水っぽい おり もの 大量。 鼻水が透明,水っぽい,さらさら,ネバネバ粘り,原因は風邪なの?

水っぽい おりもの お腹 張り の相談・アドバイス

水っぽい おり もの 大量

水っぽい・さらっとしているおりものが出る原因は大きく分けて2つあります。 ここではその原因について詳しく解説していきます。 生理的なことが原因 まず1つめは生理的な原因によるもの。 生理周期 実はおりものは生理周期によって状態が変化します。 水っぽくさらっとしたおりものがでるのは生理直後。 臭いや色に異常がなく、生理後の2週間が水っぽいものであれば、生理的な分泌液なので心配ありません。 また、生理直後に血が少し混じることもありますが、生理の血が混じったものなのでこれも心配ありません。 妊娠によるもの 妊娠すると人によっておりものの量が増え、水っぽくさらさらしたおりものがみられます。 これは体内への雑菌の侵入を防いで雑菌から胎児を守るために、黄体ホルモン(女性ホルモンに一種)が盛んに分泌されるから。 なので心配はありません。 ただし、下着がびっしょりぬれる量や常に水が出ている感じがある場合は、破水していることも考えられるので産婦人科を受診しましょう。 胃腸が弱っている 胃腸が弱っていると白くて水っぽいおりものがでることがあります。 辛いものや冷たいものなど胃腸に刺激となるものは避けて、胃にやさしい食べ物や飲み物をとりましょう。 性感染症や婦人科疾患などが原因 水っぽかったりさらっとしているおりもので注意したいのが、それ以外の症状がある場合。 このような場合は、性感染症や婦人科疾患など病気が原因の可能性が高いです。 考えられる病気には以下のようなものがあります。 性感染症 おりものが黄色っぽくて水っぽい場合はクラミジア感染症、悪臭やかゆみをともなう場合はトリコモナス膣炎の可能性があります。 女性の場合、自覚症状がない場合も多いですが、これらの性感染症は放置しておくと不妊症などにつながってしまうこともあります。 少しでもおかしいなと感じたら早めに婦人科などを受診しましょう。 関連記事: 細菌性膣炎 黄色くてべたつくような感じがあり水っぽい場合は、細菌性膣炎の可能性があります。 細菌性膣炎は細菌の増加による腟炎です。 おりものの量が増えたり、悪臭をともなうこともあります。 自然治癒することもありますが再発することも多々あります。 関連記事: 子宮頸がん 特に注意したいのが『子宮頸がん』。 子宮頸がん患者のなかには水っぽいおりものが症状としてあらわれることも多いのです。 特におりものシートでも足りないくらい大量に出る場合は要注意。 また水っぽいおりものの他におりものに血が混じったり、不正出血や性交後に出血することもあります。 さらに進行すると腰痛や背部痛、膿が混じって悪臭を放つおりものがでることもあります。 水っぽいおりものは尿もれとも間違えやすいですが、これらの恐ろしい病気が隠れている場合もあります。 「ただのおりもので病院に行くなんて…」と思いがちですが、おりものの変化は体からのサインと考え異変に気づいたら早めに病院を受診しましょう。 関連記事:.

次の

「おりものが水っぽい…」もしかして病気では?原因とチェックポイント

水っぽい おり もの 大量

妊娠超初期といわれる妊娠3週ごろにおりものに血が混じるのは、「着床出血」と言う症状かもしれません。 着床出血というのは、卵子と精子が受精した受精卵が子宮内膜に着床するときに起こる出血で、一般名称です。 学会などでは「月経様出血」と表現されることが多いようです。 着床出血は異常でなく、自然な生理現象です。 3日で治まる少量の出血であることが多いです。 ですが、基本的に生理以外で出血することは不正出血になります。妊娠超初期では妊娠検査薬でも反応しないことが多いので、着床出血か不正出血かを自分で判断することはできません。 妊娠の可能性がある場合でも、念のために産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。 この他にも、 妊活中、妊娠初期は先天性異常のリスクに注意することが大切ですよ。 妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意! 妊娠初期の0週~12週までに葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクを低くすることができます。 葉酸は、ほうれん草や小松菜など緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。 毎日食べるのは大変ですが、工夫して摂るようにしましょう。 不足するときはサプリメントでの摂取もできます。 産婦人科で相談してください。 このように、妊娠超初期のおりものは水っぽく、色は白か透明、サラサラしていることが多いようです。 おりものの変化だけで妊娠したか分からないので、妊娠検査薬を使って調べ、妊娠していたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。 おりものに色が付くということは、何かしら内容物が混じっていることが多いです。 それでは、色々なおりものの変化をみてみましょう。 内部のどこかに出血している可能性があります。 妊娠初期の出血は、心配のない出血も多いのですが切迫流産や稽留流産の可能性があります。 腹痛などを伴っているときは、産婦人科に連絡して指示を仰いでください。 こちらも、どこか内部から出血している可能性があります。 ちょっと心配なので、産婦人科へ連絡してみてください。 妊娠すると膣の自浄作用が低下して細菌に感染しやすくなります。 早めに産婦人科を受診して治療しないと、膣から子宮へと上行感染を起こして絨毛膜羊膜炎など、ママとお腹の赤ちゃんに重大な影響を及ぼすことがあります。 おりものの色の変化に気が付いたら、産婦人科へ連絡して指示をもらうようにしましょう。 日頃から病気に感染しないように予防しましょう。 特に、おりものが変化して量も増えてきますので、常に清潔を保つことが必要です。 ・おりものシートをマメに交換。 ・下着は清潔にする。 ・ウォシュレットで洗いすぎない。 このような対策があります。 常に清潔を保つように、まめに交換して清潔になるようにしましょう。 妊娠超初期は、ホルモンバランスが急激に変化するときです。 妊娠により初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)もあり、体調面に作用するといわれています。 妊娠4週を過ぎるころには、つわりが始まる人が多いようです。 つわりは、吐きつわりや食べつわりなど様々な症状が続くことによって気分が悪い日が続きます。 こうした変化は妊娠超初期から感じる人もいます。 妊娠中期になれば落ち着いてくるので、それまで頑張っていきましょう。 【関連記事】 妊娠初期の注意点や気を付けることをまとめています。 下記のページを読んでみてください。 妊娠したい人におすすめの記事は下記のページで、詳しく紹介しています。 おすすめです。 では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。 参考にしてください。 カテゴリー: 作成者:.

