ポケモン剣盾 耐久ポケモン。 『ポケモン ソード・シールド』対戦で役立つ道具&技マシンの入手場所まとめ【ポケモン剣盾】

鎧の孤島で登場した害悪・耐久ポケを考察!【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 耐久ポケモン

【ポケモン剣盾】ブルンゲルの育成論と対策【剣盾で超強化!高耐久派?高火力派?】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はブルンゲルの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ブルンゲルの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ブルンゲルの特徴1】特殊高耐久ポケモン ブルンゲルはHP種族値100、特防種族値105もあるので特殊方面に硬いポケモンです。 反面防御種族値は70とそこまで高くはないものの、相手の攻撃を下げる手段が豊富なのでステータスのバランスは無駄がないポケモンだといえるでしょう。 攻撃方面でいうと特攻種族値は85となっており、そのままでは強くはないものの特化すれば意表をついたアタッカーとして活躍することもでき、超火力技のしおふきも覚えるので特防の低い相手や弱点をつける相手であれば2体以上を持っていくポテンシャルはあります。 【ブルンゲルの特徴2】遺伝技:ちからをすいとる ブルンゲルはガラルサニーゴと同じく、今作の強力な回復技であるちからをすいとるを遺伝技で覚えます。 ブルンゲルの特殊耐久はもともと高めのため、物理相手でもちからをすいとるで弱体化することで突破不可能にできます。 また、鬼火も覚えるので弱体化前の最初の1発を耐えることができれば火傷の継続ダメージで倒すこともできるでしょう。 【ブルンゲルの特徴3】水ゴーストというタイプ ブルンゲルは環境で通りのいい技の多くを無効・半減で受けられる水・ゴーストタイプです。 悪・ゴースト技は抜群を取られてしまうのでそこに注意すれば受け出しもしやすいポケモンだといえるでしょう。 【ブルンゲルの特徴4】特性ちょすい・のろわれボディ ブルンゲルの通常特性はちょすい・のろわれボディとなっており、どちらも優秀な特性です。 のろわれボディなら相手の役割破壊技を封じる可能性が持てますし、ちょすいなら水技に対して受け出ししやすくなります。 ウオノラゴンやギャラドスなど強力な水タイプのポケモンがいるので、そうしたポケモン対策になるでしょう。 ブルンゲルの育成論と戦い方 一般的には耐久型で育成しますが、稀に不意打ち的なアタッカー型も存在します。 【ブルンゲルの育成論】物理受けブルンゲル• 特性:ちょすい・のろわれボディ• 個体値:A抜け5V• もちもの:回復実・半減実• わざ:ちからをすいとる・おにび・たたりめ・こごえるかぜ 特徴 ちからをすいとるを活かして物理受けを担当するブルンゲルです。 剣の舞によって無理やり突破してこようとする相手には鬼火祟り目で対抗しますが、相手に剣の舞がない場合はたいてい交代してくるのでこごえるかぜで後続に負担をかけましょう。 物理受けといってももともと特殊耐久は高いので、1〜2発くらいは耐えます。 ガラルサニーゴと違って進化の輝石をもたせる必要がないのでゴースト対面でもちからをすいとりやすい。 相手の選出率が高いポケモンに当てられると勝率も上がりやすいでしょう。 やけどするかどうかが運ゲーにはなりますが熱湯もあり。 トゲキッスなどが出てきてダイジェットしてきても、交代先のポケモンが上から殴れる可能性が出てきます。 基本的に何もできない不利対面のため超呼ぶサザンドラを意識する場合はマジカルシャインを採用すると、ダイフェアリーならブルンゲルで確実にサザンドラ1体を確定1発で持っていけるのでそれもありです。 (普通のマジカルシャインだと確定1は取れません。 特化C252マジカルシャインで丁度無振りサザンドラ確定1です。 ) 耐久ブルンゲルを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ブルンゲルの対策 他の受けポケモン同様上からちょうはつが便利です。 ブルンゲルはアタッカーがいるといっても基本は物理受け型なので挑発が決まることは多く、これによって機能停止しやすいです。 ギャラドスは物理型ですが、挑発もパワーウィップも覚えるので対面からならブルンゲルに勝ちやすいポケモンです。 特殊アタッカーで対策するのもいいでしょう。 サザンドラ• トゲキッス• ロトム• etc… ブルンゲルが使うちからをすいとるや鬼火があまり効果がないので効果的です。 ただ、特にサザンドラは役割破壊対象としてマークされていることがあるのでダイマックスする前提で選出するのがおすすめです。 (ダイマックスしない場合はあくのはどうを受けられてダイフェアリーで落とされます。 ) まとめ:【ポケモン剣盾】ブルンゲルの育成論と対策【剣盾で超強化!高耐久派?高火力派?】 いかがでしたでしょうか。 ブルンゲルはちからをすいとるで強化されたポケモンで使ってみると結構強いです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】

