プライスレス ドラマ ネタバレ。 ドラマ「PRICELESS」: えんためニュース

ドラマ「プライスレス」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

プライスレス ドラマ ネタバレ

木村拓哉が出演するフジテレビの月9ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第3話「1万円のラーメン」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。 第2話のあらすじは「」をご覧ください。 原作や主題歌については『』をご覧ください。 これをくれればな」と取引した。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は喜んで注文するが、金田一二三男(木村拓哉)は店の隅に貼っていた古い求人募集を見ると、「食いもんはいいので、俺を雇ってください」と頼んだ。 佐倉辰彦(木村祐一)は「剥がし忘れだ」と断ったが、金田一二三男(木村拓哉)は戦国フィギア山中鹿介幸盛の首が取ると脅し、中華料理店「青春軒」でアルバイトに雇うように頼んだ。 無事に金田一二三男(木村拓哉)は中華料理店「青春軒」でアルバイトすることになり、アパート「幸福荘」に戻る。 会社を解雇され、会社の寮を追い出された二階堂彩矢(香里奈)はアパート「幸福荘」で泊まることにしていたが、もう部屋が空いていないため、金田一二三男(木村拓哉)の部屋に泊まることになってしまった。 鞠丘一厘(夏木マリ)は二階堂彩矢(香里奈)にウエットティッシュを渡す。 アパート「幸福荘」にはお風呂が無いため、ウエットティッシュで体を拭くのだという。 翌日、金田一二三男(木村拓哉)は中華料理店「青春軒」でアルバイトを始めた。 昼になり、金田一二三男(木村拓哉)は、佐倉辰彦(木村祐一)が作ったまかないのラーメンを食べるが、ラーメンは不味かった。 昼時なのに客は来ず、金田一二三男(木村拓哉)が「お客さんが来ないですね」と尋ねると、佐倉辰彦(木村祐一)は「いつもこんなもんだ」と答える。 金田一二三男(木村拓哉)は店の外に出て周辺の様子をうかがうと、近くに行列が出来ているラーメン店があった。 金田一二三男(木村拓哉)は行列に並んでいる客に、「青春軒なら直ぐに入れますよ」と声をかけると、客は「あそこは駄目だ。 昔は美味かったが、今はおやっさんがやる気が無い」と答えた。 店にも戻った金田一二三男(木村拓哉)は「どうせなら美味いラーメンを作りましょうよ」と提案したが、佐倉辰彦(木村祐一)は「金が貰えれば同じだ」と言い、全くやる気を示さず、その日は途中で店を閉めてしまった。 金田一二三男(木村拓哉)は「明日は本気のラーメンを作ってください。 客は俺が連れて来ますから」と頼んだ。 一方、二階堂彩矢(香里奈)がアパート「幸福荘」に帰宅すると、路上アイドル富沢萌(小嶋陽菜)が食堂で脳内コンサートを開いた。 富沢萌(小嶋陽菜)は二階堂彩矢(香里奈)を見ると、路上アイドルを一緒にやろうと勧誘した。 その後、二階堂彩矢(香里奈)が路上アイドルの衣装を着て、廊下で踊っていると、金田一二三男(木村拓哉)らが帰ってきた。 路上アイドルの格好をした二階堂彩矢(香里奈)を見た金田一二三男(木村拓哉)は、二階堂彩矢(香里奈)に「手伝って欲しいことがあるんだけど」と言い、路上アイドルの格好で中華料理店「青春軒」のビラ配るように頼んだ。 翌日の朝、金田一二三男(木村拓哉)が駅前でビラを配っていると、口止めと引き替えに統括本部長に出世した模合謙吾(中井貴一)と出会った。 模合謙吾(中井貴一)が「何か言いたいことがあるんじゃないか」と尋ねると、金田一二三男(木村拓哉)は「出世、おめでとうございます。 今度、ウチでお祝いさせてください。 お金無いから大したことはできないけど」と出世を祝福した。 その後、中華料理店「青春軒」に出勤した金田一二三男(木村拓哉)は、佐倉辰彦(木村祐一)に「今日は客がドバーっときますから」と胸を叩いたが、昼になっても全く客は来なかった。 一方、模合謙吾(中井貴一)は社長・屋敷統一郎(藤木直人)に連れられ取引先へ向かう。 取引先は先代の時から取引をしている得意先だが、屋敷統一郎(藤木直人)は「今年に入ってから御社の業績は落ちています。 経営に不安がある会社と取引を継続するのはリスクがある」と言い、取引の打ち切りを告げた。 取引先の社長は、土下座をして「どんな条件でも飲みますから」とすがったが、屋敷統一郎(藤木直人)は社長を無視して取引先の会社を出た。 一方、二階堂彩矢(香里奈)が帰宅すると、アパート「幸福荘」の様子をうかがっていた不審な女性・広瀬瑤子(蓮佛美沙子)に「ここに金田一さん(木村拓哉)は住んでますか?」と尋ねられた。 二階堂彩矢(香里奈)は「はい。 元々、同じ会社で、あいつのせいで、私までここに住む羽目になって、今では同じ部屋で住んでます」と話す。 二階堂彩矢(香里奈)が「貴女は?」と尋ねると、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は「彼女です」と答えて走り去ってしまった。 「」へ続く。

