国内 旅行 半額 補助。 国内旅行/観光【半額補助】いつから?内容は?〜世間の反応も調査!

ANAのGo To Travel マイル+補助金で更におトクなキャンペーン

国内 旅行 半額 補助

7月下旬から実施する方針で、8月1日ごろには自由な移動が全面的に可能となる見込みで8月の夏休みに間に合うように準備を進めています。 また旅行代金を割り引くだけでなく、土産や施設利用の割引券などと組み合わせることで、旅先での消費喚起を狙う。 引用元:時事ドットコム GO TOキャンペーンは、経済産業省に国費として 1兆6,794億円を計上しています。 下記のような内訳となっています。 凄いお得ですね! 2泊3日なら、16万円のところを8万円でいける計算になります。 GO TOキャンペーン・クーポン券 Go To Eat キャンペーン オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与(最大一人あたり1000円分)してくれるそうです。 1000円あれば、プチ贅沢できそうです。 また、登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行する予定となっています。 Go To Event キャンペーン チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引・クーポン等を付与(2割相当分)してくれます。 これもイベント好きには嬉しいクーポンです。 今回の外出自粛ではイベントやエンターテイメント産業にも大きなダメージがあったためにEvent キャンペーンが組まれたのではないでしょうか。 その他のGO TOキャンペーン内容 その他のGO TOキャンペーン内容です。 商店街等によるキャンペーン 期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発等を実施することになっています。 GO TOキャンペーンでは専門家も派遣されるでしょうから、思わぬ人と会える機会もあるかもしれませんね。 Go To 商店街 キャンペーン キャンペーンを一体的に、わかりやすく周知するための広報を実施することになっています。 こんなに盛沢山のキャンペーンなら、どんどん宣伝してもらいたいです。 対象府県の宿泊施設へ予約します。 まぁ、ちょっと手間はかかりますけど、どうせ旅行に行くなら使わない手はありませんね。 もう少し簡素化してくれるとありがたいと思います。 令和元年に襲来した、台風第15号の被災地域に対して行った「ふっこう割」の予算計上額が29億円でした。 これまで観光庁では、2016年の熊本地震、18年の西日本豪雨や北海道胆振東部地震などで、災害から旅行需要を回復させるために、同様の旅行商品などを割り引く「ふっこう割」を実施していますが、今回のGO TOキャンペーンは、1・7兆円と、とんでもない規模となってます。 一刻もはやく、日本全体の景気が回復することを願います。 当然、私も「GO TOキャンペーン」申し込みますよ! おわり。 thank you for reading.

次の

旅行半額補助の「Go To トラベルキャンペーン」はいつから?開始時期は7/22!予約済の旅行でも割引適用あり!?

