すき家 吉野家 うなぎ。 【2017年】うなぎを食べ比べして吉野家、すき家、なか卯、うな富士で一番美味しいお店がわかった【土用の丑の日】

すき家のうなぎは危険?生産地や安全性、味は大丈夫?

すき家 吉野家 うなぎ

すき家の「うな丼」は2020年4月から登場します。 すき家のうな丼は値段も安くておいしいので嬉しい。 早く食べたいところ。 でも気になるのがその価格、毎年のようにうなぎが値上がりしておりすき家のうな丼も値上がりするのではないかと不安です。 ということで今回はすき家のうな丼の商品情報や値段情報、そしてキャンペーンやクーポンなどでお得に購入する方法などをまとめていきます。 すき家のうな丼(うなぎ)2020について(商品情報など)• すき家のうな丼2020の値段• すき家のうな丼をお得に購入する方法• すき家のうなぎ2020のカロリーや販売期間 だいたいこの順番でまとめていきます。 少しずつ下がって確認ください。 スポンサーリンク すき家のうな丼(うなぎ)について(商品概要) すき家の「うなぎ」は余分な脂を落とすためにじっくりと焼いてから蒸し上げたうなぎを、すき家の自慢のタレで3度付け焼きを繰り返すことで香ばしくふっくらとした蒲焼に仕上げています。 その説明を聞くだけですごく美味しそうですね! また、すき家では定番の「うな丼」をはじめ、牛丼とうな丼を両方楽しめる「うな牛」や、ふわふわ食感の山かけをのせた「うなとろ丼」、半熟たまごを乗せた「うなたま丼」など様々なバリエーションで楽しめます。 必用に応じて他のうな丼もチャレンジしてみましょう! 私もすき家のうなぎが楽しみ。 あなたも是非、すき家のうなぎ関連商品を食べてください。 すき家、うな丼(うなぎ)2020の値段 今年2020年のすき家のうな丼の価格は並サイズで790円となっています。 これは昨年のすき家のうな丼と同じ価格で嬉しい。 その他のうなぎ関連メニューの価格は以下の通り。 商品名(メニュー) 価格 <うな丼> 並 790円 大(ご飯大盛) 830円 特(うなぎ2枚、ご飯大盛) 1280円 <うな牛> 並 890円 大(ご飯大盛) 930円 特(うなぎ2枚、ご飯大盛) 1380円 <うなたま丼> 並 870円 大(ご飯大盛) 910円 特(うなぎ2枚、ご飯大盛) 1360円 <うなとろ丼> 並 890円 大(ご飯大盛) 930円 特(うなぎ2枚、ご飯大盛) 1380円 <うな皿> うなぎ1枚 690円 <特うな皿> うなぎ2枚 1190円 すき家のうな丼(うなぎ)をお得に購入する方法 すき家のうな丼は790円ということで一般的なうな丼と比べると安いのですがやはりすき家のメニューとしては値段が高いです。 お得に購入する方法をいくつか紹介します。 すき家のうな丼をお得に購入する方法1)クーポンの利用 すき家のうな丼をお得に購入する方法として、まずはクーポンの利用が挙げられます。 すき家では30円~70円引きのクーポンが出ることがあるのでクーポン情報は常にチェックしたいところ。 70円引きクーポンが出るタイミングで購入できれば720円になります。 すき家ではメルマガ登録でクーポン入手できるのでクーポンの入手も検討してください。 クーポンの最新情報、入手方法や使い方は別途まとめているのでそちらを確認ください。 (参考:) すき家のうな丼をお得に購入する方法2)スキパス すき家ではスキパス(Sukipass)という名前の定期券をここのところ毎月、発売しています。 価格は200円で牛丼、カレー、期間限定商品の一部が、 購入した月は何度でも70円引きになります。 うな丼も対象になることが多い(時期によって変わる可能性あり注意)。 有効期限は月末まで。 そのため月初に購入したほうがお得です。 またクーポンとの併用は基本的にできないので注意。 すき家を良く利用する人は購入を検討するといいでしょう。 スキパス(Sukipass)の対象商品など最新情報は別途まとめているのでそちらも確認ください。 (参考:) すき家のうな丼をお得に購入する方法3)ゼンショークーカ すき家にはゼンショークーカというプリペイドカードがあります。 すき家だけでなくゼンショーグループのはま寿司、ビッグボーイ、ココスなどでも利用可能。 200円の利用で1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1円換算で利用可能です。 