ハデス パチンコ。 アナザーゴッドハーデス【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

CR アナザーゴッドハーデス アドベント パチンコ,ボーダー,スペック,解析,保留,信頼度,予告,演出,まとめ

ハデス パチンコ

<図柄揃い後はラウンド数を決定するジャッジメント!! > ジャッジメント後はフラッシュバックで3パターンのキャラが登場! 出現キャラ以上のラウンドが確定し、ハーデスなら12R以上!! ボーナス種類と獲得ラウンド数 ボーナス種類 獲得ラウンド数 ケルベロスボーナス 6R以上 ペルセポネボーナス 9R以上 ハーデスボーナス 12R確変以上 アナザーゴッドボーナス 16R確変 図柄揃い後はラウンド数を決めるジャッジメントへ。 基本的に直後に出現するキャラとボーナスは対応しており、ハーデスなら12R確変以上が濃厚となる。 また、奇数は全ボーナスの可能性があるが、確変確定ではないことに留意したい。 逆に6Rは通常の割合がやや多め。 電チューであればこの傾向はより大きくなる。 確変の場合は100回転目にハーデスステージへ!? ヘソからの16Rは75%、電チューであれば82%が確変と大当りラウンドは高ラウンドほど確変の期待大。 6Rでは半数が通常となり時短の可能性が高くなる。 ハーデスの槍で大当り図柄を貫けるか!? 5 初当りのメインとなるキャラ系SPリーチはハーデスなら期待大。 逆にケルベロスやペルセポネはチャンスアップが重要で、リーチ中盤に『降臨』の文字出現から派生するハーデス共闘に期待しよう。 レジェンドオブハーデスSPリーチ 疑似3からのハーデスSP 発展で半数が大当りに直結! 初当りの王道であるキャラ系SPリーチはエレボスステージ同様にハーデスの登場がアツい。 槍ギミック発動で信頼度は高まるが、ケルベロスやペルセポネではチャンスアップが重要となりリーチ中盤のハーデス共闘や金系演出発生で激アツとなる。 ヘルゾーンSPだけは疑似2からの発展で期待度アップ。 パチンコ新規アクション搭載 演出期待度神速判明!! パチスロでお馴染みの演出がチャンスを報知。 特に期待度の高いハーデスの槍は、刺さればギミックを誘発する激アツのアクションだ。 冥界の扉は開放できれば大当り!? [タナトスミッション] 演出成功で強SPへ発展!? [図柄巨大化] 連続すればチャンス到来!? [紫炎] 液晶を覆いつくす紫の巨大炎 [チャンスボタン] ボタンプッシュで好機演出!? [ハーデスの槍] 刺さればギミックが発動!? [冥界の扉] パチスロと同じく扉開放で直当り!? ハーデスの槍ギミック 回転中orリーチ中にハーデスの槍ギミックが発動すれば、初当りの王道となるSP系へ発展。 ケルベロスorペルセポネはCUが必要なものの、ハーデスならそ時点で大当りは射程圏内となる。 パチスロ同様にハーデスならアツく、12 R以上の出玉+確変状態が確定する。 他ボーナスは全て 通常大当りの可能性があるが、ラウンド終了後にハーデス ステージに突入すれば確変確定となる GOD揃いは16R確変+保留連16R確変!? [ハーデス図柄] ハーデスボーナス (12R確変以上!! ) [紫7図柄] ペルセポネボーナス!? (9R以上通常or確変) [奇数図柄] 全ボーナスの可能性 (6R以上通常or確変) 図柄によってラウンド数や状態が変化する特徴を持 つ本機。 なかでもGOD図柄が降臨するとその瞬 間、至福の16R+保留連16Rとなり一撃4800発 +次回確変が濃厚となるのだ。 ジャッジメント スロットハーデスでお馴染みのジャッジメントは、選択さ れたキャラによりラウンド数と確変期待度が異なる。 上記 の表を見てわかる通り、ケルベロスよりペルセポネ、ペル セポネよりもハーデス登場がアツい!! 出現キャラ別の大当りラウンド数振り分け率 ヘソ入賞時 電チュー入賞時 ケルベロス ペルセポネ ハーデス ケルベロス ペルセポネ ハーデス 確変 6R 約8. ケルベロスやペル セポネ単体からの大当りではジャッジメントにて冥王 ハーデスの登場を祈ろう エレボスステージリーチ信頼度 内部通常 内部確変 ケルベロス単体 約4. 