メルペイ ポイント 優先 利用。 メルペイポイントはどう使う?支払い方法や有効期限について徹底解説

メルペイポイントの使い方とは?支払い方法や有効期限について徹底解説!

メルペイ ポイント 優先 利用

前回に続きスマホ決済サービスの詳しい使い方についてご紹介します。 今回は非接触型IC決済とQRコード(バーコード)決済の両方に対応していて、MMD研究所の「2019年7月QRコード決済利用動向調査」において総合満足度1位になった「メルペイ」について詳細をご紹介します。 メルペイを利用し、お得に!スピーディーに決済しましょう! メルペイ フリマアプリで有名な株式会社メルカリの子会社である株式会社メルペイが提供するスマホ決済サービスです。 そのため、メルカリをよく利用する方には特にオススメのスマホ決済サービスです。 メルカリの売上金をポイントに変えることで、支払いにも利用できます。 またPayPay同様に話題性のある「ニッポンのGWまるっと半額還元!」というキャンペーンを実施したりと、何かと話題になるスマホ決済サービスの 1つです。 メルペイの概要 メルペイは、単独のアプリではなく、メルカリアプリ内にあるスマホ決済サービスです。 決済方法 メルペイでは、以下2つの方法で決済を行えます。 決済方法の一つであるメルペイ残高(売上金)については、残高とポイントの2種類があり、取得方法、利用期限などが異なります。 詳しくは以下でご確認ください。 メルペイ残高 (売上金) 残高はメルカリでの売上金を利用するか、お支払い用銀行口座を登録して事前にチャージ(利用期限:無期限)することで利用ができる電子マネーです。 ポイントはメルカリでの売上金を利用し購入(利用期限:365日)するか、メルペイのキャンペーンなどで付与(利用期限:180日)される電子マネーです。 尚、残高、ポイントともにある場合は、ポイントが優先で消費されます。 あと払い 利用後期日までにコンビニでの現金払い、アプリからメルペイ残高での精算、ご指定の銀行口座から自動振替のどれかの方法で支払うことができる決済方法です。 ポイント還元率 メルペイでは、通常利用でのポイント還元はありません。 クーポン メルペイが利用できる店舗で、とてもお得にお買い物ができるクーポンがメルペイにはあります。 メルペイクーポンは値引クーポンとポイント還元クーポンの2種類あります。 値引クーポンはお支払いの際に使うと、値引きを受けられ、クーポンによっては何度も使えるものもあったりします。 ポイント還元クーポンは、お支払いの際に使うと、翌日にポイントとして還元を受けられるものです。 ご利用期間・回数等の条件があるものもございます。 「コンビニの140円のスイーツが15円になったりもするんだワン!」 支払いの仕方 店頭での支払い方法には大きく2つあり、その中の 1つであるメルペイコード払いに関しては、さらに2つの方法にわかれます。 どの方法でもメルペイ残高(売上金)、あと払いを選択することができます。 非接触型IC決済(iD) レジにて店員さんに「iD(アイディ)で」と伝え、周辺に置いてある読み取り機にスマホをかざす方法です。 メルペイコード払い レジ周辺に表示してあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、「支払い金額を確認」をタップして、確認画面を店員さんに確認してもらい、「支払う」ボタンをタップする方法です。 QRコード、バーコードをスマホで表示し、レジにてリーダーで読み取ってもらう方法です。 支払いタイミング 支払いタイミングにも大きく2つあります。 前払い方式と後払い方式です。 前払い方式は、売上金、銀行口座より支払いを済ます方法です。 