おしっこ 茶色。 尿が濃い茶色になる原因は?風邪以外に注意したいこと!

【獣医師監修】犬のおしっこ(尿)が茶色い・血尿を出した。この症状から考えられる原因や病気は?|hotto(ホット)

おしっこ 茶色

泌尿器科 おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽい 症状 尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。 健康な時の尿は透明〜薄い黄色ですが、健康状態によって尿の色が変化することがあります。 尿の色の変化が1回だけのこともあれば持続的に続くこともあり、これは変化の原因によって異なります。 例えば、汗をたくさんかいて脱水気味であれば、おしっこが濃縮されて色の濃い、茶色っぽいおしっこが出ることがあります。 激しい運動後でしたらコーラ色、赤ワイン色の尿が出ることがあります。 おしっこの色が濃い、茶色っぽいなどの状況が続く場合は、下記に記載している疾患の疑いがあります。 また、茶色っぽい褐色尿が出る原因としてさまざまな病気が考えられます。 診断の手がかりとなるのは、黄疸、発熱、貧血、腹痛、吐き気、嘔吐といった褐色尿以外の症状があげられます。 ですので、診察の際、医師に出来るだけ詳しくお伝え下さい。 疑いのある疾患 溶血性貧血 通常、血液中の赤血球の寿命は約120日ですが、赤血球の寿命が短くなったことで起きる貧血を溶血性貧血といいます。 原因はさまざまでまれな病気ですが、赤血球の破壊が重度であったり、急速であったりすると、軽い黄疸症状(全身の皮膚や眼球が黄色く染まる状態)が出ることがあります。 壊れたヘモグロビンが処理されてできるビリルビンが尿中に漏れ出すことで、茶褐色の尿が出ます。 横紋筋融解(おうもんきんゆうかい) 横紋筋といわれる筋肉細胞が何らかの原因で一部分が死んでしまい、血液中に流れることで起こります。 手足に力が入らない、手足がしびれる、こわばる、筋肉痛、全身がだるいなどの症状があらわれ、重度の場合は腎臓の機能が悪くなることもあります。 尿の色は褐色になり、原因としては、薬剤性(医薬品の副作用)、高い運動強度の運動、挟まれて傷になったものなどの外傷が挙げられます。 ポルフィリン症 人の赤血球中には、肺で取り入れた酸素を体の組織に運搬する、ヘモグロビンという蛋白質があります。 このヘモグロビンはヘムとグロビンという蛋白質が結合してできたもので、このヘムを合成する過程に異常があるとポルフィリン症が起こります。 尿中にポルフォビリノーゲンが増加するため、褐色の尿になります。 薬剤性 センナ、センノシド(アローゼン、プルゼニド)などの下剤で尿が黄褐色〜赤色に、エパルレスタット(商品名 キネダック)という糖尿病薬で黄褐色〜赤色に、カルパゾクロム(商品名 アドナ)という止血剤で茶色〜黄褐色に変化するといわれています。 尿の色の変化がある薬を処方される時には、薬剤師から説明があります。

