じっと 我慢 の 子 で あっ た。 『じっと我慢の子であった』by kamura : IRISH PUB CELTS 八重洲店 (ケルツ)

『じっと我慢の子であった。』by ingridb : 美はる (みはる)

じっと 我慢 の 子 で あっ た

日本でクリスマスのごちそうといえば、ローストビーフ、ローストチキンでしょうか。 生活クラブで年に一度、丸鶏が出てくるのもこのシーズン。 クリスマスは別の料理を作るので、クリスマスに食べるわけではないんですが、丸鶏好きとしては見過ごせません。 生活クラブで出ていた、秋川牧園の1. 8kgの中抜き丸鶏を注文しました。 8kgだとけっこう大きいですね。 スーパーでよく売られているのは1kg前後なので、差は歴然です。 1kg前後だと扱いやすく、若鶏なので味はあっさりしています。 好み、そしてオーブンや鍋などの調理器具のキャパシティとの兼ね合いですね。 カッチカチの冷凍だったので、和室の違い棚に置いておきました。 一晩でほぼ解凍されていましたよ。 今年は、なんとなく「栗ときのこのピラフ」を詰めたいと考えていて、その方向で作ることに。 まずはマリネです。 「オリーブオイル、白ワイン、塩、にんにくスライス、ちぎったローリエ」で半日マリネ。 材料は、たまたま家にあったものばかりです。 (マリネのレシピは千差万別なので、クックパッドなどで見てみてください) なんとなくボウルでやってしまったんですが、本当は、鶏がすっぽり入るビニール袋に入れたほうがよりマリネ液がまわりやすいです。 詰め物の作り方はこんな感じです。 1.フライパンなどで、みじん切りにした玉ねぎをバター&オリーブオイルで炒めます。 軽く塩をします。 2.玉ねぎが透き通ったら、適当に切ったマッシュルーム、裂いた舞茸を入れます。 ここでも軽く塩をします。 3.全体に油がまわったら甘栗を割りながら入れます。 4.米、鶏ガラスープを入れて全体がなじんだら火を止めます。 お米は「ワイルドライス」を使いたかったんですが、調べるとけっこういいお値段だったので毎日食べているお米にしました。 (ワイルドライスは米ではなく、マコモダケの種子だそうです。 北米が産地。 おいしいですよ) 粗熱を取って、マリネ後の鶏のおなかにつめていきます。 今回は、首付きだったので、切って一緒におなかに入れてしまいました。 (首肉はいい味が出るんです) お米がふくらむ分、少し余裕を持たせましょう。 最後、鶏の皮を引っ張ってタコ糸で縫うか、竹串や爪楊枝で縫うように留めていきます。 あまった詰め物は、別途鍋などで炊いてください。 もっと簡単にしたいなら、フレッシュハーブ (タイム、ローズマリー、セージなど)とレモンをぎっしり詰めるという方法もアリ。 鶏の足はくるぶしのところでクロスさせてタコ糸で縛ります。 手羽は爪楊枝を指して本体まで貫通させ、固定します。 天板にゴロッと切った野菜 (今回はカブ、にんじん。 じゃがいもなどもおすすめ)を置いて、その上に鶏をのせ、いざオーブンへ。 今回は、 「230度で15分+180度で50分」 で焼きました。 焼いている途中、何度かオリーブオイルをシリコン刷毛で塗りました。 こうすると、皮がパリッとしておいしいです。 おお、なかなかの焼き上がり! いかにもおいしそうな色ですね。 天板に残った肉汁は小鍋に移し、 「レモン汁、塩、バター、白ワイン」と合わせて煮立て、ソースとします。 コクがありながらさっぱりしていて、なかなかよく合いました。 しかし、いざ切り分けようとしたところ、問題が。 なんと内側と下が生焼けだったのです。 さらに、詰め物の米は生のまま! パリッときれいに焼けた上部の肉だけ削いで、鶏をひっくり返して再度オーブンへ。 180度30分。 これでなんとか肉には火は通りましたが、腿の奥はまだ赤みがあります。 詰め物は相変わらず。 蒸し焼きになって鶏からも水分が出るからと、水分を少なくしたのも良くなかったみたいです。 うーむ。 今回は大きめの鶏でどのみち完食はできなかったので、翌日に持ち越しとしました。 翌日の昼食でリメイクです。 鶏の肉を根気よく全部削いで、中の詰め物も合わせ、さらに残った付け合わせロースト野菜も細かく切って混ぜ、とりがらスープを足して薪ストーブオーブンへ。 今度は水分が多くて、柔らかめのピラフという感じに仕上がりました。 味は、最高! ローストチキンはそのものも最高だけれど、残った分で作るリメイクもかなりおいしいんですよね。 まさに「一石二鳥」です。 しかし、ローストチキンは長時間加熱がキモなんですね。 今回ならば、180度にしてから1時間半くらい焼いてもよかったです。 そうすると上の皮が焦げてくるので、アルミホイルを被せる手当が必要です。 もしくは、途中でひっくり返すか。 ただ、そうすると上のパリパリの皮が台無しになってしまうか……。 うーん、いずれにしても修練が必要です。 来年に備えて、ツルヤでときどき出てくる丸鶏で練習しておきます。 丸鶏というとハードル高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、いろんな部位を味わえ、グラムあたりは割安で、さらに解剖学的にも面白いのでおすすめです。 焼けば皮は北京ダック級に旨くなり、煮れば骨からもだしが出て味は最高。 ぜひ、お試しください。 来週は、腿を取った冷凍丸鶏が来ます。 (懲りない……) 今度はこれでサムゲタンを作る予定です。 またレポートいたします。 gyogo.