次の

ドラマ「PRICELESS」: えんためニュース

プライスレス ドラマ ネタバレ

木村拓哉が主演するフジテレビのミラクル魔法瓶ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第1話「はじめての貧乏…500円稼ぐって難しい」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。 プライスレスの原作や主題歌については『」をご覧ください。 その、大屋敷巌(中村敦夫)は死に際に、息子の屋敷統一郎(藤木直人)に何かを耳打ちしていた。 病院を出た屋敷統一郎(藤木直人)は、専務の財前修(イッセー尾形)に、「金田一二三男(木村拓哉)という男を知っていますか?」と尋ねた。 財前修(イッセー尾形)は「うちの企画営業部の課長ですね。 取るに足らない男だと思いますよ。 同期では出世は遅れているようです。 人当たりは良いので後輩には好かれているようです。 あと、草野球チームに所属しています」と教えた。 その日、「ミラクル魔法瓶」の営業・金田一二三男(木村拓哉)は、榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)の搬入ミスを謝罪するため、取引先を訪れる。 金田一二三男(木村拓哉)は、「お金は気持ちよく使わないと意味が無い」という楽天家で、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)ともつきあい始めて、ノリ乗っている男だった。 金田一二三男(木村拓哉)は取引先の部長に土下座して、「申し訳ございませんでした。 タダとは言いません。 別件で商談を進めているクーラーボックスの方も、お値引きさせて頂きます」と、頭を下げる。 取引先の部長は「まったく、金田一君くらいだよ。 謝罪に来て別の商品を進めちゃうなんて」と笑うと、金田一二三男(木村拓哉)は「よかったら使ってください」と言い、釣りの「ヘラ浮き」を差し出した。 「ヘラ浮き」を受け取った取引先の部長は、「これは、君が作ったのか」と言って喜んだ。 謝罪に出向いたはずだが、蓋を開けてみると、金田一二三男(木村拓哉)は商談を成立させていた。 取引先の会社を出ると、榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)は「部長が釣り好きだなんて知ってたんですか?」と驚く。 金田一二三男(木村拓哉)は「本棚に釣りの本があっただろ」と教える。 2人が自販機でジュースを買って飲んでいると、空き缶を集める浮浪者が通りかかった。 金田一二三男(木村拓哉)は「あれって儲かるんだろうか」と噂した。 ある日の夜、金田一二三男(木村拓哉)が彼女・広瀬瑤子(蓮佛美沙子)をタクシーに乗せて別れると、道路で泣いている少年2人組を見かけた。 金田一二三男(木村拓哉)が理由を尋ねると、少年・鞠丘貫太(前田旺志郎)は「母親の病院へ行こうとしたが、弟が財布を落としてしまったんです」と答えた。 金田一二三男(木村拓哉)は「いくらだ」と尋ねると、少年・鞠丘貫太(前田旺志郎)は「300円です。 でも、ウチは貧乏だから、借りても返せない」と言う。 すると、金田一二三男(木村拓哉)は「いいから」と言い、500円玉を少年・鞠丘貫太(前田旺志郎)に握らせた。 翌日、金田一二三男(木村拓哉)が出社すると、みんなの反応がいつもと違う。 パソコンを使って仕事をしようとするが、パソコンにロックがかかっている。 そこへ、上司の模合謙吾(中井貴一)がやってきた。 金田一二三男(木村拓哉)は何故か査問会議にかけられ、会社の情報を横流ししたという罪で懲戒解雇を言い渡された。 USBやPCにも証拠が残っているのだという。 査問会議が終わると、金田一二三男(木村拓哉)は上司の模合謙吾(中井貴一)に無実を訴えたが、他の社員と口論になり、警備員に取り押さえられてしまう。 その後、模合謙吾(中井貴一)は専務の財前修(イッセー尾形)に、金田一二三男(木村拓哉)の無実を訴える。 しかし、財前修(イッセー尾形)に「1年間調査した結果だ。 情報流出が未然に防げたからいいようなものを、本来なら直属の上司である貴方も処分されているところですよ」と圧力を受け、模合謙吾(中井貴一)は引き下がってしまった。 その日の夜、会社をクビになった金田一二三男(木村拓哉)が帰宅するが、マンションに入る直前で、部屋がガス爆発を起こして燃えてしまった。 翌日、宿無しになった金田一二三男(木村拓哉)はATMでお金を下ろそうとするが、残高は30円だった。 財布の中には1000円札と小銭しかない。 