り付けプレートにウォシュレット本体を取り付けます。 ボルトで固定すれば、本体の取り付けができます。 このホースは、ウォシュレット本体と分岐金具との間に接続します。 カチッと音がするまでしっかりと差し込んでください。 そして再度、水漏れがないかチェックします。 その後、コンセントにプラグを差込み、通電したら取り付け完了になります。 コンセントが無い場合の対処法は、後程記載していきます。 また、ここで注意すべき点としては、自宅のトイレが「隅付タンク式腰掛便器」の場合です。 この場合は、止水栓とタンクまでの距離が短いことがあり、付属のものが対応できないこともありますので、その場合はオプションの止水栓分岐金具が必要になります。 隅付タンク式腰掛便器を使っている人は、止水栓とタンクまでの距離が短すぎないか確認してみましょう。 工事は必ず必要ではない!それでも心配な人は業者に依頼しよう! 上記でご紹介したように、ウォシュレットの取り付け自体は自分でもできます。 しかし、取り付けが不安な人も少なからずいるかと思います。 このような人は、専門の業者が取り付けを依頼することが可能です。 業者に依頼する場合には、同時に、トイレのコンセントも増設することができるので、併せて依頼するのもいいでしょう。 ウォシュレットの取り付けには、給水管の取替え作業があるので、その部分は専門の業者に依頼した方が安心かもしれませんね。 次は、トイレにコンセントが無い場合の対処法についてご紹介していきます。 今回ご紹介する方法なら、コンセントが無くても焦ることはありません。 自宅のトイレにコンセントが無い場合もあるかと思うので、ご紹介する対処法で解決しましょう。 コンセントが無い場合は?トイレにコンセントが無い時の対処法! 自宅のトイレにコンセントが無い場合は、ウォシュレットの電源をどうするのか、困ってしまいますよね。 しかし、今回ご紹介する方法なら、ほとんどのトイレで対処できるかと思います。 今回ご紹介するのは、電球ソケットとコンセントソケットが一緒になったタイプのものを使う方法です。 トイレには、どのご家庭でも照明がありますよね。 主に天井や、天井近くの壁になるかと思います。 そこにある電球の部分に、このコンセント増設ソケットを使いましょう。 そのままでは、配線が上から垂れた状態になるので、壁伝いに配線モールなどで這わせるとスッキリしますよ。 もし、トイレにコンセントが無い場合でも、このような方法で簡単にコンセントを増設することができます。 ただし、トイレの電気を点けておかないと、ウォシュレットの電源も入らないので、注意が必要です。 「点けっぱなしは、ちょっと」という人は、センサー付きのLED電球の導入をおすすめします。 トイレにコンセントが無い!アースはどうする? トイレのコンセントが無い場合には、「ウォシュレットのアースはどうしよう?」と困る人もいますよね。 その対処法についてもご紹介していきます。 まず、1番確実な方法は、やはり業者に依頼して、アース線の取り付け工事をしてもらうことになります。 安全面を考えて確実な方法をとりたい人は、専門の業者に依頼するのがいいでしょう。 しかし、「工事になるのは面倒、できるだけ自分でやりたい」という人には、プラグ型漏電遮断器をおすすめします。 これを取り付けておくと、万が一漏電した場合に自動的にウォシュレットの電源が遮断されます。 漏電、感電の対策がほしいという人には、こちらの商品がおすすめです。 取り付けもコンセントに差し込むだけなので、簡単ですよ。 コンセントが無い場合でも電源はとれる! 今回は、トイレにコンセントが無い場合でも、ウォシュレットの電源をとる方法についてご紹介してきました。 トイレの照明なら、どのご家庭でもあるはずです。 その照明を利用して、手軽に電源をとることができます。 「ウォッシュレットを取り付けたいけど、コンセントが無い」と困っていた人は、是非今回の記事を参考にしてみてください。 増設ソケットなどは、比較的安価なので手に入れやすいですよ。

