ゼンハイザー momentum true wireless。 【レビュー】ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2 音質は最高峰!

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireles レビュー/aptX LL採用で音がズレない完全ワイヤレスイヤホン!

ゼンハイザー momentum true wireless

泣く子も黙るMOMENTUM、ノイキャンを搭載。 ゼンハイザーの高級イヤホン「Momentum True Wireless」第2世代が登場。 発売はこれからですが、米Gizmodoが1日ほど使ったファーストルックをお届けします。 2018年に発売され、音質の評判がとても高かった初代バージョンからどれだけ進化したのでしょうか? Sennheiser(ゼンハイザー)の完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」は、2018年の発売から最高のオーディオ体験を提供してきました。 しかしこの1年半の間で、AppleはAirPods Proを投入し、アクティノイズキャンセルと汗耐性の性能をレベルを上げ、プレミアムイヤホン市場の競合環境は激化しています。 ゼンハイザーも負けじと次期バージョン「」を発表しました。 今回の特徴は、初代MOMENTUMでも人気だったパッシブノイズ減衰性能(耳の穴にフィットするイヤーチップがノイズを減衰させる仕組み)に加え、 アクティノイズキャンセリングが搭載。 から大きく進化しています。 ベース性能がアップ MOMENTUM True Wireless 2は7mmのダイナミックドライバーを搭載し、Bluetooth 5. 1およびQualcommのaptXによって最高の接続性と音質を実現。 iOS、Android用のSennheiser Smart Controlアプリ、もしくはイヤホンをタッチすることで、アクティブノイズキャンセリングモードや外部音取り込みモードを切り替えられます。 さらに前世代より2mmも小さくなっています。 またイヤホン本体のバッテリーを4時間から7時間に延長。 充電ケースと合計すれば、28時間のバッテリー寿命になります。 音質は依然として最高。 しかし耳にはまだ大きい… Image: ゼンハイザーは第2世代のMOMENTUMイヤフォンで、2mmサイズダウンを実現するも、競合製品よりはまだ大きい。 音質は素晴らしいですね。 イヤホンの高音域、中音域、低音域の全域で 優しくクリア、そしてバランスが取れています。 さすがゼンハイザー。 しかし、TVを流しながらFleetwood Mac(ロックバンド)を聞いたり、混みあうロサンゼルスを散歩したときにアクティブノイズキャンセル機能を試してみましたが、 違いはよくわからず。 もっと広範囲にテストする必要があります。 外部音取り込みモードは良い感じで、車を追い越す音がよく聞こえました。 そして2mm小さくなったとは言え、MOMENTUM 2はまだ自分の耳には大きいようです。 耳から完全に突き出ているようで、JabraのElite 75tを装着した後は、より違和感を感じます。 あと初代と同じIPX4レベルの耐水性能だけではなく、汗耐性まであればよかったですね。 サイズはさておき、数時間音楽を聞いて20分の電話した限りはとても快適に着用できました。 ゼンハイザーは、耳にフィットするようにカスタマイズするための4つの方法を提供しているので、多くの人にアピールできるはずです。 AirPodsキラーではなく、音質派へのベストな回答か Image: 全体で28時間のバッテリー寿命(イヤホン単体で7時間、ケースの充電すれば、3回イヤホンに充電可能) 初代と同様、アプリでカスタマイズ可能なタッチパッドコントロール、さらにGoogle アシスタントとSiriの音声アシスタントが使えます(AndroidとiOSのどちらを使用するかによって異なります)。 今回のテストでは、タッチコントロールは少し敏感で、イヤホンを耳に装着するだけで誤ってSiriを呼び出し続けてしまいまました。 MOMENTUM 2は、AirPodsユーザーを取り込むというよりも、 オーディオ信者のための反復的なアップデートのように思えます。 299ユーロ(約3万6000円)という価格で、今や他にも競合製品で沢山の選択肢があるなか、ゼンハイザーのイヤホンは散財に値するほど完璧でないといけません。 今回は1日限りの使用でのインプレッションでしたが、いずれ完全レビューもお届けしたいと思います。