その他、誕生日ポイントがもらえてお得。 還元率は最大0. 支払いにお得なゼンショークーカの利用を検討してください。 こちらは支払い方法の工夫になるのでクーポンもしくはスキパスとの併用は可能です。 クーポンやスキパスでお得な価格にしてからお得な支払い方法でお得の2重取りをしてください。 すき家のうな丼をお得に購入する方法4)クレジットカード、電子マネーも利用可能 すき家ではクレジットカードや電子マネーも利用可能です。 上手にクレジットカードや電子マネーを使ってお得にすき家を利用してください。 クレジットカードはVISA、JCB、MASTERといった有名どころは利用可能です。 また、電子マネーは交通系、楽天Edy、iD、クイックペイなどが利用可能。 nanacoやWAONは使えないので注意。 (店舗によってはクレジットカードや電子マネーが使えなかったり、使える種類が違う場合もあります。 詳細は店舗にて確認ください) こちらも支払い方法の工夫になるのでクーポンもしくはスキパスとの併用は可能です。 クーポンやスキパスでお得な価格にしてからお得な支払い方法でお得の2重取りをしてください。 株主優待券も利用可能 すき家ではゼンショーグループの株主優待券が利用可能です。 ゼンショーグループの株主優待券はすき家の他にもはま寿司などで使えて便利。 株主になることで配当とは別途、株主優待券がもらえてお得なのですき家によく行く人はゼンショーブループの株主になることも検討してください。 ゼンショーブループの株主優待券は金券ショップなどで販売していることも多いです。 よって支払い方法としては一番お得。 ただし株主優待券はお釣りがでません。 また有効期限があるので注意してください。 お得に入手したつもりでも有効期限が切れたら大損です。 すき家、うな丼(うなぎ)のカロリーと販売期間 すき家のうな丼(うなぎ)のカロリーは並で671Kcalとなっています。 まずまず普通のカロリーです。 もちろん食べ過ぎには注意してください。 それ以外、うな牛、うなたま丼などのカロリーについても別途まとめているのでそちらも確認ください。 (参考:) また、すき家の うな丼(うなぎ)の販売期間は2020年4月~期間限定での発売となっています。 発売終了時期については公式情報はありませんが、すき家のうなぎは例年10月~11月頃までの発売期間と思われます。 もちろん、もっと早くに終了する可能性もあるので早めに食べることをおすすめします。 知らないうちに販売終了したらすごく残念です。 その他、すき家の期間限定商品の発売情報も含めてうな丼関連の販売期間情報もまとめているのでそちらも参考にしてください。 (参考:) <すき家のうな丼> 並:790円 カロリー:671Kcal 期間:2020年4月~例年は10月or11月頃まで 追記)すき家のうな丼の味と感想、口コミ・評判など 2020年4月からすき家のうな丼が始まるということで早速食べに行きました。 やっぱりすき家のうな丼はおいしくて最高!個人的にはかなりのおすすめ。 また、ネットの口コミ・評判も上々です。 うなぎを食べたい人はすき家に急ぎましょう! すき家のうな丼の感想やネットの口コミ情報などは別途まとめているのでそちらも参考にどうぞ。 (参考:) 土用の丑の日情報 土用の丑の日というと夏のイメージですが、実は春、夏、秋、冬全てのシーズンに土用の丑の日があります。 通常は夏の土用の丑の日にうなぎを食べます。 そして2020年夏の土用の丑の日は2020年7月21日(火)、2020年8月2日(日)の2日間です(一般的には最初の7月21日が土用の丑の日と言われうなぎを食べる日になります) その辺り、土用の丑の日の日程などの情報も別途まとめているのでそちらも参考にどうぞ。 (参考:) すき家、うなぎの販売期間まとめ• すき家のうなぎが2020年4月から登場!• 価格は並790円とお得• 数量限定、発売期間は10月or11月ぐらいまでと予想• 人気で早期終了するかも?一度は食べたいという人はお早めに• その他の期間限定商品も魅力的なので是非! すき家の人気商品、うな丼関連が2020年4月から発売になります。 人気商品が期間限定ながら復活ということで嬉しいところ。 10月or11月ぐらいまでの発売期間と思われます。 是非、食べてくださいね! 私も発売後すぐに食べに行く予定です!.

