緊急事態宣言。 「緊急事態宣言」で知っておくべき12のこと

緊急事態宣言、39県で解除。「新たな日常のスタート」

緊急事態宣言

国民の皆様へ ~まん延を防止するために~• ・日常生活や職場では、人混みや近距離での会話、多数の者が集まり室内において大きな声を出すことや歌うこと、密接した状況で呼気が激しくなるような運動を行うことを避けましょう。 ・感染防止のためには、できる限り頻繁に石けんを使って手洗いして下さい。 ・咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、室内の換気にも気を付けて下さい。 ご留意ください。 人口が多いエリアであっても、外出の自粛によって接触量は低くなります。 ご利用に当たっては次の事項にご注意ください。 ・個人情報は入力しないでください。 ・このチャットボットは、AI(人工知能)を活用したシステムによる自動応答です。 有人によるチャットではありません。 ・関連する全ての質問に対応しているわけではありません。 主に厚生労働省、文部科学省、経済産業省、総務省、法務省、内閣官房のホームページに公表されているQ&Aをもとに構築しており、順次、問い合わせの多い質問への回答を準備しておりますのでご了承ください。 ・なお、このチャットボットによる回答はデータベース構築時点の情報であり、更新状況によりさらに新たな情報が取りまとめられている可能性があります。 最新の状況や詳細については、インターネット等でご参照いただければ幸いです。 ・現在、精度向上のため試験運用を行っています。 質問の意図をAIが認識しない場合には、表現を変えて再度入力してください。 ・チャットボットの回答精度の向上や機能改善を目的として、利用履歴(入力された質問及び表示された回答)を記録しています。 内閣官房は以下の目的でこれらの情報を利用します。 ・内閣官房のホームページの利用規約、免責事項、著作権に関する事項が適用されます。 同意して始める.

次の

緊急事態宣言の最新状況|新型コロナ|NHK

緊急事態宣言

新型コロナウイルスの感染爆発を食い止めるため、政府は16日、私権制限を含む緊急事態宣言について、7都府県だった対象地域を全国に拡大した。 期間は5月6日まで。 安倍晋三首相は首相官邸で開かれた政府対策本部の会議で「ゴールデンウイークの人の移動を最小化する」と決定理由を説明した。 17日に記者会見し、国民に理解と協力を呼び掛ける。 首相は会議で、北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都の6道府県で新型コロナのまん延が進み、他の県でも人の移動による感染拡大が見られると指摘。 「最低7割、極力8割の接触削減を何としても実現する」と述べ、不要不急の帰省や旅行を絶対に避けるよう呼び掛けた。 都道府県知事に対し、観光施設の入場制限などの検討も促した。 政府は6道府県に、当初から対象とした埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を加えた13都道府県を、感染拡大防止の取り組みを重点的に進める「特定警戒都道府県」に指定した。 会議に先立って、感染症専門家らでつくる基本的対処方針等諮問委員会は政府の方針を了承。 西村康稔経済再生担当相は衆参両院の議院運営委員会で対象地域拡大を事前報告した。 政府は今月7日、7都府県に緊急事態宣言を発令。 しかし、他の自治体でも感染は深刻で、追加指定を求める動きが出ていた。 政府内には経済的打撃が大きいとして全国への拡大には慎重論があったが、感染爆発への危機感から首相が決断した。 2020年度補正予算案を国会提出直前に組み替えるという異例の対応に踏み切るに当たり、「異例な状況」を演出する狙いもあったとみられる。 自民党の森山裕国対委員長は「地域が拡大されると、補正予算そのものも変わってくる」と記者団に語った。 緊急事態宣言は3月に成立した改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく措置。 対象拡大により、47都道府県知事が住民に外出自粛を要請したり、施設・店舗の休業やイベントの中止を要請・指示したりできるようになる。 特定物資を隠すなどすれば、6カ月以下の懲役などの罰則が科される。

次の

緊急事態宣言は「壮大な空振り」だった 新型コロナの感染はなぜ3月末にピークアウトしたのか(1/3)

