ヘラクレス 悪役。 ディズニーの実写版『ヘラクレス』、ネットで妄想のキャストリストが公開され大盛り上がり! 主人公ヘラクレスを演じてほしいのはあの人気若手俳優…?

ディズニーの悪役についてあなたが知らない12のこと

ヘラクレス 悪役

これまでで友だちにしたい、酒を酌み交わしたいと思った悪役は『アラジン』のジャファー一人。 『美女と野獣』のガストンは時代の価値観を代表する男であったが、あまりにも不愉快な野郎だったのでさっさと谷底に突き落としたい悪役として僕の脳内アーカイブに登録されることとなった。 実はこうしたディズニーヴィランズの他にもチェックが進んでいる悪役もいて、そちらについても近々書こうと思っているのだが、まずは先日視聴した新たな悪役について書きたいと思う。 観た映画は『ヘラクレス』。 悪役は死者の王、ハデスだ。 実はこの映画を、僕は今回初めて観た。 そして僕はまた一人、友だちを得た気がしている。 映画『ヘラクレス』の見所 映画『ヘラクレス』はテンポの良さが心地よい。 ものものしく重厚な神話語りから始まるかと思わせておいて、ミューズたちがノリノリのミュージカルで導入部分を引っ張ってくれる。 シーンのひとつひとつがダラダラせず、お約束の受難のシーンなんかもサッと始まってスッと引くので、心が疲れた僕にも優しい作りになっていた。 驚かされたのは、ヒロイン・メグの魅力だ。 艶やかさと純真さ、強さと儚さを兼ね備えた最強のヒロインに見える。 水辺の怪物に物怖じしない胆力と、裏でハデスと通じているミステリアスさを見せてきたかと思ったら、実は昔恋した男のためにハデスに魂まで売ったのに男に裏切られて心を閉ざしているとか、「人間は馬鹿なことをするものよ、恋をするとね」みたいな台詞を言うとか、ああー、すごいぞこのヒロイン! いろいろとてんこ盛りすぎて恋をしてしまいそうだ。 ディズニーの『ヘラクレス』を脳内の正史にするためにギリシャ神話を金輪際復習したくないレベルだ。 いろいろと他にもフィルとかハデスの愉快な手下たちとか書くこともあるのだが、文章力と集中力と時間の関係で割愛させていただいて、本題に行こうと思う。 ハデス、一緒にゼウスをぶっ飛ばそう 物語冒頭。 ヘラクレスが生まれたお祝いの宴の席で、すでに僕のハデスに対するシンパシーは完成した。 ヘラクレス誕生のお祝いムードのなか。 ヘラクレスへの贈り物が一通り済んだところでハデスの登場である。 みなさんはDVDやブルーレイを借りるなりして、このシーンを見ていただきたい。 ハデス登場の瞬間のオリンポスの面々の視線は、あんまりだと思わないだろうか。 表情がハデスに対する嫌悪に満ち満ちている。 彼のファッションセンスが気に入らないのか。 それともお祝いムードに水を差した彼の言葉が気に入らなかったのか。 許してやれよ。 ゼウスの兄弟やぞ。 さんざんにゼウスから迷惑もかけられてるんだから親愛なる憎まれ口くらいに受け取ってやれよ。 冥府の王だけど、決め方くじ引きだぞ。 せめて神として普通に迎えてやれよ。 しかしゼウスは、ハデスを明るく迎え入れる。 息子の口に得体のしれないガイコツおしゃぶりをくわえさせようとして逆に指を握りつぶされた彼と肩を組み、「みんなと一緒に祝えよ」と言うゼウスに、ハデスはこう返す。 「皆さんみたいに暇じゃないんだ。 フル・タイムで忙しく働いてる。 あんたのご命令でな。 残念だがおいとまするよ」 ハデスは冥府の王。 フルタイムワーカーなのだ。 ひっきりなしにやってくる死者を差別なく迎え入れるクソ忙しい仕事の合間を縫って、わざわざいけ好かないゼウスの子の誕生祝に来てくれているのだ。 なんと涙ぐましいことか。 同じフルタイムワーカーとして彼の義理堅さには尊敬の念すら覚える。 