次の

「すき家」「なか卯」で販売の格安ウナギ 実はトキ以上の絶滅危惧種

すき家 吉野家 うなぎ

松屋の「うな丼(うなぎ)」が2019年7月9日(火)から登場しています。 松屋のうな丼は今回が初の登場ということで楽しみ。 私も早く食べたいということで私も松屋に行きました。 ということで今回はこのうな丼(うなぎ)の味と感想などをまとめます。 また私だけの感想では心もとないのでネットの口コミや評判も合わせてまとめますね!松屋のうな丼(うなぎ)を食べたいと思っている人は参考にしてください。 松屋のうな丼(うなぎ)について• 松屋のうな丼(うなぎ)の味と感想• 松屋のうな丼(うなぎ)の口コミ・評判など• うな丼(うなぎ)の値段、カロリー、販売期間など およそ上記の順番でまとめます。 少しずつ下がって確認ください。 松屋のうな丼(うなぎ)について 松屋のうな丼(うなぎ)はかつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「小満津(こまつ)」の監修のもとで作られています。 ということは専門店のうなぎに匹敵するレベル? なかなかに楽しみです。 松屋のうな丼(うなぎ)の味と感想、辛さなど それでは実際に松屋のうな丼(うなぎ)を食べた感想などをまとめます。 松屋のうな丼(うなぎ)をお得に購入 「うな丼(うなぎ)」が2019年7月9日(火)から発売ということで早く行きたかったのですが忙しかったので少し送れて7月11日(木)に松屋に食べに行きました! そしてまずはお得に購入しようとうな丼(うなぎ)関係のクーポンがないかとクーポン情報をチェック。 でも、、、お得なクーポンはネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし生野菜セット50円引きでうな丼(うなぎ)関連のクーポンはありませんでした。 そこで支払い方法をメルペイにすることに。 メルペイでは200ポイントバックということでお得になっています。 830円のところ、実質630円になってお得(1回限りだけどね)。 今回は迷いましたがメルペイを使うことにしたわけでございます。 それ以外にも松屋ではお得なな支払い方法があります。 最新のお得情報については別途まとめているので以下のリンク先で確認してみてください。 うまくいけば松屋のうな丼(うなぎ)を実質無料とか実質半額とかで食べることができるかも? (参考:) うな丼(うなぎ)の味と感想 松屋のうな丼(うなぎ)は漬け物とみそ汁とのセットになります。 松屋でいつも思うことですが他の牛丼屋さんと値段が変わらない(もしくは安い)のみみそ汁が付いてお得で嬉しい。 一方で今回のうな丼は漬け物が付くのですが、個人的には漬け物はいらないのでその分安くして欲しいかな? うな丼のみの写真はこちらになります。 すき家、吉野家などのうなぎよりも大きいような気がするけど、どうだろう。 ちょっとでも大きいとなると値段が高いのも納得。 うなぎを横から見ると以下の写真のような感じ。 なかなかに分厚い。 うなぎをめくってみるとご飯にもしっかりとタレがかかっていることが分かります。 でも実際に松屋のうな丼(うなぎ)を食べたところ、、、 松屋のうな丼(うなぎ)はおいしい。 とろけるようなうなぎがおいしいです。 タレもしっかりとかかっていておいしい さすが有名なうなぎ屋の監修ですね。 すき家、吉野家と比べるとどうかと言われると、、、うん。 味としてはそれほど差はないかな。 どのお店もおいしいです。 味はそれほど変わらないけど、あえて順番をつけるとなるとくら寿司、吉野家、松屋、すき家の順番かなぁ? (くら寿司は特盛(2枚盛)の値段が安くて嬉しいので個人的にはおすすめ) あと、松屋のうなぎを食べ進めてみるとかなりのタレがご飯の下にありました。 調理する店員さんにもよるかもしれませんが吉野家やすき家よりもご飯にかかっているタレが多い気がする。 うなぎのタレが好きな人は混ぜて食べるといいかも。 逆に濃いタレがあまり好きではないという人は混ぜずに食べていいかと思います。 ご飯は少なめな気もするので大盛りにするのもありかも。 ちなみに漬け物の写真はこちら。 個人的にはこれを無くして、わずかでもいいので値段下げて欲しいかな?この漬け物があるのは専門店の意見かもしれません。 専門店でうなぎを食べるといつも漬け物があるような気がする。 山椒は別添でたくさんありました。 私は1つしか使いませんでしたが、山椒をたくさんかけたいという人には嬉しいサービスかもしれません。 松屋のうな丼(うなぎ)の口コミ・評判など 松屋の「うな丼(うなぎ)」は個人的にはとてもおいしいと感じたのですが、現実に、世間ではどのように評価されているのかネットで確認しました。 