後払い方式は、請求などが来て、後から支払う方法です。 前払い方式 メルペイ残高(売上金):使う前に銀行口座などからチャージする 後払い方式 あと払い:利用した翌月の1日〜末日までに支払う 主に使える実店舗 支払い方法により使える店舗が異なります。 <非接触型決済(iD)の場合> コンビニ、ショッピングセンター、モール百貨店、ドラッグストア、飲食、居酒屋、家電量販店、タクシー、ガソリンスタンドなど非常に多くの業態で利用可能です。 コンビニ スリーエフ(関東地区のみ)、セイコーマート、セブン-イレブン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン、(など 総合スーパー アピタ、イオン、イトーヨーカドー、マックスバリュなど ドラッグストア ウエルシア、ココカラファイン、サンドラッグ、スギ薬局、ツルハドラッグ、トモズ、ハックドラッグ、マツモトキヨシなど 飲食 牛角、かっぱ寿司、はま寿司、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、すき家、マクドナルド、モスバーガー、ロッテリア、吉野家など 居酒屋 魚民、庄や、白木屋、千年の宴、和民、笑笑など 家電量販店 エディオン、ジョーシン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップなど タクシー 関東:大和自動車交通グループ、チェッカーキャブ、東京無線、日本交通グループなど 関西:キャビック、近鉄タクシー、阪急タクシー、阪神タクシーなど その他の地区も対応タクシーあります。 上記は一例のため、詳しくはをご確認ください。 「メルペイコードだと利用店舗が少なくなってしまうので、iD(おサイフケータイ)との連携は必須だワン!詳しくはあとで紹介するワン!」 また、メルペイも、SHOPLIST. com、NOIN、サンプル百貨店のネットショップでも使えます。 不正利用の補償について 利用規約内に明記してあり安心です。 補償の範囲は、利用者が直接被った損害の額に相当する金額と明記しています。 (メルペイが諸々の内容を踏まえて適当と判断したとき) 初期登録 それでは、早速使ってみましょう。 まずはアプリケーションをダウンロードして、登録をします。 尚、アプリケーションはメルペイではなくメルカリとなります。 をダウンロードします。 アプリを開き、説明が出てきますので読みながら4回「次へ」をタップします。 銀行口座を登録する チャージなどメルペイを活用するためには銀行口座を登録すると非常に便利です。 なので、銀行口座を登録することをオススメします。 銀行口座を登録した際のいろいろなメリットがあります。 メルカリを利用している方と全ての方で恩恵を受けられるメリットを以下にまとめました。 メルカリを利用している方のみ• 売上金をわざわざポイントに変更することなく、メルペイ残高として利用できる• 売上金の振込申請期限が180日から無期限になる 全ての方• メルペイ残高にチャージができる• ポイント還元キャンペーンに参加できる• あと払いが利用できるようになる 尚、銀行口座を登録するのは怖いという方がいましたら、「アプリでかんたん本人確認」という方法もありますので、後ほど改めてご紹介します。 また、銀行口座を登録する際、パスコードの設定を求められますので、設定することでセキュリティを強化できます。 下にスクロールします。 メルペイのトップ画面で「チャージ(入金)」をタップします。 「チャージ(入金)金額」を入力します。 1,000円から200,000円までを1円単位でチャージ金額が決められます。 「チャージする」をタップします。 端末のパスコードを入力し完了です。 