ポケモン剣盾 耐久ポケモン

これらのポケモンは、「セキタンザン」が苦手とするタイプの技を攻撃技にしていることが多く、「じゃくてんほけん」を簡単に発動させることができます。 なお「じょうききかん」を発動できると、最速ドラパルト 素早さ実数値213 まで抜くことが出来るため、倒したい相手を倒した後も先手を取って相手のHPを削ることができます。 素早さは基本的な物理受けトリトドンの素早さ59を抜けるようにしているため、トリトドンやヌオーに対しては後出しで「セキタンザン」を出した後、先制で「ダイソウゲン」を放ち倒すことができます。 相手のHPを削ることも出来るため、ダメージを蓄積しつつ戦うことが可能です。 岩技が専用技である「キョダイフンセキ」になり、効果が天候変化ではなくターン終了時にダメージを与えるものに代わります。 岩タイプに対してはダメージを与えられないもののダメージ量が大きく、相手の後続へ負担を与えることもできます。 使用後特攻が下がるため、もえつきるで炎タイプの消失が嫌な場合に。 もえつきるやオーバーヒートと異なり大きなデメリットはないものの威力が低め。 特攻低下や炎タイプ消失がない代わりに命中が不安定な高火力技。 セキタンザンの役割と立ち回り 高耐久の鈍足ポケモン 「セキタンザン」はHP・防御・特防が高い、耐久力のあるポケモンです。 攻撃・特攻どちらのステータスも低くないため、パーティや倒したい相手に合わせて攻撃方法を決める事ができる、相手の攻撃を耐えて反撃するタイプのポケモンと言えます。 耐久力をどう活かすかが重要 「セキタンザン」は水や地面の技が4倍弱点のため、大ダメージを受ける機会が多いポケモンです。 しかし耐久力があるおかげでダイマックスとの相性がよく、「じゃくてんほけん」による火力強化を利用しやすいという点もあります。 キョダイマックス時の専用技である「キョダイフンセキ」も使いやすい効果のため、高い耐久力を活かす立ち回りが重要になります。 セキタンザンの対策 4倍弱点の高火力で押し切る 「セキタンザン」は耐久力はあるものの、 ダイマックスしていない状態ではアタッカーの4倍弱点である水・地面技を耐えません。 ダイマックスした場合はギリギリ耐えられてしまいますが、HPは残りわずかのため倒しきれる事が多いです。 セキタンザンの覚える技に有利なタイプのポケモンであれば、耐えられた場合でも自分が倒されずに済み、押し切ることができます。