緊急事態宣言

2)事前に感染症に関する専門家ら「諮問委員会」にはかり、その意見を踏まえて緊急措置を 実施すべき期間(2年を超えない期間。 ただし1年延長可能) 、区域、緊急事態の概要(患者が確認された地域、患者数等、ウイルスの病原性、症状、感染拡大を防ぐために必要な情報など)を定める。 3)緊急事態宣言の発令を国会に報告し、公示しなければならない。 「緊急事態宣言」は「ロックダウン」と同じ? 日本では「緊急事態宣言」とともに「ロックダウン(都市封鎖)」という強い言葉が独り歩きしているが、ヨーロッパなどで見られる 戒厳令のような「ロックダウン」とは異なる。 は、以下のような見解を示している。 欧米におけるロックダウンのように強制的に罰則を伴う都市の閉鎖は生じません。 特措法に基づき、都道府県知事により外出自粛要請、施設の使用制限に係る要請・指示・公表等ができるようになります。 そもそも、日本の現行法では「ロックダウン」の定義について定められていない。 日本の「緊急事態宣言」には罰則を伴う外出禁止命令や強制力をもって交通機関をストップさせるような都市封鎖を実施できる規定はない。 イギリスの行動制限等の現状について(4月1日現在) 厚生労働省 一方、諸外国をみると、例えばやでは買い出しや散歩、医療上の理由、必要不可欠な出勤以外の外出が原則禁止され、ドイツでも連邦政府が外出自粛などの。 ノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州など一部の州では違反者に。 イタリアでは鉄道の運行停止、移動制限や必要不可欠な部門以外の生産活動を停止しており、こうした措置を。 公共の場所での2人以上の集会を禁止し、もある。 アメリカでは連邦政府が3月13日に非常事態宣言を発出。 10人以上の会合やレストラン等での食事、不要不急の旅行を避ける等の大統領ガイドラインが出された。 ニューヨーク州では一部を除き。 特措法45条の2:特定都道府県知事は(中略) 学校、社会福祉施設(通所または短期間の入所により利用されるものに限る)、 興行場、その他の政令で定める 多数の者が利用する施設を管理する者又は当該施設を使用して 催物を開催する者に対し、当該施設の 使用の制限若しくは停止または 催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう 要請することができる。 イベントはどうなるの? 特措法45条の2に基づき、 都道府県知事はイベント開催の中止などを「要請」することができる。 また、正当な理由がないのに施設管理者やイベント主催者が「要請」に応じないときは、都道府県知事が必要があると認めるときに限り、中止を「指示」することができる。 「要請」や「指示」をした場合、都道府県知事はその旨を公表しなければならない。 ただ、この場合 「要請」「指示」に応じなかった場合の罰則はない。 特措法49条に基づき、都道府県知事は 臨時の医療施設を開設するために土地・建物を使用できる。 所有者の 同意が得られない場合は強制的に「収用」できる。 特措法55条に基づき、企業などに医薬品や食品など物資の売り渡しを「要請」できる。 所有者の同意が得られない場合は強制的に「収用」できる。 また、物資の保管を「命令」することができる。 Q11. 「要請」「指示」に応じなかった場合、罰則はないの? 特措法の中で罰則が定められているのは、以下の 2つだけだ。 ・ 命令に従わず物資を隠したり、廃棄、搬出などをした場合。 特措法76条 第55条第3項の規定による特定都道府県知事の命令又は同条第4項の規定による指定行政機関の長若しくは指定地方行政機関の長の命令に従わず、特定物資を隠匿し、損壊し、廃棄し、又は搬出した者は、 6月以下の懲役または30万円以下の罰金に処する。 ・ 物資の保管場所の立ち入り検査を拒否したり、妨害、虚偽報告などをした場合 緊急事態宣言による「要請」「指示」を受けて企業が休業したり、イベントが中止になった場合でも、その補償について定められてはいない。 緊急事態宣言による「要請」「指示」を受けて企業が休業したり、イベントが中止になった場合の補償についても定められていない。 営業停止を求められた事業者などへの損失補てんについて、 安倍首相は7日の衆院議院運営委員会で「現実的でない」と否定。 飲食店に物品を納入する業者と飲食店を例にあげて「自粛養成している人(飲食店)に限って補てんするのはバランスを欠く」との見解を述べた。 労働者の場合はどうか。 ただ、緊急事態宣言に基づく休業が「使用者の責任」になるかどうか不透明だという声がある。 労働者の権利擁護に取り組む弁護士団体「日本労働弁護団」は、 「国や地方自治体から自粛の要請を受けたということを理由にしたとしても、 会社が労働者に労務を提供させることが可能であるのに、自らの判断によって休みにする場合には『使用者の責めに帰すべき事由』(民法条項)があるものと考えられます」と。 その上で「労働者としては、会社に対して、就労させるよう求め、賃金全額の支払いを求めましょう」と呼びかけている。 日本労働弁護団の東京本部では、毎週月・火・木の 15~ 18時、土の13時~16時にに応じている。 電話番号は03-3251-5363。

次の