アプリでかんたん本人確認をする アプリでかんたん本人確認をすることで、銀行口座を登録しなくても売上金をポイントに変換でき、メルペイが利用できるようになります。 銀行口座を登録するのに抵抗があるという方はこちらをご利用ください。 メルペイのトップ画面の使い方にある「かんたん本人確認で売上金の有効期限なしに」をタップします。 「設定をはじめる」をタップします。 「運転免許証」をタップします。 「メルペイ利用規約」、「プライバシーポリシー」を確認して、「同意して次へ」をタップします。 カメラ機能に関する許可をします。 撮影に関する説明が出てきますので「次へ」を数回タップします。 「撮影を開始する」をタップします。 運転免許証の表面と顔を指示に従い、撮影します。 項目を確認後問題なければ、チェックして「裏面撮影へ」をタップします。 「撮影を開始する」をタップします。 運転免許証の裏面と顔を指示に従い、撮影します。 項目を確認後問題なければ、チェックして「厚み撮影へ」をタップします。 「撮影を開始する」をタップします。 運転免許証の厚みと顔を指示に従い、動画撮影します。 項目を確認後問題なければ、チェックして「次へ」をタップします。 氏名などの情報を入力して、「上記の利用目的で申込む」をタップします。 確認が出てくるので「OK」をタップします。 パスコードを入力します。 「OK」をタップして完了です。 あと払いを設定する あと払いを設定することで、レジで「あっ残高がない」というときでも支払い方法を変更することで、メルペイを利用することができます。 しかし、精算時にメルペイ残高以外の方法だと手数料として300円かかってしまうので、緊急時のみの利用をオススメします。 また、利用限度額を自分で設定できるので、使いすぎの防止はできます。 メルペイホーム画面で「お店でのあと払いを設定する」をタップします。 説明を確認します。 「設定をはじめる」をタップします。 「上記利用目的で申込む」をタップします。 「利用上限金額」を選び、「この金額ではじめる」をタップし完了です。 メルペイを使って支払いをする メルペイは、実店舗、オンラインショッピングの支払いとして利用できます。 ここでは実店舗での支払い方法をご紹介します。 前述の通り、実店舗での支払い方法は、iD、メルペイコード払いの2つがあります。 また、決済方法としてはメルペイ残高が基本となりますが、あと払いへ変更も可能です。 レジで慌てないためにも、かんたんですので、しっかり予習しましょう! あと払いに変更する 決済方法をあと払いにする方法をご紹介します。 メルペイホーム画面で「支払い方法を変更」をタップします。 「メルペイあと払い」をタップして完了です。 iDで支払う場合 店員さんに「iDで」と伝え、レジ周辺に置いてある読み取り機にスマホをかざすだけで支払い完了です。 メルペイコード払いの場合 <QRコードを読み込む場合>• レジ周辺に表示してあるQRコードを読み込みます。 支払い金額を入力し、「支払い金額を確認」をタップします。 確認画面を店員さんに確認後、「支払う」ボタンをタップして完了です。 <QRコードを読み取ってもらう場合>• 店員さんに「メルペイで」と伝えます。 QRコード、バーコードをスマホで表示し、レジにてリーダーで読み取ってもらい、完了です。 いかがでしたか? メルペイはやはり、メルカリをよく利用している人にはとてもオススメなサービスです。 また、クーポンがとてもお得だと思いますので、利用している方はクーポンを活用するとよりお得に生活できるのではないでしょうか。 もしお時間ありましたら、メルカリアプリをダウンロードして、メルペイのクーポンの内容をご自分の目でお確かめください。 それではまた次回。