次の

「MOMENTUM True Wireless」のバッテリーがヤバイ!〜衝撃! 使っていなくてもバッテリーは7日間で枯渇する!〜レビュー⑨

ゼンハイザー momentum true wireless

ゼンハイザーのMomentum True Wirelessです。 完全ワイヤレスイヤホンにBOSEやSONYなどオーディオメーカーが次々参戦する中、最終兵器的についにゼンハイザーが投入した商品です。 主な特徴は• AAC・aptX・aptX LLと豊富なコーデックに対応• Bluetooth 5. 0・NFMIに対応• ファブリックな独特のデザイン• USB-C端子• タッチコントロール• 2年保証 そして何と言っても、ゼンハイザーが満を持して発売するハイエンドな完全ワイヤレスイヤホンということで、 音質に期待が高まっており、今まで完全ワイヤレスは便利でいいけど音質にこだわるとちょっと、、というオーディオ好きな人たちの待望の端末なのではということから、 3万円以上という価格にも関わらず売り切れ続出の人気機種となっています。 ということで、音質はもちろん様々な観点から詳しくレビューしていきます。 (注)評価として掲載している星は価格などを考慮した上での相対的な評価で絶対的な評価ではないのでご注意ください。 (例:別の記事の星3とこの記事の星3の商品は同じ品質とは限らない。 ) 開封・同梱品 外箱はいたってシンプルでコンパクトです。 開封するとイヤホンとケースが目に入ります。 同梱品は• イヤホン本体• イヤーピース• 説明書 といった普通の内容です。 説明書は多数の言語が併記されていてめちゃくちゃわかりにく結構手こずったので、こちらのPDFの日本語版の説明書を見ることをおすすめします。 説明書: ハイエンドな価格帯なのに、販売国限定の説明書が用意されていないというのは、正直残念なポイントです。 ケース:ファブリック生地で独特のビジュアル ケースはいわゆるファブリックな生地で覆われたカジュアルな見た目になっています。 このような素材のケースはあまりありませんので(私は初めて見ました)、独自性という意味ではグッドと言えます。 大きさも他の製品と比較して大きくもなく 十分コンパクトで持ち運びやすいサイズです。 近くにあったJabra Elite 65t(一番上)とBoseのSoundSport Freeと一緒に写真を撮るとこんな感じになります。 コンパクトさもそうですが、ケースのビジュアルは比較してもかなりいけてると思います。 背面にはUSB-Cの充電端子と押すと充電度合いを確認できるボタンが配置されています。 このUSB-Cというのも嬉しいポイントですので、後半のバッテリーのところで触れたいと思います。 蓋を開くと上蓋の中にはSENNHEISERの文字が刻まれており、これまた所有欲を満たしてくれます。 イヤホンを充電する部分はマグネット式になっており、カバンの中で万が一蓋が開いても大丈夫な作りになっています。 総じてファブリック地で カジュアルながらもSENNHEISERの刻印など細部では 高級感もある大人カジュアルといった感じで、個人的にはかなり満足できるケースと言えます。 イヤホンの外観:高級感 イヤホンのサイズはBoseほどのデカさではないですが、それなりに大きいといった印象です。 表面のタッチセンサー部分にはゼンハイザーのマークが刻印されており、かっこいい仕上がりになっています。 かなり高級感があります。 イヤー部分はカナル型のデザインとなっています。 平らな部分が広いのでカナル部分が奥まで入りやすいのはグッドなポイントと言えます。 フィット感が高く音楽を楽しむのにはぴったりな反面、耳によっては長時間つけてるとしんどいかもしれません。 音質 このMOMENTUM True Wirelessがこれだけ人気なのは何と言っても 音質面での期待からです。 名機IE800と同じドライバーを利用していることや高い音質に定評のあるゼンハイザーが出したことから完全ワイヤレスイヤホンでも上質なサウンドを楽しみたいと考えるオーディオ好きの皆さんの待望っぷりは売り切れ続出なことを見てもわかるでしょう。 特徴としては、中高音が比較的厚めに感じますが、全体としては フラットな感じの印象です。 低音も埋没することなくしっかり響かせてくれていますが、低音がとにかく大好きというような方からするとやや物足りなさを感じるかもしれません。 ただ、そこを目指して作られた商品ではないでしょうし、後述しますがイコライザーで調整することができます。 音質は、全体として 解像度は高めで音場も広く、開放感のあるサウンドを響かせてくれ、特にオーケストラバックなどの管弦やピアノの音はかなり高いレベルを提供してくれていると感じさせられます。 総じて、音質面ではかなり高いレベルにあり、音質重視で完全ワイヤレスイヤホンを選択するということであれば今後 ファーストチョイスに上がってくる商品と言えます。 音質 充電ポートはUSB-C そして最新モデルらしく充電ポートはUSB-Cが採用されています。 パソコンやタブレットなどと同じケーブルを利用できますし、個人的にもmicroUSBはフェードアウトしていきたいので、USB-C採用というのはかなり大きなポイントです。 操作性:タッチ操作 MOMENTUM True Wirelessは イヤホン表面をタッチすることで操作ができます。 対応の操作は• 左タッチ:停止・再生• 左二回タッチ:曲送り• 左三回タッチ:曲戻り• 左長押し:音量down• 右長押し:音量up• 右タッチ:音声アシスタント起動• 右2回タッチ:外音取り込み といったところです。 