次の

性のトラブル、困ったときには

水っぽい おり もの 大量

更年期におりものが大量にでるのはなぜ? 更年期に現れる症状は人によって様々です。 おりものが減って腟の粘膜の委縮や乾燥、痛みに悩まされる人がいる一方で、おりものが増えてしまう人も少なくありません。 これはホルモンバランスの乱れによります。 おりものの量や状態は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと大きく関わっています。 閉経期はエストロゲンの分泌が乱れることで、おりものは増えたり減ったりするのです。 また、おりものには、腟を通して菌が体に入ったり、腟の中で雑菌が繁殖したりすることを防ぎ、腟内を清潔に保つ働きがあります。 エストロゲンが減少して腟の自浄作用が弱まったり、粘液不足による乾燥で炎症が起こることで、むしろ一旦減ったおりものが増えることも考えられます。 更年期のおりものは匂いがきつくなるの? 腟の中には乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)という一種の善玉菌が常在しており、おりものはもともと少々酸味のあるにおいがするものです。 しかし、腟内に何らかの異常が起こっている場合には、このにおいが強くなったり、他のにおいに変化したりすることがあります。 更年期には善玉菌が減って悪玉菌(大腸菌や、ブドウ球菌、連鎖球菌など)が増えやすくなり、腟内に細菌が入り込みやすくなります。 腟に入り込んだ細菌が繁殖して腟炎が起こると、おりもののにおいだけでなく、色や状態にも変化が見られるでしょう。 においがきつい、黄色や緑、褐色、白くてぽろぽろしているといったおりものが生じる場合には、注意が必要です。 おりものに変化を生じる腟炎には、以下のようなものが考えられます。 カンジタ腟炎 外陰部のかゆみが非常に強く、カッテージチーズや豆腐に似た、 ぽろぽろと小さい塊が崩れるような白っぽいおりものが出ます。 トリコモナス腟炎 黄色や黄緑色で泡状の、強い悪臭を放つおりものが現れ、外陰部のかゆみも伴います。 こうしたおりものが見られる場合は早めに婦人科を受診し、適切な治療を受けてください。 更年期のおりものは水っぽい? 水っぽいおりものが出る場合には、以下のような子宮や卵巣の病気が隠れているおそれがあるため、速やかに婦人科を受診しましょう。 子宮筋腫 子宮壁に生じる腫瘍です。 良性ではあるものの、肉腫(悪性)との判別がつきにくいものや、大きくなり過ぎているものもあるため、定期的な検査が必要です。 子宮頸癌 ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染によって起こると考えられている、子宮の入り口に生じるがんです。 ちょうど更年期にあたる 40~50歳代での発症が多いことが知られています。 子宮体癌 子宮の奥の粘膜に生じる癌です。 水っぽいおりものだけでなく、 不正出血や過多月経といった症状も見られます。 月経が定期的に来ている年齢の女性には起こりにくく、 50~60代の閉経後の女性に多いと言われています。 卵管癌 特に40~65歳に多く見られる、卵管に生じるがんです。 約半数は閉経後に発症しており、 大量の水っぽいおりものが最も特徴的な症状とされています。 更年期のおりものに血液が混じることはある? 更年期のおりものに血液が混じるケースは珍しくありません。 これは、更年期になると腟内の粘膜が薄くなるためです。 人間は年を重ねるにつれてあらゆる部位の皮膚が薄くなります。 顔や腕、足などの目に見える皮膚が薄くなるのと同様に、腟の中の粘膜も加齢によって少しずつ薄くなっていきます。 さらに、更年期のエストロゲン分泌低下による腟粘液の減少が加わることで乾燥が進み、ちょっとした刺激でも傷つきやすくなったり出血しやすくなったりしてしまうのです。 ただし、更年期の出血が混じったおりものが 病気のサインである可能性は捨てきれません。 子宮頸がんや子宮体がんといった病気では、 不正出血や、赤褐色や茶褐色のおりもの、場合によっては 悪臭を放つおりものが見られることがあります。 こうしたおりものが現れた場合には病気のおそれが考えられるため、婦人科で診察を受けましょう。 おわりに:更年期にはおりものが変化することもある 個人差はあるものの、更年期におりものの分泌量や状態が変化するのは決してまれなことではありません。 ただし、においや色によっては、腟炎や、がんなどの重篤な病気が疑われることもあるため、おりものの異常を感じたら早めに婦人科を受診してください。

次の