グッバイ君。 グッバイ (小田和正の曲)

『Hello, Goodbye』The Beatles 歌詞和訳|『ハロー・グッバイ』ビートルズ

グッバイ君

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

君と旅立とう

グッバイ君

聴いてください。 とコメントしています。 確かにコメントの通り、楽曲は別れを扱った楽曲ながらも女々しさのようなものはあまり感じられず、ある意味で 別れへの決意のようなものが感じられる歌詞となっています。 楽曲名「夜漁り」とは なかなか日常で頻繁に使うことはありませんが、動詞 「漁る」は• 動物がえさを探し求める• 物や人を探し回る といった意味になっています。 楽曲中での主人公はもちろん食べ物を求めているわけではないので、ここでは 後者の意味。 ふと夜中に昔が恋しくなって、記憶の中で大切な人を探し回る… そんな主人公の様子を 「夜漁り」と表現しているのではないでしょうか。 スポンサーリンク 歌詞 グッバイ もう戻れないからグッバイ 灯る場所には グッバイ たおやかな火 君のことだよ 午前2時恋しくなる 過去だけは認めたまま ああ、軽いキスも重いキスもしたけど 言ったそばから 君とはもう 会えない もう会えない 夜を漁るあいにくの御心で 燃えない もう超えない 恋はそこに寂しく転がってる さすらうのは 予備の心 本当はもう 此処にあらず あまりにも切ないけど 君とはもう 会えない もう会えない 夜を漁るあいにくの御心で 燃えない もう超えない 恋はそこに寂しく転がっては 癒えないし 飾れない 電話したら夜が曲がるだけだし そんな二人はもう はなればなれ このまま時は過ぎる 止まない 夜の餌 君はどこで悲しみに耽るのか 会えない もう燃えない 寂しそうな転がり方見てると 恋はきっとわがままだし 夜の底は途方もない グッバイ グッバイ 会えぬ人よ 流体みたいだ 作詞:川谷絵音 歌詞の意味・解釈 1番 グッバイ もう戻れないからグッバイ 灯る場所には グッバイ たおやかな火 君のことだよ 楽曲で描かれるのは、 とある二人の恋愛模様。 「グッバイ」 という単純明快な一言から楽曲が始まることが全てを物語っていますが、 二人の関係はすでに終わりを迎えようとしています。 君の元にはもう戻れないからグッバイ。 淡々と終焉を告げる主人公。 性別は明らかではありませんが、この記事では便宜上女性としてと表現していきます。 先に結末だけが語られているこのパートだけを見るとひどく薄情ですが、後の歌詞でこの別れに至るまでの経緯が語られていくことで 楽曲の切なさは急速に加速していきます。 午前2時恋しくなる 過去だけは認めたまま ああ、軽いキスも重いキスもしたけど 言ったそばから 君とはもう 時刻は 午前2時。 別れを告げる主人公ですが、夜の闇の真っただ中にふと「君」と過ごした過去を思い出してはもの恋しさを痛感しています。 軽いキスも重いキスもした。 間違いなく二人は恋をしていた。 一見すると淡泊な関係にも思えましたが、二人には時間を共にしていた膨大な時間があったことがここから窺い知れますね。 二人の関係は決して、薄っぺらく空虚なものではありませんでした。 十分に恋しくなるに値するほどの幸せな過去が、キスを重ねるほどの恋心が、確かに二人にはあったのです。 しかしそれとこれでは話は別。 幸せな過去があったことは自分の中で認めながらも、 それでもなお「君」から離れようとする心が主人公の中には蔓延っています。 サビ1 会えない もう会えない 夜を漁るあいにくの御心で 燃えない もう超えない 恋はそこに寂しく転がってる どれだけ過去を恋しく思おうと、そう思ったそばから 「君とはもう会えない」という感情が主人公を突き放します。 もう君とは会えない。 主人公がこれほどまでに別れに執着する理由は、最後の 「恋はそこに寂しく転がってる」という歌詞に集約されているのではないでしょうか。 恋というものは直感的な激情だとよく言われます。 「恋に落ちる」なんて表現からもわかるように、自分の意志とは無関係に恋心に支配され人は盲目的になります。 恋に溺れ、恋に身を焦がす。 恋は自分を内側から突き動かす、どうしようもない感情の動きなのです。 「恋はそこに寂しく転がってる」 しかしここでは、激しい感情であるはずの恋がそこに転がって見えています。 俯瞰的に恋を捉えられている時点で もはや主人公は恋をしていません。 「寂しく転がっている」という表現からも、その熱量の小ささは明らかでしょう。 もう燃えないし、もう超えない。 当時の恋心の様な衝動的な感情はきっともう戻ってこないのだとわかっているから、彼女は「もう会えない」のだと突き放しているのです。 会ってもただ過去が恋しくなるだけ。 決して「君」と過ごした幸せな時間を忘れたわけではないし、会いたくないわけではないけれど、もう会うことなんてできないのです。 「夜を漁るあいにくの御心で」 誰も責めることはできないし、もはやどうすることもできない。 満ち足りない、どうしようもない切なさを抱え込んだ主人公は心を埋め合わせる何かを必死に探し求め、深夜2時の闇を彷徨っています。 2番 さすらうのは 予備の心 本当はもう 此処にあらず あまりにも切ないけど 君とはもう 深夜のやるせない感情を埋める何かを求め、さすらう主人公。 どこかで未だ「君」との関係に諦めがつかず、必死にもがいているようにも感じます。 しかし彼女は、 本当の自分の気持ちにもう気付いてしまっています。 「さすらうのは予備の心」 ただ「君」から自分が離れていくのが怖くて、予備の心で彷徨い歩いているだけ。 本当の心は、もうとっくに遥か彼方へ離れてしまっているのです。 どこかで「君」を諦めきれないし傷つけたくないその一方で、もう君から離れていこうとする自分がいるという悲しすぎる現実が主人公を襲っています。 君を忘れたいわけではない。 あまりにも切ないけど、君とはもう。