国内 旅行 半額 補助

コロナ終息後キャンペーン 1泊最大2万円補助で宿泊割引や地域券 政府は7日、新型コロナウイルスに関する緊急経済対策を踏まえて閣議決定した2020年度補正予算案に、日本国内での感染症終息後に早期に実施する国内観光の需要喚起策「Go To Travelキャンペーン」事業として、観光予算では前例のない1兆3500億円を計上した。 消費者に対して宿泊・日帰り旅行商品代金の2分の1相当、1人1泊当たり2万円を上限に補助する。 費用補助には宿泊費の割引と、旅行先での買い物や飲食などに使えるクーポンを組み合わせる。 キャンペーンの需要創出の目安としては、宿泊旅行で5千万人泊程度の喚起を見込む。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う観光需要の低迷、外出自粛の要請などで経済的な打撃を受けた地域を活性化させるため、官民一体で大型キャンペーンを実施する。 感染防止の徹底、中小企業などの事業の継続や雇用の維持への支援策に注力した後、国内で感染症の終息が見られた時点で早期に開始する。 国内観光の需要喚起策「Go To Travelキャンペーン」は、関係省庁で総額1兆6794億円を充てる「Go Toキャンペーン事業」の中核。 観光分野以外では、外食需要を喚起する「Go To Eatキャンペーン」、イベントやエンターテインメントのチケット代を割り引く「Go To Eventキャンペーン」、商店街向けの「Go To商店街キャンペーン」を併せて実施する。 観光分野の「Go To Travelキャンペーン」は、約6カ月間にわたって全国を対象に実施する。 旅行業やOTAなどを経由して宿泊・日帰りの旅行商品などを購入した消費者に対して、宿泊費を割り引くほか、旅行先での地域産品の買い物や飲食、観光施設の利用などに使えるクーポンを提供する。 補助額は旅行代金の2分の1相当、1人1泊当たり2万円を上限とする。 例えば、4万円の1泊旅行であれば、補助額の2万円のうち、一定の割合が宿泊割引に充てられ、残りが旅行先で使えるクーポンなどとして提供される。 特定の産業、事業者だけでなく、地域での消費を喚起し、地域経済全体を再活性化させる。 観光目的であれば、1人当たりの利用回数や宿泊数には制限を設けない方向だ。 「Go To Travelキャンペーン」は、旅行需要の落ち込み具合、緊急事態宣言の発令地域などにかかわらず、全国を対象とするが、地域ブロックごとに予算の上限を設けることも検討する可能性がある。 政府のキャンペーンに並行して都道府県などが独自に旅行費用を補助するキャンペーンなどを行うことも可能だ。 今後、キャンペーンの事務局を務める事業者を選定し、具体的な旅行費用補助の仕組みを詰める。

次の

GoToキャンペーン期間はいつからいつまで?詳細の申請方法や購入方法は?