次の

ホテルユニットバス用温水洗浄便座(TOTOウォシュレット・LIXILシャワートイレ) | 生活堂

ユニット バス ウォシュレット

基本、3点ユニット内は湿度があるため電気製品禁止です。 湿度が原因の漏電からの火事は保険がおりない場合があります。 湿度対策がされているコンセント/電気製品のみ取付OKです。 まず、ウォシュレット/シャワートイレのホテル用(防湿型)は電源用にユニットバスの壁に穴を開け、ユニットバスの外側で電気の接続をします。 但し、壁に穴が開くので賃貸の場合現状復帰は無理です。 なので、配線を入口から外に転がして、電気の接続をする。 これなら現状復帰可能です。 問題は、ホテル用(防湿型)は高い。 最低でも定価で7-8万。 ネットでも5-6万はします。 本体取付・配管工事・電気工事は水道設備屋さんにやってもらうのが良いかと思います。 ホテル用ウォシュレットはTOTO/INAX/Panasonicの3社が出しています。 INAX シャワートイレ (ホテル用は UH/U/U3E/USシリーズ) 必ず、給水配管のみのタイプにしましょう。 最近だと、3点ユニット専用の無電源のウォシュレットもあります。 暖房便座はなく、お尻を洗う機能のみで、自分でも取り付けが出来るみたいです。 安いので、それなりのクオリティーかと思いますが、退去する際の現状復帰も問題ないかと ただ、大手メーカー品ではないので、サイズや機能・設置方法の確認をしてからの購入がいいと思います。 投稿日時 - 2014-05-18 08:05:10.