次の

【2020年6月最新版】「メルペイ」の注意点・落とし穴!チャージ方法やクレジットカード、上限など

メルペイ ポイント 優先 利用

メルペイのポイント還元キャンペーン 還元は翌日に付与されます ポイントの還元は、 利用した翌日に還元されます。 還元のタイミングは 翌日の23時59分までに行われるとアナウンスしており。 付与のタイミングがいつになるかはシステムの処理状況によって変わります。 還元率は場所によって異なる 今回のメルペイキャンペーンの目玉である 「還元率」です。 残高が3000円、ポイントが1800ポイントだった場合、 合計 4800円分の現金を持っていることになります。 ポイント移行手続きによる申請待ちなどが発生しませんので、 使いたいときにすぐ使えるのが強みになります。 つまり1店舗の利用で発生するポイント付与上限ではありません。 キャンペーンを開催していないときに店舗でメルペイ決済をしてもポイントが付きませんが、この大型連休中のキャンペーン期間中のみポイントが付くことになります。 ぜひこのチャンスを逃さずにどんどん利用しましょう。 「メルペイ残高」と「ポイント」違いは ここで疑問を持った方が居ると思います。 「メルペイ残高」と「ポイント」の違いがよく分からないという疑問です。 メルペイ残高の場合、ご自身の銀行口座に出金することができるため現金が手に入ります。 対してポイントの場合は、 出金することができないため現金化することができません。 以上がそれぞれの違いになります。 ポイント付与対象外があります メルペイのキャンペーン特設案内ページでは、以下の記述があります。 Apple payのモバイルSuicaでは、チャージにメルペイを利用することができます。 しかし、そのチャージではポイント還元の対象にはならないということになります。 メルペイキャンペーンの案内文には 「実店舗での利用のみが還元対象」になっています。 この案内文を見ると 「これまで還元されていたことになるのでは?」と感じる方も居ると思います。 おそらく、運営の手違いで還元対象になっていたかと考えられます。 26日 までの利用は対象に。 それ以降は対象にしないという対応になったのでしょう。 今後Suicaチャージでポイント還元を考えている方は、対象にはなりませんのでご注意ください。 ポイントに有効期限があります 還元で取得したポイントには、有効期限がありますので気を付けましょう。 還元されるポイントの付与日を含めて180日になります。 およそ半年が有効期限になります。 総ポイント保有で180日の有効期限ではなく、それぞれの利用で取得したタイミングからになります。 うっかりポイントを貰ったことを忘れてしまって失効してしまわないように気を付けてください。 できるだけ早めに利用するのが良さそうです。 電子マネー「iD」とメルペイコード対応の店舗しか使用できない ポイント利用も含めて、 電子マネー決済の「iD」と「メルペイコード」が利用できる店舗に限ります。 電子マネー決済にはたくさん種類があり、他社の「Quick pay」や「LINE pay」では利用できません。 利用する前に 「iD アイディー は使えますか?」と店員さんに一言伝えるとスムーズかと思います。 近くに利用できる店舗がありましたら積極的に行ってみてください。 ポイントは銀行出金ができない メルペイのポイントは、 銀行口座に出金することができないため、現金化することができません。 ポイントは使い切る意識で利用すると良いでしょう。 本人確認が必須 キャンペーン参加とポイント利用には「本人確認」が必要になります。 確認方法は以下の2つが用意されています。 お支払い用銀行口座の登録• アプリでかんたん本人確認 本人確認が完了すると、利用することができるようになります。 余裕をもって参加するようにと案内をしています。 18歳未満はキャンペーン対象外 ポイント還元キャンペーンの 対象は18歳以上になります。 18歳未満の方は参加することができませんので、ご注意ください。 少し不便なのは銀行口座から1000円単位でしかチャージができないという点です。 クレジットカードを用いてのチャージはできないため、チャージは計画的に行う必要があります。 還元されていなかった場合の対処法 システム上の都合や利用状況により遅れることがある 公式ページでは、 利用者の利用状況とシステム上の都合により還元が遅れる場合があると案内をしています。 また、ポイント付与のタイミングは冒頭でも記載しましたが、 利用した翌日の23時59分まで付与となっているため、タイミングがいつになるか分かりません。 22時以降の深夜に付与されることがありますので、時間を置いてチェックをすると良さそうです。 運営に問い合わせてみる 万が一、日付を越したり明らかに時間がかかっていると思った場合はメルカリのサポートを受けましょう。 本キャンペーンについてのお問い合わせは 【GW半額ポイント還元!キャンペーン】と記載のうえ、サイドメニュー、またはマイページの 「お問い合わせ>お問い合わせ項目を選ぶ>クーポン・キャンペーンについて>メルペイのキャンペーン」からご連絡ください。 お問い合わせの手順をご紹介します。 (アプリ経由の場合) アプリの下のタブ一番右にある 「マイページ」をタップします。 マイページ内に 「お問い合わせ」がありますのでタップします。 「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップします。 項目を 「クーポン・キャンペーンについて」を選択します。 「メルカリのキャンペーン」をタップし、サポート内容を記入します。 公式ページの案内にある通り 【GW半額ポイント還元!キャンペーン】を文頭に入れて、問い合わせ内容を書きましょう。 送信をすると後日返答が来ます。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の