次の

じっと我慢の・・・

じっと 我慢 の 子 で あっ た

日本でクリスマスのごちそうといえば、ローストビーフ、ローストチキンでしょうか。 生活クラブで年に一度、丸鶏が出てくるのもこのシーズン。 クリスマスは別の料理を作るので、クリスマスに食べるわけではないんですが、丸鶏好きとしては見過ごせません。 生活クラブで出ていた、秋川牧園の1. 8kgの中抜き丸鶏を注文しました。 8kgだとけっこう大きいですね。 スーパーでよく売られているのは1kg前後なので、差は歴然です。 1kg前後だと扱いやすく、若鶏なので味はあっさりしています。 好み、そしてオーブンや鍋などの調理器具のキャパシティとの兼ね合いですね。 カッチカチの冷凍だったので、和室の違い棚に置いておきました。 一晩でほぼ解凍されていましたよ。 今年は、なんとなく「栗ときのこのピラフ」を詰めたいと考えていて、その方向で作ることに。 まずはマリネです。 「オリーブオイル、白ワイン、塩、にんにくスライス、ちぎったローリエ」で半日マリネ。 材料は、たまたま家にあったものばかりです。 (マリネのレシピは千差万別なので、クックパッドなどで見てみてください) なんとなくボウルでやってしまったんですが、本当は、鶏がすっぽり入るビニール袋に入れたほうがよりマリネ液がまわりやすいです。 詰め物の作り方はこんな感じです。 1.フライパンなどで、みじん切りにした玉ねぎをバター&オリーブオイルで炒めます。 軽く塩をします。 2.玉ねぎが透き通ったら、適当に切ったマッシュルーム、裂いた舞茸を入れます。 ここでも軽く塩をします。 3.全体に油がまわったら甘栗を割りながら入れます。 4.米、鶏ガラスープを入れて全体がなじんだら火を止めます。 お米は「ワイルドライス」を使いたかったんですが、調べるとけっこういいお値段だったので毎日食べているお米にしました。 (ワイルドライスは米ではなく、マコモダケの種子だそうです。 北米が産地。 おいしいですよ) 粗熱を取って、マリネ後の鶏のおなかにつめていきます。 今回は、首付きだったので、切って一緒におなかに入れてしまいました。 (首肉はいい味が出るんです) お米がふくらむ分、少し余裕を持たせましょう。 最後、鶏の皮を引っ張ってタコ糸で縫うか、竹串や爪楊枝で縫うように留めていきます。 あまった詰め物は、別途鍋などで炊いてください。 もっと簡単にしたいなら、フレッシュハーブ (タイム、ローズマリー、セージなど)とレモンをぎっしり詰めるという方法もアリ。 鶏の足はくるぶしのところでクロスさせてタコ糸で縛ります。 手羽は爪楊枝を指して本体まで貫通させ、固定します。 天板にゴロッと切った野菜 (今回はカブ、にんじん。 じゃがいもなどもおすすめ)を置いて、その上に鶏をのせ、いざオーブンへ。 今回は、 「230度で15分+180度で50分」 で焼きました。 焼いている途中、何度かオリーブオイルをシリコン刷毛で塗りました。 こうすると、皮がパリッとしておいしいです。 おお、なかなかの焼き上がり! いかにもおいしそうな色ですね。 天板に残った肉汁は小鍋に移し、 「レモン汁、塩、バター、白ワイン」と合わせて煮立て、ソースとします。 コクがありながらさっぱりしていて、なかなかよく合いました。 しかし、いざ切り分けようとしたところ、問題が。 なんと内側と下が生焼けだったのです。 さらに、詰め物の米は生のまま! パリッときれいに焼けた上部の肉だけ削いで、鶏をひっくり返して再度オーブンへ。 180度30分。 これでなんとか肉には火は通りましたが、腿の奥はまだ赤みがあります。 詰め物は相変わらず。 蒸し焼きになって鶏からも水分が出るからと、水分を少なくしたのも良くなかったみたいです。 うーむ。 今回は大きめの鶏でどのみち完食はできなかったので、翌日に持ち越しとしました。 翌日の昼食でリメイクです。 鶏の肉を根気よく全部削いで、中の詰め物も合わせ、さらに残った付け合わせロースト野菜も細かく切って混ぜ、とりがらスープを足して薪ストーブオーブンへ。 今度は水分が多くて、柔らかめのピラフという感じに仕上がりました。 味は、最高! ローストチキンはそのものも最高だけれど、残った分で作るリメイクもかなりおいしいんですよね。 まさに「一石二鳥」です。 しかし、ローストチキンは長時間加熱がキモなんですね。 今回ならば、180度にしてから1時間半くらい焼いてもよかったです。 そうすると上の皮が焦げてくるので、アルミホイルを被せる手当が必要です。 もしくは、途中でひっくり返すか。 ただ、そうすると上のパリパリの皮が台無しになってしまうか……。 うーん、いずれにしても修練が必要です。 来年に備えて、ツルヤでときどき出てくる丸鶏で練習しておきます。 丸鶏というとハードル高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、いろんな部位を味わえ、グラムあたりは割安で、さらに解剖学的にも面白いのでおすすめです。 焼けば皮は北京ダック級に旨くなり、煮れば骨からもだしが出て味は最高。 ぜひ、お試しください。 来週は、腿を取った冷凍丸鶏が来ます。 (懲りない……) 今度はこれでサムゲタンを作る予定です。 またレポートいたします。 gyogo.