次の

血尿の原因はストレスじゃない?疑われる病気と病院に行く目安【泌尿器科医監修】

おしっこ 茶色

なぜ肝臓の病気の症状に尿の色が茶色っぽく濃くなる症状があるのでしょうか。 まずは尿(おしっこ)の色が黄色い理由について説明します。 ヘモグロビンの成分が肝臓で水に溶ける性質を持つビリルビンというものに変わるの。 さらにその一部が腎臓で酸化されて、ウロクロームというものに変わり、このウロクロームの色が黄色だから、おしっこの色も黄色になるのよ。 赤血球に含まれる酸素や二酸化炭素を運ぶヘモグロビンの成分が肝臓で「ビリルビン」に変わり、その一部がで酸化されて、「ウロクローム」に変わるため、尿の色は黄色なのです。 では、なぜ肝臓の病気になると、尿の色が茶色っぽく濃くなるのでしょうか。 尿の色が茶色っぽく濃くなる理由は、 血液中のビリルビン値が高くなっていることが原因です。 血液中のビリルビン濃度が高くなると、尿の中に排泄されることによって、尿の色が茶色っぽく、濃くなります。 血液中のビリルビン濃度が高くなる理由としては、次のような理由が考えられます。 通常、ビリルビンは肝臓に運ばれて、グルクロン酸という物質と結合し、胆汁として胆管を通り、胆汁の成分として腸の中に排出されています。 しかし、肝臓に炎症などのトラブルがあると、胆汁中にビリルビンを排出できなくなり、血液中でビリルビン濃度が高くなると考えられます。 その他の症状が当てはまったり、血液検査で肝臓の数値に異常があるなど気になることがあった場合には、専門医に診てもらうことをお勧めいたします。 肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。 また、タウリンには、や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。 つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。 さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。 食事療法としては、タウリンを含むカキなどを食事に取り入れましょう。 また、オメガ3脂肪酸は、を減らす効果が期待されています。 |メルクマニュアル家庭版• 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の

尿の臭いが変な時の病気とは。こういう時は要注意!

おしっこ 茶色

泌尿器科 おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽい 症状 尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。 健康な時の尿は透明〜薄い黄色ですが、健康状態によって尿の色が変化することがあります。 尿の色の変化が1回だけのこともあれば持続的に続くこともあり、これは変化の原因によって異なります。 例えば、汗をたくさんかいて脱水気味であれば、おしっこが濃縮されて色の濃い、茶色っぽいおしっこが出ることがあります。 激しい運動後でしたらコーラ色、赤ワイン色の尿が出ることがあります。 おしっこの色が濃い、茶色っぽいなどの状況が続く場合は、下記に記載している疾患の疑いがあります。 また、茶色っぽい褐色尿が出る原因としてさまざまな病気が考えられます。 診断の手がかりとなるのは、黄疸、発熱、貧血、腹痛、吐き気、嘔吐といった褐色尿以外の症状があげられます。 ですので、診察の際、医師に出来るだけ詳しくお伝え下さい。 疑いのある疾患 溶血性貧血 通常、血液中の赤血球の寿命は約120日ですが、赤血球の寿命が短くなったことで起きる貧血を溶血性貧血といいます。 原因はさまざまでまれな病気ですが、赤血球の破壊が重度であったり、急速であったりすると、軽い黄疸症状(全身の皮膚や眼球が黄色く染まる状態)が出ることがあります。 壊れたヘモグロビンが処理されてできるビリルビンが尿中に漏れ出すことで、茶褐色の尿が出ます。 横紋筋融解(おうもんきんゆうかい) 横紋筋といわれる筋肉細胞が何らかの原因で一部分が死んでしまい、血液中に流れることで起こります。 手足に力が入らない、手足がしびれる、こわばる、筋肉痛、全身がだるいなどの症状があらわれ、重度の場合は腎臓の機能が悪くなることもあります。 尿の色は褐色になり、原因としては、薬剤性(医薬品の副作用)、高い運動強度の運動、挟まれて傷になったものなどの外傷が挙げられます。 ポルフィリン症 人の赤血球中には、肺で取り入れた酸素を体の組織に運搬する、ヘモグロビンという蛋白質があります。 このヘモグロビンはヘムとグロビンという蛋白質が結合してできたもので、このヘムを合成する過程に異常があるとポルフィリン症が起こります。 尿中にポルフォビリノーゲンが増加するため、褐色の尿になります。 薬剤性 センナ、センノシド(アローゼン、プルゼニド)などの下剤で尿が黄褐色〜赤色に、エパルレスタット(商品名 キネダック)という糖尿病薬で黄褐色〜赤色に、カルパゾクロム(商品名 アドナ)という止血剤で茶色〜黄褐色に変化するといわれています。 尿の色の変化がある薬を処方される時には、薬剤師から説明があります。

次の