メルペイ、マイナポイント申込みで最大6,000円分ポイント付与を発表

メルペイ ポイント 優先 利用

ここでは、メルペイのポイント還元制度について詳しくお伝えしていきます。 1-1.ポイント還元期間は9ヶ月間のみ 対象期間は2019年10月1日から 2020年6月末までの9ヶ月となります。 1-2.メルペイを使って支払いを行うだけ! ポイント還元制度を受けるには、特に事前登録や手続きは必要ありません。 なおメルペイには次の3つの支払方法があります。 ・メルペイ残高からiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイポイントを利用してiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイあと払いでiD決済・バーコード払いを行う これらすべてがポイント還元制度に対応しています。 ただし、メルカリでメルペイを利用したり、通販サイトSHOPLIST(ショップリスト)等で 「かんたんネット決済」を行う方法には対応していません。 ただしメルペイの場合、還元される ポイントの有効期限は90日と短いのでご注意下さい。 1-4.還元対象の店舗|コンビニ等 ポイント還元制度に対応する店舗は、全国に約51万ヶ所が存在します。 上画像のようなマークが表記された店舗であればポイント還元制度に対応しており、特にコンビニの場合ほとんど対応しております。 ただし、上記店舗すべてメルペイが利用できるわけではありません。 あくまで電子マネー「iD」やメルペイコードに対応している必要があります。 詳しくは公式サイトの「メルペイが使えるお店」のページよりご確認ください。 そのため、メルペイ対象店舗であれば、このメルペイポイントを再利用して支払いを行うことが可能です。 また、メルカリでの買い物にも利用できます。 1-6.ポイント還元はいつ?タイミングと上限 ポイント還元のタイミングについてですが、 支払方法によって付与されるタイミングが異なります。 2.メルペイポイントの使い方とよくある疑問 メルペイは一般的なスマホ決済サービスに比べてポイント制度の仕組みが少し異なるため、「メルペイポイントは分かりにくい」という声が多かったのも事実です。 そこで、この章では、メルペイポイントの使い方や基礎知識について詳しくお伝えします。 せっかくのポイント還元制度をムダにしないよう、しっかりとメルペイポイントを理解していきましょう。 2-1.メルペイポイントとは|コード払い・ID払い両方利用可能 メルペイポイントとは、メルペイの対象店舗やメルカリで商品・サービスを購入するときに使えるポイントのことです。 獲得したポイントは、イオンやセブンイレブン、吉野家など、メルペイ払いまたはiD払いに対応した店舗で再利用することができます(1ポイント=1円)。 2019年10月現在で利用できるコンビニは下記の通りです。 ただし、おサイフケータイ機能が付いていないスマホの場合、id払いができないため、結果的にファミリーマート等では利用できないのでご注意下さい。 ・セブンイレブン ・ローソン ・ミニストップ ・ファミリーマート(id払いのみ) ・セイコーマート(id払いのみ) ・ポプラ(id払いのみ) ・デイリーヤマザキ(id払いのみ) 2-2.ポイント支払いをする方法と注意点|決済の優先順位 メルペイでは「メルペイ残高」を使って商品を購入します。 メルペイ残高とは、メルペイにチャージしたお金のことでポイントとは異なります。 たとえば、メルペイポイントが500ポイント、メルペイ残高が600円残っていたとしましょう。 この時点で1,000円分の商品を購入した場合、まず メルペイポイントから先に消化され、その後にメルペイ残高で支払う流れとなります。 そのため、ここでは、決済後にメルペイ残高が100円だけ残るイメージです。 ポイントを使わないという選択肢は今の所存在しません。 では、1,200円の商品を買った場合はどうなるのでしょうか。 この場合、ポイントとメルペイ残高を合わせて1,100円分の残金しかないため、購入代金には100円足りません。 この場合は 決済は不可となります。 現金で不足分の100円を追加で支払うこともできません。 そのため、ポイントとメルペイ残高は、商品を購入できるだけの金額を用意しておく必要があります。 その意味では、d払いやPayPayなど、他社のスマホ決済サービスとは仕組みが異なるといえるでしょう(他社は支払いするだけでポイントが貯まる)。 ただ定期的に 「ポイント獲得キャンペーン」をメルペイは実施しています。 しかし時期によってはキャンペーンが行われていないこともあるため、2020年6月までは、先ほどお伝えしたポイント還元制度を中心にメルペイポイントを貯めることになるでしょう。 また各キャンペーンで上限・付与時期が定められている場合が多いので必ず公式サイトでチェックしてください。

次の