タッチ型では音量操作に対応していない端末も多い中、しっかりと音量操作ができるのは評価の高いポイントです。 一方で、この商品に限ったことでもないですが、完全ワイヤレスイヤホンの表面タッチ操作は慣れるまではやや難しく、またこの商品は比較的反応が鋭いので、今まで使っていたイヤホンによっては慣れるまでに時間がかかるということもあるかもしれません。 ただ、この商品は、タッチすると音声を鳴らしてくれる・必要のないコマンドはオフにできる(後述)などができるので、タッチ操作の中では比較的慣れやすく、慣れるとタッチ操作は耳に負担がかからず楽なので、操作性はまずまずの評価です。 特にタッチ操作の際に、タッチできているのかわからず重複タッチをしてしまうことは多いので、タッチするごとに音で知らせてくれるのは嬉しいポイントです。 各種機能:機能利用は豊富 MOMENTUM True Freeは機能性が豊富な点も嬉しいポイントです。 レジでの対応の際や外で話しかけられた際など、いったんイヤホンを外して対応した後でも自動で停止されているので、その時点から再開されるので便利ですよ。 外音取り込み機能 電車のアナウンスなどイヤホンをわざわざ外さずに外の音声を取り込んで聞くことができるTransparnet Hearing機能にも対応しています。 他社のものと比較しても自然で機能の質は高いと言えます。 またアプリで、Transparnet Hearing起動時に音楽を停止するか再生し続けるか設定しておくことができるのもあまりない機能で便利なポイントです。 機能のON・OFFの切り替えなど自由度が高い 完全ワイヤレスイヤホンを使用する上で、例えばワンタッチでSiriの起動が割り当てられているイヤホンで、イヤホンを利用中にSiriを使わないという人からすると誤作動の元になるだけで不便です。 その点この商品はアプリで、Smart pause(外すと自動停止)や自動着信や音声アシスタントの起動といった機能を無効にすることができます。 ストレスの溜まる 誤作動を減らすことができるのでこれはかなり便利です。 イコライザー またアプリでイコライザーを調整することができます。 非常に直感的に操作できるので、音楽を再生しながら気軽に調整して自分の好みのサウンドに設定することができます。 またアプリでイコライザーを調整したスマホ以外でも、例えばPCなど別の端末に接続した際でもイコライザーの設定は残ったままなのも嬉しいポイントです。 機能性は総じて高評価 機能の細かい完成度を見ると他の商品の方が優れている面もありますが、利用できる機能は多いですし、それのON・OFFが自由にいじれるというのはあまりないので、機能面の豊富さ・自由度の高さは十分と言えるレベルにあります。 機能性 気になった点 左右のバッテリーの減りが歪 この商品はアプリで左右のバッテリーの残量を確認することができるのですが、なぜか右だけ大幅に減り左右のバッテリーの乖離が大きくなります。 これは他のレビューでも触れられていますので、初期不良というわけでもなさそうです。 公称の4時間ほどは動いてくれるので問題がないといえばないですし、おそらく右側が親機のためにバッテリーの消費が早いということなのでしょうが、ここら辺はファームウェアのアップデート等で対応できる気もするので、対応していただければありがたいなということであげておきます。 (追記:ファームウェアのアップデートで対応予定と公式で発表されました。 ) 細かな点で詰めが甘い 上のバッテリーもそうですが、細かな点で詰めが甘いなーと思わせられるポイントがちょこちょこあります。 例えば、なぜかイヤホンを耳から外したのに、Smart Pause機能が逆に起動して、音楽の再生が始まったり、Siri起動後に音声が一瞬ですがぶれたり、、、。 サウンドメーカーのゼンハイザーの初めての完全ワイヤレスイヤホンということもあり仕方ない面もあるのかもしれませんが、他社と比較すると詰め切れてない点が感じられるので、音質が素晴らしいだけに完成度をもっと向上させて欲しいと思わせられます。 ファームウェアアップデートで対応できる部分も多そうなので、今後のアップデートに期待しています。 これは致命的な問題ではなく発生する問題は一瞬で解決されますしOFFにもできるのでめちゃくちゃきになるというわけでもないのですが、価格を考えるとちょっときになるということで紹介しておきます。 まとめ 商品名 MOMENTUM True Wireless 総合評価 正直完全ワイヤレスイヤホンとしては高級品ということもあり、価格との比較で考えると完成度として気になると思う点もいくつかありました。 しかし、通信の安定性や音質に関しては完全ワイヤレスイヤホンとしてはトップクラスの出来ですし、音楽を聴く上で 出した価格を後悔させない満足度を提供してくれます。 特に個人的に重視しているバイオリンなどの管弦やピアノの音の豊かさはかなり高いレベルにありましたし、音場の広さも完全ワイヤレスとは思えないレベルを提供してくれる商品でした。 またシンプルにデザインがかっこいいというのもおすすめできるポイントです。 総評としては、価格面など万人におすすめの完全ワイヤレスイヤホンというわけではないですが、オーディオにお金を出せる方で 音質にこだわって完全ワイヤレスイヤホンを購入したいという方にはおすすめできる商品です。 こういう方結構多いのではないでしょうか。 音質にこだわりながら完全ワイヤレスのストレスフリーなメリットを享受したい方はぜひ購入を検討してみてください。