そんな彼に対して、ゼウスは以下の言葉をかける。 「休まないと体を壊すぞ。 ……(ハッハ!(笑))死者の国で死ぬな!(めっちゃ笑っている)笑い死にする!(爆笑)」 万死に値する物言いである。 以上の引用は日本語字幕からで、吹き替え版だと「神が過労死してしまう」とかなんとかいう台詞だった。 お前の!命令で!フルタイムワーカーやってんだぞ!なに笑ってんだ! 去り際に一言、ハデスは「笑い死にする」と腹を抱えて笑い転げるゼウスに対して「いいね。 死んでくれよ」と呟く。 まったくそのとおりだ。 なぜこの物語ではハデスの方が悪者なんだ。 死ぬべきはゼウスだ!(悪に染まる心) ハデスのところに行って肩を組み、「一緒にゼウスをぶっ飛ばそう」と言いたいところだ。 孤独なハデス:ジャファーとの共通点と相違点 力を持った支配者で、ぶっ飛ばしたい上役がいるという点でハデスはジャファーと共通点を持った悪役である。 ジャファーは王であるサルタンが無能すぎて、政治のかじ取りをするならば自分がぜんぶやった方が早いと国盗りを企む有能な悪役だった。 ハデスの方は、ゼウスが無能というわけではないが、ぶっ飛ばしたい目の上のたんこぶを取り払って自分が頂点に、と考えていることから、ジャファーと似た境遇だと考えることができる。 しかし、ハデスはジャファー以上に孤独だ。 彼には相棒がいない。 ジャファーには一緒に悪だくみをして高笑いをし、共にランプに吸い込まれて喧嘩まで出来てしまう愛すべきオウムの相棒がいたが、ハデスにいるのは小賢しい2人の手下だけだ。 王であるが故の孤独なのか。 それとも、定期的に彼らに与えていた折檻がいけなかったのか。 二人の手下はハデスが死者の漂う死の淵に呑み込まれていったとき、ハデスが出て来られなくなることを喜んでいた。 なんて孤独なやつなんだ、ハデス。 僕は冥府に居酒屋を開いて閉店後にやってきたハデスに酒と肴を振る舞いたいぞ。 ハデスの敗因 ハデスはなぜ負けてしまったのか。 ジャファーのときは、彼の心が邪悪だったから、くらいのご都合主義的な理由しか思い浮かばなかったが、ハデスが負けたのにはハッキリした理由があると僕は思う。 そういう意味では、哀しいながらも『ヘラクレス』はよくできた映画だなと思うのである。 ハデスが負けた理由。 それは、ヘラクレスが生まれてしまっていたという運命的な理由である。 彼の打倒ゼウスの物語において、ヘラクレスはほぼ関係のない、巻き込まれた被害者である。 ゼウスが敗北するとしたら因果応報的な結末になるだろうが、生まれ落ちたばかりのヘラクレスが「計画に邪魔だから」という理由だけで人間に落とされ愛する人を奪われ、理不尽に敗北するという結末になるのは物語的に許されない結末だ。 だから、3人の運命の女神たちの予言も「星辰がそろうときタイタンたちを復活させてオリンポスをめちゃめちゃにすれば勝てるよ。 でもヘラクレスと闘ったら勝てないよ」だったのだろう。 本当によくできている。 だから、ハデスがすべき選択は、ゼウスを倒すためにヘラクレスにあれこれするのではなく、ちょっとひねくれているけど根は良い叔父としてヘラクレスとちょくちょく交流しながら親睦を深めていって、ちょうどいい時期に自分の不満や受けてきた理不尽を語るなどして懐柔し、自分を倒すことに迷いを生じさせることだったのではないか。 上手くいけばヘラクレスをこちら側の陣営に引き込むことだって不可能ではなかった、かもしれない。 運命は確かにハデスに味方していた。 彼は方法を誤ったのだ。 勝率 悪役列伝、友だち探しはジャファーとハデスで2勝。 ガストンで1敗となった。 友だちになれそうな悪役が集まってきたら、彼らの前で酒でも一杯やりたいところだ。 今回は、労働者的苦労人で、キュートな個性を持った新しい友ハデスに、乾杯。