今後の事を考えながら町をさまよっていると、橋のところで、携帯電話に着信がある。 電話は後輩の榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)からだった。 榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)は「先輩、会社で凄い噂になっていますよ。 横領したとか、ガス自殺を図ろうとしたとか」と話していると、金田一二三男(木村拓哉)は後ろから来た自転車とぶつかり、携帯電話を川に落としてしまった。 金田一二三男(木村拓哉)は仕方なく、行きつけの飲み屋「キングス・コート」へ行き、ハンバーガーを注文する。 すると、マスターの藤沢健(升毅)は「あれ、届いてるよ」と言い、金田一二三男(木村拓哉)が注文していた「金閣七味」を差し出した。 金閣七味は滅多に手に入らない商品で、1000円もするのだという。 1000円と聞いた金田一二三男(木村拓哉)は驚き、注文したハンバーガーをキャンセルし、金閣七味の代金1000円をマスターの藤沢健(升毅)に払う。 その日の夜、行き場の無い金田一二三男(木村拓哉)が公園で野宿していると、ホームレスが「ほら、かけ布団。 朝方はもっと冷える。 死なれたら、こっちが迷惑だ」と言い、段ボールを1枚くれた。 段ボールのおかげで、一夜をしのいだ金田一二三男(木村拓哉)が、灰皿からタバコの吸い殻を拾って吸っていると、道路で泣いている少年2組に気付いた。 通りかかった女性が「どうしたの?」と泣いている少年に声をかけると、鞠丘貫太(前田旺志郎)が「弟が電車賃を落としちゃって」と言い、女性から300円を受け取る。 女性が立ち去ると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は弟の鞠丘両太(田中奏生)に「もう1回やっとくか」と告げる。 金田一二三男(木村拓哉)は鞠丘貫太(前田旺志郎)らに「また電車賃を落としたのか。 俺の500円を返せ。 会社をクビになって、500円でも貴重なんだ」と迫ると、金田一二三男(木村拓哉)のお腹がグーっと鳴った。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「飯でも行くか」と言い、金田一二三男(木村拓哉)を公園の炊き出しに連れて行く。 金田一二三男(木村拓哉)は「これ全部タダなんですか」と驚きながらも、食事を済ませる。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「飯を食ったら仕事へ行くよ」と言い、公園の隅で食べられる雑草を集める。 金田一二三男(木村拓哉)も草を集めるが、「それは苦い」と注意されてしまう。 さらに、雑草集めが終わると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は「次は風呂だ」と言い、球場に忍び込み、サッカーの試合をしている間に、控え室のシャワーでシャワーを浴びる。 シャワーを浴びてサッパリした金田一二三男(木村拓哉)が「次はタダでビール飲めるところか」と尋ねると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は「あるわけねーだろ、そんなもん」と答えた。 次に金田一二三男(木村拓哉)が連れられていったのは、鞠丘貫太(前田旺志郎)の自宅だった。 自宅は木造のオンボロアパート「幸福荘」だった。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は祖母の鞠丘一厘(夏木マリ)に、公園で採ってきた草を渡し、「行く当てが無くて困ってるんだって」と言い、金田一二三男(木村拓哉)を紹介する。 すると、鞠丘一厘(夏木マリ)は「アンタたち、また人様のお金に手を付けたんだろ」と、鞠丘貫太(前田旺志郎)らを叱り、金田一二三男(木村拓哉)に「迷惑かけたのなら仕方ない。 今日だけ泊まっていきな」と告げた。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「1泊朝食付きで500円はチャラだからな。 それと他の部屋は絶対に開けるな」と注意する。 他の部屋には誰か宿泊しているのだという。 金田一二三男(木村拓哉)を部屋まで案内すると、弟・鞠丘両太(田中奏生)は「もう1度、公園を探しに行ってもいい」と尋ねる。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「またかよ。 今日、無かったら諦めろよ」と言い、2人は公園へ向かった。 『』へ続く。

