ファブル 洋子 死ぬ。 漫画「ザ・ファブル」感想 変顔、変顔、そして変顔w

ザ・ファブル4巻を無料の漫画村で読める?rar,zip,pdfは違法じゃない?

ファブル 洋子 死ぬ

クロ「スズムシはいつまで拝んでんねん~ 早よ手伝えや!」 そこから少し離れたバンの影で、山岡はスズムシに銃を向けていた。 バンの車内では洋子とユーカリが山岡に狙いをつけようとゆっくり移動していた。 スズムシ「うあ~!! 」 スズムシは背後にいる山岡に裏拳を放つ。 山岡はガードしてスズムシの膝裏を蹴り、跪かせる。 ) 車内では、洋子がユーカリに頸動脈を抑えられていた。 マツとクロはバンの中の洋子達が動くのを待っている。 」 感想 散歩前の男・・・・。 それを聞いてミサキは嬉しそう~。 三方向の考え・・・・。

次の

【ネタバレ感想】原作未読。華麗なアクションと笑いありの作品!【ザ・ファブル】

ファブル 洋子 死ぬ

ザ・ファブル【第240話 最終回 】のネタバレ 洋子がキャンピングカーを運転する。 慣れ親しんだ人や場所を車窓に見て、洋子はこみ上げる想いがあるようだ。 洋子「別れって慣れないわね~~」 アキラ「あー、でもまた会う楽しみもある」 洋子はアキラに、ボスとどんな話をしたのか尋ねる。 ボスとアキラが語ったこととは ーーー場面はボスとアキラの回想に移る。 なんで山岡をやらなかったのかと問うボス。 アキラは殺るつもりで乗り込んだが、いろいろと頭によぎったという。 この町で出会った人達や、自分に良くしてくれる人達。 殺さなくても、何か他の選択肢があるんじゃないのかと、悩んだと言うのだ。 プロ失格だなと言うボス。 が、休業中に心境も変わったようだというと、合格だと告げる。 ボスは、殺し屋の世界もやり方を変える時がきてるという。 そんななか、用無しのアキラに1年休業を与えて様子を見ることで、殺しの腕を落とし、どう心境が変わるのか見ようと言うのだ。 ボスは、アキラを見て何か良い行いを残しても悪くないと思ったという。 そしてアキラに、人助けをしろと言い放つ。 年よりの荷物を持つだけといった小さなことでもいいし、悪徳ヤクザの組を丸ごと潰すでもいい。 そうすれば、育てた自分もどこか救われると言う。 そしてボスは、アキラたちのGPSは携帯ではなく、手のチップであることを明かしたのでした。 —場面は再び車中のアキラと洋子に。 手の中にあることを知り、驚く洋子。 一般には出回ることのない、ナノテクノロジーだという。 必要なエネルギーは心臓の鼓動や血流で、細胞に含まれる科学エネルギーから得ているという。 自分で取り除いてもいいし、埋め込んだままでも組織は一切関与しないとアキラは言うが、洋子はボスは言いが、山岡の例もあって組織は信用できないと言う。 アキラは、何かを思い出したように「あーー」と言う。 ーーー場面はボスとアキラの回想に移る。 ボスに山岡はどうしてあんな行動に出たのか尋ねるアキラ。 ボスは、山岡の心情は山岡にしかわからないと言ったうえで、どんな良いゲームや映画もずっとやってれば飽きる。 恐怖なき人生に、あいつはウンザリしたのではと推察したのだった。 一週間後… ーーー1週間後。 ミサキは、アキラへとメールを送る。 こっちはあれから本当に平和だといい、例の2人は驚くほど真面目で、元の顔を忘れるくらい普通に暮らしていると言う。 知らないのは社長だけなのも、今となっては笑えるというのだ。 アキラがアザミに預けたお金は、借金の返済にあてたといい、気を遣わせたことを謝罪するミサキ。 その後、実家の母に借金のことと結婚のことを話し、母も感謝していたという。 すると、電車に乗るミサキは痴漢に襲われる。 が、それに気づいたミサキは、コンパクトナイフでその痴漢を撃退。 アキラに、強くなっちゃったと語り掛けるのでした。 その頃、アキラと洋子は、キャンピングカーを薄暗い駐車場にとめ、レイプ魔を待ち伏せしていました。 待ち伏せするなか、洋子が作った料理は「幼虫の素揚げ」。 洋子は普通のご飯が食べたいといい、アキラは明日買い出しに街に行こうかと言います。 そんな中、窓からは怪しげな車が確認できました。 アキラは、「ちょっと行ってくる」というのでした。

次の

漫画「ザ・ファブル」感想 変顔、変顔、そして変顔w

ファブル 洋子 死ぬ

スポンサードリンク あらすじ 洋子の家 洋子が、山岡の死角から振り下ろしたフライパンは山岡にあっさり避けられた。 洋子はフライパンを落とすが、押すような蹴りを放つ。 山岡は蹴りを食らってしまい、軽く後ろによろめく。 洋子は乗っていた冷蔵庫から降りる。 感想 道筋がある女・・・・。 距離をとるための蹴りでダメージは無いけど・・・それに山岡は手加減はしてくれたみたいだけど・・・・。 2回も死んだけど・・・・。 組織入りの経緯・・・・。 クロは感が悪いから~? 「喧嘩が強い」だけでは殺し屋としては役に立たないからな~。 筋書きありの男・・・・。 社長は小島編、宇津帆編に続き、また巻き込まれてしまうのか~? 筋金入りの演じていない『良い人』だが、今回はどうなるか・・・・。 この一週間ではまってドドドと5〜15巻まで購入しちゃいました。 その後の展開を知るのに大変お世話になっております。 海老原が入院中にボスが現れて、色々説明してる中、佐藤のことを、「才能を見出して幼少から鍛えた」という意味のことを言っていました。 これだと場合によっては洋子と同じく、才能に目を付けて実の親から奪ってきて育てたと取れる。 ボスは、ランボーナイフについて、時代遅れの名刀だが「捨てられない」。 ボスは佐藤に対しても同じようにみていて、「処分したくない」と言っていた。 しかし、その章の事件が落着した終わりに、ボスはお気に入りのランボーナイフを手放して佐藤に贈るのである。 「捨てられない」と言っていたナイフを手放した。。。 何か不穏な布石がこの章の終わりに描かれれている。 その後は楽しいキャンプ編の章へ突入。。。

次の