次の

ディズニーの悪役についてあなたが知らない12のこと

ヘラクレス 悪役

街の人気者は強くてデカいだけの男? ガキの頃には毎日 食べたタマゴ4ダース でも今じゃ60個食べて 筋肉はモリモリ すごいぞガストン 射撃もガストン ブーツをはけば無敵さガストン 見てくれよこの鹿の角 強いぞガストン (「強いぞ、ガストン」) いつ聴き返しても アニメ『 』(1991)の挿入歌、「強いぞ、ガストン」の歌詞には圧倒されてしまう。 子分のル・フウをはじめとする街の人々が、ガストンを賛美し、気を良くした彼自身も自画自賛しだす内容だ。 そして、ここで歌われる彼の長所は、 見事なまでに肉体的な部分しか言及されない。 「性格が優しい」とも「頭がいい」とも言われず、 ただただ「強くてデカい」と持ち上げられるだけなのである。 人によっては立派な悪口だが、ヒロインのベルにフラれて落ち込んでいたガストンは見る見るうちに覇気を取り戻していく。 2017年、本国アメリカおよび日本でも年間興行収入トップとなった(本稿執筆時点)実写版 『美女と野獣』(2017)でも、「強いぞ、ガストン」は完璧に再現されていた。 筋骨隆々としたガストン役のルーク・エヴァンスは見事な歌声で、アニメから飛び出してきたかのような存在感を放ってくれた。 それにしても、 ディズニーアニメおよび実写版『美女と野獣』の悪役はなぜガストンのような男だったのだろう。 ガストンはディズニーアニメの悪役としてはかなり異常なキャラクター設定がなされているにもかかわらず。 ディズニー史上もっとも偉大な悪役ランキングでの健闘 ディズニー史上最凶の悪役は、映画ファンの間でもたびたび議論になるテーマである。 以下、海外サイトでファンが選んだ「ディズニー史上もっとも偉大な悪役ランキング」の上位10名だ。 1位 スカー(『ライオン・キング』) 2位 マレフィセント(『眠れる森の美女』) 3位 アースラ(『リトル・マーメイド』) 4位 ジャファー(『アラジン』) 5位 ハデス(『ヘラクレス』) 6位 クルエラ・デ・ビル(『101匹わんちゃん』) 7位 フック船長(『ピーター・パン』) 8位 シア・カーン(『ジャングル・ブック』) 9位 女王(『白雪姫』) 10位 ガストン(『美女と野獣』) 実に10名中7名が魔法使いだとか邪神だとか獣である。 そして、大きな組織を率いているクルエラやフック船長も並の人間とは呼べないだろう。 一方、ガストンには特別な魔力も財力もない。 確かに狩りやケンカに優れてはいるが、あくまでも普通の人間の範疇である。 それで10位は大健闘と呼んでいい。 『美女と野獣』を見た観客がガストンの人間性にすさまじくインパクトを受けた証である。 つまり、 ガストンは特殊能力も権力もないのに、ディズニーアニメの悪役という重要なポジションをまっとうした男なのだ。 そもそも、物語にとって「素晴らしい悪役の条件」とは何なのだろうか。 たとえば、『ダークナイト・ライジング』(2012)のベインは間違いなく『ダークナイト』(2008)のジョーカーよりも戦闘能力が高い。 しかし、人気投票を行えば圧倒的にジョーカーが勝つだろう。 悪役に必要なのは腕力ではない。 狡猾さや非情さは物語を盛り上げるためには重要だが、必須ともいえない。 純粋に「悪」の意味を考えてみると答えは見えてくる。 悪とは善に対抗する概念である。 「作品内で設定された善」に対し、どれだけ真逆の存在でいられるかが「素晴らしい悪役の条件」なのだ。 煩悩に駆られた悲哀なき行動原理 さて、ここでからはようやくガストンという男を掘り下げていこう。 基本的にはアニメ版の人物造形を追いながら、実写版での改変に言及したい。 そもそもガストンは原作の童話には登場してこない、ディズニーのオリジナルキャラクターである。 彼は(おそらくフランスの)田舎街に住む狩人だ。 狩りの腕前と筋肉が自慢で、街中の若い娘から好かれている。 ヒロインのベルに惚れており、しつこく求婚しているが全く相手にされていない。 読書好きのベルは粗暴で強引なガストンが苦手だ。 それでも自惚れ屋のガストンはどんな手を使ってでもベルをものにしようと企んでいる。 ガストンはベルの読書という生き甲斐を理解できない。 むしろ、教養が邪魔をして自分の男らしさを認められないのだろうと疎ましく感じている。 ベルが読んでいた本を投げ捨てたガストンに彼女は冷たく言い放つ。 Gaston, you are positively primeval. (ガストン、あなたってまるで原始人。 ) しかし、ガストンは悪口を言われたとさえ思っていない。 Why, thank you, Belle. (ふふ、ほめてくれたのか。 ) こうしたガストンの考え方は一概に「非道」とは断言できない。 というのも、『美女と野獣』の時代設定だと考えられる18世紀のヨーロッパでは、女性に教養は必要ないという価値観が自然だったからである。 だからこそ、本ばかり読んでいるベルに対し、街の住民たちはこう歌うのだ。 ごらんあの娘はいつでも 少し風変わり 夢見る瞳 本を読みふける なぞめいた娘だよベルは (「朝の風景」) ガストンが街を闊歩し、自分を称える歌を熱唱するたび、ため息をつく娘たちがいる。 彼女たちはみんな一様に金髪でグラマーだ。 (実写版では黒髪に改変)栗色の髪をした凛々しい顔立ちのベルとは対照的で、いわば男性の欲望に忠実な女性たちの象徴なのである。 ベルが囚われの身となるお城で、心を通わせていく野獣は容姿が醜く、心も卑屈になっている。 しかし、彼はベルとの出会いで優しさを取り戻していく。 何よりも、彼にはガストンにはない知性があった。 野獣の図書室にベルは心を打たれる。 そう、ベルや野獣は「知性」、ガストンは「感情」の象徴といえるだろう。 ガストンは自己愛とベルへの執着がふくらみ、暴走していく。 ベルの父親に危害を加えるまでに。 たとえば、『ライオン・キング』のスカーは肉親を殺してまで王座を求めた悪役だが、そもそも王位継承という残酷な運命の中に生まれてきた悲劇を背負っていた。 『眠れる森の美女』のマレフィセントにせよ、人々から忌み嫌われて孤独を抱えていた悲しい存在ゆえに悪行へと駆り立てられたのだ。 しかし、ガストンには彼らのような悲哀がない。 その煩悩の純粋性は清々しいほどである。 ディズニー版『美女と野獣』は「知性」と「自由意志」についての物語である。 お城で狭い牢屋に囚われていたベルは、徐々に行動範囲を広げ、最後には野獣に「自由」を認められ帰郷していく。 最後までベルの意志が理解できず、感情だけで動いていたガストンは、ディズニー史上もっとも「作品内の善」の真逆を貫いたキャラクターだといえるだろう。 1991年と2017年にガストンはどう映るか アニメ版が発表された1991年、アメリカのポップカルチャーでは「知性」への揺り戻しが起こっていた。 メディアが扇動する思考停止のコマーシャリズムに嫌気が差していたロックバンド、ニルヴァーナは内省的なアルバム「ネヴァーマインド」を大ヒットさせた。 マッチョな価値観が横行していたヒップホップ界では、ナードな3人組、デ・ラ・ソウルが最大のヒットアルバム「デ・ラ・ソウル・イズ・デッド」を発表した。 映画界では複雑で哲学的な内容の『羊たちの沈黙』(1991)がアカデミー作品賞を受賞した。 (ちなみに『美女と野獣』も作品賞候補だった) 自由経済主義が肥大化し、湾岸戦争へと突入していったアメリカでは、「強者の正義」を疑うクリエイターが続出していたのである。 1992年には「強者」のアイコンだったスター俳優、クリント・イーストウッドが監督・主演作『許されざる者』を発表、西部劇で定番化していたヒロイズムと決別した。 『美女と野獣』はヨーロッパが舞台の作品ではあるものの、紛れもなくアメリカで起きた「知性の抵抗」の流れに位置づけられる作品である。 もちろん、ディズニーに政治的な意図はなく、世論を助長しないようにバランスを取っただけだったのだろうが。 2017年の実写版『美女と野獣』ではエマ・ワトソンがベルを演じている。 彼女は名門ブラウン大学を卒業し、国連組織下でジェンダー問題にも取り組んでいる秀才だ。 ここでもベルの「知性」のイメージが大切にされているのは明らかだろう。 そして、ガストンの蛮行はアニメ版よりもはるかにエスカレートして描かれていた。 彼はベルの父親を山奥に捨て去り、それを暴露されると即座に野獣へと人々の敵意をそらすのである。 こうしたガストンの自己中心的で大言壮語で、共通の外敵を生み出すことに長けた能力は時の権力者にそっくりだ。 何も『美女と野獣』がアメリカ政府批判の映画だと言いたいわけではない。 ただ、人々は無意識のうちに強くありたいと願っているし、それができないなら強い者に好かれたいと願っている。 「悪役」として描かれるからこそ観客はガストンを嫌うだけで、現実にあんな男が出現したらきっぱりと否定できるだろうか?作中ではベル親子をのぞいて、ガストンはほぼ全ての住民から好かれていた。 本物の悪は善以上に頼もしく、魅力的である。 魔法使いや邪神は空想の産物かもしれない。 しかし、ガストンはいつの時代も我々の世界に存在している。 筆者が「ディズニー史上最凶」に挙げたいのは『リロ・アンド・スティッチ』(2002)のスティッチ! あんなに横暴だけど、かわいくて許せちゃうのが凶悪すぎる! ranker.