通常状態でも半 分以上が大当りに繋がるため引き 戻しの大チャンスとなる。 赤以外で は内部状態を問わず激アツの紫炎 予告や金ギミック発生にも期待し よう。 赤以外は紫炎予告発生に期待 エレボスステージ予告信頼度 内部通常 内部確変 保留変化 青 約0. 6~10. 確変が確定する演出が上の二つ。 さらにVや7図 柄が頻繁に止まれば内部確変の可能性が高まる。 内部確変状態で100回転目を迎えると 必ずハーデスステージに移行するぞ リーチをバックアップする激アツ予告 キャラ系リーチはハーデスSP発展が 初当りへの最速最強 ハーデス以外は金系チャンスアップ発生で灼熱!! 初当りのメインであるキャラ系SPリーチ。 ケルベロスとペルセポネはCUの有無が重要となっており、金系に期待しよう。 登場しただけでアツいハーデスもタイトルの色に注目。 金セリフはキャラを問わず大当り濃厚、歓喜の瞬間を覚えておこう。 金ならケルベロスでも信頼度78% 色別信頼度 白 赤 金 ケルベロスSP 約6. 出現時点で期待度大のデカ保留は、金なら信頼度9割と鬼アツ。 ケルベロスやペルセポ ネは疑似3でも弱いため強予告やその後のリーチに期待しよう。 更にパチスロお馴染みの『冥王』や『降臨』の鉄板文字も健在。 …約40. …約48. 3% プルート背景…約76. ケルベロスやペルセポネ単体からの大当りではジャッジメントにて冥王ハーデスの登場を祈ろう エレボスステージリーチ信頼度 内部通常 内部確変 ケルベロス単体 約4. 通常状態でも半分以上が大当りに繋がるため引き戻しの大チャンスとなる。 赤以外では内部状態を問わず激アツの紫炎予告や金ギミック発生にも期待し よう。 赤以外は紫炎予告発生に期待 エレボスステージ予告信頼度 内部通常 内部確変 保留変化 青 約0. 6~10. 確変が確定する演出が上の二つ。 さらにVや7図柄が頻繁に止まれば内部確変の可能性が高まる。 0個 -1. 0個 2240個 13. 1 13. 7 14. 2 2210個 13. 3 13. 9 14. 4 2180個 13. 5 14. 0 14. 7 2150個 13. 7 14. 2 14. 9 2120個 13. 9 14. 4 15. 1 時間別ボーダー&時給ライン(無制限営業) 4時間勝負 交換率 10時間勝負 ボーダー ライン 時給 1000円 時給 2000円 ボーダー ライン 時給 1000円 時給 2000円 19. 1 21. 5 24. 7 2. 50円 17. 4 19. 6 22. 4 17. 6 19. 6 22. 0 2. 86円 16. 5 18. 3 20. 5 17. 0 18. 8 21. 0 303円 16. 1 17. 8 19. 8 16. 0 17. 6 19. 4 3. 33円 15. 5 17. 0 18. 7 15. 4 16. 8 18. 4 3. 57円 15. 1 16. 4 18. 0 14. 3 15. 6 16. 9 等価 14. 3 15. 6 16. 9 3. 33円交換 10遊技の勝率一覧 千円スタート トータル勝率 50000円 以上の勝ち 50000円 以上の負け 14回 41. 96回 5570個 16R確変 (2180個:電サポ次回まで) 4. 96回 7730個 12R確変 (1640個:次回迄電サポ) 4. 96回 7180個 9R確変 (1230個:次回迄電サポ) 4. 96回 6780個 6R確変 (820個:次回迄電サポ) 4. 96回 6370個 16R通常 (2180個:電サポ100回) 2. 10回 3610個 12R通常 (1640個:電サポ100回) 2. 10回 3070個 9R通常 (1230個:電サポ100回) 2. 10回 2660個 6R通常 (820個:電サポ100回) 2. 7回 初当り平均出玉 5570個 電サポ割合 43. 5回 12R 91. 9回 9R 68. 9回 6R 45. 5円 3. 03円 3. 33円 3. 57円 4. 5円 3. 03円 3. 33円 3. 57円 4.