次の

ローストチキンはじっと我慢の子であった

じっと 我慢 の 子 で あっ た

あなたがいつもの場所で待っている。 日はいつまでも高く、これからが一番宵を楽しめる季節だ。 お疲れ、暑いね~ ほんとだよ、夏だね、もう。 日銀通りをまっすぐ日本橋方面へ、永代通りを渡って進む。 やがて八重洲に近くなる頃、カラオケ屋さんの一階のお店「CELTS」さん。 銀座に御用のある際、いつも前を通って気になっていた。 気軽なビアパブ、と言ったところだろうか。 こちらの上にあるカラオケ屋さんの系列のお店とのこと。 4人掛けの禁煙席を頂き、向かい合って座る。 空調がよろしくなく、店内はひどく蒸し暑い。 天井にファンでもあって空気をまわしてくれればいいのだが… 19時まではハッピーアワーとのこと、数種のビール(1パイント)とおつまみが一品選べて993円と大変お得だ。 あなたはギネスとフライドポテト、私はバスペールエールと生ハムを。 暑いねー、と言うとあなたが扇子もってくればよかったね、と言いながらメニューで私を煽いでくれる。 私は笑ってその手を制した。 …ビールはなかなか届かない。 酒屋さんに買いに走ってるのかもね。 そうかもー。 15分近く待って、やっとビールが到着。 乾杯! 待っただけあって、ひどく美味しく感じられる。 1パイントのビールはなかなかに飲みごたえがあった。 届いた生ハムは綺麗に盛り付けられている。 ポテトフライはたっぷりの量があった。 追加でチーズラビオリとポテトサラダをお願いする。 このポテトサラダが驚くほど美味しかった。 出来たてでまだ熱いのだが、ベーコンのチップやナッツだろうか、カリっとした食感がポテトにあうのである。 二杯目はハッピーアワーの単品30%オフのドリンクから、ハイボールをお願いする。 これがまた出てくるまでにたいそう時間がかかった。 炭酸買いに行ってるのかな~ 氷がきれたのかもね? たくさん飲んでもらったほうがお店はもうかるのだから、出来ればドリンクはもっと早く出したほうがいいと思うのだが… ちょうど混み始めた時間で、人手が足りなかったのかもしれない。 また、お店自体がちょっと変わった作りになっているので、従業員さんが全体を見通すのが難しいのかもしれなかった。 ビールの後、やはり待っただけあってハイボールも美味しかった。 ハッピーアワーはかなりお得でお奨めだ。 しかし、ドリンクの提供に時間がかかることを踏まえて行かれることをお勧めする。 サービス お祝い・サプライズ可、テイクアウト ホームページ オープン日 2006年 電話番号 03-5205-3801 備考 ご利用頂けるお支払い方法は下記となります。 「VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス ダイナースクラ ブ MUFG UC DC NICOS UFJ セゾン アプラス」 関連店舗情報 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 IRISH PUB CELTS 八重洲店 関連ランキング:バー 東京駅、日本橋駅、京橋駅.

次の