次の

ディズニー映画「ヘラクレス」のあらすじ・登場キャラクター&ディズニーで会える場所

ヘラクレス 悪役

リトル・マーメイド• 美女と野獣• アラジン• ポカホンタス• ノートルダムの鐘• ヘラクレス• 魔法にかけられて• 塔の上のラプンツェル 現在ブロードウェイではアラン・メンケンが手がけたミュージカル 「アラジン」「ブロンクス物語」が上演中。 また、最新作はディズニーの実写映画「美女と野獣」。 本作でも『Evermore』など素敵な新曲をいくつも披露しました。 「ヘラクレス」上演の発言について 「ニュージーズ」のような優れた作品に 1997年に公開された「ヘラクレス」の舞台化が進んでいる。 世界中のディズニーファンが喜ぶこのニュースは、「ヘラクレス」の作曲家であるアラン・メンケンにより語られた内容が基になっています。 「ミュージカル『ニュージーズ』のように、『ヘラクレス』も観客を驚かせる時が必ず来るよ」 アラン・メンケンはカルフォルニアで発行される情報誌 Orange County Registerにこう語ったのです。 「そうなんだ、実は今『ヘラクレス』の舞台化に動いているんだ」 2018年2月よりプレビュー公演がはじまったミュージカル「アナと雪の女王」。 「リトル・マーメイド」「アラジン」とディズニーは人気アニメ映画を次々と舞台化しています。 他にもディズニーの人気アニメ映画は数多くありますが、 アラン・メンケンのディズニーへの貢献度は高く、彼の作品が優先的にミュージカル化されるのは当然のことでしょう。 日本(劇団四季)での上演について 日本では数々のディズニーミュージカルが劇団四季により上演されてきました。 ブロードウェイ公演をしていない「ノートルダムの鐘」でさえ、劇団四季では上演してきたのです。 ミュージカル「ヘラクレス」がアメリカでヒットした場合、日本公演の可能性も高いでしょう。 リトル・マーメイド• アラジン• ヘラクレス• トレジャー・プラネット• プリンセスと魔法のキス• モアナと伝説の海 アラン・メンケンの名曲がそろっている「ヘラクレス」 特に「ヘラクレス」はアラン・メンケン作曲の美しい主題歌、挿入歌が味わえる作品です。 『The Gospel Truth』• 『One Last Hope』• 『Zero To Hero』• 『恋してるなんて言えない(I Won't Say I'm In Love)』• 『A Star Is Born』。 そして日本では藤井フミヤ、アメリカではマイケル・ボルトンが歌った主題歌 『Go the Distance』 女神たちが歌うゴスペルソング 『Zero To Hero』などダンスナンバーもあります。 歌もダンスも楽しめる点で、ミュージカル化へのハードルが低い作品といえるでしょう。 キャラクターも魅了的 また、キャラクターの魅力もずば抜けています。 主人公 ヘラクレスの成長を描いたストーリーですが、ヘラクレスだけでなくミステリアスなヒロインの メガラ。 そして悪役 ハデスもディズニーファンから絶大な人気を得ています。 ディズニーハロウィンでは頭一つ抜きん出た ハデスをよく見かけます。 