国内 旅行 半額 補助

新型コロナウィルス感染症による自粛で、国内旅行や海外旅行が制限されています。 5月25日に東京、北海道を含めて全国で緊急事態宣言が解除されたものの、未だ県を跨いだ移動が制限されています。 このまま感染者が減少すれば夏には国内旅行ならできるかもしれません。 その制限解除に向けて、政府が出す「Go To キャンペーン」、旅行積立、株主優待などを使ってお得な旅行を計画しましょう。 Go To キャンペーン 2020年度一次補正予算で「Go To キャンペーン」として、約1. 7兆円が計上されました。 このキャンペーンは7月中に始める予定で、飲食店での食事や国内旅行などで使える割引券やクーポン券を配布する予定となっています。 飲食店向けは1人あたり最大1,000円分のポイントが還元される予定です。 国内旅行のキャンペーンは感染拡大を抑えるため、まず住んでいるところと同じ都道府県に限定したうえで、1泊2万円を上限に宿泊料金を割り引いてくれます。 感染拡大することがなければ、県をまたいだ旅行なども対象になっていく予定です。 新型コロナウィルス感染症が収束したら 新型コロナウィルス感染症はまだ収束しておらず、また冬になってから第2派が来ることも予想されます。 海外旅行に安心していけるようになるのは来年以降になるかもしれません。 新型コロナウィルス感染症が収束後にリフレッシュとして旅行に行くために、今から旅行積立、旅行がお得になる株主優待を購入しておいてはいかがでしょう? 旅行積立は、旅行会社などの旅行積立を毎月一定金額を積み立て、その旅行会社で旅行ツアーを購入することを条件に、一定利率高い利息がつきます。 また、株主優待は、飛行機や鉄道などを運営する会社の株を買い株主になることで、その会社の商品の優待を受けられる制度です。 株主優待を得るためには、いつ買っても得られるわけではなく、株主優待を得られる権利月の 権利付最終日までに購入しないと、直近の株主優待の権利を得られません。 数え方が分からなくても、証券会社の株主優待カレンダー、権利付最終日を確認すれば、いつ買えばよいかわかります。 旅行積立、株主優待をご紹介 旅行積立の金利は、積立回数、預入期間などにより金利が変わります。 平均1年ぐらいを目標に積み立てていきます。 75% ・日本旅行 年利最大1. 75% ・近畿日本ツーリスト 年利最大2% ・HIS 年利最大1% ・JAL 年利最大3% JALカードで積み立ても可能で、JALカードの決済で同時にマイルを付与されます。 ・ANA 年利最大3% ANAカードで積み立ても可能で、ANAカードの決済で同時にマイルを付与されます。 株主優待は株式を購入するため、元本保証がありません。 新型コロナウィルス感染症の影響で旅行関係の株式は大きく値下がりしたため、値上がり益も狙えるかもしれません。 最低投資金額 約22万円 ・ANAホールディングス(9201))権利月3月末、9月末 国内線片道1区間株主優待割引運賃で利用できる株主優待割引券。 ANAグループのホテルやツアーで使える優待券。 株数に応じて受け取れる株主優待割引券の枚数が増える。 最低投資金額約27万円。 ・エイチ・アイ・エス(9603)権利月10月末、4月末 H. Sの旅行商品(12,000円以上)に使える株主優待券、100株で2,000円相当。 ハウステンボス、ラグーナテンボスの入場割引券。 ・東海旅客鉄道(9022)権利月3月末 JR東海(新幹線、在来線)で使える割引券で、1枚10%割引券として使える。 最低投資金額189万円。 海外旅行はまだまだ先かも。 マイルをコツコツ貯める方法 現在海外では新型コロナウィルス感染症が収束しておらず、新興国に広がりを見せ、さらに第2派がくることも予想されています。 まだまだ、海外への旅行に安心していくのは難しいかもしれませんが、海外旅行に向けてマイルをコツコツ貯めるのもお得に旅行できる方法の一つです。 日本の航空会社では、JAL(日本航空)のJALマイルとANA(全日本空輸)のANAマイルがあります。 マイルとは、飛行機に乗った距離によりポイントのようにマイルが貯まり、貯まったマイルは無料の航空券に交換することができます。 マイルには、有効期限があり、JALとANAともに、有効期限が獲得月から36ヶ月(3年)の月末となるため、注意が必要です。 JALもしくはANAのマイレージプログラムにまず入会し(無料・入会費無料)、JALならお得意様番号、ANAならお客様番号が発行され、搭乗する際や搭乗前に登録しておくと飛行距離によってマイルが貯まります。 飛行機を利用しなくても以下の方法で貯めることができます。 1. マイルカード提示で貯まる マイルカードを提示するだけで貯まる実店舗があり、レジで提示することにより貯まる。 2. ポイントサイトで貯める ポイントサイトとは、サイトでアンケートに答えたり、サイト経由でネットショッピングをしたり、指定の店舗に飲食等をしてアンケートに答えるとポイントを受け取ることができる。 例えば、「Pex POINT EXCHANGE」「ECナビ」「ハピタス」などがある。 貯めたポイントをマイルに交換することができる。 3. 他社ポイントをマイルに交換する 楽天市場やYAHOO!ショッピング、クレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換することができる。 また、自己所有のクレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換することもできる。 普段のクレジットカード決済利用が多いなら、航空会社のクレジットカードが一番マイルを貯めやすい。 4. 航空会社のクレジットカードで貯める ANAやJALが発行しているクレジットカードなら100円利用ごとに0. 5マイル貯まる。 ゴールドカードなどの上級カードだと100円利用ごとに1マイル貯めることができる。 JALは上級カードでなくてもカード年会費とは別で追加の年会費を支払って「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すると100円利用ごとに1マイル貯めることができる。 ただし、上級カードや「ショッピングマイル・プレミアム」の年会費は高いので、支払ってでもお得かどうか比較した方がよい。 収束に向けて旅行計画を立てよう 自粛生活でストレスがたまっているなら、収束後の旅行計画を立てることでリフレッシュできますよ。 株主優待やマイルなど期限があるものについて自粛中は、期限が延長されています。 実際に旅行をする際には、新型コロナウィルス感染症の感染者の状況、政府の自粛や制限などによる情報を確認してから外出しましょう。 文/大堀貴子 フリーライターとしてマネージャンルの記事を得意とする。

次の