次の

【ポケモン剣盾】色違い図鑑一覧・確率上げる方法・孵化厳選【鎧の孤島】

ポケモン剣盾 耐久ポケモン

耐久アタッカー型のポケモンは、ただHPに252振ればいいのか? 貴方は、ポケモンを育てる時、火力と耐久の半々に努力値を振る場合、 「攻撃か特攻に252振って、残りはHPに252振ればいい!」なんて思ってないだろうか? 今回は、ポケモンの努力値 基礎ポイント 振りに役立つ話題を提供しよう。 ちょっと数学(算数)のお話もあるが、授業中に寝てしまうタイプの人にも親切に書いたつもりだ。 いや、本当に寝るタイプの人は3行目で寝てるから、この行に書いてあることすらもう読んでいないか……。 さて、本題だ。 最初に例を挙げた話に戻そう。 耐久振りのアタッカーは、ただHPに振ればいいのか、という話だね。 もちろん、それでOKな場合もあるが、育てているポケモンによっては、無駄な振り方をしている可能性もある。 「耐久指数」というものを理解していないとね。 耐久指数って何なのそれ? 耐久指数なんて四字熟語を見ると、いかにも難しそう、と国語が苦手な人は引いてしまうかもしれない。 だが、そんなに難しいことではない。 耐久指数が高ければ高いほどそのポケモンは堅い、ということになる。 かけるのが防御なら 物理耐久指数、特防なら 特殊耐久指数である。 それでは、限られた努力値をHPと防御または特防に振り分ける場合、どうすれば耐久指数が高くなり、堅くなるのだろうか。 次の「なんちゃって数学」問題を解いてみよう。 【数学っぽい問題】 a,bをそれぞれ自然数とする。 少し考えてみよう。 次点で、11と9。 そして最小は19と1。 2つの自然数の大きさが等しい時、その積は最大になる。 証明はめんどくさいからやらない。 私も、数学は得意じゃないし 上の問題を見てまだピンと来ない人のために説明しよう。 「何故、突然数学の講義が始まったんだ?」と思ったかもしれない。 実際、ポケモンバトルは数学が役に立つ。 でも、簡単な話なのでリラックスして読んでほしい。 要するに、ポケモンの努力値と種族値の総和も常に一定である。 つまり、 HPと防御 特防 の和が一定ならば、差が小さければ小さい程、耐久も高くなる。 ということを、覚えておけばいい。 ただ、全ての努力値をHPと防御、またはHPと特防に振る場合は、関係ない。 何も考えずに特化させればいい。 今回のテーマは、あくまで火力と耐久の半々に振るケースだ。 素早さと耐久の半々でもいい。 耐久アタッカー、努力値振りの実践例。 ランターンの場合 例えばランターン。 この愛らしい深海魚 何故か浅瀬に住んでる も、基本はHPに振らないタイプのポケモンだ。 ランターン種族値: H125-A58-B58-C76-D76-S67 個体値が全てV 最大 の時、レベル50ランターン実数値 努力値、性格補正なし H200-A78-B78-C96-D96-S87 ランターンは見ての通り、HPが高い。 そして基本的に火力不足故に、特攻に補正をかけて252振らなければいけない。 では残りは補正なしの256。 どう振ればいいだろうか?面倒だから、素早さに4振って、残りは 252として考えよう。 1.HPに252振った場合。 実数値はH232-B78-D96。 この場合、物理耐久指数は18,096で、特殊耐久指数は22,272となる。 2.防御と特防に124ずつ振り、HPに4振った場合。 実数値はH201-B94-D112。 物理耐久指数は18,894、特殊耐久指数は22,512となった。 その差はわずかではあるものの、物理、特殊ともにHP252振りよりも堅くなっている。 ダイマックスと耐久指数 剣盾にはダイマックスが登場し、耐久の調整はよりややこしくなった……とお思いの方もいるだろう。 実は、そんなことはない。 ダイマックスすれば、単純に耐久指数も2倍になるからだ。 HP200 防御100 とHP100 防御200 のポケモンがいたとして、どちらも耐久指数は20,000。 これがダイマックスすれば、 HP400 防御100 とHP200 防御200 でどちらも耐久指数は40,000。 ただ2倍になるだけだ。 むしろダイマックスと耐久指数の関係で大事なのは、元々の耐久指数が高いポケモン程、ダイマックス時の耐久指数が高くなるという点か。 定数ダメージという面倒な問題 ダイマックスよりも厄介で面倒なのは、定数ダメージだ。 つまり毒や天候とかで、HPの8分の1とか16分の1が削られるなどの、各種ダメージのことを指す。 これらは、防御・特防の高さを無視するため、HPのみで計算をする必要がある。 HPを16の倍数から1を引いた数 16n-1 にしておけば、もうどく、やけど、天候ダメージが最小になる。 これこそが最も美しいのだ、と唱える人もいる。 彼らは16n-1調整に、まるでダヴィンチのアートのような芸術性を感じとっている。 確かに美しい調整だとは思うが、これが実際のポケモンバトルで、どれ程の勝率の違いを生み出すのかは、誰もよく分かっていないのが実際のところである。 かくいう私も、半ば妄信的に"HPは奇数にせよ"という教えを信じてはいるが、そのおかげで勝てた試合があったか、と聞かれれば答えに詰まる。 まだみがわりの試行回数を増やせる4n+1調整とかは、わかりやすいけどね。 結論・まとめ• HPの種族値が高いポケモンを耐久アタッカー型などにする場合、努力値は防御か特防に振った方がより堅くなる。 理想はHP=防御、またはHP=特防という調整。 ただし、定数ダメージを考慮に入れる場合、その限りではない。 はい、長い文章が嫌な人は、ここだけよく読んで覚えよう。 yasuokaden.

次の