次の

ハーデース

ハデス パチンコ

2章27節、31節では、16篇10節のシェオルがハデスと訳されている。 これは、死後の世界をさしており、肉体的な死と神のとの間の中間状態を指している言葉である。 使徒言行録2章25節-31節では死とハデスを同義語として用いている。 11章23節では、がハデスに落とされるとが発言している。 これは、シェオルが地下にあるというの概念に関係がある。 マタイによる福音書16章18節では、ハデスはの敵であり、の本拠地であり、サタンと同義語に用いられている。 16章19節-31節のの話は、ハデスで金持ちが苦しんでいる記述から、ハデスが苦しみの場所であることを表している。 と金持ちがお互いに行き来できない別々の場所にいたということから、ハデスが二つに分けられている可能性を示唆している。 しかし、伝統的な解釈では、大きな淵とは、ハデスと天国の淵のことである。 ユダヤ文献では通常の居場所はハデスではなく天である。 エホバの証人の理解 [ ] 詳細は「」を参照• ハデスは旧約聖書におけるシェオルと同列に置かれ、人類共通の墓もしくはその領域と定義される。 ハデスにいる者には何の意識もなく( 9:5、10)、象徴的な場所であり現存する特定の場所ではない。 16章19節から31節の、のは寓話的なものであり、による永遠の責め苦を表してはいないと解釈する。 このたとえ話は見下げられていたユダヤ人との状況の変化を表しており、火はパリサイ人に宣告される裁きの音信を指して用いられている。 脚注 [ ] []• 「ルカの福音書」『』385ページ 参考文献 [ ]• 『新聖書辞典』、1985年• 『聖書に対する洞察』 第1巻、ものみの塔聖書冊子協会、1994年、131頁。 『聖書に対する洞察』 第2巻、ものみの塔聖書冊子協会、1994年、516-517頁。 関連項目 [ ]•

次の

【パチンコ新台2019】Pアナザーゴッドハーデス2

ハデス パチンコ

4 97. 8 99. 7 102. 9 105. 1 111. 9 115. 非常に優秀な数値と言えますが、天井狙い1回あたりの平均消化時間や勝率も考慮すると、750G付近から狙っていくのが理想的だと思います。 1枚役を狙っていく場合には左リールに冥王絵柄を狙い、上段に冥王絵柄が停止した場合に中・右リールの目押しが必要です。 右リールは紫7orデカチリを狙い、中段に紫7orデカチリ下が停止した場合には中リールに枠上付近にデカチリを狙います。 ただ、目押しに時間が掛かり過ぎるのは非効率的なので、その場合はフルウェイトで消化することを優先しましょう。 朝一リセット挙動 朝一リセット時には特にこれといった恩恵はなし。 また、リセット時のモード移行抽選には特に大きな設定差はありません。 変更判別に関しては、400G&800Gでのヘルゾーン煽りを活用することができます。 設定判別要素 ミリオンゴッドシリーズということで、過去シリーズと同じく設定判別難易度は非常に高め。 メインとなる初当たり確率を中心に、謎当たりや特殊抽選でのGG当選から設定を絞り込んでいく形となります。 また、GG開始時のステージ(モード)選択率や、ヘルゾーン突入率にも設定差が付けられているため、設定狙いでは合わせてチェックしておきましょう。 液晶出目 液晶出目によって滞在モードを示唆しており、中には上位モード濃厚となる出目や、本前兆濃厚となる出目も存在します。 全てのパターンを網羅するのは大変ですが、上位モードや本前兆を見逃すことのないよう十分注意が必要です。 リーチ目に関しては語呂合わせが多いですし、液晶出目には一定の法則があるので、ある程度把握しておけば他のシリーズでも応用が効きます。 前兆示唆演出 先述に挙げた液晶出目の他、演出でも滞在モードや前兆を示唆しています。 こちらに関しても本前兆or天国滞在濃厚となるパターンが存在するため、確実に把握しておきたいところです。 モード移行率 パチスロ「アナザーゴッドハーデス」にはGG直当たりに関わる8種類のモードと、自力CZ「ヘルゾーン」当選に関わる5種類のモード、そしてGG中の上乗せに関わる5種類のモードが存在します。 設定判別要素として活用していくことは難しいですが、上位モード滞在時には明らかに液晶演出・出目が騒がしくなるので、それらを参考にしてやめどきをしっかりと見極めていきましょう。 ヘルゾーン 先述の通り、ヘルゾーン当選率に影響するモードは全5種類となっています。 滞在率が最も高い「ヘル低」中はヘルゾーン当選にほぼ期待は持てませんが、上位モードへ移行すればするほどヘルゾーン当選&連チャン期待度がアップ。 ヘルモード滞在濃厚となる演出も存在するため、前兆・モード示唆演出と合わせて押さえておきましょう。 ジャッジメントループ抽選 ジャッジメント(GG)当選時にはループ率が選択され、ループ抽選に漏れるまでストック抽選が行われます。 レア小役からの直乗せにはあまり期待が持てず、ジャッジメントからの上乗せでGGを継続させていくことになります。 ラッシュオブケルベロスは最も上乗せ性能が低いジャッジメントではありますが、レア小役を引くことができれば3ケタ上乗せにも期待が持てます。

次の