次の

priceless(プライスレス) 8話 あらすじ: ドラマ・映画の「あらすじ」時々ネタバレ

プライスレス ドラマ ネタバレ

ドラマ好き、です。 よろしくお願いいたします。 1.「PRICELE$S~あるわけねぇだろ、んなもん!」とは 「PRICELE$S~あるわけねぇだろ、んなもん!」とは、 平成24年=2012年に フジテレビ系列で放送されたドラマ作品。 いわゆる 「月9」です。 主演はキムタクこと 木村拓哉(敬称略) 視聴率の高かったドラマなので、ご記憶に新しい方も多いのではないかと思います。 キムタクの後ろ髪もまだ長いっすね。 原作はなく、 古家和尚、 櫻井剛の 共同脚本に、 脚本協力として 岡田道尚のお名前がクレジットされています。 ザ・ローリング・ストーンズ• ロック• ところがある日、社の 内部機密情報漏洩の罪を着せられ解雇、あらぬ疑いに解せぬ表情のまま帰宅すると目の前で 自宅が爆発、 突然ほぼ一文無しのホームレスになってしまいます。 大屋敷と 財前は、その後も執拗なまでに 金田一の前に立ちはだかります。 しかし、 金田一と触れ合う中で一念発起、 社長にたてつきこれまた 解雇。 「お金で買えない価値がある。 買えるものは〇〇カードで」 といった具合。 「PRICELE$S~」のキャッチコピーは、「笑うが、価値。 」だったそうで、常にへこたれない主人公である金田一は「その方が楽しいじゃん」と言う言葉を連発します。 ネタバレですが、最終的には異母兄大屋敷とも和解の大団円ですが、金田一は最後まで次のステップへ進んでいくという形でエンディングを迎えます。 2.のストーリーの中でお伝えしきれなかった「わらしべ長者」具合はというと、 ほとんど金ナシのホームレスとなった金田一は最初の野宿で 段ボールを手に入れます。 そして店長から 屋台をもらい受けます。 もらい受けた屋台で、行きつけのバーで食べていたホットドッグを売ることを思いついた金田一、大成功し、今度はその 権利が売れて一千万というお金を手に入れます。 そして、その 一千万で究極の魔法瓶を作ります。 この「あるわけねぇだろ、んなもん!」という言葉は、劇中にもちょこちょこ出てきます。 私はナゼこのドラマを観ようと思ったのか自分でも不思議なんですが、というのも、主要キャストがあまり好きでない方々だったので💦(失礼💦) しかし、観始めたら止まらず(笑) 元気をもらいましたっけ。 ところが、最初の放送で冒頭部分を見逃していたため、なんで主人公がいきなり不幸のズンドコに陥ったのかがわからなかったんですね。 今回、再放送を知って第一回の冒頭からバッチリ観ることが出来て スッキリ。 いや、ドラマを観ていればイジメの理由はわかるちゃーわかるんですがね(笑) 今期は、新ドラマのスタートが遅れたり、また始まっても途中でお休みになったりで、正直どのドラマも楽しみ~と ワクワクしない状況にあった私。 そんな中、「PRICELE$S~」の再放送を観始めたことで、 ホントに楽しみにしているドラマはなんなのかということまで気づかされました(オーヴァーなwでも本当) 「PRICELE$S~」の再放送は月曜から金曜の夕方ということで、ほぼ毎日放送中ですが、全国ネットではないようです。 その再放送も第8話まで放送終了、あと2回を残すのみとなりました。 冒頭にも書きましたが、昔のドラマの再放送はうれしい限り、ですが、便利さにすっかり慣れてしまった今日この頃だと、見逃し配信がないことにがっかりしてしまったりもするんですよね~(笑) 自分の好きな、楽しめたドラマは多くの方に観てほしいと思うのが人情?で。 当ブログにお越しくださり、 お読みいただき、 本日もありがとうございました! また、ブックマーク、コメント、シェア、心より感謝申し上げます! クリックで応援いただけるととてもうれしいです。

次の