声優も豪華 ヘラクレスは テイト・ドノハン、ピロクテテス フィル は ダニー・デヴィト、ハデスは ジェームズ・ウッズ、メガラは スーザン・イーガン、女神たちにはブロードウェイで活躍する リリアス・ホワイト、ロズ・ライアンも参加しています。 また、日本版吹替では成長したヘラクレスをTOKIOの 松岡昌宏、メガラを 工藤静香が演じました。 「リトル・マーメイド」• 「アラジン」• 「トレジャープラネット」• 「プリンセスと魔法のキス」• 「モアナと伝説の海」 を手がけてきました。 ディズニーの中では比較的マイナーな作品と言える「トレジャープラネット」含め、 全作品でアカデミー賞にノミネート・受賞を果たしています。 ディズニールネサンスを築いた監督 「リトル・マーメイド」から始まるディズニールネサンス期の礎を築いてきた監督コンビです。 今までに「リトル・マーメイド」「アラジン」がミュージカル化 ミュージカル化されたのは「リトル・マーメイド」「アラジン」。 どちらもブロードウェイ、日本で上演されています。 音楽 アニメ「ヘラクレス」の主題歌「Go the Distance」はアカデミー歌曲賞にノミネート。 作詞は デイビット・ジッペル。 劇中で歌ったのはトニー賞獲得経験も持つ ロジャー・バートです。 ストーリー ギリシャ神話の昔。 オリンポスの偉大な支配者ゼウスに息子が生まれました。 名前はヘラクレス。 稲妻をおもちゃにするほどの力を持った赤ちゃんに、ゼウスの地位を狙う死者の国の神ハデスは将来を案じ、ヘラクレスを人間の世界へ追いやってしまいます。 修行の旅に出たヘラクレスに次々に襲いかかるハデスの罠。 より ディズニー・シアトリカル・プロダクションズの発表 ディズニーのミュージカルを手がけるのはディズニー・シアトリカル・プロダクションズ。 以前、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズのスポークスマンは 「 『ヘラクレス』はアラン・メンケンが作曲した優れた数々の作品の1つです。 しかし、今のところミュージカル化は進んでいません」 とメディアの質問に答えています。 ただ、メンケンがミュージカル化を進める意思があることは彼の発言からも確実であり、 アラン・メンケンが手がけてきたディズニーアニメ映画がミュージカル化されてきた背景にまで目を向けてみると、メンケンの貢献度を考慮すれば、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズがミュージカル「アナと雪の女王」の次に進める最有力候補作品として「ヘラクレス」が選ばれたのは必然でしょうか。 また、アラン・メンケンが手がけたディズニーアニメ映画でまだミュージカル化されていないのは 「ポカホンタス」「塔の上のラプンツェル」の2つです。 次は「ポカホンタス」か「塔の上のラプンツェル」か。 ラプンツェルはキャラクターの人気も高いですが、近年はキラキラ系プリンセス作品のミュージカル化が続いています。 「ポカホンタス」になるのかどうか、今後もディズニーアニメのミュージカ化に目が離せないですね!.

次の