ヒラギノ 角 ゴシック。 ヒラギノ角ゴ ProN W6

ゴシック体を見分けよう

ヒラギノ 角 ゴシック

Mac OS 10. 9とWindows 8. 1から游書体が標準搭載されている。 とはいっても、今までどおりヒラギノとメイリオでいいやと思っていた。 しかし、見比べてみたら游ゴシックが思った以上にキレイ! 個人的にはヒラギノよりもやわらかい感じで游ゴシックの方が好き。 これからは、font-familyには是非とも游ゴシックを指定したい。 Macはlightが搭載されていない。 個人的には、細いフォントが好きなので、Windowsの游ゴシックが一番キレイに見える。 ベースにしたいfont-family指定 結論から言うと、游ゴシックを頭にして、ヒラギノ、メイリオを指定する。 もちろん、アルファベットは別指定とかメイリオはバグが多いから避けるとかはあるけど、日本語の基本指定はこれでいいかな。 font-family : "游ゴシック体" , "Yu Gothic" , YuGothic , "ヒラギノ角ゴ Pro" , "Hiragino Kaku Gothic Pro" , "メイリオ" , "Meiryo" , sans-serif ; 参考サイト 伝わるデザイン デザインの基本がとてもわかり易く説明されたサイト。 フォント以外の内容も役に立つ。 フォントについては、以下にわかりやすく基本からおすすめまで説明されている。 游ゴシックのLightはWindowsのみなどの情報もある。 特に、フォントの搭載状況が参考に。

次の

パッケージ製品

ヒラギノ 角 ゴシック

ヒラギノ角ゴシック体 W0• これまでで最も細い「ヒラギノ角ゴ W1」の約半分の線幅で設計された超極細ゴシック。 極細ながら、ヒラギノ角ゴシックの特徴である画線先端のアクセントや仮名の線の微妙な抑揚、ハライ先端の切り口の処理などはしっかり踏襲し、細部に至るまで調整。 均整のとれた骨格と均一なグレートーンが、他にはないクリアで洗練された印象を演出します。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W1• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W2• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W3• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W4• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W5• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W6• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W7• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W8• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノ角ゴシック体 W9• くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。 明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴ W3• ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。 ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴ W4• ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。 ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴ W5• ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。 ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴ W6• ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。 ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴF W3• サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。 漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴF W4• サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。 漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴF W5• サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。 漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。 ヒラギノUD角ゴF W6• サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。 漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。 欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。 ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。 お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

次の

パッケージ製品

ヒラギノ 角 ゴシック

新ゴ(モリサワ) 出版物から街の案内板まで、至るところで目にする定番フォント。 正方形の枠いっぱいに文字を置くことでモダンな雰囲気を出している。 ヒラギノ角ゴ(字游工房) iPhoneなどアップル製品の日本語フォントに採用されたことで広まった。 字の余白面積を均一に見せることで都会的な印象を生んでいる。 ゴシックMB101(モリサワ) 主に雑誌のタイトルやキャプション、広告の見出しなどでよく見かけるフォント。 新ゴと同じモリサワによる、昔からの定番ゴシック体。 小塚ゴシック(アドビ) 商業利用はあまり見かけない。 Adobe製品に付属。 プログラムによって極細と極太から中間の太さを自動生成する手法で制作された。 游ゴシック(字游工房) 2013年にWindowsとMac両方に搭載され、初めて両OSで共通のフォントが使えるようになった。 クセがなく読ませる用途に向いている。 中ゴシックBBB(モリサワ) モリサワの本文向け書体。 余白を多めに取り、かなを漢字よりひと回り小さくすることで長文が読みやすいよう工夫されている。 平成角ゴシック体(日本タイプライター) 商用利用はほとんど見かけない。 Microsoft Officeに付属。 MSゴシックよりは高品位な印象を与えるが、游ゴシックには叶わない。 画面用に横画が一直線で、これを印刷物に使うと不思議な印象を与える。 MSゴシック(リコー) 大昔からWindowsで使われてきたフォント。 デジタルフォントが充実してきたいま、あえて使う理由は見当たらない。

次の