その結果、私 よりもネットの人達の方がおいしいと絶賛している人が多い感じ。 他の牛丼店と比べてもおいしい、うなぎが大きいという声が多いです(私はなんとなく大きいと思った程度ですが)。 うなぎの質やタレの質を褒めている人が多い様子。 ただ量が物足りないという人もいますね。 並だと少なく感じる人もいるかもしれません。 松屋、うな丼(うなぎ)の口コミ・評判など• 松屋のうな丼 大盛 を食べました 満腹にはなりませんでしたが 想像以上に美味しかったです• 松屋 うな丼Wライス大盛り なくなる前にって思って食べました。 美味しい• 松屋のうな丼、牛丼チェーンのうなぎでは一番美味しい。 うなぎの名店 小満津監修 ふわふわで柔らかく脂がのっている部位を食べると とろとろでとろけるうまさ、うなぎも大きくボリュームがあり満足度は高い。 他の牛丼チェーンと比べてレベルが高いです• 松屋 初のうな丼が美味しい。 山椒がたっぷりかけれるのも 嬉しいよねー• 気になっていた松屋のうな丼!うなぎは割と厚みがありふっくら、簡単にほぐれるくらい柔めに調理されてる! タレは牛丼チェーンにありがちな甘すぎるタレ…ではない!甘さ控えめになっていてまるで高級店、とまではいかないにしても他チェーンとは差があるように思う。 素直にうまいっす• 他にうな丼食べているのまだ見かけてないからしばらくは売り切れずに食べれそうな気もします• 松屋のうな丼、結構うなぎがデカそうだから食ってみるかねぇ…。 今まで牛丼屋のうなぎ食ったことないし• 牛めしとコンビになったやつ食べた。 うなぎと! 牛! 米に対して圧倒的に多いたんぱく質! うなぎが強いから、一気に牛を頬張ってもいいのだ! 千円札一枚でなんたる贅沢か!• 牛うな丼、1000円という値段以外パーフェクト飯。 眼鏡も大概松屋歴が長いが、これはベリーベストオブ松屋飯だわ。 ちょっと高いですが漬け物とみそ汁が付いてこの価格なので、実質的にすき家とか吉野家よりも安いかな? 同価格でお持ち帰りも可能です。 持ち帰りだとみそ汁付かないのでその点は注意。 持ち帰りでみそ汁欲しい場合は別途+60円になります。 なお、松屋では各QRコード支払いに対応しておりお得なキャンペーンを使えば更にお得に購入できるのでQRコード支払いも検討してください。 あと、 「うな丼(うなぎ)半熟玉子」のカロリーは714kcalとなっています。 おいしいですが食べ過ぎには注意してください。 あと、 松屋のうな丼(うなぎ)の販売期間は2019年7月9日(火)からの発売となっています。 販売終了期間は設定されていませんがおそらくは8月中旬ぐらいまでの販売期間になると思われます。 この辺り、松屋の「うな丼(うなぎ)の価格やカロリー、販売期間やお得に購入する方法など、別途詳細をまとめているのでそちらも確認ください。 上手に注文すればほぼ実質無料、半額以下ぐらいで松屋のうなぎを食べることができるかも? (参考:) うな丼(うなぎ)概要 <うな丼(うなぎ)(並)> 価格:830円 カロリー:714Kcal 期間:2019年7月9日(火)~8月中旬頃(予想) その他、期間限定商品の発売期間情報などについては以下のリンク先で確認ください。 (参考:) 松屋のうなぎの産地は? 松屋のうなぎの産地は中国となっています。 これは仕方のないところ。 今、外食で国産のうなぎを食べようと思ったら専門店に行くしかないのでは? おそらくは3000円ぐらいすると思いますけどね。 うな丼(うなぎ)の感想、口コミ・評判などまとめ• 2019年7月9日(火)から松屋の「うな丼(うなぎ)」が登場• 「うな丼(うなぎ)」はおいしいおすすめ。 ネットの口コミ情報などもチェックしたけどやはりおいしいと大評判• 人気で早期終了する可能性もあるかも?8月中旬頃までと思われるけど気になる人は早めに食べてください。 今回は2019年7月9日(火)に松屋から登場した「うな丼(うなぎ)」の味と感想、口コミ・評判などをまとめました。 個人的にはおいしかった。 まずまずおすすめです。 松屋ではQRコード注文とかでお得に購入することも可能なので実質的に他の牛丼屋さんのうな丼(うなぎ)よりも安く購入できる可能性もあるので上手にその辺りも利用してください。 あとネットの口コミ・評判もチェックしましたがおいしいと大評判。 私以上に絶賛する声が多かった感じです。 ということで松屋の「うな丼(うなぎ)」はおすすめです!あなたも是非、食べてみてくださいね。 その他、何か情報などあれば教えていただけると嬉しいです。 必要に応じて追記編集などさせていただきます。