次の

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireles レビュー/aptX LL採用で音がズレない完全ワイヤレスイヤホン!

ゼンハイザー momentum true wireless

衝撃の「MOMENTUM True Wireless」バッテリー事情! ゼンハイザーが満を持して投入した「MOMENTUM True Wireless」。 ここまで,紆余曲折を経ながら,好みの音質を手に入れたことをこ,ここまで記事にしてきました。 現在も肝心の「音」に関しては納得して使用しているのですが,ちょっと困った現実に直面しています。 それは,「バッテリー」についてです。 ゼンハイザーに直接問い合わせてみたところ,衝撃の返答がありました。 「MOMENTUM True Wireless,使っていなくても全てのバッテリーが7日間で枯渇します」 と…。 状況を以下に詳しくお伝えします。 自然と減っていく「インジケーター表示」によるバッテリー量 購入当初は,特別長時間聴いていなくても,数日ごとに充電をしていましたので気付かなかったのですが,気分が落ち着いて,充電の回数が減ってから気付いたことがあります。 それは, 「何も使っていないのに,自然と収納ケースのバッテリーが減っている」 という衝撃的な事実です。 「何も使っていないのに」ですよ? 「MOMENTUM True Wireless」は,ケースのインジケーターによって,どの程度のケースバッテリーが残されているか知ることができます。 取説には,このケーススインジケーターの点灯に関して,以下のような説明が掲載されています。 実際に私の「MOMENTUM True Wireless」におけるバッテリーの減り方の様子を紹介しますと…。 「赤」に変化した時点で,ケース内のバッテリーがすでに殆どなくなっていることになります。 また,赤になった時点で,「MOMENTUM True Wireless」右側のマスターイヤホンが起動しなくなっており,どうやらイヤホン自体の充電も切れているようです。 正に「絶望の赤」。 つまり,私のように殆ど聴いていなくても,6日間ほどで完全にバッテリーが干上がってしまうということです。 「さすがにこれは初期不良では?」 と考え,ゼンハイザーに問い合わせてみました。 すると,驚くべき返答が…。 「7日間で放電するのは仕様」であることが判明! 普通ですか? なんと, 何も使っていなくても,「7日間で完全放電するのが仕様」であることが判明しました。 以下が,実際に私が受け取ったメールの内容です。 ゼンハイザーからの驚くべき返答 「満充電」でも7日間しか持たないわけですので,少しでも使用した後にケースに収納した場合ですと…。 まずはすぐにイヤホン本体の充電を行い,その後に残されたケース内のバッテリーが徐々に削られていくわけですので,当然「7日間」よりも短い期間で「完全放電」することになります。 メール後半部分には,これ寄りも大幅に放電までの時間が短い場合は,初期不良として販売店を通じて交換する旨書かれていました。 とはいえ,これには本当に驚いた次第です。 けちくさいようですが,今後の継続的な利用を考えると, 「使ってもいないイヤホンを連日充電し続けなければ安心できないという状況」は,異常なのではないでしょうか? バッテリーの寿命にも大きく関わってきそうな事案ですし。 世の中の完全ワイヤレスイヤホンにとっては,これって常識的なことなのでしょうか? 少なくとも,これまで使用していた 「AirPods」ではこのようなことは全くありませんでした。 しばらく使わない状況でも,一気にバッテリーが消耗するなんてことはありませんでしたし,実際の使用に影響が出たことはもちろんありません。 「MOMENTUM True Wireless」が,少しずつ放電していく…という,一般的な常識を大きく,しかも悪い意味で逸脱してしまっていることに少なからずショックを感じています。 これ,今後この商品の購入を検討しようとする方々にとっては, 音質と並び立つくらいの重大な「検討事項」であると言えるかもしれません。

次の