次の

君と旅立とう

グッバイ君

今回は、Beatles(ビートルズ)の• Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ) の歌詞を和訳したいと思います。 中学生でも簡単に和訳することができる英文ですが• 内容は深い と感じるものがあります。 作詞作曲者であるポール・マッカートニが The answer to everything is simple. 全ての答えはシンプルなものさ。 これは、全と無についての曲なんだ…人はすべからく黒をもつなら白をもつ。 それは、人生の素晴らしい点なんだ。 とことを参考に、歌詞と向かい合うのがおすすめです。 デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)という曲 Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)は、、1967年11月に発表された16枚目のシングル曲である。 レノン=マッカートニー名義の作品だが、主にポール・マッカートニーが作った曲でリード・ボーカルも彼が担当している。 エンディングの演奏は、メンバーのアドリブである。 片方が止まれば、片方は動き出す。 「こんにちは」と言えば、「さようなら」と去っていく。 これらの対立表現から、ふたりが同じ空間に長くいられない磁石のNとSのような存在だと示唆している。 つまり、彼らは点として決して交わることがない。 「なぜ」に対して「わからない」と答えれば、そこで会話は終わるというディスコミュニケーションが簡潔に描かれる。 合間に挟まれる「Oh no」という表現から、これは彼自身が望んだ状態ではないとわかる。 ポイントはこのような相反する相手に対して、彼が繰り返す言葉が• Hello であるという点だ。 つまり彼は、 自分とは全く異なる対象を好意的に歓迎する言葉を何度も 繰り返してる。 この曲が描くのは• 決して分かり合えない人間 の別れと解釈できるが「Hello」を繰り返す彼は、まだ二人の関係を諦めていない。 自分とは全く異なるパーソナリティをもつ相手を必要としている。 さらに言えば、世の中の• あらゆる対立概念 が反発しあいながら、交わることも理解し合うこともできない様を描きながら、それらの相互的な• 対話の試み を描いてるといえる。 正反対の存在が反発しあいながら、互いを必要としてバランスをとっている様が描かれていると解釈できる。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ) の歌詞を和訳しました。 とてもシンプルな歌詞ですが非常に深いと感じますし、ビートルズの曲の中で好きな1曲です。 There are Geminian influences here I think: the twins. You say goodbye, I say hello. You say stop, I say go. I was advocating the more positive side of the duality, and I still do to this day. 思うに、僕の星座の影響があるんだよ、つまり双子さ。 まさに双対性の曲で、僕はより前向きな方を主張してる。 君はグッバイと言い、僕はハローと言う。 君は止まれと言い、僕は進めと言う。 僕は、よりポジティヴな方を主張してたんだ、そして今も変わらないよ と語っています。 これはポール・マッカートニーが作詞した、多くの曲に見られる特徴だなと感じます。 代表曲「」という曲も同じです。 「昨日」という誰もが単純にネガティブ(後ろ向き)な表現に落としがちな言葉を• 昨日=悩みとは無縁• 今日=悩みが日常化 という対立に据えたうえで「I believe in yesterday(僕は昨日を信じるさ)」と繰り返します。 つまり、不幸の陰りを漂わせる今日という日々を流されるままに継続したくないという抵抗です。 悩みのなかった幸福に満ちていた「昨日」を僕は信じる。 そういった日々を、僕は連れ戻せるはずなんだ、と自ら言い聞かせるように唱えています。 他にも「」という曲では、明らかに終わりが見えてる男女を描いています。 それでも男側は馬鹿みたいに最後には We can work it out 俺たちはうまくいく We can work it out ふたりはうまくやれるさ と呪文のように唱えています。 ポール・マッカートニーの書く曲は、楽観的に見えるようで実は• 負の側面 に気づいています。 背中合わせになってる陰の要素を知ってるうえで、それでも自ら主体的に• より光に満ちた方を主張する んです。 人間ってポジティブなものよりネガティブなものに惹かれるものですし、その方が簡単なんです。 (それか無理やりネガティブを排除する) でも、そうしない。 負を排除しようとせず、ただ受け入れて立場として正を主張する。 この選択的な姿勢に、力強さのようなものを感じます。 一般的に、ポール・マッカートニーよりジョン・レノンの歌詞の方が、難解で深遠だと感じる人が多数でしょう。 でも簡単なことを難しく語るより、難しいことを簡単に語ることの方が圧倒的に難しい。 私は、この曲を聴くたびに思います。 誰にでも当てはまる普遍性をもった曲。 言語的なセンスというより、俯瞰的な視座という着想・視点の問題かもしれません。 ポール・マッカートニーの曲を聴くと、悩んでも常に光の方を選ぶ人でありたい、と思います。 どんなに辛い時でも楽観性を忘れず 物事の両面をみる視野の広さを保ち 負に引き寄せられない強さを、自分の心に育てながら生きたいと思わずにはいられません。

次の