次の

うな丼、うな重2019の価格やおいしさうな丼、うな重2019の価格やおいしさ比較ランキング(吉野家、すき家、松屋、なか卯、くら寿司、ほっともっと)比較ランキング(吉野家、すき家、松屋、なか卯、くら寿司、ほっともっと)

すき家 吉野家 うなぎ

2019年7月9日に牛丼チェーン松屋から、松屋史上初の鰻を使用したメニュー『うな丼』『うな丼ダブル』『うなぎコンボ牛めし』が発売開始されました。 それ以降も両社は定期的に夏季のうなぎ商戦に挑んできたわけですが、なぜか松屋だけは一切参入してきませんでした。 それには様々な理由があると思いますが、大手牛丼チェーン店がうな丼を初めて提供開始してから12年もの歳月を経て、松屋がついに動き出したのです。 そして、出遅れた松屋は普通にうな丼を出すというだけでなく、うなぎ屋の名店(東高円寺 小満津)監修という箔をつけてやってきました。 ということで松屋のうな丼販売開始初日(2019年7月9日)に早速松屋に行って『うなぎコンボ牛めし』を食べ、その後に比較するためにすき家の『うな牛』も食べてきたのでレビューをご紹介いたします。 Contents• 松屋 うなぎコンボ牛めし 990円 東京都東中野駅西口から徒歩1分の松屋 東中野店にて、うなぎコンボ牛めし990円。 今日から松屋で初めてのうな丼販売開始でしかもあの鰻の名店、小満津が監修ということなので早速やってきました。 牛丼との盛り合わせは違和感のあるメニュー名ですが、すき家がうな牛と名乗っていて商標登録されてのことかと思います。 店頭にうな丼のポスターはありませんでしたが券売機のおすすめメニューで見つけポチッとして店内に入りました。 待つこと5分で着丼、お新香付きですね。 鰻は殆ど店内に貼られていたポスターと同じ部位、山椒を掛けていただくとふわふわ柔らかでまいう〜タレがこりゃ堪らんと鰻を先にたいらげて、後半は牛丼部分を食べて完食!こりゃ美味かった、次回はうなぎWいきま〜す! すき家 うな牛+味噌汁 970円 東京都新宿三丁目駅から徒歩3分の、すき家 新宿南店にてうな牛とお味噌汁で970円。 私は牛丼は吉野家派、カレーは松屋派で、すき家自体あまり好きではないのですが、昼間に松屋のうなぎメニューを食べたということもあり比較のために、夕飯はすき家へ行き同様のメニューを注文しました。 松屋は券売機だったのですが、すき家は口頭で注文です。 5分で着丼、どんぶりのふちに洗浄水が付いているのはすき家クオリティですね。 (笑) 鰻は尻尾部位ということもありなかなか大きく身もふわっとしていてなかなか美味しかったですが牛丼部分の盛り付けがややぞんざいな感じがしました。 『【今度はうな丼戦争勃発】満を持して登場した松屋のうな丼とすき家のうな丼を食べ比べてみた!』まとめ お値段は味噌汁を付けてもすき家の方が20円安いのですが、松屋にはお新香が付いているのでほぼ互角かと思います。 肝心のお味はというと鰻の有名店監修ということで松屋の鰻のふわふわ感とタレの絶妙な旨味が断然優っているように感じました。 この鰻が1000円足らずで食べれることで感動さえ感じました。 前に吉野家のうな丼も食べて美味しかった記憶がありますが文句なくそれ以上、数量限定ということなので食べたい方はお早めに松屋まで足を運ぶことをおススメします。

次の