次の

【賃貸OK】ユニットバスで使える電源不要ウォシュレットが快適だった

ユニット バス ウォシュレット

ユニットバスでウォシュレットは使えるのか解説します ウォシュレットといえば、コンセントが必要であるという印象がありますよね。 それ故にユニットバスではウォシュレットは使用できない、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ユニットバスタイプのお風呂がベターであるアメリカではウォシュレットがあまり普及していないということからもユニットバスではウォシュレットが使用できないということが伺えますしね。 しかし、実はユニットバスのトイレでもウォシュレットを利用することが可能なのです! そこで今回の記事ではユニットバスのトイレについて 「ユニットバスのトイレをウォシュレットに!電源不要のシャワートイレを」 という内容でお届けしていきます。 今現在住んでいる部屋がユニットバスタイプで、ウォシュレットにできないか悩んでいるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。 ユニットバスでウォシュレットが使えない理由 ユニットバスでウォシュレットが使用できない理由は何なのか。 まずはその理由について紹介していきます。 ユニットバスということなので、シャワー等の水しぶきが飛ぶ可能性がどうしても高くなってしまいます。 そのためコンセントを設置することができず、ウォシュレットも使用できないということですね。 この理由からもわかる通り、ユニットバスではウォシュレットが絶対に設置できないわけではありません。 実際にホテルなんかのユニットバスにはウォシュレットが備えつけられていますからね。 しかし如何せんその値段が高いです。 安いウォシュレットの5倍程度の値がしてしまいます。 お金に糸目をつけないからどうしてもユニットバスにウォシュレットをつけたいという方であればユニットバスでも付けることは可能ですが個人では中々現実的ではないでしょう。 ということでユニットバスでウォシュレットが使えない理由として、値が高いからということになります。 参考元: ユニットバスでウォシュレットが使えない理由に関しては以上になります。 実はユニットバスにOKなウォシュレット、電源不要な簡易式シャワートイレがある 上記までを読んでやはりユニットバスでウォシュレットが使えないのか、と思ってしまった方も安心してください。 電源不要で、しかも値段も1万円以下というお手頃価格でウォシュレットを使用することができる商品もあります! それが以下の商品になります。 そのためユニットバスなのでコンセントを設置することができないという家でも十分に使用することができるウォシュレットなのです。 ちなみに冷水だけでなく、近くに温水が流れる配管がある場合のみですが温水に切り替えることも可能です。 普通のウォシュレットのような多機能面では劣るでしょうが、電源を必要としないということでアース工事を行う必要も電気代がかかることもないという利点もあります。 ユニットバスでもウォシュレットを使用したいという方はぜひこちらの商品を利用してみてください。 ユニットバスに電源不要のウォシュレット"簡易式シャワートイレ"を取り付ける方法 それでは上記で紹介したユニットバスにも使用可能な電源不要ウォシュレットの取り付け方について下記より紹介していきます。 最初に水を止めておかないと、作業中に水がかかる可能性がありますので必ず弁を閉めた後に本格的な作業を開始してください。 次に ウォシュレットの本体部分を便座との間に挟み込むように取り付けてください。 その際、カチッといった音が鳴ればきちんと取り付けできているということになります。 上手く取り付けができれば、ナットを元の状態に戻しましょう。 ここまでできれば、後は接続できたT字パイプと冷水ホースを接続し、そのホースをウォシュレット本体に取り付け、ウォシュレットがきちんと動作するか、水漏れしている部分はないか等確認すれば作業完了です。 ちなみに温水を使用しないのであれば、ウォシュレット本体にキャップを取り付けておいてください。 使用したいのであれば、別途温水の配管に上記と同様の手順で作業を行ってください。 Amazonの商品説明では10分程度で完了するとの記載がありますが、慣れていない方が行えば30分から1時間程度かかることが予想できます。 焦る必要はありませんので、丁寧さを心がけて作業を行ってくださいね! 参考元: ユニットバスにおすすめの電源不要な簡易式シャワートイレ それでは次にユニットバスにおすすめの電源不要、簡易式シャワートイレを紹介していきます。 ちなみにシャワートイレというのはウォシュレットの別称のようなものです。 とはいっても、上記で紹介した商品とほぼ変わりません。 違いを挙げるとすると、デザイン面でしょうか。 上記で紹介した商品では少々メタリックでカッコいいようなデザインでしたが、こちらは一般的なウォシュレットらしいデザインとなっています。 特に女性の方はこちらの商品の方を好むかもしれませんね。 冷水温水の切り替え、水圧調整等機能面ではそれほど違いはありませんので上記のメタリック系のデザインはちょっと、という方は購入者からの評価も高いこちらの商品を購入してみてください。 ユニットバスに電源不要のウォシュレットを取り付けるのが不安だったら ここまでで紹介してきた通り、 電源不要のウォシュレットも販売されていますので、ユニットバスでも取り付けることは十分可能です。 賃貸物件でも問題なく取り付け可能なので、その点は凄く嬉しい点だと思います。 しかしながら、こういったウォシュレットを取り付けるには業者ではなく基本自分が取り付け作業を行う必要があるということに不安を感じる方もいるでしょう。 そのように自分で取り付けることができるか不安だ、という方は設置式のウォシュレットではなく、 携帯式のウォシュレットを利用してみてはいかがでしょうか。 参考までに携帯式のウォシュレットとはどういった商品なのか、と言うとこちらになります。 しかしながら取り付けできないかもしれない、と思いながら設置式の電源不要ウォシュレットを購入するよりかは手に持つという不便さを覚悟で、携帯式という安全策を選んだ方が良いのではないでしょうか。 旅先でも使用可能であることから無駄になることもありませんので、一つは持っておいてもいいかもしれませんね! ユニットバスのウォシュレットについて疑問が残ったら ユニットバスに取り付け可能な電源不要ウォシュレットについて、この記事ではすべてを伝えることができたわけではありません。 よってこの記事を読んだ後も、疑問が残ったという方もいるかもしれません。 そのように疑問が残った際にはぜひ当サイトのお問い合わせフォームからその疑問についてお伝えください。 お伝えいただいた内容を元に加筆や修正を適宜行わせていただきます。 どういう点を疑問に思ったのか、読者目線での声をお聞かせ願えると幸いです。 まとめ ユニットバスでは基本的にウォシュレットを利用することはできません。 これには以下の点がその理由として挙げられます。 電源が確保できないから• ユニットバス用のウォシュレットが高いため 値段は気にしないという方であれば、ウォシュレットをユニットバスでも利用可能ですが中々現実的ではないですよね。 しかし従来の電源を必要とするウォシュレットではなく電源不要のウォシュレットであればユニットバスでも使用することは可能です! 自分で取り付け作業を行う必要があるため少々手間ですが、値段も安く、なおかつ通常のウォシュレットと同じような働きをしてくれますので、ユニットバスタイプのお部屋に住んでいるという方はぜひお試しください。

次の